論語詳解107公冶長篇第五(15)子、子産をいう°

論語公冶長篇(15)要約:万能に近い孔子先生も、いきなり天から降りてきたわけではありません。先生以前の賢者の業績を受け継ぎ、先輩格に可愛がられて育てられたのです。その一人が隣国の賢臣として知られた、子産でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂子產、「有君子之道四焉、其行己也恭、其事上也敬、其養民也惠、其使民也*義。」

校訂

武内本

唐石経民下義上也の字あり。此本(=清家本)これを脱す。

定州竹簡論語

曰:「子產有君子道四焉a:[其行已也恭,其事上也敬],94……,其使民也義。」95

  1. 子曰子產有君子道四焉、今本作「子謂子產有君子之道四焉」。

→子曰、「子產有君子之道四焉、其行己也恭、其事上也敬、其養民也惠、其使民也義。」

復元白文

子 金文論語 曰 金文 子 金文產 金文 有 金文君 金文子 金文之 金文道 金文四 金文安 焉 金文 其 金文行 金文己 金文也 金文兢 金文 其 金文事 金文論語 上 金文也 金文敬 金文 其 金文論語 養 金文民 金文也 金文恵 惠 金文 其 金文論語 使 金文民 金文也 金文義 金文

※焉→安・恭→兢。

書き下し

いはく、子產しさん君子くんしみちつをたもおのれおこなうやうやし、かみつかふるつつしみたり、たみやしなめぐみたり、たみ使つかただし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像 論語 鄭子産
先生が子産を評して言った。「貴族の原則は四つある。自分を律するに謙虚、主君に仕えるに敬意を持ち、民を養うに恵み深く、民を使役するのが正しかった。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
鄭国の宰相子産どのは立派な貴族だった。振る舞いが謙虚で、上を敬い、下をあわれみ、民の動員も理に叶っていた。

従来訳

論語 下村湖人
 先師が子産のことを評していわれた。――
子産(しさん)は、為政家の守るべき四つの道をよく守つている人だ。彼は先ず第一に身を持すること恭謙である。第二に上に仕えて敬慎である。第三に人民に対して慈恵を旨としている。そして第四に人民の使役の仕方が公正である。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論子產:「具有君子的四種品德:行為謙遜,尊敬上級,關心群衆疾苦,用人符合道義。」

中国哲学書電子化計画

孔子が子産を評論した。「君子が具えるべき四つの徳目を具えていた。行いは謙遜で、目上を敬い、群衆の苦難に関心を持ち、人の使い方は道義に合っていた。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子產(子産)

論語 子 金文 論語 産 金文
(金文)

?ーBC522。鄭の名家老。姓は姫、氏は国、諱は僑、字は子産。別名は公孫僑。鄭国公の一族で、弱小だった鄭国をまとめ上げ、中国史上初の成文法を公開した。若い頃の孔子も都・洛邑への留学の途上、おそらく一世代は年長であろう子産に会って、兄弟のような扱いを受けている。

其使民義

武内本の校訂に従えば、唐石経より前は「其使民義」ではなく上掲の通りとなる。ざっと言って唐石経は、当時の政治状況に都合が良いよう、論語を書き換えて刻んだので、信用できるテキストと言えない。

この校訂に伴って、訓み下しも訳も変わってくる。

  • (唐石経)其の民を使うただし。→民を動員するやり方は正しかった。
  • (校訂)其れ民を使て義しからしむ。→民を正しくさせた。

論語:解説・付記

上掲の解釈は定州本に依ったが、武内本の校訂(最終句に「也」無し)に従って論語の本章を読み直すと、孔子の政治観が窺える。

其の民を使てただしからしむ。

四つ挙げたうち、前の三つは言わば手段で、目的は四つ目に挙げた「民を正しくすること」だった。『史記』を信用するなら、孔子は中都の代官として、挙げ得た業績と言えばこれだけだった。

すなわち、肉屋ははかりを誤魔化さず、行商人はツケ払いを踏み倒されず、男女がまるで互いを疫病病みのように見て、避けて歩いたという(孔子世家)。これは孔子の政治理念と言うより趣味で、おまわりとチクリ屋をばらまかねば実現するものではない。

現代でもネズミ取りがあるから、スピード違反はある程度抑制されているのである。だがその代わりネズミ取り同様、孔子は住民から忌み嫌われて、結局政界での失脚を免れなかった。隣国の晏嬰アンエイが独裁者の崔杼サイチョに逆らっても、民衆の支持で失脚しなかったのとは違う。

なお晏嬰とは、次章に出てくる安平仲と同一人物。

一方子産は孔子が、最も尊敬した政治家と言われる。直接会って優遇された人物のことを、世間の評判は別として、孔子は悪く言わない。衛の霊公は例外だが、自国の殿様となると一切悪口は言わなかった。そのことを論語述而篇30で、陳の家老に批判されている。

南方の陳国へ政治工作に行ったときのこと。その家老・司敗どのが問うた。
「孔子どののかつてのご主君、昭公さまは礼を知る人でしたか?」
「ええ、ご存じでいらっしゃいました。」と答えてその場を出た。

ところが司敗どの、居残った我が弟子・巫馬期フウバキにお辞儀して言ったらしい。
「君子はつるまないものだと聞いていましたが、昭公さまは血のつながった掟破りの夫人を迎え、名のりを変えてごまかし、闘鶏のいさかいで国を追われたというのに、かばうとは…。」

巫馬期「先生、かくかくしかじか…。」
「でかした。よくぞ言ってくれた。あのカタブツは使い道があるぞ。」

一方子産の場合は同時代人の評判も良く、死去の際には鄭の国人が、音楽を奏でずアクセサリーの類を放り出して嘆いたという噂が魯国にも伝わった、という伝説が『説苑』貴徳篇に書かれている。
論語 説苑 鄭子産

論語 季康子 論語 子游
季康子「仁者って人を愛するものかね。」
ユウ「ええそうです。」
「じゃあ人は仁者を愛するものかね。」
「そりゃあそうですよ。」

「でもなあ、知ってるだろ君、鄭国の名家老、子産どのが亡くなった時の話。男も女もアクセサリー放り投げて、街角に出てわんわん泣いて、三ヶ月も琴を鳴らす者がいなかったらしいよ? なのに先生が亡くなった時、ウチの国じゃ、誰も嘆かなかったじゃないか。」

「ええ。子産どのは言わば水売りで、孔子先生は天の雨です。水売りが来なければ人は干物になってしまいますから、そりゃあ嘆くでしょうよ。でも天の雨にはさんざん世話になっておきながら、ありがたいと思ったりするでしょうかね?」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)