論語詳解333憲問篇第十四(1)憲恥を問う*

論語憲問篇(1)要約:孔子先生の弟子の中で、貧窮のまま生涯を送った原憲。恥とは何かを先生に問います。原憲の欲のなさを知っていた先生は、まともでない国に仕えるのが恥だと言い、暗に原憲の生き方を肯定するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

憲問恥。子曰、「邦有道穀。邦無道穀恥也。」

校訂

武内本:史記此章を引く、憲を子思に作る。蓋し子思は原憲の字。

書き下し

けんはぢふ。いはく、くにみちらばふちうく。くにみちきにふちうくるははぢなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 原憲 論語 孔子
原憲が恥を問うた。先生が言った。「国にまともな政道が行われていれば仕える。国にまともな政道がないのに仕えるのが恥だ。」

意訳

原憲「恥とは何ですか」

論語 孔子 波濤
孔子「サムライたるもの、国がまともなら仕えて大いに国を発展させればいいが、まともでないのに仕えるのは恥だ。」
原憲「なぜです?」

論語 孔子 居直り
孔子「まともでない政府に手を貸して、もっとまともでなくするのかね?」

従来訳

論語 下村湖人

憲が恥についてたずねた。先師がこたえられた。――
「国に道が行われている時、仕えて祿(ろく)を食はむのは恥ずべきことではない。しかし、国に道が行われていないのに、その祿を食むのは恥ずべきである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 憲 金文 論語 原憲
(金文)

生没年未詳。孔子の弟子、原憲のこと。あざなは子思。暮らしは貧しかったが、品が良かったという。詳細は論語の人物:原憲子思を参照。

論語 恥 篆書
(篆書)

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtʰi̯əɡ。論語時代の置換候補は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

論語 道 金文 論語 取扱説明書 道
(金文)

論語では”方法・やり方”のこと。本章では”原則ある政治のやり方”。論語を読むと、孔子は政治には一定の原則があると考えており、それは礼法に従うことだった。その意味で孔子の政治論は法家に近いが、成文法に基づく法家の思想とは異なり、孔子の提唱する礼法は、論語時代には決まった文言がなかった。

つまり孔子が「これは礼である」と言えばそれが礼法になるわけで、その意味では人治主義と言っていい。しかし孔子は自分やその教えに通じた人材=士ならば礼法の原則をわきまえているとし、そこに一定の原則があると考えた。他派閥から批判されるのが、この矛盾だった。

なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

論語 穀 篆書 論語 キヌア 穀
(篆書)

穀物のことだが、論語では”俸給”を指す。当時も貨幣は存在したが、まだあまり流通しなかったらしい。そこで役人の給与は穀物で支払われた。実際には「ナニガシ量の穀物を与える」と書いた木札や竹札で、それを持って国庫に出向いて受け取ったのだろうが、それを記した史料を訳者はまだ見ていない。

武内本は「穀とは禄なり、禄を食むをいう」という。

論語:解説・付記

孔子はそれまでの血統による為政者層に、自分が教育した人材=士を割り込ませてその政治論を実現しようとした。それら士が、どのような時に仕え、また仕えるべきではないかは、のちに孟子によって細かく議論されるが、論語の時代の孔子一門には、そこまでの議論はない。

論語を読む限り、孔子はお気に入りの弟子には、仕えないのを喜んだ(論語公冶長篇5など)。理由の一つは、当時の魯国の政治が、孔子の気に入らない下剋上だったからだろうが、かといって弟子の進路を阻むわけにもいかないので、数多くの弟子が魯国や門閥に仕えた。

加えて孔子は自分の色に染まった弟子を、手先として各地に送り込みたかっただろう。

子路冉有がその例だが、子路は後に仕官先を衛国に変え、論語の記述による限り、魯国で仕え続けたのは冉有と子賤だけになる。子賤について孔子はその業績を賞賛したが、冉有には厳しい批判を与えている(論語先進篇16)。本章はそれを踏まえての回答と想像する。

対して原憲が仕えた記述は論語にはなく、貧窮の中で生涯を送ったと『史記』にある。また孔子が自分の執事に雇ったことが論語雍也篇5に記され、十分な給与を与えている。しかし孔子は帰国後に金に困ったことが論語先進篇7に見え、すでに原憲を養えなかったかも知れない。

だが論語の記述から原憲が一生仕官しなかったなら、それは論語雍也篇5に記された、欲の無さからだろう。従って本章はそうした節を通す原憲の生き方を孔子が評価し、まともでない魯国に仕えないのは立派だ、お前は自分の道を信じて生きなさい、と励ましたのだと思いたい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)