論語の人物:司馬耕子牛(しばこう・しぎゅう)

貴公子の生まれながら非業に死んだ悲劇の弟子

至聖先賢半身像「司馬牛」
国立故宮博物院蔵

略歴

?-BC481以降。氏は司馬、名は耕、字は子牛。百度百科によると姓は向。『孔子家語』によると宋の出身で、兄は孔子の命を狙った宋国司馬(元帥)の桓魋(カンタイ)だという。しかし孔子の子孫で前漢時代の儒者だった孔安国によると、名は犁(リ)で、『左伝』にある司馬牛のことだとし、司馬耕とは別人だという。

今仮に別人ではなく、統一して司馬牛と呼ぶことにすると、孔子の弟子で、宋国元帥の家から出た貴公子で、兄とは立場を異にしたことになる。兄が宋で失脚して亡命した際、司馬牛も自領を返上して亡命し、東へ南へと各国を流浪した後、なぜか魯で変死している。

一つの見方として、孔子一門には珍しい貴公子の出であることから、宋国での活動拠点を孔子一門に提供し、あるいは宋国で政治工作を行ったが、亡命しても孔子一門がかくまわなかったので、怒った桓魋が孔子を襲ったという筋立てが考えられる。

『史記』の記述では理由無く孔子を襲ったことから、後世での桓魋は悪人呼ばわりされているが、無関係の曹国人を政争に巻き込まないよう配慮したりと、常識人どころか戦乱の世には珍しい人情家で、理由もなく孔子を襲うとは考えづらい。

いずれにせよ当の司馬牛は孔子一門に報われることもなく、変死を余儀なくされた悲劇の人になる。

論語での扱い

顔淵篇に三章の問答を載せるが、孔子との二章ではいずれも教えを一旦聞いた後で、「それだけですか?」とたたみかけるように再度問い、孔子が言いくるめるように再度答えて問答を終えている。

残り一章は子夏との問答だが、「憂いて曰く」で始まっており、「私だけが兄弟に恵まれない」と嘆いている。これを「居ない」と取れば孔安国の言うように、桓魋の弟ではないことになり、「良い兄弟に恵まれない」と取れば、孔子を襲うような桓魋の弟である可能性が出る。

他の典籍での扱い

孔子の弟子として何をしたかは全く記されていないし、まして政治工作らしきことは書かれていない。「孔子の弟子の司馬牛」として、『史記』に「多言にして躁(悪賢い、または騒がしい)」とあり、素の「司馬牛」という人の行動を、『左伝』が淡々と記しているに止まる。以下引用。

哀公十四年(BC481)…宋では元帥の桓魋への優遇が過ぎて、国公を脅かすほどになっていた。…国公は桓魋を殺そうとし、反乱を起こして失敗した桓魋は…曹国に亡命して人質を取ったが、追っ手が曹国に入ってこれも人質を取ると、桓魋は「それはいけない。すでに殿様に仕えてしくじったのに、この上曹国の民に迷惑をかけるようなことがあれば、どうしようもない。」そこで人質を解放した。

…〔宋国の〕司馬牛は領地と地位の象徴である角形の玉を返上し、斉に行った。

兄の桓魋は衛に逃げた。公文氏が桓魋を攻め、持っていた秘宝の玉を取り上げようとすると、ニセモノを渡して斉に逃げた。斉の実権を握っていた家老・陳成子は、桓魋を迎えて家老格の次卿にした。

司馬牛はまた領地を返上して斉から逃げ、呉に行った。ところが呉の国人から嫌われて追い出されたので、西北の大国・晋の実権を握っていた趙簡子が呼び寄せた。斉の陳成子も同様に呼び寄せたが、どちらにも行かず魯の城門の外で死んだ。

つまり弟子であっても普段は孔子の近くや、孔子塾のある魯国にはおらず、宋で貴族としての生活を送っていたことになる。宋から逃げ出したのは兄に連座してのことだろうが、その後兄が斉に来ると、領地まで貰っていたのに逃げ出している。

しかも二大国の実力者に招かれたのにどちらにも行かず、なぜか魯で、それも門前で、そして死因不明の死を遂げている。なおこの年、孔子はすでに魯国に帰っている。そして論語の泰伯篇などを読むと、司馬牛が追い出された呉国と、孔子一門は相当密接な関係を結んでいる。

どう考えても怪しい。

論語での発言

1

仁は言いにくそうにすることですって? たったそれだけですか!(顔淵篇)

2

君子は恐れず、心配をしないものですって? たったそれだけですか!(顔淵篇)

3

世の誰もが兄弟がいるのに、私だけ独りぼっちで兄弟がいない*。

*「無」ではなく「亡」と書いている。「独りぼっちで死んでしまいそうだ」とも解せる。

論語での記述

  1. 司馬牛問「仁」。子曰、「仁者、其言也訒。」曰、「其言也訒、斯謂之『仁』已夫。」子曰、「爲之難、言之得無訒乎。」(顔淵篇)
  2. 司馬牛問「君子」。子曰、「君子不憂不懼。」曰、「不憂不懼、斯謂之『君子』矣夫。」子曰、「內省不疚、夫何憂何懼。」(顔淵篇)
  3. 司馬牛憂曰、「人皆有兄弟、我獨亡。」子夏曰、「商聞之矣、『死生有命、富貴在天』君子敬而無失、與人恭而有禮、四海之內、皆兄弟也、君子何患乎無兄弟也。」(顔淵篇)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 孔子の生前、君子とはすなわち貴族のことだった。孔子の弟子は司馬牛のような例外を除けば、全て平民の出で、周の古い制度では野人と言われる存在だった。野人は元来国権に従わず、秦の穆公(位BC659-BC651)が乗馬を奪われて手を出せなかった故事が知られる。 […]