論語の人物:仲由子路(ちゅうゆう・しろ)

最も早く入門し一門中最高の武勇に優れた弟子きっての硬骨漢

至聖先賢半身像「子路」
国立故宮博物院蔵

略歴

孔子の最も初期の弟子、BC543-BC481。姓は仲、名は由、字は子路。季路とも呼ばれる。政治の才を孔子に評価され、孔門十哲の一人。魯国の卞(ベン)出身。初めて孔子に会った際は、武装して孔子をおどしたという。しかし会見後は、生涯最も忠実な弟子になった。

訳者としては、「では庭に出なさい」と言われ、ボコボコにされたと想像する。あるいは会ったとたんに孔子の隠然たる武威(=論語に言う「徳」)に撃たれ、「弟子にして下さい!」と願ったのだろう。武道の世界にはよくある話で、訳者にもその経験がある。

それだけに武芸自慢で、質実剛健で、のち魯国筆頭家老の季氏に仕えるまでは、孔子という本質的に革命家で、政治的に極めて危険人物の、その身辺警護を務めたと思われる。孔子の諸国放浪の旅にも同行し、弟子の中で『論語』に出てくる回数が最も多い。

しかし孔子に先立つこと一年前に、仕えていた衛国の内乱に巻き込まれて死去し、孔子を嘆かせた。その際孔子の教えを守り、「君子は死に当たっても冠を正す」と言い、冠を正して死んだという。

論語での扱い

為政篇では、知ったかぶりを孔子にたしなめられている。

公冶長篇では、孔子に「千乗の国の軍務が務まる」「海外に出ても付いてきてくれる。武勇は私より優れている」「教えを実践できないと次に進みたがらなかった」と評された。

雍也篇では「性格が果断で政治を任せられる」と評され、衛国公夫人の南子との会見を終えた孔子を、疑わしい目つきで見た。

述而篇では、「お前のような乱暴者は戦場に連れて行かない」と評された。また孔子が病気の際に、祝詞を唱えて治そうとした。

子罕篇では、弟子を勝手に孔子の家臣に仕立てて、孔子にたしなめられた。ぼろを着てても心は錦、と評された。

郷党篇では、孔子と共に山遊びをした。

先進篇では、いかつい態度を二度孔子にたしなめられ、琴が下手だとからかわれ、他人の仕事にまで手を出したがる、頭数そろえの人材にはなる、口車、先走りが過ぎると評された。

顔淵篇では、すぱりと判決が出せると評された。

子路篇では、孔子の迂遠さをからかったので、「お前は何もわかっとらん」と評された。

憲問篇では、教えに対して「たったそれだけ?」と漏らしたので、叱られた。

衛靈公篇では、「お前のような奴は行き詰まると何をしでかすか分からない」とたしなめられたが、「徳の本当の意味が分かるのは、私とお前のような武芸者だけだな」とほのめかされた可能性がある。

陽貨篇では、謀反人に手を貸そうとする孔子を二度引き留めた。また「武芸が出来ても人が出来とらんと、乱暴者として嫌われるぞ」とたしなめられた。

微子篇では二度、それぞれ別の隠者との交流が記されている。

他の典籍での扱い

大ものだけに多数あるが、『韓非子』外儲說右上より一つ引く。

「季孫魯に相たりて、子路郈(コウ、叔孫氏の根拠地で、他の史料では季孫子の都城、費だという)の令(代官)たり。魯、五月を以て民衆を集め、長溝(水路)を造る。このとき子路、俸禄をはたいて炊き出しを行い、作業する者に五父の街角で飯を食わせり。孔子これを聞きて、子貢をして往きてその飯を覆し、器を壊さしむ(行ってナベカマを叩き壊してきなさい)。子貢面白がって叩き壊し、子路に曰く、魯の君、民を保てるに、子なんぞめしを食わすやと(民は魯国公の民で、あなたが勝手に飯を食わせる筋合いではない)。子路怒り狂って攘肱(ジョウコウ、ドカドカと)として入りて請うて(孔子の家に押し込んで)曰く、「夫子、由の仁義をなすを憎めるか(先生は私が仁義を行うのを嫌うのですか)。夫子に学べる所は仁義也、仁義は天下とその所を共にする有りて、その利益を共にする也(仁義はみんなで行って、助け合うことのはずです)。今由や俸禄をはたいて民に食わす、不可なるは何ゆえなるかと。孔子曰く、由の野たるや(お前はバカか)。われなんじに教えたるに、なんじいたずらにして未だ及ばざる(教えが無駄になっている)也、なんじかかる故を以て礼を知らずとする也(だからお前は礼儀知らずと言うのだ)。なんじ飯を食わせたるは、勝手な愛をなさんとする也。そもそも礼は、天子が天下を愛し、諸侯が領民を愛し、大夫が部下を愛し、士がその家を愛するものにて、その所を過ぎて愛すは侵す(人をないがしろにする)という。今、魯の君民を保つに、子、ほしいままに之を愛すは、これ子の侵す也、おおいなるあざむきならざるやと。言未だ終わらずして、季孫の使者至る。孔子に礼をして曰く、肥(季孫氏の当主、季孫肥)や民を集めてこれを使うに、先生弟子をして労役せる者に飯を食わす。将に肥の民を奪わんか(季孫の民を横取りするのですか)と。孔子車に乗りて魯を去る。これ孔子の賢明を用い、季孫は魯の君を非難せり(孔子の言い分なら、魯公が民を食わせるべきなのに、それをしないと非難した)。臣下の資を以て君主の術を借り、つとに禁じて未然に終われり(臣下の分際で君主のやり口をまねて黙らせた)。して子路は私の恵みをなすを得ず、害は生ぜざりき、いわんや君主をや。斉の景公、その勢を以て田常(斉国の大夫)の侵すを禁じたらば、則ち必ずやこれを弒すの患い無からん(国を奪われるはめにはならなかったはずだ)。」

韓非に代表される法家の思想では、各身分・各役職は、自分の担当でないことを行ってはならない。この点孔子も同様な思想だったことは、論語の泰伯篇などに記されている。従って法家とは犬猿の仲を自称する儒者が、どんなに嫌がろうと、この話はおおむね事実と言っていい。

なお似たような話が所を変えて、『説苑』にも記されているから、子路の炊き出し話は広く知られていたと見える。

論語での発言

友人と持ち物を共有し、壊しても恨みっこなしの友情を結びたい。(公冶長篇)

戦場なら顔回より私を連れて行くでしょう。(述而篇)

祝詞ならここにあります。えーっと。(述而篇)

♪求めませぬ~欲しがりませぬ~。これで生涯安楽じゃあ~。(子罕篇)

政治は実地で学べばいいでしょう。本の虫だけが君子じゃありませんよ?(先進篇)

千乗の国を大国の狭間で生き延びさせ、軍備を整え、飢饉に備える。三年で成果を出して見せます。(先進篇)

これだから先生は回りくどいと言うんです。(子路篇)

門番「どなたじゃな?」子路「孔子一門です。」門番「ああ、あの出来ないと知ってやってる先生か。」(憲問篇)

季氏がとうとう顓臾に兵を出しました。(季氏篇)

10

公山めは謀反人ですぞ? なんで手を貸しなさる。(陽貨篇)

11

むかし先生は仰いましたね、手ずから悪事を働くような奴のところへ、君子は行かぬものだと。仏肸ヒツキツめは謀反人ですぞ? なぜ行かれるのです。(陽貨篇)

12

君子は武勇を尊ぶものでしょうが?(陽貨篇)

13

子路「孔子先生の弟子です。」長沮「そんなら渡し場ぐらい知ってるだろう。」
子路「孔子先生の弟子です。」桀溺「さっさと隠居すればいいのに。」(微子篇)

14

子路「孔子先生の弟子です。」丈人「穀物の見分けも付かん人の、どこが先生かね。」(微子篇)

論語での記載

  1. 子曰:「由!誨女知之乎?知之為知之,不知為不知,是知也。」(為政)
  2. 子曰:「道不行,乘桴浮于海。從我者其由與?」子路聞之喜。子曰:「由也好勇過我,無所取材。」(公冶長)
  3. 孟武伯問:「子路仁乎?」子曰:「不知也。」又問。子曰:「由也,千乘之國,可使治其賦也,不知其仁也。」「求也何如?」子曰:「求也,千室之邑,百乘之家,可使為之宰也,不知其仁也。」「赤也何如?」子曰:「赤也,束帶立於朝,可使與賓客言也,不知其仁也。」(公冶長)
  4. 子路有聞,未之能行,唯恐有聞。(公冶長)
  5. 顏淵、季路侍。子曰:「盍各言爾志?」子路曰:「願車馬、衣輕裘,與朋友共。敝之而無憾。」顏淵曰:「願無伐善,無施勞。」子路曰:「願聞子之志。」子曰:「老者安之,朋友信之,少者懷之。」(公冶長)
  6. 季康子問:「仲由可使從政也與?」子曰:「由也果,於從政乎何有?」曰:「賜也,可使從政也與?」曰:「賜也達,於從政乎何有?」曰:「求也,可使從政也與?」曰:「求也藝,於從政乎何有?」(雍也)
  7. 子見南子,子路不說。夫子矢之曰:「予所否者,天厭之!天厭之!」(雍也)
  8. 子謂顏淵曰:「用之則行,舍之則藏,唯我與爾有是夫!」子路曰:「子行三軍,則誰與?」子曰:「暴虎馮河,死而無悔者,吾不與也。必也臨事而懼,好謀而成者也。」(述而)
  9. 葉公問孔子於子路,子路不對。子曰:「女奚不曰,其為人也,發憤忘食,樂以忘憂,不知老之將至云爾。」(述而)
  10. 子疾病,子路請禱。子曰:「有諸?」子路對曰:「有之。誄曰:『禱爾于上下神祇。』」子曰:「丘之禱久矣。」(述而)
  11. 子疾病,子路使門人為臣。病閒,曰:「久矣哉!由之行詐也,無臣而為有臣。吾誰欺?欺天乎?且予與其死於臣之手也,無寧死於二三子之手乎?且予縱不得大葬,予死於道路乎?」(子罕)
  12. 子曰:「衣敝縕袍,與衣狐貉者立,而不恥者,其由也與?『不忮不求,何用不臧?』」子路終身誦之。子曰:「是道也,何足以臧?」(子罕)
  13. 色斯舉矣,翔而後集。曰:「山梁雌雉,時哉!時哉!」子路共之,三嗅而作。(鄉黨)
  14. 德行:顏淵,閔子騫,冉伯牛,仲弓。言語:宰我,子貢。政事:冉有,季路。文學:子游,子夏。(先進)
  15. 季路問事鬼神。子曰:「未能事人,焉能事鬼?」敢問死。曰:「未知生,焉知死?」(先進)
  16. 閔子侍側,誾誾如也;子路,行行如也;冉有、子貢,侃侃如也。子樂。「若由也,不得其死然。」(先進)
  17. 子曰:「由之瑟奚為於丘之門?」門人不敬子路。子曰:「由也升堂矣,未入於室也。」(先進)
  18. 柴也愚,參也魯,師也辟,由也喭。(先進)
  19. 子路問:「聞斯行諸?」子曰:「有父兄在,如之何其聞斯行之?」冉有問:「聞斯行諸?」子曰:「聞斯行之。」公西華曰:「由也問聞斯行諸,子曰『有父兄在』;求也問聞斯行諸,子曰『聞斯行之』。赤也惑,敢問。」子曰:「求也退,故進之;由也兼人,故退之。」(先進)
  20. 季子然問:「仲由、冉求可謂大臣與?」子曰:「吾以子為異之問,曾由與求之問。所謂大臣者:以道事君,不可則止。今由與求也,可謂具臣矣。」曰:「然則從之者與?」子曰:「弒父與君,亦不從也。」(先進)
  21. 子路使子羔為費宰。子曰:「賊夫人之子。」子路曰:「有民人焉,有社稷焉。何必讀書,然後為學?」子曰:「是故惡夫佞者。」(先進)
  22. 子路、曾皙、冉有、公西華侍坐。子曰:「以吾一日長乎爾,毋吾以也。居則曰:「不吾知也!』如或知爾,則何以哉?」子路率爾而對曰:「千乘之國,攝乎大國之間,加之以師旅,因之以饑饉;由也為之,比及三年,可使有勇,且知方也。」夫子哂之。「求!爾何如?」對曰:「方六七十,如五六十,求也為之,比及三年,可使足民。如其禮樂,以俟君子。」「赤!爾何如?」對曰:「非曰能之,願學焉。宗廟之事,如會同,端章甫,願為小相焉。」「點!爾何如?」鼓瑟希,鏗爾,舍瑟而作。對曰:「異乎三子者之撰。」子曰:「何傷乎?亦各言其志也。」曰:「莫春者,春服既成。冠者五六人,童子六七人,浴乎沂,風乎舞雩,詠而歸。」夫子喟然歎曰:「吾與點也!」三子者出,曾皙後。曾皙曰:「夫三子者之言何如?」子曰:「亦各言其志也已矣。」曰:「夫子何哂由也?」曰:「為國以禮,其言不讓,是故哂之。」「唯求則非邦也與?」「安見方六七十如五六十而非邦也者?」「唯赤則非邦也與?」「宗廟會同,非諸侯而何?赤也為之小,孰能為之大?」(先進)
  23. 子曰:「片言可以折獄者,其由也與?」子路無宿諾。(顏淵)
  24. 子路問政。子曰:「先之,勞之。」請益。曰:「無倦。」(子路)
  25. 子路曰:「衛君待子而為政,子將奚先?」子曰:「必也正名乎!」子路曰:「有是哉,子之迂也!奚其正?」子曰:「野哉由也!君子於其所不知,蓋闕如也。名不正,則言不順;言不順,則事不成;事不成,則禮樂不興;禮樂不興,則刑罰不中;刑罰不中,則民無所措手足。故君子名之必可言也,言之必可行也。君子於其言,無所苟而已矣。」(子路)
  26. 子路問曰:「何如斯可謂之士矣?」子曰:「切切、偲偲、怡怡如也,可謂士矣。朋友切切、偲偲,兄弟怡怡。」(子路)
  27. 子路問成人。子曰:「若臧武仲之知,公綽之不欲,卞莊子之勇,冉求之藝,文之以禮樂,亦可以為成人矣。」曰:「今之成人者何必然?見利思義,見危授命,久要不忘平生之言,亦可以為成人矣。」(憲問)
  28. 子路曰:「桓公殺公子糾,召忽死之,管仲不死。」曰:「未仁乎?」子曰:「桓公九合諸侯,不以兵車,管仲之力也。如其仁!如其仁!」(憲問)
  29. 子路問事君。子曰:「勿欺也,而犯之。」(憲問)
  30. 公伯寮愬子路於季孫。子服景伯以告,曰:「夫子固有惑志於公伯寮,吾力猶能肆諸市朝。」子曰:「道之將行也與?命也。道之將廢也與?命也。公伯寮其如命何!」(憲問)
  31. 子路宿於石門。晨門曰:「奚自?」子路曰:「自孔氏。」曰:「是知其不可而為之者與?」(憲問)
  32. 子路問君子。子曰:「脩己以敬。」曰:「如斯而已乎?」曰:「脩己以安人。」曰:「如斯而已乎?」曰:「脩己以安百姓。脩己以安百姓,堯舜其猶病諸!」(憲問)
  33. 在陳絕糧,從者病,莫能興。子路慍見曰:「君子亦有窮乎?」子曰:「君子固窮,小人窮斯濫矣。」(衛靈公)
  34. 子曰:「由!知德者鮮矣。」(衛靈公)
  35. 季氏將伐顓臾。冉有、季路見於孔子曰:「季氏將有事於顓臾。」孔子曰:「求!無乃爾是過與?夫顓臾,昔者先王以為東蒙主,且在邦域之中矣,是社稷之臣也。何以伐為?」冉有曰:「夫子欲之,吾二臣者皆不欲也。」孔子曰:「求!周任有言曰:『陳力就列,不能者止。』危而不持,顛而不扶,則將焉用彼相矣?且爾言過矣。虎兕出於柙,龜玉毀於櫝中,是誰之過與?」冉有曰:「今夫顓臾,固而近於費。今不取,後世必為子孫憂。」孔子曰:「求!君子疾夫舍曰欲之,而必為之辭。丘也聞有國有家者,不患寡而患不均,不患貧而患不安。蓋均無貧,和無寡,安無傾。夫如是,故遠人不服,則修文德以來之。既來之,則安之。今由與求也,相夫子,遠人不服而不能來也;邦分崩離析而不能守也。而謀動干戈於邦內。吾恐季孫之憂,不在顓臾,而在蕭牆之內也。」(季氏)
  36. 公山弗擾以費畔,召,子欲往。子路不說,曰:「末之也已,何必公山氏之之也。」子曰:「夫召我者而豈徒哉?如有用我者,吾其為東周乎?」(陽貨)
  37. 佛肸召,子欲往。子路曰:「昔者由也聞諸夫子曰:『親於其身為不善者,君子不入也。』佛肸以中牟畔,子之往也,如之何!」子曰:「然。有是言也。不曰堅乎,磨而不磷;不曰白乎,涅而不緇。吾豈匏瓜也哉?焉能繫而不食?」(陽貨)
  38. 子曰:「由也,女聞六言六蔽矣乎?」對曰:「未也。」「居!吾語女。好仁不好學,其蔽也愚;好知不好學,其蔽也蕩;好信不好學,其蔽也賊;好直不好學,其蔽也絞;好勇不好學,其蔽也亂;好剛不好學,其蔽也狂。」(陽貨)
  39. 子路曰:「君子尚勇乎?」子曰:「君子義以為上。君子有勇而無義為亂,小人有勇而無義為盜。」(陽貨)
  40. 長沮、桀溺耦而耕,孔子過之,使子路問津焉。長沮曰:「夫執輿者為誰?」子路曰:「為孔丘。」曰:「是魯孔丘與?」曰:「是也。」曰:「是知津矣。」問於桀溺,桀溺曰:「子為誰?」曰:「為仲由。」曰:「是魯孔丘之徒與?」對曰:「然。」曰:「滔滔者天下皆是也,而誰以易之?且而與其從辟人之士也,豈若從辟世之士哉?」耰而不輟。子路行以告。夫子憮然曰:「鳥獸不可與同群,吾非斯人之徒與而誰與?天下有道,丘不與易也。」(微子)
  41. 子路從而後,遇丈人,以杖荷蓧。子路問曰:「子見夫子乎?」丈人曰:「四體不勤,五穀不分。孰為夫子?」植其杖而芸。子路拱而立。止子路宿,殺雞為黍而食之,見其二子焉。明日,子路行以告。子曰:「隱者也。」使子路反見之。至則行矣。子路曰:「不仕無義。長幼之節,不可廢也;君臣之義,如之何其廢之?欲潔其身,而亂大倫。君子之仕也,行其義也。道之不行,已知之矣。」(微子)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)