論語の人物:宓不斉子賤(ふくふせい・しせん)

琴を弾いて引き籠もる得体の知れない政治力を持った孔子の若き弟子

至聖先賢半身像「子賤」
国立故宮博物院蔵

略歴

BC502-?。孔子の弟子。姓は宓、名は不齊(斉)。字は子賤。ものすごい老人に描かれているが、『史記』によれば孔子より49年少で、孔子の直弟子としては最も若いグループに属する。地方都市を治める程度の政治の才があったとされるが、そのやり方は得体が知れず、謎の多い人物。

論語での扱い

公冶長篇で「君子なるかなかくのごとき人」と孔子に言われており、君子としては立派だったと評されているが、この君子の定義によってどのような人物か想像が分かれる。学問的に何かしたという記録はないから、教養人として立派、という意味にはなりにくい。戦場働きの記録もないから、そうなると政才に優れていたことになるが、その方法や詳細が分からない。

分からないから公冶長篇の章も、どうやって訳したらいいかわからない。つまり子賤が偉いから魯国が名高いのか、魯国が立派な君子だらけだから子賤が偉くなったのか、どちらに解していいかわからない。訳者のような論語読みにとっては、得体の知れない人物である。

他の典籍での扱い

論語と同時代やそれ以前の記録はないから、後世の人が伝承や想像に基づいた記録ではあるものの、単父(ぜんほ)というまちの代官になったことが記されている。赴任の際、魯公から付けられた下役に、字を書けと命じて書かせ、横から下役のひじをちょいちょいと引っ張っておきながら、書いた字が下手だと叱った。怒った下役が辞任を申し出ると、「ああ、辞めていいよ」と追い払った。都城に帰った下役が、魯公にこの意地悪を訴えると、「子賤が私を諌めているのだ」と魯公は言い、思い通りの政治を執るよう子賤を扱った、という。

これが「掣肘」の語源になったが、記された書物は秦代の『呂氏春秋』。子賤が下役の讒言を恐れての行動だったという。その後前漢の『説苑』や『韓詩外伝』などの儒者の書き物には、同じ単父のまちを巫馬期が治めて苦労したと記しているから、地元勢力が強くて治めにくく、改革のたぐいを行おうとすれば、あることないこと君主や上役にご注進が行き、即座に降ろされてしまうようなまちだったと想像できる。

ただし『左伝』の記事を素直に読むのなら、当時すでに魯国の政治を魯公は執っておらず、魯公を味方に付けた所で、難治のまちが治まるとは思えない。この点同じく儒者の書き物に、子賤は赴任しても琴ばかり弾いて政治を執らず、自宅からも出てこない引き籠もりだったが、まちは治まったと書く。対して巫馬期は、夜から夜までかけずり回ってやっとまちが治まったという。

そこで巫馬期が子賤に政治の秘訣を聞いた所、人に任せているからだ、と答えたという。当たり前に考えれば、琴ばかり弾いて政治が出来るわけがないが、孔子がどのように治めたかを聞いた所、「父代わりが三人、兄代わりが五人、友とする人物が十一人、これらと付き合いました」と答えている(『説苑』)。

これを意訳すれば、現地の有力者と親しげに付き合って、何かしら新しい政策なるものを持ち出さず、現地の習慣そのままに放置していたことになる。聞いた孔子は「何もしないで治まった、治めた土地は小さかったが、政治のやり方としては大したもので、いにしえの堯や舜の跡を継ぐものだ」と褒めたという。

「何もしないで治まった」というのを本当に孔子が評価したなら、旧来の習慣をいじって改めさせるのが大好きな孔子は、放浪などの苦労をせずに済んだはずで、考えようによっては後世の道家的価値観が入り込んでいるように見える。

確かに論語の泰伯篇などで、孔子はそういった聖王の治世を褒め称えてはいる。ただしワケが分からなかったようで、何で何もしないで治まったかのからくりは、孔子には分からなかっただろう。好意的に読むなら、それをやって見せたから子賤に政治の秘訣を聞いたのだろうが、その政治力を得体が知れないとは思ったことだろう。

その逸話を伝えるのがこの図。

『孔子聖蹟図』放鯫知徳

『孔子聖蹟図』放鯫知徳

ここでは単父は衛国領ということになっており、子賤の命令で、漁師は小魚を捕っても逃がしたとある。

なお『孔子家語』では公冶長篇の章を、「魯国に君子が多いから子賤が立派になった」と解し、そのための逸話として以下を載せる。

孔子の兄の子に孔蔑なる者有りて、宓子賤与(と)皆(とも)に〔孔子に〕仕えり。孔子、孔蔑を往き過ぎ而(て)之に問うて曰く、「汝之仕える自(よ)り、何を得、何を亡(うしな)いたるか。」対(こた)えて曰く、「未だ得る所有らず、而て亡える者所は三なり。王事は龍の若(ごと)し、学び焉(おえ)て習うを得るも、是れ学びて明を得不(ざ)る也。俸禄少くして、饘粥(センシュク、お粥、食い扶持)親戚に及ば不(ず)、是れ骨肉の益(ますます)踈(とおざか)る也。公事は急多くして、死を弔い疾(やまい)を問うを得不、是れ朋友之道に欠ける也。其の亡える所者(は)三なりとするは、即ち此を謂う也。」孔子悦(よろこ)ば不。子賤を往き過ぎて、孔蔑の如く問う。対えて曰く、「来たりて仕えて自り者、其れを亡える所無く、得る所者は三有り。始め之を誦(よ)むに、今や得而之を行う、是れ学びて益明なる也。俸禄の供する所、親戚に及ぶを被りて、是れ骨肉の益親(ちか)き也。公事有ると雖も、而て以て死を弔い疾を問うを兼ぬ、是れ朋友の篤(あつ)き也。」孔子喟然として子賤を謂いて曰く、「君子なる哉、若(かくのごとき)き人、魯に君子なる者無くんば、則ち子賤焉んぞ此を取らん。」

しかし魯の君子のおかげで子賤が君子になったのなら、同じ環境にある兄の子が君子になれていない理由がない。帝政時代中国の知識人は一般に、やたらと本を読んで物知りだが、論理は実にいい加減で、同時代の文明圏であるインドが、実に論理にうるさいのとは大きく異なっている。「なんか変や」と思いつつも、古典を伝統通りに読まねばならないという態度は、このあたりから出ているが、現代人には無用の遠慮だろう。

論語での発言

なし。

論語での記述

  1. 子謂子賤,「君子哉若人!魯無君子者,斯焉取斯?」(公冶長篇)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする