論語詳解116公冶長篇第五(24)巧言令色足恭は*

論語公冶長篇(24)要約:孔子先生は、愛想笑いや猫なで声を嫌いました。それは嘘をつくのと同じで、人間の正体を隠し、よい関係を作れなくするからでした。ある賢者が同じ事を言うと知って、先生は大いに同感した、という作り話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「巧言令色足恭、左丘明恥之、丘亦恥之。匿怨而友其人、左丘明恥之、丘亦恥之。」

校訂

定州竹簡論語

……[言]、令色、足[恭,左丘明]佴之,丘亦佴[之。匿𤇘a而]103……

  1. 𤇘、今本作「怨」。

→子曰、「巧言令色足恭、左丘明佴之、丘亦佴之。匿𤇘而友其人、左丘明佴之、丘亦佴之。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 言 金文 令 金文色 金文 足 金文龏 金文 左 金文丘 金文明 金文之 金文 丘 金文亦 金文之 金文 匿 金文夗 怨 金文而 金文友 金文其 金文人 金文 左 金文丘 金文明 金文之 金文 丘 金文亦 金文之 金文

※恭→龏・𤇘→夗。論語の本章は「巧」「佴」(恥)の字が論語の時代に存在しない。「令」「足」「其」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

いはく、巧言こうげん令色れいしよく足恭すうきようは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。𤇘うらみかくひとともとするは、左丘明さきうめいこれづ、きうまたこれづ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 左丘明
先生が言った。「お世辞、愛想笑い、卑屈、これらをキュウメイは恥じた。私もまた恥じる。怨みを隠してその人を友とするのを左丘明は恥じた。私もまた恥じる。」

意訳

孔子 人形
うわべを繕って人をたらし込むこと、金のためにいやな奴と付き合うのを左丘明は恥じた。私もまた恥じる。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「言葉巧みに、顔色をやわらげて人の機嫌をとり、度をこしてうやうやしく振舞うのを、左丘明(さきゅうめい)は恥じていたが、私もそれを恥じる。心に怨みをいだきながら、表面だけいかにも友達らしく振舞うのを、左丘明は恥じていたが、私もそれを恥じる。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「甜言蜜語、滿臉堆笑、點頭哈腰,左丘明認為可恥,我也認為可恥;心懷怨恨跟人交朋友,左丘明認為可恥,我也認為可恥。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「甘い言葉にとろかす話、満面に満たした作り笑顔、ペコペコ頭を下げ腰をかがめる。左丘明は恥じるべきだとした。私もまた恥じるべきだと思う。心に怨みを持ったままその人と友人づきあいをする。左丘明は恥じるべきだとした。私もまた恥じるべきだと思う。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 ( ( ( (。」


子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

巧(コウ)

巧 楚系戦国文字 巧 字解
「巧」(楚系戦国文字)

論語の本章では”よく作られた”。初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。原義は”細かい細工”。現行字体の偏は工作を意味し、つくりは小刀の象形。中国の字書に収められた古い文字(古文)では、へんがてへんになっているものがある。上掲楚系戦国文字は、「〒」も「T]もおそらく工具で、それを用いて「又」=手で巧みに細工することだろう。詳細は論語語釈「巧」を参照。

言(ゲン)

言 甲骨文 孔子
(甲骨文)

論語の本章では”ことば”。初出は甲骨文。字形は諸説あってはっきりしない。「口」+「辛」”ハリ・ナイフ”の組み合わせに見えるが、それがなぜ”ことば”へとつながるかは分からない。原義は”言葉・話”。甲骨文で原義と祭礼名の、金文で”宴会”(伯矩鼎・西周早期)の意があるという。詳細は論語語釈「言」を参照。

令(レイ)

令 甲骨文 令 字解
(甲骨文)

論語の本章では、「麗」と同じく”うるわしい”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「シュウ」”あつめる”+「セツ」”ひざまずいた人”で、原義は”命令(する)”。甲骨文では原義で、金文では”任命する”・”褒美を与える”・”寿命”の語義がある。ただし”美しい”の語義は、初出が前漢初期の『爾雅』で、論語の時代以前に確認できない。詳細は論語語釈「令」を参照。

色(ソク)

色 金文 色 字解
(金文)

論語の本章では”表情”。初出は西周早期の金文。「ショク」は慣用音。呉音は「シキ」。金文の字形の由来は不詳。原義は”外見”または”音色”。詳細は論語語釈「色」を参照。

足(ショク/シュ)

足 疋 甲骨文 足 字解
「疋」(甲骨文)

論語の本章では”やり過ぎる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。ただし字形は「疋」と未分化。”あし”・”たす”の意では「ショク」と読み、”過剰に”の意味では”シュ”と読む。同じく「ソク」「ス」は呉音。甲骨文の字形は、足を描いた象形。原義は”あし”。甲骨文では原義のほか人名に用いられ、金文では「胥」”補助する”に用いられた。”足りる”の意は戦国の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「足」を参照。

恭(キョウ)

恭 楚系戦国文字 恭 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”つつしみ深い”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。字形は「共」+「心」で、ものを捧げるような心のさま。原字は「キョウ」とされ、甲骨文より存在する。字形は「ケン」”刃物”+「虫」”へび”+「廾」”両手”で、毒蛇の頭を突いて捌くこと。原義は不明。甲骨文では地名・人名・祖先の名に用い、金文では人名の他は「恭」と同じく”恐れ慎む”を意味した。詳細は論語語釈「恭」を参照。

足恭(シュキョウ)

論語の本章では、”馬鹿丁寧”。漢音(遣隋使・遣唐使が聞き帰った音)では「シュキョウ」となるはずだが、「足」をなまった呉音(遣隋使より前に日本に入ってきた主に南方の音)で読み「スウキョウ」と読む座敷わらしになっている。

座敷わらし
武内本に「足は容貌の意」とある。足恭を「足りすぎた恭しさ」と吉川本に言う。『学研漢和大字典』では「うやまって度をこすこと。ばかていねい」という。『大漢和辞典』に「おもねりへつらふ。又、うやまひ過ぎる」とある。「国学大師」に『汉语大词典』を引いて「过分恭顺,以取悦于人:巧言,令色,足恭。」とある。

更に古くはこう言う。古注・孔安国「足恭便僻之貎也」”足恭とは媚びへつらいの顔だ”。新注・朱子「足,過也」”足とはやり過ぎのことだ”。

いずれにせよ「足」については春秋時代には見られない用例で、近い用例は”軍務につく”文脈での”助ける”。免簋(西周中期)に次の通り言う。

免簋
唯十又二月初吉,王在周,昧爽,王格于太廟,丼叔祐免,即令,王授作冊尹者,俾冊令免,曰令汝疋周師司廩,賜汝赤巿,用事。免對揚王休,用作尊簋,免其萬年永寶用。

うち「足」が関わるのは「令汝疋周師司廩,賜汝赤巿,用事」の部分で「疋」と記し、”お前に周軍の兵糧監督を補助させるから、その証しとして赤い膝掛けを渡すので、職務の際は着て出るように”とある。赤フンと同じく目立つからだろう。

春秋時代漢文の心がけとして、一字一義であり熟語は無いものと心得ねばならないから、「慎みを大げさにする”と解するべきではある。だが本章が後世の創作とするならこの限りでは無い。

左丘明(サキュウメイ)

論語 左丘明

古来誰だかよく分かっていない。一説に孔子の同時代人・同国人で、『左伝』『国語』の筆者という。『史記』によれば、目が見えなかったという。

左 甲骨文 左 字解
「左」(甲骨文)

「左」の初出は甲骨文。字形は左手の象形。原義は”左”。「漢語多功能字庫」によると、甲骨文では原義に、金文では加えて”補佐する”の意で用いた。

丘 甲骨文 丘 字解
「丘」(甲骨文)

「丘」の初出は甲骨文。字形は丘の象形。原義は”丘”。甲骨文では原義、地名に用い、戦国の金文では加えて姓氏名に用いた(廿七年安陽戈)。戦国の竹簡では人名に用いた。

明 甲骨文 明 字解
「明」(甲骨文)

「明」の初出は甲骨文。字形は太陽と月の組み合わせ。原義は”明るい”。甲骨文では原義で、また”光”の意に用いた。金文では”清める”、”厳格に従う”、戦国の金文では”はっきりしている”、”あきらかにする”の意に用いた。戦国の竹簡では”顕彰する”、”選別する”、”よく知る”の意に用いた。

恥(チ)→佴(ジ)

恥 楚系戦国文字 恥 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”はじる”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補も無い。字形は「耳」+「心」だが、「耳」に”はじる”の語義は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

”はじ”おそらく春秋時代は「羞」と書かれた。音が通じないから置換字にはならないが、甲骨文から確認できる。『定州竹簡論語』の置換字「佴」は、「恥」とは音も語義も違うが、初出は戦国文字で、こちらも論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「佴」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”これ”。「巧言令色足恭」「匿𤇘而友其人」の言い換え。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

丘(キュウ)

論語 孔子 キメ

論語の本章では、孔子のいみ名。いみ名は謙遜した自称や、目上による呼びかけに用いる。それ以外はあざ名を用いる。孔子の場合、孔が姓で丘がいみ名、仲尼があざ名とされている。孔子の生涯1を参照。

亦(エキ)

亦 甲骨文 学而 亦 エキ
(甲骨文)

論語の本章では”…もまた”。初出は甲骨文。原義は”人間の両脇”。春秋末期までに”…もまた”の語義を獲得した。”おおいに”の語義は、早くて戦国早期の金文で「そう読み得る」だけで、論語時代の語義ではない。詳細は論語語釈「亦」を参照。

匿(ジョク)

匿 甲骨文 匿 字解
(甲骨文)

論語の本章では”かくす”。論語では本章のみに登場。『大漢和辞典』の第一義は”にげる”。初出は甲骨文。「トク」は慣用音。呉音は「ニョク」。甲骨文の字形は「𠃊」+”髪を延ばし、跪いて天を仰ぐ人”で、隠れて祈ったりのろったりするさま。原義は”隠れて”。金文では”邪悪”の意に(大盂鼎・西周早期)、戦国の竹簡では”隠す”・”邪悪”の意に用いた。詳細は論語語釈「匿」を参照。

怨(エン)→𤇘

怨 楚系戦国文字 夗 怨 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”うらむ”。初出は楚系戦国文字で、論語の時代に存在しない。「オン」は呉音。同音に「夗」とそれを部品とする漢字群など。論語時代の置換候補は「夗」。現伝の字形は秦系戦国文字からで、「夗」”うらむ”+「心」。「夗」の初出は甲骨文、字形は「夊」”あしを止める”+「人」。行きたいのを禁じられた人のさま。原義は”気分が塞がりうらむ”。初出の字形は「亼」”蓋をする”+うずくまった人で、上から押さえつけられた人のさま。詳細は論語語釈「怨」を参照。

定州竹簡論語の「𤇘」は『大漢和辞典』にも記載が無く音不明。「国学大師」が『可洪音義』(五代)を引いて「俗聚」という。『説文解字』にも記載が無い。「怨」の誤字か異体字として扱って構わないだろう。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”同時に”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”…と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

友(ユウ)

友 甲骨文 友 字解
(甲骨文)

論語の本章では”友人として付き合う”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は複数人が腕を突き出したさまで、原義はおそらく”共同する”。論語の時代までに、”友人”・”友好”の用例がある。詳細は論語語釈「友」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”その”という指示詞。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。人称代名詞に用いた例は、殷代末期から、指示代名詞に用いた例は、戦国中期からになる。詳細は論語語釈「其」を参照。

人(ジン)

人 甲骨文 人 字解
(甲骨文)

論語の本章では”ひと”。初出は甲骨文。原義は人の横姿。「ニン」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。甲骨文・金文では、人一般を意味するほかに、”奴隷”を意味しうる。対して「大」「夫」などの人間の正面形には、下級の意味を含む用例は見られない。詳細は論語語釈「人」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は、論語学而篇3とほぼ重複。論語公冶長篇(24)にも見える。だが戦国時代の儒家はおろか、他学派も「巧言令色」を言っていない。「巧言令色」の再出は前漢の『説苑』臣術篇から。だが「左丘明」を含めた本章の全文は、先秦両漢の誰一人引用も再録もしていない。

定州竹簡論語にあることから、前漢前半には論語の一章として成立していたことになる。前漢儒の創作を疑ってよいのだが、「佴」(恥)の字を除けば春秋時代まで遡れる上に、本章を偽作する動機がよく分からない。漢代に左丘明称揚運動があったという話も聞かない。

董仲舒
ただ「巧言令色」を説く論語学而篇3が文字史的に史実を疑いがたいことから、それを鋳型に本章が創作されたと考えるのには筋が通る。「足恭」の確実な再出は、いわゆる儒教の国教化を推進した董仲舒の『春秋繁露』五行相勝5で、董仲舒には論語偽作の動機が十分ある。

前漢年表

前漢年表 クリックで拡大

左丘明は伝統的には、孔子の記した魯国の年代記『春秋』に伝を書き加え、『春秋左氏伝』として再編した人とされる。歴史書『国語』も編んだとされる。盲目伝説もあるが初出は『史記』自序からで、史実とは思えない。またwaikipediaは以下の通り記す。

『春秋左氏伝』の作者については、劉向『別録』に、左丘明が『左伝』を曽申(曽子の子)に伝え、曽申が呉起に伝えたとしている。このことから孔子と同時代かそれより少し後の人とわかる。(wikipedia左丘明条)

劉向

劉向(BC77-BC6)

劉向がはるか後世の前漢後半の人物であること、曽子はそもそも儒者ではなく孔子家の家事使用人に過ぎなかったこと、従ってその家族伝説は極めて疑わしいことから、「孔子と同時代かそれより少し後の人とわかる」わけではない。劉向『別録』の該当部分は以下の通り。

劉向『別録』始魯人左邱明為春秋作傳漢興張蒼賈誼皆為左氏訓
漢紀又荀紀此下有云劉歆尤喜左氏平帝時立左氏春秋毛詩逸祗古文尚書後復皆蘇此亦荀氏復記後事非別録本文
又曰左邱明授曽申申授衛人呉起授其子期期授楚人鐸椒也鐸椒作鈔撮八巻授趙人虞卿作鈔撮九巻授同郡荀卿荀卿授武威張倉
(北京大学図書館蔵 師石山房叢書第一『七略別錄佚文』)

「邱」は孔子のいみ名「丘」をはばかって書き換えた同音別字とされる(避諱ヒキ)。「阝」にも”おか”の意がある。この本は字に異同がありまじめに校訂していないようだし、紙面が汚くて、書き込みばかりか落書きまであり、読めない字が多い。だいたい次のようなことが書いてある。

魯の人左丘明が『春秋』に伝を書き足し、漢が興ると張蒼賈誼が『左氏伝』の解釈本を書いた。
(注。『漢紀』には『左氏伝』を最も好んだのは劉歆だといい、平帝の時代に『左氏伝』と『詩経』の国立講座を設置し、ただし古文『書経』は後になって講座が再開された。荀氏によって書かれたそのあたりの消息は、本文で別に述べる。)
また左丘明は曽申に伝授し、曽申は衛国人の呉起に伝授し、呉起はその子の呉期に伝授し、呉期は楚国人の鐸椒に伝授した。鐸椒は伝授された話を八巻にまとめ、趙国人の虞卿に伝授した。虞卿はさらに九巻にまとめ、同じ郡の荀子に伝授した。荀子は武威郡の張蒼に伝授した。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする