論語詳解194泰伯篇第八(10)勇を好みて貧’

論語泰伯篇(10)要約:武芸自慢が貧乏になると暴れ出す。情けの無い者も貧乏になると暴れ出す。なるほどそうかも知れません。ただし論語の時代、お金は存在しませんから、「貧」の字も存在しなかったのでしたが…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「好勇疾貧、亂也。人而不仁、疾之已甚、亂也。」

復元白文

子 金文曰 金文 好 金文勇 金文疾 金文勻 金文 亂 金文也 金文 人 金文而 金文不 金文仁 甲骨文 疾 金文之 金文已 矣 金文論語 甚 金文 亂 金文也 金文

※貧→勻・仁→(甲骨文)。論語の本章は也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、いさこのみてまづしきをにくまば、みだるるなりひとにし不仁ふじんなる、これにくむこと已甚はなはだしからば、みだるるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「勇気を好んで貧しさを憎めば、乱れる。人であって貴族らしさの無い者は、何かを憎めば乱れる。」

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「社会秩序の破壊は、勇を好んで貧に苦しむ者によってひき起されがちなものである。しかしまた、道にはずれた人を憎み過ぎることによってひき起されることも、忘れてはならない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「崇尚勇猛而討厭貧困的人,是禍害;被人唾棄的沒良心的人,是禍害。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「勇猛を尊んで貧困を嫌がる人は、もう災いでしかない。人にツバをかけられる良心の無い人は、もう災いでしかない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


論語の本章では”好む”。詳細は論語語釈「好」を参照。

論語の本章では”勇気”。詳細は論語語釈「勇」を参照。

論語 疾 甲骨文 論語 疾 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”憎む”。

論語 疾 字解
『学研漢和大字典』によると原義は人に向かって真っ直ぐ飛ぶ矢の姿で、素早いことや急性で致死性の病気を言うが、病気で苦しむことから、気に病む、憎むの意が出来た。詳細は論語語釈「疾」を参照。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。ただし近音に「勻」があり、”少ない”の語釈がある。詳細は論語語釈「貧」を参照。

亂(乱)


(篆書)

論語の本章では”乱れる”。この漢字はクセモノで、もとは絡み合った糸を手やへらで整えている象形。だから正反対の”治める”の語義がある。論語でも「われに乱臣あり」とあるが、これは”よきけらい”と読み下す。

なお甲骨文で「乱」は未発掘で、論語の時代の文字は部品としてしか見つかっておらず、確実な初出は戦国文字。従ってあるいは本章そのものが後世の捏造である可能性すらある。現存する最古のテキストである「定州論語」には、本章が欠けており、手がかりが無い。

戦国時代の書体は下記の通り。

論語 乱 睡虎地秦簡文字 論語 乱 長沙子彈庫楚帛書甲篇
(秦系:睡虎地秦簡文字・楚系:長沙子彈庫楚帛書甲篇)

詳細は論語語釈「乱」を参照。

不仁

仁者でない者。論語の本章は後世の創作とするなら、”常時無差別の愛を持つ者”。

「仁」は一般に論語における最高の人徳とされるが、孔子の生前では、道徳的な意味は全くない。単に弟子が目指すべき”貴族(らしさ)”。説教臭い意味が付け加わったのは、孔子没後から一世紀のちに現れた孟子からである。詳細は論語における「仁」を参照。

疾之已甚

論語の本章では、”あまりに貧乏を嫌うと”。

この句には複数の解がある。伝統的には、「之」=前句の「人而不仁」と解し、「これにくむことすではなはだしからば」と読み、解釈は”不仁な者を嫌うと”。

大して訳者は、「之」=「貧」と解し、「之を疾むことはなははなはだしからば」と読み、解釈は”貧乏を憎むことが激しければ”。

ただし「已甚」はどちらも”甚だしい”の意で、読みがくどくなるため上掲ではまとめた。論語の時代に熟語はほとんど散在しないが、本章の場合「貧」があることによって後世の創作が疑われるので、「已甚」を熟語として解した。またこの句の「之」は、直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持っていない。

このように解釈した理由は、以下のような対句構造が見えるため。

好勇 疾貧 →亂也。
人而不仁 疾之已甚

ただし論語の時代に対句構造は有力ではなく、孔子の肉声として対句が言われるなら、それはすでに書き記された何かを読み上げていることになる。ここからも本書が後世の創作である可能性を示す。

だがもし「好勇疾貧」の句が後世の追加だとするなら、伝統的な解釈にも理がある。つまり本章は、貨幣の存在しない論語の時代にはない「貧」を論じていないとすれば、「人而不仁」以降だけで孔子の肉声として成立しうる。

子曰、「人而不仁、疾之已甚、亂也。」
子曰く、人にし而仁ならざらるは、之を疾むこと已に甚だしからば、乱るるなり。

先生が言った。貴族らしくない者は、あまりに嫌うと、乱れる。

ただし問題がある。論語の時代、「乱」は”おさめる”であって”みだれる”ではない。句末の「也」は断定の意味をまだ獲得していないと思われる。「疾之已甚」と「亂也」で主語が異なる。従って上掲の通り、「之」=「貧」と解した。

春秋戦国時代までの中国語は、一文字一単語が基本で、熟語の数が至って少ない。対して現代中国語は二文字一単語が基本で、単漢字は助辞などの限られた数しかない。このことは論語に特別な意味を持たせており、熟語を知らなくとも単漢字の語義を追えば、意味が分かることになる。

論語:解説・付記

もし本章が本物と断定できるなら、こう訳す所だが。

論語 孔子 ぼんやり
ちょっと中座してきた。

あーあ。腕っ節が強くて貧乏な連中は困るな。たいがい乱暴を働くから。田舎者で根が素直なのはいいが、怒り出すとどんな乱暴でも働きかねない。無知無教養だから、仁の心がないからな。やれやれ。

論語
つまり本章もまた、呉の使節との応対と解釈するとこうなる。酒に酔った使節が宴席で無茶でも始めたのだろう。刀を抜いて「一つ剣舞を披露いたす」とか言って。『史記』にはそんな場面がある。孔子は「ちょっとトイレに」などと言い、中座してぼやいていると面白い。

「貧」はかなり無理をしないと、論語の時代に遡れない。「貝」が含まれていることが示すように、「貧」とは貨幣に不自由することだが、論語の時代、貨幣は事実上存在しない。強いて言えば穀物や布、奴隷などがその代わりをした。孔子もアワで給与を受け取っている

なお後半の「人而不仁、疾之已甚、亂也」は、本章が史実とするなら”貴族らしいたしなみの無い者は、貧乏を忌み嫌うことが激しければ、乱れるなあ”と解せる。史実であるためには「也」は詠歎でなくては困るが、これは無理があるように思う。

最後に儒者の御託を記す。

古注『論語集解義疏』

子曰好勇疾貧亂也註苞氏曰好勇之人而患疾已貧賤者必將為亂也人而不仁疾之已甚亂也註孔安國曰疾惡大甚亦使其為亂也疏子曰至亂也 云好勇疾貧亂也者好勇之人若能樂道自居此乃為可耳若不能樂道而憎疾已之貧賤則此人必為亂也故繆協曰好勇則剛武疾貧則多怨以多怨之人習於武事是使之為亂也云人而不仁疾之已甚亂也者夫不仁之人當以理將養或冀其感悟若復憎疾之太甚則此不仁者近無所在必為逆亂也故鄭康成曰不仁人疾之太甚是使之為亂也

本文「子曰好勇疾貧亂也」。
注釈。苞氏「武勇を好む人が貧賤を嫌うと、必ず乱を起こす。」

本文「人而不仁疾之已甚亂也」。
注釈。孔安国「あまりに嫌うと、やはり乱を起こすことになる。」

付け足し。先生は乱れの至りを言った。「好勇疾貧亂也」とは、武勇を好む人が、もし自分の境遇に満足して暮らすならそれでいいが、もし満足できないと、貧しく身分の低い境遇に怒り出す。こう言う人は必ず乱を起こす。

だから繆協が言った。「好勇とは剛武のこと、疾貧とは多怨のこと、多怨の人が武術を習うとその人に乱を起こさせることになる。」

「人而不仁疾之已甚亂也」とは、憐れみの心が無い人には、必ず道理を教えて躾け、その悟りを願うのだが、もしあまりに嫌われたら、その情け知らずは身の置き所が無くなって、必ず反乱を起こすということだ。

だから鄭康成が言った。「情け知らずが嫌われすぎると、反乱を起こすことになるのだ。」

新注『論語集注』

好,去聲。好勇而不安分,則必作亂。惡不仁之人而使之無所容,則必致亂。二者之心,善惡雖殊,然其生亂則一也。

好の字は尻下がりに読む。武勇を好んで自分の境遇に満足しないと、必ず反乱を起こす。情け知らずを嫌って受け入れてやらないと、必ず反乱を起こす。二つの場合は善悪の違いはあっても、叛乱を引き起こす点では違わない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 好勇疾貧、亂也。(論語泰伯編10)’ ”いばりんぼが貧乏に苦しむと暴れ出す。” […]