論語187泰伯篇第八(3)曽子やまい有りて、弟子

論語泰伯篇(3)要約:呉国使節の接待を記した泰伯篇。そこへ唐突に、ウスノロ曽子のお説教が記されています。論語編纂の時代は呉国を滅ぼした越国の絶頂期。孔子一門と呉国の関係は、隠しておかねばなりません。そのための工夫でした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子有疾、召門弟子曰、「啟予足。啟予手。詩云、『戰戰兢兢、如臨深淵、如履薄冰。』而今而後、吾知免夫。小子。」

書き下し

曾子そうしやまひり、門弟子もんていししていはく、あしひらけ、ひらけ。いはく、戰戰せんせん兢兢きようきようとして、深淵しんゑんのぞむがごとく、薄冰はくひようむがごとしと。いまのちり、われまぬかるるをかな小子せうし

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が死病にかかった。弟子を呼んで言った。「私の足を開け。私の手を開け。詩経にある、びくびくと怯えながら、深い淵をのぞき込むように、薄い氷の上を踏み歩くように、と。これからは、私はこの言葉から免れたのを知ったよ。諸君。

意訳

論語 曽子 怒
曽子が危篤になった。そこで弟子を呼んで言った。
「布団を除けて私の足を見ろ。手を見ろ。傷一つ無いだろう。詩経に言う、びくびくと怯えながら、深い淵をのぞき込むように、薄い氷の上を踏み歩くように、親に頂いたこの体を損ねてはならないと。もうそんな義務からもお役ご免だ。君たち。」

従来訳

曾先生が病気の時に、門人たちを枕頭に呼んでいわれた。――
「私の足を出して見るがいい。私の手を出して見るがいい。詩経に、

深渕(ふかぶち)にのぞむごと、
おののくこころ。
うす氷ふむがごと、
つつしむこころ。

とあるが、もう私も安心だ。永い間、おそれつつしんで、この身をけがさないように、どうやら護りおおせて来たが、これで死ねば、もうその心労もなくなるだろう。ありがたいことだ。そうではないかね、みんな。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾子(曽子)

論語 曽 金文 論語 子 金文
(金文)

孔子からはっきりと「うすのろ」と評された、最も若い弟子の一人。孔子の一人息子・鯉が早くになくなり、その子の子思の師となったので、孔子没後ぐんぐんと評価が上がって、しまいには神格化されて「曽子」(曽先生)と呼ばれた。詳細は論語の人物:曽参子輿を参照。

論語 疾 金文 論語 疾 字解
(金文)

論語の本章では”死病”。病気一般だが、特に急性の死病を指す時はこの言葉を使う。原義は人に向かって真っ直ぐ突き進む矢の象形。

啟(啓)

論語 啓 金文
(金文)

啟は啓の異体字。論語の本章では、”布団をめくって手足を見てみろ”。古注新注共に、布団をめくる事という。

論語 予 篆書 論語 吾
(篆書)

論語の本章では”わたし”。目下に対して上から目線で言う自称。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、まるい輪をずらせて向こうへ押しやるさまを描いたもので、押しやる、伸ばす、のびやかなどの意を含む。杼(ジョ)(横糸を押しやる織機の杼(ヒ))の原字と考えてもよい。

豫・預・野(ヤ)(広く伸びた原や畑)・舒(ジョ)(伸ばす)・抒(ジョ)(伸ばす)などの音符となる。代名詞に当てたのは仮借(カシャ)である、という。

一方『字通』では織物の横糸を通すチョ(ひ)で、杼から糸が垂れた姿という。音が余に通じて”わたし”の意となった。本来は天子の一人称という。

論語 豫 篆書 論語 豫
「豫」(篆書)

なお「豫」は甲骨文からある本来別の字で、『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「象(動物のぞう→のんびりしたものの代表)+(音符)予(ヨ)」で、のんびりとゆとりをもつこと、という。

戰(戦)戰兢兢

論語 戦 金文 論語 兢 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”恐れおののき、わななくように恐れる”。

『学研漢和大字典』によると「戦」は会意兼形声文字で、單(=単)とは、平らな扇状をした、ちりたたきを描いた象形文字。その平面でぱたぱたとたたく。戰は「戈+(音符)單」で、武器でぱたぱたと敵をなぎ倒すこと。

また憚(タン)(はばかる)に通じて、心や皮膚がふるえる意に用いる。殫(タン)(なぎ倒す)と同系。また、顫(セン)(ふるえる)・扇(セン)(振動させてあおぐうちわ)などとも同系のことば、という。

「兢」は会意文字で、克(コク)は、重いかぶとをささえて、全身を緊張させた姿を示す会意文字。兢は、克の字を二つあわせたもので、ひどく緊張する意を示す。▽「説文解字」に「競(きそう、張りあう)なり」とある。克・戒(緊張していましめる)・極(ぴんと張った大黒柱)などと同系のことば、という。

而今而後(ジコンジゴ)

論語 而 金文 論語 而 解字
「而」(金文)

論語の本章では”今から後は”。「而」は「自」と音が通じ、”~より”の意。原義は柔らかいヒゲ。

論語 夫 金文 論語 夫
(金文)

論語の本章では、「フーッ」と、ため息をつくように感嘆するさま。

論語の本章での語法は、「か」「かな」とよみ、「~だなあ」と訳す。推定・感嘆の意を示す。文末・句末におかれる。同義語は哉・与。

論語:解説・付記

儒家の伝説では、曽子は親孝行に優れ、孔子はそれを愛でて、特に『孝経』を伝授した事になっている。あるいは「身体髪膚」(シンタイハップ)で有名な『孝経』は、曽子が書いたともされる。しかしこの伝説は、吉川本でさえ「当時孝経が成立していたか怪しい」とまで言う。
論語 孔子聖蹟図 孝経伝曽この図は『孔子聖蹟図』の孝経伝曽と題する明代の版画だが、真ん中が孔子、左に立って、他の弟子とは違う偉そうな服を着た人物が曽子。

論語 曽子 論語 孔伋子思
曽子が持ち上げられたのは上述の通り、孔子の孫・子思のおむつを替えたからだが、本章の内容から言えばもう一つある。儒者は九分九厘が本の虫の青びょうたんで、ワイロの銅銭や銀塊は喜んで持ち去るが、箸と筆より重い他のものは持とうともせず、肉体労働や手仕事を激しく卑しんだので、同じく手足に傷一つ無い曽子は格好の大義名分になった。

しかし孔子一門は革命政党でもあり、向こう傷の一つや二つ無ければ、一人前とは言えない。さらに六芸のうち射と御を、ケガなしで習得できるはずもない。例えば弓術に小刀はつきものである。つまり曽子は、六芸を体得できなかった、実に出来の悪い弟子の一人と言える。本章はむしろ、うすのろ呼ばわりされた証拠になる話と理解していい。

ただし、人力と畜力以外の動力皆無の古代にあって、手足に傷一つ無いというのもそれはそれで奇特な事で、今日で言えば化粧品会社のよいお客様になりそうな人物とは言える。おそらく家事もしなかったのではないか。そうでなければ、生涯ケガがなかったとは考えにくい。

論語ではここからしばらく、曽子のうすのろなお説教が続くが、それは恐らくこの泰伯篇のもとあった意味、つまりは孔子一門と呉国との綿密な関係をくらますためだと思われる。

BC 魯哀公 孔子 魯国 その他
479 16 73 死去。西暦推定日付3/4。曲阜城北の泗水シスイ河畔に葬られる
478 17 晋・趙簡子、衛・荘公を放逐。衛・公子班師が即位するも、斉の攻撃で公子起即位。
475 20 晋・定公死去、出公即位
473 22 越王勾践、呉王夫差を破って呉を滅ぼす

孔子没後の6年後、弟子たちがまさに論語の編纂に取りかかっている真っ最中に、越は呉を滅ぼしてのし上がる。越王勾践は呉王夫差と異なり、中原に覇を唱えようとはしなかったが、呉に取って代わった大国の王には違いない。弟子たちは一門と呉の関係を隠す必要があった。

こんにち論語を読もうとする人が、「学びて時に…」を読み終えてすぐ、有若の「その人となりや孝弟にして…」に出くわしてやる気を失うように、論語には読ませまいとする編集の意志が感じられる。

論語 渋沢栄一
渋沢栄一が「論語は決して難しい学理ではなく、学者でなければ判らぬものでない。論語の教えは広く世間に功能があり、元来解り易いものを、学者が難しくしてしまい、農工商などが知るべきでなく、論語を手にすべきでないとしてしまった。これはは大いなる間違いだ」と言ったのもむべなるかなで、面白く読もうとする、あるいは孔子一門の真の姿に迫ろうとするなら、まずはこうしたあまり出来の良くない弟子の章を省いて読むのが一番いい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)