論語詳解193泰伯篇第八(9)民はこれをよらしむ゚

論語泰伯篇(9)要約:呉国使節に政治の要点を問われた孔子先生。自分の経験則を語ります。民は従わせる事は出来ても、政策の意図を分からせる事は出来ない。ほぼ公教育皆無の春秋時代とあっては、致し方のない現実でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「民可使由之、不可使知之。」

復元白文

子 金文曰 金文 民 金文可 金文使 金文由 金文之 金文 不 金文可 金文使 金文智 金文之 金文

書き下し

いはく、たみこれ使し、これ使からず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「民を政治に従わせることは出来ても、政治を理解させることは出来ない。」

意訳

論語 孔子 へつらい
統治のコツでござるか? 民というものは無学なもので、政令に従わせることは出来ても、政令の理由まで分からせようとしても無理でござるな。腹を立ててはいけませぬぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「民衆というものは、範を示してそれに由らせることは出来るが、道理を示してそれを理解させることはむずかしいものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「群衆贊同的,就要執行;群衆不理解的,就要向群衆解釋清楚。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「群衆が賛同するなら、すぐさま実行しなさい。群衆が理解できないなら、すぐさま群衆にはっきりと分かるよう説明しなさい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

使

論語 使 金文 論語 使
(金文)

論語の本章では、「AをしてBせしむ」と読んで使役の記号、”~させる”。同じ語法で用いる漢字に、令・教・遣・俾などがある。詳細は論語語釈「使」を参照。

論語 由 甲骨文 論語 由 金文 論語 由 篆書
(甲骨文・金文・篆書)

論語の本章では”従わせる”。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、酒や汁をぬき出す口のついたつぼを描いたもの。また、…から出てくるの意を含み、ある事が何かから生じて来たその理由の意となる。抽(口からぬき出す)・迪(テキ)(ある所から出てくる道)・笛(テキ)(息と音がぬけ出てくるふえ)・軸(車輪からぬけ出るじく)などと同系のことば、という。

『字通』にも語源を、中身が油化した木の実で、油の原字だという。ただし甲骨文や金文を見ると、ともしびそのものに見える。詳細は論語語釈「由」を参照。

民可使由之

論語の本章では、”民は従わせることが出来る”。

読み下しに「べし」とあるから日本語で勘違いして、”従わせるのが当然の生き物”と理解し、孔子がとんでもない差別主義者だと言い張るむきがある。

しかしそれは漢文を知らないからで、「可」は出来る・出来ないの話であって、”従わせることは出来る”と理解すべき、と、何人もの漢文先生が力説しているのはその通り。ただし漢文の「可」にも、日本古語と同じ、適当や勧誘の意味はちゃんとある。

(2)「~するのがよい」「~すべきだ」と訳す。当然・勧誘の意を示す。「皆曰、紂可伐矣=皆曰く、紂伐つ可しと」〈皆、紂は討つべきであると言った〉〔十八史略・周〕(『学研漢和大字典』)
詳細は論語語釈「可」を参照。論語語釈「民」も参照。

論語 知 金文 論語 知 訟
(金文大篆)

論語の本章では”知らせる”。「知」は自動詞の”知る”と、他動詞の”知らせる”の両方の意味がある。論語では「知」に特別な意味を持たせることがあり、孔子の提唱する礼を知ることを言う。『学研漢和大字典』による原義は、事実を真っ直ぐ言い当てること。詳細は論語語釈「知」を参照。

不可使知之

論語の本章では、”知らせることは出来ない”。

同様に「知らせるべきではない」と解釈するのは間違いだ、と先生方が言うのもその通り。しかし上記のように、”知らせるのが当然ではない・知らせた方がいいとは言えない”と解釈しても、文法・語法的に間違いとは言えない。

論語:解説・付記

読み下しを通じて漢文を理解するなら、まずは高校程度の日本古文の教養は必要。それがないから上記のような「べし」の誤解が起こるのはもっとも。しかし高校で教えることを全員が全部理解しろと言うのは無茶であり、それが出来ていたら誰もが東大に入れることになる。

ひらめきを求める京大と異なり、東大の入試問題はそのように作られているからだ。こういう古典日本語に漢文を直したことで起こる誤解を、「和臭」と言うらしい。訳者もうっかりするとたまにやらかす。

さて漢文先生方の悲憤慷慨はもっともとして、孔子は差別主義者と言えなくはない。本章を「どうせ民は分からないのだから、従わせるしかない」と読んでも全く差し支えない。それを示すのが論語顔淵篇7で、政治に必要なのは食糧・国防と治安維持・信頼だと孔子は言う。

そして子貢に一番優先なのは何かと問われて、信頼だと言っている。「昔から餓死はあったから、いざとなれば民も覚悟するが、その信用を失ったら、政治どころじゃないぞ」と。一見いい事を言っているようでありながら、「だましてもかまわないから従わせろ」と言っている。

民から見れば迷惑な話で、信頼など要らん、統治者はあんたでなくていいから、メシと安全をよこせ、と言うだろう。孔子の民衆観は徹底的に統治者目線で、それは現代の政治家や官僚と変わらない。論語は時としてこのような、孔子の冷徹な政治思想を垣間見せる本でもある。

孔子 革命家
孔子の本質は革命家であって、政権を取り、維持することが何より優先された。孔子は身分秩序を言い立てたとされるが、こうも論語がウソだらけだと、それは怪しいと言うほか無い。一門にとって民は、徹頭徹尾いじくる対象で、「民のために」というのは副次的である。

なお現代中国のような解釈は、新注から出てきたらしい。

古注
註由用也可使用而不可使知者百姓能日用而不能知也(『論語義疏集解』)


注釈。由は用である。何かを用いさせることは出来ても、何かの本質を理解させることが出来ないのは、人民は日々ものを使うが、その本質をつかむ能は無いからだ。

新注
民可使之由於是理之當然,而不能使之知其所以然也。程子曰:「聖人設教,非不欲人家喻而戶曉也,然不能使之知,但能使之由之爾。若曰聖人不使民知,則是後世朝四暮三之術也,豈聖人之心乎?」(『論語集注』)


民を従わせることが出来るのは理の当然だが、知らせることが出来ないのはそれもまたもっともである。程子曰く、「聖人が教えを開いたのは、人々誰にもモノのことわりを分からせるために他ならない。それでも知らしめることが出来ないなら、従わせるほかに無いではないか。もし聖人が民をアホウのまま放置したいと思ったなら、これぞすなわち、後世にサルをだました朝三暮四というやつで、どうして聖人の願う所と言えようか。」

新注の言う通りかもしれないが、現代中国解釈の「分かるまで教えてやれ」とまで言うのは無茶だろう。共産中国らしい人民主義なのだろうか。台湾でどのような解釈がされているか、興味のある所ではあるが、台湾は大陸よりもっと人民主義かも知れない。

それを探る補助線は、とあるロシア語の歌で引けるかも知れない。現在のロシア連邦国歌は、元のソ連国歌の歌詞を一部変えたもので、そのソ連国歌も、ボルシェビキ党党歌の歌詞を一部変えたものだった。その党歌は最後を、こう締めくくっている。

Мудраяムードラヤ партияパールティア большевиковバルシェビコフ.
(英知ある党、ボルシェビキ。)

かように、ボルシェビキ→ソ連共産党は本質が都市のインテリ政党で、だから『静かなドン』に描かれたような、農村での略奪と虐殺を平気でやった。一方中国共産党は、インテリ政党はおろか都市政党としても山賊としても失敗して逃げ出し小作農の暴力組織に変身してやっと成功を掴んだ。民というものをどう捉えるか、ソ連共産党と違いがあってしかるべきだろう。

そしてかなりの間台湾を統治した国民党は、ボルシェビキの強い影響を受けている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 民可使由之、不可使知之。(『論語』泰伯) 〔民之を由ら使む可し、之を知ら使む可から不。〕 […]