論語詳解197泰伯篇第八(13)篤く信じて学を’

論語泰伯篇(13)要約:呉国使節を接待中の孔子先生。親として子供の教育論を尋ねられます。得意分野だけに先生は持論を語りますが、あくまで相手は新興の田舎者。弟子たち相手とは違って、分かりやすく具体的に語ったのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「篤信好學、守死善道。危邦不入、亂邦不居。天下有道則見、無道則隱。邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「孰a信好學,守死善203……國弗b入,亂國弗c居。天□□□□□□□□□□204……

  1. 孰、今本作「篤」。
  2. c.弗、今本作「不」。

※訳者注:邦→國は漢高祖劉邦の避諱。


→子曰、「孰信好學、守死善道。危邦弗入、亂邦弗居。天下有道則見、無道則隱。(邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。)」

復元白文

子 金文曰 金文 督 甲骨文信 金文好 金文学 學 金文 論語 守 金文死 金文善 金文道 金文 論語 危 甲骨文邦 金文不 金文入 金文 亂 金文邦 金文不 金文居 挙 舉 金文 天 金文下 金文有 金文道 金文則 金文見 金文 無 金文道 金文則 金文論語 陰 金文

邦 金文有 金文道 金文 勻 金文且 金文安 焉 金文 也 金文 邦 金文無 金文道 金文 畐 金文且 金文安 焉 金文 也 金文

※篤→督(甲骨文)・危→(甲骨文)・隱→陰・貧→勻・焉→安・富→畐。論語の本章は、後半「邦有道」以降の赤字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている。なお後半は、論語憲問篇1の焼き直しか原形。本章は、少なくとも後半が戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、あつしんじてがくこのみ、まもりてみちくす。危邦あやふきくににはらず、亂邦みだれしくににはらず。天下てんかみちらばすなはあらはし、みちからばすなはかくる。(くにみちらば、まづしくいやしかりぬるはぢなりくにみちからば、たつとかりぬるはぢなり。)

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「ためになると深く信じて学問を好み、死なないよう気を付けて自分の生き方を有能化する。危ない国には入らず、戦乱中の国からは出て行く。天下に原則があれば目立ち、原則がなければ隠居する。(自国に政治の原則がある時に、貧しく身分が低いのは恥だが、無い時に、富んで身分が高いのも恥だ。)」

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「篤く信じて学問を愛せよ。生死をかけて道を育てよ。乱れるきざしのある国には入らぬがよい。すでに乱れた国には止まらぬがよい。天下に道が行われている時には、出でて働け。道がすたれている時には、退いて身を守れ。国に道が行われていて、貧賎であるのは恥だ。国に道が行われないで、富貴であるのも恥だ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「堅守信譽,努力學習,誓死主持正義;不入險地,不住亂世;國家太平則一展才華,社會黑暗則隱姓埋名。治世中,貧賤就是恥辱;亂世中,富貴也是恥辱。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「信用と名誉を堅く守り、勉学に励み、死を賭して正義を維持せよ。危険な土地には行かず、乱世には住むな。国家が平和なら才能を発揮し、社会が混乱したら隠れ住め。平和な世で貧しく卑しいのは恥だ。乱世で富んで出世するのも恥だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 篤 睡虎地秦墓竹簡 論語 篤
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”心を込めて”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は督。詳細は論語語釈「篤」を参照。

篤信好學(学)

論語 学 學 金文 論語 学
「学」(金文)

論語の本章では”学問の効果を信じて好む”。何を信じるかは古注・新注で議論があるが、好学とあるからには学を信じる、つまりその効果を信じること。

守死善道

論語 善 金文 論語 子張 徳を高める
「善」(金文)

論語の本章では、”自分の命を大切にして能力を高める”。

これも新古の注に議論があるが、例によって儒者のホラなので読むに値しない。「守死」とは文字通り自分を死から守ること。「善道」とは世間や他人をどうこうすることではなく、道=自分の生き方に、善=有能性を加えること。詳細は論語における美と善を参照。

現代中国に於ける解釈は、「守死」を「死守」と同じに解釈している。儒者のデタラメにだまされていると言うべき。格変化も活用も助詞も無い中国語で、語順を勝手に入れ替えたが最後、絶対に正しい解釈は出来ない。

なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

危邦不入、亂(乱)邦不居

論語 危 金文大篆 論語 危
「危」(金文)

とにかく危ない国にはいてはならない、ということ。「守死」が自分の命を全うすること、と解釈する根拠でもある。「乱」は”おさめる”の意が原義だが、論語の本章では”みだれる”と解釈しないと通じない。論語語釈「危」論語語釈「乱」も参照。

論語 見 金文 論語 見
(金文)

論語の本章では一般的な”見える”こと、つまり目立つこと・出世すること。詳細は論語語釈「見」を参照。

天下有道

論語 道 金文 論語 道
「道」(金文)

論語の本章では、”天下に原則ある政治があれば”。

「道」を道徳的にありがたい何か、と取ると、朱子などの儒者が掘ったワナに落ちることになる。”やりかた”と解すれば論語ではほぼ間に合う。ここでは天下のやり方だから、天下の政治の原則。

「道」について詳細は、論語語釈「道」を参照。

邦有道

論語 邦 金文 論語 有道
「邦」(金文)

論語の本章では、”自国に原則ある政治があれば”。

自国の政治に原則がある=まともなのに、出世できないのは無能だから、ということ。

邦無道

論語 無 金文 論語 無道
「無」(金文)

論語の本章では、”自国に原則ある政治がなければ”。

まともでないのに地位も財産もあるとなったら、それはまともでないやり方で得たのであり、政治がもっとまともでなくなるのに手を貸したことになる。だから恥だと孔子は言う。

原憲が恥を問うた。先生が言った。「国にまともな政道が行われていれば仕える。国にまともな政道がないのに仕えるのが恥だ。」(論語憲問篇1)

隱/隠(イン)

論語 隠 金文大篆 論語 隠
(金文大篆)

論語の本章では”隠れる”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯ən(ʔは空咳の音に近い)で、同音に殷”さかん”・慇”ねんごろ”と、隱を部品とした漢字群。置換候補は近音の陰ʔi̯əm。詳細は論語語釈「隠」を参照。

天下有道則見、無道則隱

上掲定州竹簡論語では、「天」のあと十字判読不能文字があってそこで簡が終わっている。「下有道則見、無道則隱」は九字しか無いが、例えば最後に「焉」などが付いて、前漢宣帝期には「邦有道」以降が無かった可能性を示している。

貧 楚系戦国文字 論語 貧 篆書
(楚系戦国文字・篆書)

論語の本章では”貧しい”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。ただし近音に「勻」があり、”少ない”の語釈がある。詳細は論語語釈「貧」を参照。「貝」が含まれていることが示すように、貨幣と関わる語で、経済的には論語の時代に存在し難い。

論語の本章では”低い身分”。この文字の初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰi̯anで、同音に戔を部品とする漢字群。戔に”いやしい”の語義はない。詳細は論語語釈「賤」を参照。これも「貝」が含まれていることが示すように、貨幣と関わる語で、経済的にも論語の時代に存在し得ない。

論語 恥 篆書
(篆書)

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtʰi̯əɡ。論語時代の置換候補は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

貴 金文(戦国)
(金文・戦国時代)

論語の本章では”とうとい”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯wəd。同音は存在しない。詳細は論語語釈「貴」を参照。これも「貝」が含まれていることが示すように、貨幣と関わる語で、経済的にも論語の時代に存在し得ない。

焉恥也

論語 恥 篆書
「恥」(篆書)

論語の本章では、「いずくんぞ恥ならんや」と読み、”どうして恥だろうか”と解釈出来なくもない。

しかし論語憲問篇1「国にまともな政道が行われていれば仕える。国にまともな政道がないのに仕えるのが恥だ」と矛盾してしまうので、「焉」を前句の末尾に付けて、断定の意味に取るしかない。「焉」について詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語:解説・付記

上掲の通り、論語の本章は恐らく、「邦有道」以降とそれより前とで、成立時期が違う。木に竹を接いだとはこのことだ。もし論語の本章が全部本物なら、こう訳したいところ。

論語 孔子 疑問

子供に学問を勧める時のお説教でござるか? これは難しいことをおたずねになる。

左様ですな、人は学ぶことでしか自分を高められませぬ。だから学ぶとよろしい。死んでしまっては何にもなりませぬ。だから体に気を付けて、自分の能力を高めなされ。世情が荒れている国には行かず、戦乱の国からは出て行くとよろしい。まともな世の中なら、能力を発揮して出世なされ。まともでないなら、隠居なされ。自国がまともなのに、出世も出来ず貧しいというなら恥でござるが、ろくでもないのに出世して富んでいる者はろくでなしでござる。

まあこういった言い方ですかな。

次に上記「焉」について。
論語 焉 金文
(金文)

既存の論語の解説本では、吉川本によると、吉川が「邦有道、貧且賤焉恥也」の解釈を京大の入試に出したところ、正解者はほとんどおらず、「国さえまともなら、貧乏や身分の低さも恥ではない」と解答する受験生が多かったという(下記b)。

a.邦有道、貧且賤焉、恥也。(邦に道有らば、貧且つ賤しき焉(ぬる)は恥也)
b.邦有道、貧且賤、焉恥也。(邦に道有らば、貧且つ賤しきも、焉(なん)ぞ恥ならん也)

対して「日本人が軽率にも考える儒学の思想は、どんな時代でも貧乏こそ第一の道徳である、というのだろうか」とある。そう読んだっていいではないか、文法的に間違いには出来ないと訳者は思う。「論語ぐらい全部読んでおけ」と受験生に求める方が、むしろ軽率に違いない。

論語 吉川幸次郎
吉川は「最後の儒者」を自称した。儒者の人格的幼稚さの一つは、自分の手がけたことは世間の重大事だという独りよがりにある。中国では高級官僚として、日本では藩お抱えの儒者か大学教授として世間が甘やかすからで、その実、精神病患者のたわごとにしか聞こえない。

論語では、「焉」を句頭に置くか句末に置くか、つまり原文の句読をどこで切るかによって、まるで意味が違ってくる章が少なからずある。それで従来訳の誤読が判明することもある。ただし漢文の原文には句読が付いていないから、どちらが正解とも言いかねる事が多い。

それを決める手がかりは、上掲のように同じ書籍の他の章だったりするから、吉川の出した入試問題は、つまり論語を全て読んでいないと正解できない。受験生に対するサディズムと言うべきで、こんにちの漢学が世間から見放されたのも、吉川のような病人に責任があるだろう。

なお語釈で引用したので、儒者の御託を記す。

古注『論語集解義疏』

子曰篤信好學守死善道危邦不入亂邦不居天下有道則見無道則隠註苞氏曰言行當常然也危邦不入謂始欲往也亂邦不居今欲去也臣弒君子弑父亂也危者將亂之兆也邦有道貧且賤焉恥也邦無道富且貴焉恥也疏子曰至恥也 此章教人立身法也云篤倍好學者令篤厚於誠信而好學先王之道也云守死善道者寜為善而死不為惡而生故云守死善道也云危邦不入者謂初仕時也見彼國將危則不須入仕也云亂邦不居者謂我國已亂則宜避之不居住也然亂時不居則始危時猶居也危者不入則亂故宜不入也云天下有道則見者天下謂天子也見謂出仕也若世王有道則宜出仕也云無道則隠者若時王無道則隠枕石嗽流也陳文子棄馬十乗而去是亂邦不居也云邦有道貧且賤焉恥也者國君有道則宜運我才智佐時出仕宜始得富貴而已獨貧賤則是才徳淺薄不㑹明時故為可恥也云邦無道富且貴焉恥也者國君無道而已出仕招致富貴則是已亦無道得㑹惡逆之君故亦為可恥也江熙曰不枉道而事人何以致無道寵寵所以恥也夫山林之士笑朝廷之人束帶立朝不獲逍遙也在朝者亦謗山林之士褊厄也各是其所是而非其所非是以夫子兼𢎞出處之義明屈申貴於當時也

本文「子曰篤信好學守死善道危邦不入亂邦不居天下有道則見無道則隠」。
注釈。苞氏「常に行うべき当然を言ったのだ。危ない国には入らないとは、行くつもりだったと言っている。乱れた国に居ないとは、今は去ると言うのである。しんがが君主を殺し、子が父を殺すのを、乱れた、と言うのである。危ないとは、今にも乱れる兆しがあることである。」

本文「邦有道貧且賤焉恥也邦無道富且貴焉恥也」。

付け足し。先生は恥の極致を言った。この章は人に立身出世の道を教えた。まごころと信頼に心を尽くさせ、学問を好ませるのが、先王の道だった。

「守死善道」というのは、善をするよりむしろ死んじまえということで、そうすれば悪をする事が無くなる。だから「守死善道」と言ったのだ。

「危邦不入」とは、初めて仕官したときの心得である。その国が危ないと見たら、行くのをやめるのである。

「亂邦不居」とは、自国が乱れたら、すぐさま逃げ出して住まうのを止めるとよい、ということである。ということは、乱れたときに住んでいないにせよ、乱れ始めたときにはまだ住んでいる。だが危なければ入らない。つまり乱れたら、もう入らないのがよいのである。

「天下有道則見」とは、天下とは天子である。見とは出仕することである。もし時の王が道の有るものなら、必ず出仕するのがよいのである。

「無道則隠」とは、もし時の王が無道なら必ず隠れて、山奥で隠居するのがよいのである。陳文子は馬と車十乗分の財産をも捨てて逃げた(→論語公冶長篇18)。これが「亂邦不居」である。

「邦有道貧且賤焉恥也」とは、国君が道のある人なら必ず自分の才能を働かせるがよいということだ。時運に手を貸して出仕すれば、富貴を掴む糸口になる。それなのに孤独に貧乏しているのは、つまりは無能で時を知らないということで、だから恥ずべきなのだ。

「邦無道富且貴焉恥也」とは、国君が無道なのに仕え、富貴を得るのなら、その者も無道であり、君主を暴君に仕立て上げかねない。だからこれも恥ずべきなのである。

江熙「道を曲げないで主君に仕えればいい。どうして無道な君主に好かれる必要がある。そんなのに好かれることが恥だ。山林の隠者が、朝廷で礼服を着てときめく人を笑えば、まだ道にたゆたう道理を心得ていない証拠だ。朝廷の者が隠者をこき下ろせば、それは妬んでいるのだ。それぞれに短所も長所もある事から、先生は出処進退の機微を知り、当時の時代に即して、不遇を明らかにし富貴を得る法を述べた。」

新注『論語集注』

子曰:「篤信好學,守死善道。好,去聲。篤,厚而力也。不篤信,則不能好學;然篤信而不好學,則所信或非其正。不守死,則不能以善其道;然守死而不足以善其道,則亦徒死而已。蓋守死者篤信之效,善道者好學之功。危邦不入,亂邦不居。天下有道則見,無道則隱。見,賢遍反。君子見危授命,則仕危邦者無可去之義,在外則不入可也。亂邦未危,而刑政紀綱紊矣,故潔其身而去之。天下,舉一世而言。無道,則隱其身而不見也。此惟篤信好學、守死善道者能之。邦有道,貧且賤焉,恥也;邦無道,富且貴焉,恥也。」世治而無可行之道,世亂而無能守之節,碌碌庸人,不足以為士矣,可恥之甚也。晁氏曰:「有學有守,而去就之義潔,出處之分明,然後為君子之全德也。」

本文「子曰、篤信好學、守死善道」。
好の字は尻下がりに読む。篤とは厚くて力のあることである。篤く信じないと、必ず学を好むことが出来なくなる。ところが篤く信じているのに学を好まないなら、かならず信じる所が間違っており、正さねばならない。死から身を守らなければ、自他の道をよくできない。ところが死から身を守っているのに道をよくできないなら、結局は無駄死にするはめになる。多分死から実を守り篤く信じる効果は、道をよくして学を好む効果なのだろう。

本文「危邦不入,亂邦不居。天下有道則見,無道則隱」。
見の字は、賢-遍の字の組み合わせに読む。君子は人の危難を命がけで救うのだから(→論語憲問篇13)、危ない国に仕えて去るのは正義が無いが、外に居て入らないのはよい。危ない国が荒れる前には、刑罰や行政がいい加減になるから、それを見て手を貸さないために去るのである。天下とは、世の中全体を言う。無道なら、必ず隠居して身をくらます。これは篤く信じて学を好むだけではなく、死から身を守って道をよくすることにもなる。

本文「邦有道,貧且賤焉,恥也;邦無道,富且貴焉,恥也」。
世の中が治まっているのに進むべき道が無いか、世の中が乱れて節操を守れないと、そのあたりの凡人では、下級貴族も務まらない。恥の至りである。

晁氏「学問もあり身も守り、出処進退もいさぎよくあきらかで、やっと君子の徳がまっとうできる。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 先生が言った。「ためになると深く信じて学問を好み、死なないよう気を付けて自分の生き方を有能化する。危ない国には入らず、戦乱中の国からは出て行く。天下に原則があれば目立ち、原則がなければ隠居する。自国に政治の原則がある時に、貧しく身分が低いのは恥だが、無い時に、富んで身分が高いのも恥だ。」(論語泰伯篇13) […]