凡例

凡例:目次

  1. 「論語詳解」
  2. 「論語速読」
  3. 国際音声記号(IPA)について

「論語詳解」の現代語訳

  1. 『論語』テキストは以下を使用した。
    國譯漢文大成經子史部第一卷『四書・孝經』國民文庫刊行會(大正11年刊)
    via https://ja.wikisource.org
  2. 『論語』原文は、武内義雄『論語之研究』および岩波文庫旧版『論語』に基づき校訂した。
  3. 校訂は特に事情がない限り、唐石経を廃し、漢石経を優先した。現伝の『論語』の成立は、漢代と思われるからである。
  4. 『論語』原文の史実性を、
    白川静『字通』
    国立台湾大学ほか篇「漢字古今字資料庫」http://xiaoxue.iis.sinica.edu.tw/ccdb
    ・大陸のサイト「国学大師」http://www.guoxuedashi.com/
    に基づき、書体の面から検証した。また書体の検証には、適宜藤堂明保『学研漢和大字典』を参照した。
    検証には、「漢字の示準化石」に記載の原則を適用した。すなわち、訳者以外の誰が作業しても、同じ結論に達するよう理論を明らかにした。”だってボクはこう思ったんだもん”という、ガキのような身勝手しか言えない漢学教授の知的低脳と、開き直ったデタラメに、我慢がならなかったからである。
  5. 『論語』原文の史実性を、藤堂明保『学研漢和大字典』に基づき、文法・語法の面から検証した。
  6. 『論語』原文の史実性について上記二点を、「復元白文」に反映させた。その結果、後世の捏造や大幅な書き換えが判明した場合明記した。
  7. 原『論語』白文の復元を、藤堂明保『学研漢和大字典』、白川静『字通』、及び漢字古今音資料庫http://xiaoxue.iis.sinica.edu.tw/ccr/に基づき、書体と音韻の面から追求した。音通の判断には、国際音声学会編『国際音声記号ガイドブック』を参照した。その結果は「復元白文」に反映させた。また『学研漢和大字典』に記載の音を「藤堂音」、漢字古今音資料庫に記載のカールグレン音を「カールグレン音」と称した。
  8. 『論語』書き下しは、可能な限り日本古文に置き換え、固有名詞以外の音読みを排し、古典中国語で書かれた『論語』の、古典日本語訳としてそのまま使えるよう努めた。従来の漢文業界の弊風である、音読みに置き換えれば書き下しになるという、言い訳でしかなくやらない方がいい、馬鹿馬鹿しい習慣に、我慢がならなかったからである。「ジョーバンキシ」と聞いて、誰が常磐貴子氏のことだと分かるだろうか。
    このため必ずしも、日本古文としての語法的妥当性を保証できない。日本古文も、音読みを多用しているからである。
  9. 『論語』現代語訳は、まず逐語訳を行い、その上で意訳を行った。その際、必ず原文から一字一句を辞書引きして翻訳し、儒者の注釈や漢学者の解説は訳文が出来た後で参照した。大学教授の博士でありながら、中国儒者の注釈と称した個人的感想のデタラメを、疑いもせず有り難そうにコピペして論語の訳本と称してきた、宇野本吉川本加地本のインチキに、我慢がならなかったからである。
  10. 従来の『論語』本の現代語訳も、必ず自力で訳出した後に参照した。漢学教授の訳本に載った現代日本語訳のパクリに過ぎないのに、『論語』の翻訳であると偽る、佐久本高橋本のサギ行為に、我慢がならなかったからである。
  11. 『論語』の現代中国における解釈例を示した。原文は中国哲学書電子化計画https://ctext.org/zhから引用し、訳者が現代日本語に翻訳した訳文を添えた。
  12. 『論語』原文の一字ごとの語釈は、藤堂明保『学研漢和大字典』を基本とし、適宜諸橋轍次『大漢和辞典』および白川静『字通』を参照して行った。一切の既存の現代日本語翻訳本、他の漢文サイトは、三種の字書で語釈を決定した後、参考程度に参照する場合があったのみ。漢文界には、デタラメが堂々とまかり通っていて、信用できないからである。

「論語速読」の現代語訳

  1. 「論語詳解」の作業前に、まずこちらを先行して完訳した。
  2. 「論語詳解」の作業進展とともに、その結果を反映させて訳文を改めた。
  3. 「論語速読」の目的を、一般向けと想定し、可能な限り平易な日本語を用い、あえて時代考証や日中の文化的相違を無視した箇所がある。また、あえて捏造や改編の判断を書き加えない場合がある。いずれもリンク先の「論語詳解」を見て貰えばわかるからである。さらに、当たり前の日本人にとっては、「ひょこりひょうたん島」を見て中国と中国人を理解するのは至極まっとうだからだ。それに文句をつけるのは、サディスト中国の回し者のしわざである。

国際音声記号(IPA)について

2018年度改訂の一覧をwikipediaより引用し、下に掲げる。

国際音声記号 IPA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)