論語詳解192泰伯篇第八(8)詩に興り°

論語泰伯篇(8)要約:話は呉国使節の接待に戻ります。学問をどう始めればいいのか。孔子先生はまず、歌を歌う事で外国語や古典に興味を持つことを勧めます。まず好きな事から入りなさい。でないと誰でも勉強はイヤなものですから…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「興於詩、立於禮、成於樂。」

校訂

定州竹簡論語

……於詩,立於禮,成於樂。」199……

復元白文

子 金文曰 金文 論語 興 金文於 金文論語 辞 金文 立 金文於 金文論語 礼 金文 成 金文於 金文楽 金文

※詩→辭。

書き下し

いはく、おこり、れいち、がくる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「詩に始まり、礼法にのっとり、音楽に終わる。」

意訳

論語 孔子 へつらい
学問の学び方でござるか? まず古い詩でも口ずさんでみるとよろしい。そうすると古典や外国語を習おうかという気になる。それが進むと、貴族としてのたしなみが知りたくなる。ここで礼法を学びなされ。その上音楽の素養もあるとなれば、人から頭のいい人だと思われるようになりますぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「詩によって情意を刺戟し、礼によって行動に基準を与え、楽によって生活を完成する。これが修徳の道程だ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「以吟誦詩篇抒發熱情、以堅守禮法建功立業、以聆聽音樂娛悅身心。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「詩を口ずさむことで熱い思いを表現し、礼法を堅く守ることで功績を挙げ成果を出し、音楽を拝聴することで心身を楽しませる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


論語 興 金文 論語 興
(金文)

論語の本章では”始める”。詳細は論語語釈「興」を参照。

論語 詩 金文 論語 詩
(金文大篆)

論語の本章では、孔子がまとめたとされる『詩経』のことだと解する場合もあるが、広く歌の歌詞だと思った方が孔子の言葉に近い。初出は戦国文字。カールグレン上古音ɕi̯əɡで、論語の時代に存在しない。当時の置換候補は、「辭(=辞)」。詳細は論語語釈「詩」を参照。

論語 立 金文 論語 立
論語の本章では”~に従う”。原義は人の立った姿。詳細は論語語釈「立」を参照。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 揖 拝礼
(金文)

論語の本章では、これも孔子がまとめたとされ、後に否定された『礼経』のことだと解する場合もある。いわゆるお作法に、身分ごとに定められた衣食住その他の規定を加えたもの。

しかしその実は、孔子が夢想した理想的人物像、仁者の詳細なスペック。詳細は論語における「礼」を参照。

論語 成 金文 論語 成
論語の本章では”完成する”。詳細は論語語釈「成」を参照。

樂(楽)

論語 楽 金文 論語 楽
(金文)

論語の本章では”音楽”。詳細は論語語釈「楽」を参照。

論語:解説・付記

本章から再び孔子の言葉が始まる。ここも呉の使節と孔子との応対と訳者は考える。文化的後進国だった呉の人が、宴会の席で孔子に色々、文化学問を問うたのだ。そもそも呉と孔子の関係は、正体不明の骨の詳細を、呉の使節が孔子に問うことで始まった(『史記』孔子世家)。
論語 孔子事跡図解

歌の歌詞が学問の始まりというのには、当時の特殊事情がある。学問=古典だった時代では、入り口に歌詞を選ぶのはよい方法。歌や音楽が嫌いな人間は、まずいないから。現代日本の若者が外国の歌を歌ってみるように、語学が嫌いでも好きな歌の意味は知りたいと思うもの。

今も当時も中国では方言の差が激しく、諸国の歌の歌詞を口ずさむのは、外国語を口にするのと同じ効果があった。さらに論語時代、「音」と「言(葉)」は区別されていなかった可能性がある。両者の漢字が書き分けられるのは、始皇帝の時代に漢字が整理統一されるまで遅れる。

※スマホの方は横向きにして見て下さい。
論語 未発掘 論語 音 金文 論語 音 篆書 論語 音 隷書
論語 言 甲骨文 論語 言 金文 論語 言 篆書 論語 言 隷書
(甲骨文:殷代/金文:周代/篆書:秦代/隷書:漢代)

また孔子は学問の中心を、礼法の習得に置いた。理由の一つは儒者=冠婚葬祭業者として、礼法は直ちに飯の種だったから。しかし同時に礼法は、貴族としての原則でもある。礼法に合えば、挙措動作をおおげさと笑われることはあっても、不作法とは言われなかった。

孔子は仁=貴族らしさについて「礼にのっとることだ」と教えた(論語顔淵篇1)。これは孔子が採用した礼法に、古来の伝承の中から、理想の貴族像である仁者に相応しい心のありようや立ち居振る舞いを採用し、礼法として世間に広めたからだ。

学問の締めくくりを音楽に置いたのは、孔子が最も得意とする芸だったからでもあり、また音楽が嫌いな人間は居ないから、民衆を躾けるにも適切だと考えた。現代でも楽譜が読め、楽器の一つも奏でられないと、一人前の教養人とは見なされないのと似ている。

最後に、儒者の御託を記す。

古注『論語集解義疏』

子曰興於詩註苞氏曰興起也言修身當先學詩也立於禮註苞氏曰禮者所以立身也成於樂註孔安國曰樂所以成性也疏子曰至於樂 此章明人學須次第也云興於詩者興起也言人學先從詩起後乃次諸典也所以然者詩有夫婦之法人倫之本近之事父逺之事君故也又江熙曰覽古人之志可起發其志也云立於禮者學詩已明次又學禮也所以然者人無禮則死有禮則生故學禮以自立身也云成於樂者學禮若畢次宜學樂也所以然者禮之用和為貴行禮必須學樂以和成己性也 註孔安國曰樂所以成性也 王弼曰言有為政之次序也夫喜懼哀樂民之自然應感而動則發乎聲歌所以陳詩採謡以知民志風既見其風則損益基焉故因俗立制以達其禮也矯俗檢刑民心未化故又感以聲樂以和神也若不採民詩則無以觀風風乖俗異則禮無所立禮若不設則樂無所樂樂非禮則功無所濟故三體相扶而用有先後也侃案輔嗣之言可思也且案內則明學次第十三舞勺十五舞象二十始學禮惇行孝悌是先學樂後乃學禮也若欲申此注則當云先學舞勺舞象皆是舞詩耳至二十學禮後備聴八音之樂和之以終身成性故後云樂也

本文「子曰興於詩」。
注釈。苞氏「興は起きるである。その心は、身を修めるにはまず死を学ぶべきだということである。

本文「立於禮」。
注釈。苞氏「礼は身を立てる手段である。」

本文「成於樂」。
注釈。孔安国「音楽は人格を完成させる手段である。」

付け足し。先生は音楽の極みを言った。この章は人が学ぶ順序を明らかにした。「興於詩」とあり、興は起きることだ。その心は、人が学ぶにはまず詩経を学び、その後でその他の経典を学ぶべきだということだ。その理由は、詩経には夫婦の掟や人としての軌範が書いてあるからで、これに親しむことで家内では父に仕え外では君主に仕える法を学べるからである。また江熙が言った。「詩経に書かれた昔の人の志を見ると、それを真似て自分も志を立てることが出来る。」

「立於禮」とは、詩経を十分学び終えたら次に礼を学ぶべきだということだ。その理由は、礼を知らねば人は死んだも同然で、礼あればこそ生きられるからだ。だから礼を学ぶのはそれで自分の身を立てるためだ。

「成於樂」とは、礼を学び尽くしたら次に音楽を学ぶとよい、ということだ。その理由は、礼の目的は調和にあるから(→論語学而篇12)、必ず音楽を学んで礼を調和させねばならないからだ。それで自分の人格を調和させるのだ。

注釈。孔安国「音楽は人格を完成させる手段である。」

王弼「これは政治の順序を言ったものだ。喜び・恐れ・悲しみ・楽しみの心は、民は心のままに表し、心のままに行動する。つまり心のままに歌う。だから詩経の歌詞をつらつら学ぶことで、民の心を知れる。すでにその心を知ったら、そうした感情の行き過ぎを調整するため、正しい風俗を確立し、民を礼法で規制する。悪習は改め、刑罰でけじめを付ける。民がそのように躾けられないなら、音楽で頭をクルクルパーにして大人しくさせる。もし詩を読まなかったら、民の心が分からず、ろくでもない風習が流行るままになり、礼法に従わせることも出来ない。礼法が立たないなら、音楽も正しくなくなり、礼法に外れた音楽は、どんなにチンチンどんどんと奏でても、世を治める役に立たない。だから詩と礼と音楽は互いに助け合う関係にあり、使う順序に前後があるだけだ。」

皇侃「私の感想では、輔嗣(=王弼)の言ったことを思うべきである。また、『礼記』内則篇は学ぶ順序を明確にしており、十三歳で勺の舞を舞い、十五歳で象の舞を舞い、二十になってから礼を学び、真面目な生活のためには、まず音楽を学び、その後で礼を学ぶとされている。もし孔安国の言う通り、音楽で人格を完成させるなら、その前に必ず勺や象を舞わねばならない。この二つは舞うための歌詞に過ぎず、二十歳になって礼を学んだ後、八つの器楽を習い覚えて、その後は生涯、人格を和ませて完成となる。だから最後に音楽だと言ったのだ。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)