論語詳解196泰伯篇第八(12)三年学びて’

論語泰伯篇(12)要約:呉国使節の接待に戻った孔子先生。名高い孔子塾について問われます。使節はあるいは、自分の子を入門させたいのかも知れません。まあ卒業までに三年はかかりましょうな、と先生は答えるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「三年學不至於穀、不易得也*。」

校訂

武内本:清家本により、文末に已の字を補う。

復元白文

子 金文曰 金文 三 金文年 金文学 學 金文 不 金文至 金文於 金文穀 金文 不 金文易 金文得 金文也 金文

※論語の本章は、恐らく也の字を断定に用いている。本章は戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、三ねんまなびてこくこころざさざるは、やすからざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「三年学んで就職したがらない者は、めったにいないなあ(のである)。」

意訳

論語 孔子 淡々
それがしの塾でござるか? まあ一通り学び終えるまでに十年は掛かりましょう。もっともたいがいの弟子は、三年学ぶとさっさと仕官してしまいますがな。何とかお役目が務まっているようでござる。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「三年も学問をして、俸祿に野心のない人は得がたい人物だ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「學了三年,還找不到好工作的人,很少有。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「三年間学び終えても、それでもよい職にありつけない者は、非常に少ない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

穀 金文 論語 穀 睡虎地秦墓竹簡
(金文・秦系戦国文字)

穀物のことだが、論語の時代には貨幣が発達しておらず、給料は穀物で支給されるのが普通だった。従って論語の本章では給料のこと。武内本には、「釈文、鄭玄曰く、穀は禄也」とある。また「至は志と通ず」ともある。すると「不至於穀」は、”仕官を望まない”の意。

『学研漢和大字典』によると「穀」は会意兼形声文字で、殻は、固い外わく、かたいものをたたくの意。穀は「禾(穀物)+(音符)殻」の略体で、かたいからをかぶった穀物の実。▽常用漢字の字体は禾の上の一を略したもの。角・殼(=殻。から)と同系のことば、という。

なお孔子より約一世紀前、南方の大国・楚の名宰相として知られた人物に、闘穀於菟(トウ・コクオト)がいる。穀の字を含め、何と読み下していいかわからない名前だが、楚国が周王朝の臣下でありながら、しかも言葉を大きく異にしていたことの、一つの事例として受け取れる。

清廉潔白な政治家で、私財を投げ出してその財政を救ったために貧乏になった。気の毒に思った楚王が俸禄を上げようとすると、どこかに隠れて出てこない。取り消すと出てきたので、俸禄の代わりに、出勤時に朝ご飯を振る舞うことになったという。

論語:解説・付記

論語の本章も、孔子と呉の使節との対話と解釈した。

中座から戻った孔子に、酒乱から落ち着きを取り戻した呉の使節が、あるいは孔子の機嫌を取るため、塾や弟子について質問したのだろう。もしかすると「ウチの愚息もどうでしょうかな、先生に教えて頂ければ、ひとかどになりますかな」と聞いたと想像すると楽しい。

なお古注は注を付けてますますわけを分からなくし、朱子は仕官を断る高潔な人物は少ない、と本章の意味を取っている。孔子は弟子が就職を断ったと聞いて喜んだ、という話(論語公冶長篇5)があるから。孔子ほど出世出来なかった儒者が、そう取りたがるのは当然ではある。

古注

註孔安國曰榖善也言人三嵗學不至於善不可得言必無及也所以勸人於學也(『論語集解義疏』)


注釈。孔安国曰く、「榖とは善いことの意味である。人が三年間勉強しても善人になれないようでは、もう何とも言いようが無いほどのありえない愚物だ。だからそうでない普通の人には、勉強を勧めたのである。」

新注

易,去聲。穀,祿也。至,疑當作志。為學之久,而不求祿,如此之人,不易得也。楊氏曰:「雖子張之賢,猶以干祿為問,況其下者乎?然則三年學而不至於穀,宜不易得也。」(『論語集注』)


易は去声である。穀は俸給である。至るは、志の間違いではないかと思われる。長い間学問をして、俸禄にありつこうと思わない人は、めったにいない。楊氏曰く、「賢い子張でも、やはり俸禄にありつこうとしてせっせとマニュアルを読み、孔子に就職活動を質問した。それ以下の者どもは言うまでもない。だから三年学んで職にありつこうと思わない者が、めったにいないのも当然だ。」

論語 司馬遷
『史記』孔子世家では、孔子の弟子が増えたのは、洛邑留学から帰ってからだ、とする。司馬遷はなんらかの記録か、魯国での古老からの聞き書きでそのように書いたのだろうが、実際に孔子塾が繁盛し始めたのは、孔子が高官になった実績が出来てからだったに違いない。

子路、顔回、子貢、冉有といった古参と、子張、子夏、そして弟子とは言いかねる曽子などの世代がかっきり分かれており、間を埋める有名弟子は子游しかいないのが、それを示している。古参は孔子がまだ無名な頃に入門したからには腹も据わっており、放浪にも同行した。

対して後期の弟子は仕官を求めたのであり、平民宰相だった孔子の実績が、彼らの入塾熱を高めたとしか思えない。言い換えるなら無位無冠の身でしかない孔子の弟子になったのは、地縁血縁があるか、孔子と趣味や感覚が合った者だけだろう。中国人は論語時代もドライである。

それに学問が優れていても、仕官の口利きが出来なければ塾経営は成り立たない。通っても全然大学に受からぬ予備校や、卒業生を企業が有り難がらない大学に、好きこのんで入る人が少ないのと同じ。また有名大学だろうと卒業生の質を保証できないのは、孔子塾も同じだった。
論語 孔子 ぼんやり

論語の本章は、それを嘆く孔子の言葉として理解したい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)