論語詳解285顔淵篇第十二(7)子貢政を問う

論語顔淵篇(7)要約:政治の要は政治家への信頼。それがなければいくら豊かで平和な時代でも、政治は成り立たないと孔子先生。弟子一番の実務家・子貢は、それに疑問を投げかけます。歴史に詳しい先生は、その理由を説いたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問政。子曰、「足食、足兵、*民信之矣。」子貢曰、「必不得已而去、於斯三者何先。」曰、「去兵。」子貢*曰、「必不得已而去、於斯二者何先。」曰、「去食。自古皆有死、民無*信不立。」

校訂

武内本:清家本により、民の前に使の字を補う。曰字の上唐石経子貢二字あり。不、唐石経無に作る。

書き下し

子貢しこうまつりごとふ。いはく、じきし、いくささば、たみこれしんなん子貢しこういはく、かならむをずしたば、つのものおいなにをかさきにせむ。いはく、いくさてむ。子貢しこういはく、かならむをずしたば、ふたつのものおいなにをかさきにせむ。いはく、じきてむ。いにしへよりみなり、たみまことくんばたず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が政治を問うた。先生が言った。「食を充足させ、兵を充足させれば、民は信用するだろう。」子貢が言った。「どうしてもやむを得ず省くなら、この三つの内何が先でしょう。」先生が言った。「兵だな。」子貢が言った。「どうしてもやむを得ず省くなら、この二つの内何が先でしょう。」先生が言った。「食だな。昔から死はあるが、民が信用しなければ政治は立たない。」

意訳

論語 子貢 問い 論語 孔子 水面
子貢「政治の要点を一つ。」
孔子「十分食わせ、十分軍を備えておけば、民は信用する。」

子貢「どれか省くとしたら?」
孔子「軍備だな。」
子貢「さらに省くとしたら?」
孔子「食糧だな。」

論語 子貢 驚き 論語 孔子 キメ2
子貢「え? 餓死しちゃいますよ。」

孔子「いいかよく聞け。昔から餓死はあったから、いざとなれば民も覚悟するが、その信用を失ったら、政治どころじゃないぞ。民とはそんな可憐な生き物ではない。一揆や反乱で首を落とされたくなかったら、よぉく覚悟しておくんだな。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢が政治の要諦についてたずねた。先師はこたえられた。――
「食糧をゆたかにして国庫の充実をはかること、軍備を完成すること、国民をして政治を信頼せしめること、この三つであろう。」
 子貢が更にたずねた。――
「その三つのうち、やむなくいずれか一つを断念しなければならないとしますと、先ずどれをやめたらよろしうございましょうか。」
 先師――
「むろん軍備だ。」
 子貢がさらにたずねた。
「あとの二つのうち、やむなくその一つを断念しなければならないとしますと?」
 先師――
「食糧だ。国庫が窮乏しては為政者が困るだろうが、昔から人間は早晩死ぬものときまっている。国民に信を失うぐらいなら、饑えて死ぬ方がいいのだ。信がなくては、政治の根本が立たないのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

於斯三者何先

論語 先 金文論語 先
「先」(金文)

論語の本章では”この三つからは、どれが先か”。

」(これ)を動詞の”切る・裂く”と読んで、「三者を斯(さ)くに於いて何をか先にせん」と読み下せるが、文意は変わらない。『学研漢和大字典』による「先」の原義は、人間のつま先。

民信之矣

論語 民 金文 論語 信 金文
「民」「信」

論語の本章では、”民はきっと信用する”だろう。句末の「矣」は断定・強意の記号で、ここでは強意。語源は人の振り返った姿。詳細は論語語釈「矣」を参照。「之」は直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持たない。

子貢が孔子の答えを「三箇条」と見ていることから、食・兵・民信の三つとするため「民の信これ矣(なり)」と読み下したくなるが、文法的には困難。

なお武内本の指摘通り、「使民信之矣」だったとすると、ここは「民を使て之を信ぜしめれ」(食糧と軍備を確保して、民に信用させ切ってしまえ)と解せる。論語語釈「民」も参照。

自古皆有死

論語 自 金文 論語 死 金文
「自」「死」(金文)

論語の本章では”昔から誰でも死ぬ”。

税収が無くなって為政者が飢える、としたのが従来訳の解釈。しかし飢饉には民から先に死んでいくのは古今東西変わらない史実だから、ちょと無理があるような気がする。

論語 自 甲骨文 論語  自
(甲骨文)

『学研漢和大字典』によると「自」は象形文字で、人の鼻を描いたもの。「私が」というとき、鼻を指さすので、自分の意に転用された。また出生のさい、鼻を先にしてうまれ出るし、鼻は人体の最先端にあるので、「…からおこる、…から始まる」という起点をあらわすことばとなった。

類義語の親(シン)(みずから)は、じかに、直接にの意。躬(キュウ)(みずから)は、自分の身での意、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 叫び
孔子は身分秩序をやかましく言う人だったから、民主主義とか民本主義とかはまるで頭になかった。それは一部誤解されているが後の孟子も同じ。同時代のギリシアで民主主義が成立し得たのは、奴隷労働あるゆえで、西洋ほど奴隷が多くない古代中国ではそうはいかなかった。

日本史の部民(べのたみ)のような職能別の奴隷集団は、殷王朝にはあったようだが、論語時代の周では史書に記述がほとんど無い。宦官のように、権力者の家産としての家内奴隷はいたが、それらに対する極端な差別や迫害は記録に残っていない。

これは史書を書くような貴族階級がうかつだった可能性もあるが、当時は農耕や器物製作、土木工事など、主に肉体労働に当たる奴隷が一般的でなかった、と考えていいのではないか。

また当時は貴族身分とそれ未満の間に、体格や武器に大きな差があったようで、一揆や反乱で殺された為政者というのも目にしない。しかし落ち目になって逃亡中を、捕まって殺されたという記録は『左伝』などに見える。

これは恐らく青銅器が非常に貴重だったからで、鉄器は出回り始めていたが鋳鉄でしか無く、農具にはなったが刃物には使えなかった。しかし漢代になると鋼が出現し、立ち上がった一揆勢があれよあれよという間に反乱軍に成長し、王朝を脅かしたり倒したりするようになる。
論語 反乱

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)