論語詳解334憲問篇第十四(2)克伐怨欲行わざる°

論語憲問篇(2)要約:芸術家肌の原憲は、恥に続いて仁とは何かを孔子先生に問います。私の生き方は、仁と言えるでしょうかと。そんな簡単なものじゃないぞと、原憲をたしなめたと言われますが、実は質問者は原憲とは限りません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

「克*、伐、怨、欲、不行焉、可以爲仁矣。」子曰、「可以爲難矣、仁則吾不知也。」

校訂

武内本

史記此章を引く、上に子思曰の三字を冠し、可以爲仁矣の矣の字乎に作る。蓋し又以て原憲の問とする也、矣乎同義。唐石経史記剋克に作る。

定州竹簡論語

……焉,可以為仁矣乎?」子曰:「可363……


→「克、伐、怨、欲、不行焉、可以爲仁矣乎。」子曰、「可以爲難矣、仁則吾不知也。」

復元白文

克 金文 伐 金文 夗 怨 金文 谷 不 金文行 金文安 焉 金文 可 金文㠯 以 金文為 金文仁 甲骨文已 矣金文論語 乎 金文 子 金文曰 金文 可 金文㠯 以 金文為 金文難 金文已 矣金文 仁 甲骨文則 金文吾 金文不 金文智 金文也 金文

※怨→夗・欲→谷・焉→安・仁→(甲骨文)・矣→已。論語の本章は也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

こくばつゑんよくおこなはれざりぬるもつじんなるいはく、もつかたしとなりじんすなはわれらざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

? 孔子
問うた。「人を打ち負かす、武力で脅す、押さえつける、ものを欲張る、これらがないなら貴族らしいと言えますか。」
先生が言った。「行いがたい事柄だとは言える。貴族らしいかどうかは私には全く分からないなあ。」

意訳

誰か「人を力まかせに打ち破り、武力で脅し、押さえつける。そして欲張り。こうしたことがなければ、立派な貴族と言えますか。」

論語 孔子 悩み
孔子「程度の差こそあれ、人がついついやってしまうことだ。だからやらないで済ますのは難しいとは言えるが、それで立派な貴族かどうかは、私には分からんよ。」

従来訳

論語 下村湖人

憲がたずねた。――
「優越心、自慢、怨恨、食欲、こうしたものを抑制することが出来ましたら、仁といえましょうか。」
先師がこたえられた。
「それが出来たらえらいものだが、それだけで仁といえるかどうかは問題だ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

問:「好勝、自誇、怨恨、貪婪,這幾種毛病都沒有的人,可以算仁嗎?」孔子說:「可以算難得了,算不算仁我不知道。」

中国哲学書電子化計画

問い「人に勝ちたがる、威張りたがる、恨み妬む、むさぼる、これらが毛ほども無い人は、仁と言えますか。」孔子が言った。「行いがたいことだとは言えるが、仁かどうかは私には分からない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

()、 。」 、「 。」


克、伐、怨

論語 克 甲骨文
「克」(甲骨文)

『学研漢和大字典』によると、「克」は重い兜をかぶった人の姿で、その重さに耐えようと頑張る姿の象形。原義からすると自分に課せられた重さに打ち勝つことだが、後には単に”勝つ”ことを意味するようになった。詳細は論語語釈「克」を参照。

「剋」はそれに刂=刀を加えた形で、初出は前漢の隷書、論語の時代に存在しないが、「克」の原義を表したと『学研漢和大字典』はいう。詳細は論語語釈「剋」を参照。

これは訳者の想像だが、「克」は人の頭に重い物をかぶせて苦しめる、ということではなかろうか。

論語 伐 甲骨文 
(甲骨文)

「伐」は人に戈=鎌状のほこを加える形で、武力で脅すこと。詳細は論語語釈「伐」を参照。戈は論語時代の主力兵器でもある。

論語 怨 篆書
(篆書)

「怨」の上半分は土下座させられている人の姿で、下半分は「心」。他者に押さえつけられたような怨みのこもった心を意味する。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

論語 仁 金文大篆
(金文大篆)

孔子生前の意味は”貴族らしさ”。孔子より一世紀のちの孟子が「仁義」を唱えてからは、”常時無差別の愛”。詳細は論語における「仁」を参照。

可以爲(為)仁矣

”(克伐怨欲がなければ)仁と言ってよい”と質問者が開き直ったと読んでも、文法上全く誤りではない。ただし論語時代の中国語も他言語同様、調子で平叙文か疑問文かを切り分けられた可能性があり(現代中国語の標準語、北京語では不可能)、従来の論語本が疑問文として訳しているのに従った。

また定州竹簡論語による校訂の結果、句末に疑問辞「乎」が付け加わったので、やはり疑問文として読むべきである。

「矣」は完了・断定の意、”てしまう”。詳細は論語語釈「矣」を参照。

仁則吾不知也

「則」が間に入っているので、”仁かどうかは、則=とりもなおさず、私には知れないのだ”と解せる。

論語:解説・付記

論語 朱子 新注
本「論語詳解」のページタイトルに記した算用数字は、朱子に従った通し番号だが、論語の本章には質問者の主語がない。従って前章の続きと解して、質問者を原憲(→人物図鑑)だとするのが一般的だが、前章は偽作が確定している。つまり本章の質問者は、誰なのか分からない。

しかも原憲は、その姿がはっきりと史料に記されない。

以下は想像だが、貧乏がうたわれる割に原憲が一生仕官しなかったのは、能力か人柄に難があったからだろう。孔子の弟子で仕官しなかったと論語や史料に書いてあるのは、原憲と顔淵ぐらいのもので、他は三年もするとお呼びがかかって次々と仕官していった(論語泰伯篇12)。

論語 カント
それなのに原憲が売れ残ったのは、それなりの理由があったとするべきだろう。カント先生のように、「ケーニヒスベルグ大学の正教授じゃないといやだ」と言い張ってお呼びを断り続けるのもいいが、カント先生の場合はたぐいまれな能があったから、それでよかった。

ところが原憲には、カント先生並みのプライドはあっても、能がなかったのだろう。実際原憲が何かしたという話は、論語も史料も沈黙している。ただ晩年に住まった庵は、壊れた大瓶の口を窓に使ったという、品のいい住まいとする伝説がある。つまり芸術家肌だったのだ。

原憲居魯,環堵之室,茨以蒿萊,蓬戶甕牖,桷桑而無樞,上漏下濕,匡坐而絃歌。子貢乘肥馬,衣輕裘,中紺而表素,軒不容巷,而往見之。原憲楮冠黎杖而應門,正冠則纓絕,振襟則肘見,納履則踵決。子貢曰:「嘻!先生何病也!」原憲仰而應之曰:「憲聞之:無財之謂貧,學而不能行之謂病。憲、貧也,非病也。若夫希世而行,比周而友,學以為人,教以為己,仁義之匿,車馬之飾,衣裘之麗,憲不忍為之也。」子貢逡巡,面有慚色,不辭而去。原憲乃徐步曳杖,歌商頌而反,聲淪於天地,如出金石。天子不得而臣也,諸侯不得而友也。故養身者忘家,養志者忘身,身且不愛,孰能忝之。《詩》曰:「我心匪石,不可轉也;我心匪席,不可卷也。」

論語 趙孟頫『甕牖図』国立故宮博物院蔵 原憲

趙孟頫『甕牖図』国立故宮博物院蔵

原憲が魯で住んだのは、一部屋だけに垣根を巡らせた小さな小屋で、いばらが茂り、よもぎを綴って戸の代わりにし、割れた大瓶の口を窓枠にし、桑の枝で屋根を架け、開き戸を設けなかった。雨漏りがし、大水では容赦なく雨が流れ込んだが、原憲は居住まいを正して琴を弾き、歌を歌った。

そんな原憲を子貢が訪ねた。肥えた馬に車を牽かせ、上等な毛皮のコートを着て、上着は真っ白な絹を羽織り、中着は紺屋に染めさせた上物の青い麻を着ていた。だが車が大きすぎて、原憲の住まう貧民街に入れず、やむなく歩いて会いに行った。

原憲は荒い紙の冠にヒシの枝の杖を突いて門まで出迎えた。冠は真っ直ぐにかぶっていたが、緒が切れており、粗末な着物に痩せたひじが見え、靴は踵が無くなっていた。

子貢「ああ、兄者は病気になってしまわれた。」

原憲はあごを上げて言った。「世間でこう言いますね。財産が無いのを貧乏と言い、学んでも実行できないのを病気という、と。私は貧乏ではありますが、病気ではありません。もし出世したいなら、あなた方学友の真似をしたでしょう。そもそも学問とは自己修養のためにあり、仁義をごまかし、立派な車に乗り、上等の着物を着るようなことは、私には耐えられません。」

子貢はうろたえて、恥ずかしさに顔が真っ赤になった。何も言うことが出来ず、そのまま帰ってしまった。原憲は杖を突いてゆるゆると歩き、詩経の商頌の歌を繰り返し歌った。その声はよく響き、鋳たての青銅のような輝きを思わせた。

ああ、天子には本当の臣下は居ない。諸侯に本当の友人は居ない。人は皆一人なのだ。だから我が身を大切にする者は家族を構いつけない。心を大切にする者は体を構いつけない。体ですら構いつけないようでないと、一体どうやって心を守るというのか?

詩に言う。「私の心は石ころではない。転がってたまるか。私の心は座布団ではない。丸められてたまるか」と。(『韓詩外伝』巻一9)

一説にはこの時子貢は衛国の宰相で、春秋の世に名高い資産家だった。孔子一門の財政を支え続けたのは、他ならぬ子貢である。その子貢が素寒貧の原憲を訪ねたのは、懐かしさ故のことだろうが、中国語ではこういう腰の低い貴人の訪問を、「曲馬」”引き馬を曲げる”という。

この話をどう受け取るかは読み手次第だが、ここに現れた原憲を「立派だ」というのは、儒者風味の偽善と言うべきで、金も地位もある学友が、わざわざ訪ねて来てくれたのに、嫌味を言って追い払うとは、相当に性格が悪いひねくれ者と解する方がまともだと思う。

ただし『韓詩外伝』の成立は前漢初期で『史記』より早いが、文中に「仁義」とあることから、この伝説の成立は早くとも戦国時代の孟子以降とわかる。ほぼ同じ話が『史記』にも『荘子』にもある。そして「原憲」と姓名が知れるのは、こうした戦国時代以降の伝説による。

あるいは原憲は、タン台滅明と同様に、後世の儒者が作り出した架空の人物なのかもしれない。通説での原憲は、前章と本章のほかに論語雍也篇5に見える「原思」のことだとされるが、孔子が執事に雇った原思と、原憲子思が同一人物であると言う証拠は、何一つ無い。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント