論語詳解122B雍也篇第六(5)原思これが宰’

論語雍也篇(5)要約:弟子の原憲は貧乏でしたが人格者でした。孔子先生は哀れんで、執事に雇って高給を弾みます。しかし欲の薄い原憲は、多すぎますと断りました。そんな原憲を先生は一層好ましく思い、諭して受け取らせたのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

原思爲之宰、與之粟九百、辭。子曰、「毋。以與爾鄰里鄕黨乎。」

復元白文(論語時代での表記)

原 金文思 金文為 金文之 金文宰 金文 与 金文之 金文米 甲骨文九 金文百 金文 辞 金文 子 金文曰 金文 母 金文 㠯 以 金文与 金文爾 金文鄰 金文里 金文郷 金文當 当 黨 金文乎 金文

※粟→米・黨→當。論語の本章は、「乎」の用法に疑問がある。

書き下し

原思げんしこれさいり、これぞく九百をあたふ。す。いはく、なかれ。もつなんぢ鄰里りんり鄕黨きやうたうあたへんと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
原思が執事になった。原思にアワ九百を与えた。断った。先生が言った。「やめよ。これをお前の近所や一族に与えよ。」

意訳

原憲が孔子の執事になった。年俸としてアワ四十人分弱を与えた。
原憲「多すぎます。」

孔子 楽
孔子「取っておきなさい。余ったら、ご近所や親類縁者に配るといい。」

従来訳

下村湖人
原思(げんし)が先師の領地の代官になった時に、先師は彼に俸祿米九百を与えられた。原思は多過ぎるといって辞退した。すると先師はいわれた。――
「遠慮しないがいい。もし多過ぎるようだったら、近所の人たちにわけてやってもいいのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

原思在孔子家做總管,孔子給他一萬斤糧食,他不要,孔子說:「不要推辭了,給你老家的鄉親們吧!」

中国哲学書電子化計画

原思が孔子家の執事になったとき、孔子は彼に一万斤(5t)の穀物を与えたが、彼は欲しがらなかったので、孔子は言った。「遠慮するな。お前の故郷の親戚や隣近所にやったらどうか。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

原思

原 金文 思 金文大篆
(金文)

BC515ー?。孔子の弟子。別名、原憲。字は子思。『孔子家語』によれば宋の出身、孔子より36年少で、孔子没後は衛国で隠居した。隠居後に子貢が訪ねると、質素な生活を楽しんでいたという話が早くは戦国時代の『荘子』『列子』など諸本に伝わる。それによると住まいはおんぼろではあるが、壊れた大かめの口を使った窓を備えるなど、見ようによってはわびさびの効いた趣味の良いものであったという。訪ねた子貢は世にこびを売って富んだことを批判され、恥じたと言うが、実は原憲がうらやましかったのかも知れない。

元 趙孟頫 甕牖図 国立故宮博物院蔵 *クリックで拡大

孔子在世当時、原憲が貧窮していたという記録はないが、本章から考えると当時から手元不如意で、思いやった孔子が給与をはずんだと考えたい。なお原憲について詳細は、論語の人物:原憲子思を参照。

宰 金文 宰
(金文)

原義は”室内奴隷頭”。詳細は論語語釈「宰」を参照。ここでは孔子家の執事と解する場合と、孔子の領地の代官と解する場合がある。どちらでもいいと思う。

漢文 粟 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”穀物”または”アワ”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はsi̯ukで、同音は存在しない。部品の米の字には”穀物”の意があり、甲骨文より存在する。詳細は論語語釈「粟」を参照。

粟九百(ゾクキュウヒャク)

孔安国 古注
古注で孔安国がそう解釈して以降、粟九百斛と解する。1斛≒20リットルだから、18000リットル、米俵換算で244.69俵、14t681kg。ちなみに2018年コシヒカリ買い取り価格は1等で30kg=6050円、3等で5200円という(JAしまねHP)。社会情勢も品種も換算基準も違う無茶な計算だが、1等で296万749円、3等で254万4776円となる。となるとこれは年棒ではないだろうか。

宮崎市定
また前回の宮崎本と『大漢和辞典』を参照すると、粟1日分は1.28リットルで、1斛≒20リットルだから、900斛は14062.5日分になる。これは38.53人が1年食えるだけの給与になるから、やはりここからも年棒と想像する。これならご近所づきあい・親類づきあいが出来そうだ。

なお昭和のずいぶん遅くまで、人一人は一日三合の米飯を食べていた記憶が訳者にはある。日本の1石=1年分の飯米とするのはこの基準によるのだが、あまり金のありそうなことを書かない宮沢賢治は、「一日玄米四合ト、味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ」と言っている。

宮沢賢治
味噌ト少シノ野菜しかおかずがなければ、四合食べるのも合点がいくし、四合の白米ではなく、滋養豊富な玄米なら、炭水化物のカロリーだけでなく、充分なビタミン・ミネラルが摂れるのかも知れない。中年以降のお腹には、とりわけよろしい健康食になりそうだ。

ともあれ訳者の体験として1日3合とすると、米1日分は0.54リットルになる。周代の中国人は、その2.37倍のアワを1日分としたことになるのだが、これは食費以外の諸色も含んでいるのだろうか? それともアワの栄養価はそれほど低いのだろうか?

文科省のサイトによると、精白アワ100gの炭水化物は69.7g、対して農水省サイトによると、精白コメ100gのそれは37.1g。精白すると倍近くのカロリーがアワにはあることになる。むろん論語時代では玄アワ?だろうから多少違うだろうし、小粒なアワとそれよりは大粒なコメの、ますで計る体積と、重量の違いを無視することにもなる。
アワ 粟

結果ただでさえ頭が悪い(事実である)と理系にバカにされている、文系アホウを世間にさらすことになるのだが、アワはコメに劣ることはなさそうだ、と言いたい。やはり食費以外を含んだ一日量と考えたい。

加えて以上は、宮崎先生の根拠を示さぬ一日量の受け売りであり、なにかとトボけたことをお書きになる宮崎先生の冗談であれば、全てご破算とあいなる。その上2000年以上昔の孔安国が、中国人らしい数字のでたらめを書いたとすると、もう誰にも事実は分からない。

黨(党)

党 金文大篆
(金文)

論語の本章では”隣近所”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代の置換候補は當(当)。詳細は論語語釈「党」を参照。

鄰里鄕黨(隣里郷党)

隣 金文 郷 金文
「鄰」「郷」(金文)

論語の本章では”隣近所”。古代のことゆえ、隣近所の住人は同族でもあるから、”親類縁者”と解しても良い。辞書的には家5軒=1鄰、5鄰=1里、100里=1鄕、100鄰=1黨だが、論語の本章を理解するのに、こういうカルト的な下らない知識はこだわらなくてもいい。

おそらく儒者のでっち上げだからでもある。

乎(コ)

乎 甲骨文 乎 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”…よ・…ね”。「以與爾鄰里鄕黨乎」で、”ご近所に配るといいよ”。ため息やほっとして出る息を示す。文末・句末におかれる。初出は甲骨文。甲骨文の字形は持ち手を取り付けた呼び鐘の象形で、原義は”呼ぶ”こと。甲骨文では”命じる”・”呼ぶ”を意味し、金文も同様で、「呼」の原字となった。句末の助辞として用いられたのは、戦国時代以降になる。詳細は論語語釈「乎」を参照。

論語:解説・付記

吉川幸次郎 荻生徂徠
吉川本では同様に荻生徂徠をコピペして、

「900斛=日本の8石8升を月給とし、年俸は97石」

という。吉川本に「徂徠が月給であるとした根拠はあきらかではないが」とあるが、高校日本史程度の知識があればわけもない。建前としては年俸97石=97人が1年間食べる米の量になる。8石8升が年俸なら、関ヶ原後に大幅に減知された米沢藩あたりしかあり得ない薄給。

会津120万石から米沢15万石に転封された上杉家は、家臣団をほとんど召し放たなかったので、「金物の、金気を抜くなら上杉様」と江戸っ子に馬鹿にされるほど困窮した。そんな8石8升の年俸では、さすがの原憲も遠慮しないだろうし、ご近所に配る余裕があるわけがない。

97石でも、江戸時代の幕臣で言えばようよう旗本か御家人かの境目で、知行地は与えられず禄米取り。幕臣が借金取り怖さに、道で札差に出会うと横町にそれた、のは日本史の常識と言っていい。織豊政権期の軍役なら2.5人弱で、当人と従者1人を出陣させられる程度の知行。

吉川のポンコツは仕方が無いことだが、むしろ疑うべきは月給か年俸かではなく、「900斛=日本の8石8升」の換算の方だろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 精白した穀物にも同じ事が言えるだろう。論語の時代に主流だったアワは、精白同士で比較すると米の倍近いカロリーがある(論語雍也篇5訳注)。甘ったるいものを食べ過ぎると頭が痛くなるように、素朴な穀物に慣れた口には、精白したアワは甘ったるかったに違いない。 […]

  2. […] だから唐音をもとに、論理など組み立てられようはずが無く、まともな論文で、唐音を語れば脳みその程度を疑われるのだ。ただし吉川の場合、高校生程度の知識も無いことが判明しているから、唐音の定義すら知らない可能性まである。ただしバカでもハッタリは言える。 […]