論語詳解279顔淵篇第十二(1)顔淵仁を問う°

論語顔淵篇(1)要約:孔子塾の塾生たちは、貴族に成り上がるのを目指していました。理想の貴族の姿を仁といい、理想の貴族に相応しい言動のあれこれが礼です。弟子の中でも優れた顔回との対話で、孔子先生はそれを説明します。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

論語 孔子聖蹟図 克復伝顔
顏淵問仁。子曰、「克*己復禮爲仁。一日*克*己復禮、天下歸仁焉、爲仁由己、而*由人乎哉。」顏淵曰、「請問其目。」子曰、「非禮勿視、非禮勿聽、非禮勿言、非禮勿動。」顏淵曰、「回雖不敏、請事斯語矣。」

校訂

武内本

剋、唐石経克に作る。克剋同じ。(猪飼)敬所云、一日は一曰の誤り、其下九字は克己復禮爲仁の句の異文を注せるものの誤って本文と成れるもの。而の字豈の意を含む。

定州竹簡論語

……[非]禮勿[視]311……

復元白文

論語 顔 金文論語 淵 金文論語 問 金文論語 仁 甲骨文 論語 子 金文論語 曰 金文 克 金文論語 己 金文論語 復 金文論語 礼 金文論語 為 金文論語 仁 甲骨文 一 金文論語 日 金文克 金文論語 己 金文論語 復 金文論語 礼 金文 論語 天 金文論語 下 金文論語 帰 金文論語 仁 甲骨文論語 安 焉 金文 論語 為 金文論語 仁 甲骨文論語 由 甲骨文論語 己 金文 而 金文論語 由 甲骨文論語 人 金文論語 乎 金文論語 哉 金文 論語 顔 金文論語 淵 金文論語 曰 金文 青 金文論語 問 金文論語 其 金文目 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 非 金文論語 礼 金文論語 勿 金文論語 視 金文 論語 非 金文論語 礼 金文論語 勿 金文論語 聴 金文 論語 非 金文論語 礼 金文論語 勿 金文論語 言 金文 論語 非 金文論語 礼 金文論語 勿 金文論語 童 金文 論語 顔 金文論語 淵 金文論語 曰 金文 論語 回 金文也 金文論語 不 金文論語 敏 金文 青 金文論語 事 金文論語 斯 金文論語 語 金文已 金文

※仁→(甲骨文)・焉→安・請→青・矣→已。

書き下し

顏淵がんえんじんふ。いはく、おのれちてれいむをじんす。一じつだもおのれちてれいまば、天下てんかじんかへなんじんすはおのれる、しひとらむ乎哉顏淵がんえんいはく、ふらくはもくふ。いはく、れいあらざればなかれ、れいあらざればなかれ、れいあらざればなかれ、れいあらざればうごなかれ。顏淵がんえんいはく、くわいからずといへども、ふらくはことのはこととしたるを。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 顔回 孔子
顔淵が貴族の条件(仁)を問うた。先生が言った。「自分に勝って礼法に従うのを仁という。一日でも自分に勝って礼法に従えば、天下は仁へ帰る。仁を行うのは自分が主体だ。他人が主体だろうか。」顔淵が言った。「仁の細目をお願いして問います。」先生が言った。「礼法にかなっていなければ見るな。礼法にかなっていなければ聞くな。礼法にかなっていなければ言うな。礼法にかなっていなければ動くな。」顔淵が言った。「私は頭の回転が速くないですが、どうかこの教えを原則にさせて下さい。」

意訳

論語 顔回 喟然 論語 孔子
顔回「貴族の条件(仁)とは何ですか。」
孔子「自分の欲望に勝って礼法に従うのを仁という。たった一日でも欲望を抑えて礼法に従えば、誰でも仁を実現できる。ただし仁を行うのは自分でしかない。他人に求めるものではない。」

顔回「仁の実践方法を教えて下さい。」
孔子「礼法にかなっていなければ、見るな。聞くな。言うな。動くな。」

顔回「私は頭の回転が速くないですが、今のお教えを肝に銘じましょう。」

従来訳

論語 下村湖人

顔渕が仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
「己に克ち、私利私欲から解放されて、調和の大法則である礼に帰るのが仁である。上に立つ者が一たび意を決してこの道に徹底すれば、天下の人心もおのずから仁に帰向するであろう。仁の実現は先ず自らの力によるべきで、他にまつべきではない。」
 顔渕がさらにたずねた。――
「実践の細目について、お示しをお願いいたしたいと存じます。」
 先師がこたえられた。――
「非礼なことに眼をひかれないがいい。非礼なことに耳を傾けないがいい。非礼なことを口にしないがいい。非礼なことを行わぬがいい。」
 顔渕がいった。――
「まことにいたらぬ者でございますが、お示しのことを一生の守りにいたしたいと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

顏淵問仁。孔子說:「用堅強的意志、頑強的拼搏精神,主持正義、捍衛道德、維護和平,這就是仁。一旦做到了這一點,普天下的人都會崇敬你、追隨你、向你學習。為崇高理想而奮斗要靠的是自己,難道還能靠別人嗎?顏淵說:「請問其詳?」孔子說:「違反禮法的事不要看、不要聽、不要說、不要做。」顏淵說:「我雖不才,願照此辦理。」

中国哲学書電子化計画

顔淵が仁を問うた。孔子が言った。「強固な意志で、頑強に精神を戦わせ、正義を守り、道徳を護衛し、平和を維持する、これが即ち仁だ。一端この境地に至ると、天下全ての人がお前を崇めるようになり、付き従って学ぶだろう。崇高な理想を掲げて奮闘するのはひとえに自分次第であり、よもや他人任せにはするまいな?」顔淵が言った。「詳しく教えて頂けますか。」孔子が言った。「礼法に外れたことは見るな、聞くな、言うな、するな。」顔淵が言った。「私は才能が乏しいですが、この真理を目標にします。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語では、二つの意味をもっている。孔子の生前では、”(理想の)貴族らしさ”。孔子没後百年の孟子が「仁義」を唱えてからは、”常時無差別の愛”。本章の場合、史実と思えるので前者。詳細は論語における仁を参照。

克己復禮(礼)爲(為)仁

克 金文 論語 己 金文
「克己」(金文)

論語の本章では、”自分に打ち勝って礼に戻るのが仁だ”。

克己=肉体と本能を持つ人間が、その要求を拒むこと。そうなると従うべき何物も人間にはなくなるが、孔子はなお従うべきものとして礼を示した。現世の身分からも、肉体と本能からも一旦解放されて、それでもなお礼に従って生きる者こそ、貴族に相応しいと考えたのである。

ここで孔子は「往礼」(礼にゆく)とは言わず、「復礼」(礼にかえる)と言った。つまり本来人間は解放されていたのが、余計なチエがついて不自由になっており、仁を選択すべき人格も、そこから離れているのだ、と孔子は見ていたらしい。

論語語釈「克」も参照。

一日克己復禮、天下歸(帰)仁焉

論語 帰 金文
「帰」(金文)

論語の本章では、”一日の間自分に打ち勝って礼に戻れば、天下の誰もが仁に戻る”。

誰かが礼法に従えば、天下が仁で覆われる、のではなく、一日でも礼に戻ることが出来れば、天下の誰もが仁を実践できるということ。論語述而篇28で身分差別を否定した孔子は、貴族に生まれるのではなく、貴族になることを教えた。

また句末に「焉」がついているのは、”間違いなくそうなのだ”という強い断定の語気を示す。詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語 武内義雄 論語之研究
なお武内義雄『論語之研究』によると、ここの「一日」は「一に曰く」の誤りだという(p.164)。現伝の論語は各種の伝承の折衷本で(→論語の成立過程まとめ)、編者が異聞をここに書き込んだという。その場合の解釈は以下の通り。

子曰く、己に克ちて礼に復るを仁と為す。一に曰く、己に克ちて礼に復らば、天下仁に帰し焉と。仁を為すは己に由り、し而人に由らん乎哉かな

先生が言った。自分に勝って礼法に戻るのが仁である。(ある本に曰く、自分に勝って礼法に戻れば、天下は仁に満ちあふれるだろう。)仁を実践するのは自分自身だ。人に求めるものではないだろう。

これの当否については、定州竹簡論語が欠損しており、何とも言えない。『論語集釋』はこの説を記していないから、江戸儒者の独自見解だが、多数決で古典の真義が決まるわけでもない。

爲仁由己、而由人乎哉

論語 由 金文 論語 己 金文
「由己」(金文)

論語の本章では、”仁は自分で行え。人に行わせる行為だろうか”。

孔子は自分の教説の核心である、仁や礼が論語時代の世間から浮き上がっていることは認識していた。だが貴族として新参者である孔子とその一門は、血統貴族以上に貴族らしくしないと、「所詮成り上がり者よ」と小バカにされるから、致し方ないことだった。

だから貴族らしい言動をまとめた礼の実践や、仁=貴族らしくあることは、他人が行うものではなく、自分で行うものだった。

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しないが、論語の時代には「(言)青」と書いた可能性があり、こちらは論語時代の金文が存在する。また平声(カールグレン上古音dzʰi̯ĕŋ:うける)の同音に靜(静)の字がある。『大漢和辞典』によるその語釈に”はかる”があり、四声を無視すれば音通する。詳細は論語語釈「請」を参照。

非禮(礼)勿視、非禮勿(礼)聽(聴)、非禮(礼)勿言、非禮(礼)勿動

論語 非 金文 論語 礼 金文
「非礼」(金文)

論語の本章では、”礼にそぐわないものは見るな、聞くな、言うな、するな”。

下記するように礼法は孔子そのものが基準だから、言わば孔子は思考停止を弟子に要求している。またカルト教団にありがちな引き籠もり性を露呈している。

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”能動的に聞く”。詳細は論語語釈「聴」を参照。

論語 聞 論語 聞
孔子の在世当時、意図的・直接的に聞く事を「聴」と言った。「聞」は間接的に聞くこと、”きこえる”ことで、論語の本章では両者が区別されている。

「非禮勿視、非禮勿聽、非禮勿言、非禮勿動」と挙げられた行為の内、言うと動くはその気にならねば実現しないのに対し、「みる」と「きく」はいやでも見えたり聞こえたりする。しかし「視」の原義は能動的に真っ直ぐ見ることであり、「聴」は能動的に聞こうとすること。

従って本章の原形は、成立が相当に古いと思われる。

論語 敏 金文 論語 敏
(金文)

論語の本章では、”頭の回転が速く、よく気が付くこと”。『学研漢和大字典』による原義は、休み無く働くこと。詳細は論語語釈「敏」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、教説の中心である仁について、明確な定義を行っており、論語を理解するには不可欠の章。ただし本章で言う礼は、後世の儒者が言うような、いにしえの聖王や、周建国時代の英雄・周公が定めたものではない。

論語時代以前から、当時の君子=貴族社会で通用する礼儀作法があったのはもちろんだが、庶民の間にも自然形成された作法はあっただろう。孔子登場前の儒者とは、そういった主に庶民を対象にした作法の教師でもあった。つまり個別の儒者によって礼法は異なった。

孔子はそれら旧儒者の礼法と、貴族社会の礼法を、自分の好みに従って取捨選択し、いわゆる「礼」として弟子に教えた。しかしまとまった教科書が当時あったわけではなく、いわば孔子が礼法そのものだった。現行の『礼記』類の成立が漢代まで下るのはその事情による。

礼法は孔子の構想では、それに従えば人間関係がよくなり、その分貴族として生きやすくなるはずだった。しかしそのためには身体と本能を無視せよと孔子は言った。これはその分、生きにくくなることでもある。つまり礼に従い仁を達成する人生を選択せよ、と弟子に迫った。

それが貴族に成り上がる、唯一の方法だと思っていたからである。

なお本章とそっくりの発言が、『春秋左氏伝』にも載っている。楚の霊王の変死について、孔子が評した言葉の中にある。本章理解のためには正確を要するので、書き下しと共に記す。

仲尼曰,古也有志,克己復禮,仁也,信善哉,楚靈王若能如是,豈其辱於乾谿。

仲尼曰く、いにしえしるす有り、己に克ちて禮に復る、仁也と。信じて善きかな。楚の靈王、し能く是の如からば、豈に其れ乾谿カンケイ(地名)辱められんや。

仲尼が言った。「昔から言い伝えられていることがある。”自分に勝って礼法に従うのが、貴族という者だ”と。その通りだ。楚の霊王は、もしこの言葉通りにわがままを抑えていたら、乾谿で家臣にバカにされるようなこともなかっただろうに。」(『左伝』昭公十二年)

楚の霊王は気ままに家臣を殺しておきながら、その氏族の復讐を警戒しなかったため、近臣にもそっぽを向かれて、逃亡の果てに自分で縊れ死んだ。乾谿とはその直前に出陣した地名だが、そこで対話した家臣に遠回しにバカにされ、それから急に塞ぎ込んで死に至った。

それはともかく、論語と左伝のどちらが古いかは、判断の材料がない。だが左伝の記述が史実とするなら、「克己復礼」は孔子のオリジナルではないことになる。貴族であるからには幼児じみたわがままは許されないとするのが、当たり前の原則として受け入れられていたのだ。

論語の本章での孔子は、その範疇から外に出たことを言わず、ひたすら礼に従うことを強調した。実際に貴族に成り上がって見せた孔子の言う礼だけに、弟子にとっては説得力があっただろう。顔回ももちろん、孔子の教えに納得して従ったはずである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 顔淵仁を問う。子曰く、克己復礼を仁と為す。(論語顔淵篇1) つまり自我を抑制し、「礼」に忠実に従うのが仁である、と定義した。従って礼とは、仁者=理想の貴族に相応しいあらゆる振る舞いを言い、単に礼儀作法に止まらない。それは例えば孔子が生まれる90年前、魯国に饑饉が襲ったときの、家老の発言に見える。 […]

  2. […] 子し曰いはく、己おのれに克かちて禮れいを復ふむを仁じんと爲なす。(論語顔淵篇1) […]