論語詳解204泰伯篇第八(20)舜臣五人有りて*

論語泰伯篇(20)要約:古記録を読む孔子先生。聖王シュンはたった五人、周王朝の開祖武王はたった十人で天下を取り、よく治めました。三千人の弟子を抱える先生は、一体どうやったんだろうと首をかしげ、やはり感心するしかないのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

舜有臣五人而天下治。武王曰、「予有亂臣*十人。」孔子曰、「『才難』、不其然乎。唐虞之際、於斯爲盛。有婦人焉、九人而已。三*分天下有其二、以服事殷。周之德*、其可謂至德也已矣。」

→舜有臣五人而天下治。武王曰、「予有亂十人。」孔子曰、「『才難』、不其然乎。唐虞之際、於斯爲盛。有婦人焉、九人而已。三分天下有其二、以服事殷。德、其可謂至德也已矣。」

校訂

武内本:釈文、亂十人一本或は亂臣十人に作る。唐石経臣の字行旁にあり、蓋し後人の補う所、もと亂十人に作る釈文と同じ、此本(=清家本)臣の字ある一本と合す。

呂氏春秋古樂篇注、此章を引く。文王爲西伯三分天下云々とあり、今の論語は文王爲西伯の五字を脱す。

德、唐石経周之德に作る。

復元白文

舜 金文有 金文論語 臣 金文五 金文人 金文而 金文天 金文下 金文持 金文 武 金文王 金文曰 金文 余 金文有 金文亂 金文十 金文人 金文 孔 金文子 金文曰 金文 論語 才 金文難 金文 不 金文其 金文然 金文乎 金文 論語 唐 金文論語 虞 金文之 金文於 金文斯 金文為 金文論語 盛 金文 有 金文婦 金文人 金文安 焉 金文 九 金文人 金文而 金文已 矣 金文 三 金文論語 分 金文天 金文下 金文有 金文其 金文二 金文 㠯 以 金文論語 服 金文事 金文論語 殷 金文 徳 金文 其 金文可 金文謂 金文至 金文徳 金文也 金文已 矣 金文㠯 以 金文

※治→持・予→余・焉→安・也→以。論語の本章は際の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

舜臣しゆんしんにん天下てんかをさまる。武王ぶわういはく、われ亂臣よきけらいにんりと。孔子こうしいはく、さいかたしと、しからず唐虞たうぐさいこれさかんなりとす。婦人ふじん、九にんにしむ。天下てんかを三ぶんしての二をたもち、もついんしたがつかふ。しうとくは、とくいたなりのみなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
舜には五人の臣下がいてそれで天下が治まった。周の初代武王は言った。「私によき家来が十人いた」と。孔子が言った。「才人は得難いものだ。そうではないか。唐や虞の時代は中華の繁栄期だが、武王の家臣のうち一人はお妃さまだから、政治家は九人しかいなかった。それで天下の三分の二を所有しながら、なお殷王朝に仕えていた。周に秘められた力は、最高だったと言えるだろう。」

意訳

ニセ孔子
舜は家臣五人だけで、天下がよく治まった。周の武王は「私には乱を鎮めた家臣が十人いる」と言った。天下の全てを治めるのに、五人とか十人とか、いやはや人材とは得難いものだ。そうだろう、武王さまの家臣のうち一人はお妃さまだから、たった九人で天下を治めたのだ。しかも天下の三分の二を支配しながら、それでも殷王朝に服属する慎みがあった。周王朝にはこれほどの、秘められたパワーがあったのだ。最高だな。

従来訳

論語 下村湖人
舜帝には五人の重臣があって天下が治った。周の武王は、自分には乱を治める重臣が十人あるといった。それに関連して先師がいわれた。――
「人材は得がたいという言葉があるが、それは真実だ。(とう)()の時代をのぞいて、それ以後では、周が最も人材に富んだ時代であるが、それでも十人に過ぎず、しかもその十人の中一人は婦人で、男子の賢臣は僅かに九人にすぎなかった。」
 またいわれた。――
「しかし、わずかの人材でも、その有る無しでは大変なちがいである。周の文王は天下を三分してその二を支配下におさめていられたが、それでも殷に臣事して秩序をやぶられなかった。文王時代の周の徳は至徳というべきであろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

舜有五個能人而使天下大治,武王說:「我有十個賢才。」孔子說:「人才難得,難道不是這樣的嗎?堯、舜、武王時期,人才最多,也不過如此,武王的十個賢人中還有一個女性。周文王掌握著國家三分之二的面積,卻仍然服從中央的領導。他的品德,真算至高無上了。」

中国哲学書電子化計画

舜には五人の賢臣がいて天下がよく治まった。武王が言った。「私には十人の賢臣がいる。」孔子が言った。「人材とは得がたいものだ。まさかこのようで無かったのか? 堯、舜、武王の時、人材は一番豊富だったが、それでもこの通りだった。武王の十人の賢臣には女性が一人いる。周の文王は、天下の三分の二を配下に収めながら、それでも依然として中央の指示に従った。彼の人柄は、まったくこの上なく高かったと言える。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

舜(シュン)

論語 舜 金文大篆 論語 舜
(金文)

論語の本章では、創作上の古代の聖王。現伝する『史記』によると、卑屈が過ぎる親孝行の他は、賢者に政治を任せたことがあるだけで、これといって何をしたわけでもない。

舜有臣五人

論語 臣 金文 論語 臣
「臣」(金文)

論語の本章では、”舜には五人の家臣が居た”。『学研漢和大字典』による「臣」の原義は目を伏せた奴隷。

既存の論語解説では新注に、治水に成功して夏王朝を開いた禹(ウ)、農業を司った稷(ショク)、民政を司った契(セツ)、司法を司った皋陶(コウトウ)、狩猟を司った伯益(ハクエキ)だというが、別に史実の裏付けがある訳ではない。

治 秦系戦国文字
(秦系戦国文字)

この文字は論語の時代に存在しない。初出は戦国文字から。カールグレン上古音はdʰi̯əɡ。同音は持。論語の時代の置換候補は持、または知ti̯ĕɡ。詳細は論語語釈「治」を参照。

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。「豫」は本来別の字。詳細は論語語釈「予」を参照。

亂(乱)

亂 金文 論語 乱 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では、”世の中をまとめる仕事をする”。

一般的な語義は”みだれる”だが、『字通』によるともとは絡まった糸を手やヘラで整えている象形文字で、”おさめる”こと。詳細は論語語釈「乱」を参照。

予有亂臣十人

論語の本章では、”わしによき家臣が十人いる”。

既存の論語の解説書では、以下のように十人を挙げる。

文王の妃だった邑姜(ユウキョウ)、後に摂政となった周公旦とショウセキ、武王の軍師の太公望、周の同族で革命戦争の際に護衛を務めた畢公(ヒツコウ)、榮公(エイコウ)、太顚(タイテン)、閎夭(コウヨウ)、散宜生(サンギセイ)は周の賢臣と言われる人、南宮适(ナンキュウカツ)は同名の人物が孔子の弟子にいるが未詳。

ただしこれも史実の裏付けがある訳ではない。
書経図説 乱臣十人図

初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsi̯ad。同音に祭、穄”くろきび”。部品の「祭」(カ音tsi̯adまたはtsăd)に”その時”の語釈は『大漢和辞典』に無い。

唐虞之際(トウグのサイ)

論語 唐 金文 論語 虞 金文
「唐」「虞」(金文)

堯の治めた国の名を唐といい、舜の治めた国の名を虞という習わしになっている。論語の本章では、”その交代期”ということ。

德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語での「徳」とは、ほとんどが人徳とか道徳ではない。人に秘められた隠然たる人格力や、組織が蓄積した信用や財力や文化力など、目に見えない力を指す。詳細は論語における「徳」を参照。

也已矣

論語 矣 金文 論語 見返り美人図 矣
「矣」(金文)

伝統的な論語の解説では、三字で「のみ」と読み下す。逐語的に訳すと、”~であるに(也)終わった(已)のである(矣)”、または”~だなあ(也)と感心し終える(已)のである(矣)”。「矣」の原義は人の振り返った姿。詳細は論語語釈「矣」を参照。

定州論語』の分析から、このもったいぶった言い廻しは、後漢から南北朝にかけて儒者が論語を書き換えた結果だと判明している。もとは「矣」または「也」だけだったという。あるいは本章そのものが、その時代の創作かも知れない。

論語:解説・付記

前章と同じく、孔子が超古代の政治についてぼんやりと思いをつぶやいた言葉、の偽造。
論語 孔子 ぼんやり

思うに前々章から本章一つ後の泰伯篇最後の章まで、こういう他人の夢や老人の繰り言のような、しごくつまらない言葉が載せられているのは、うすのろ曽子の言葉を挟んだのと同様、論語の泰伯篇が呉との濃密な関係を示す篇だったことを、ごまかすために入れられたのでは。

論語の編纂過程では、当時呉はすでに亡んで、それを滅ぼした越国の最盛期だったから、孔子没後の一門としては、孔子が呉とつるんで政治工作を行った痕跡を、消してしまいたかったに相違ない。どんな言いがかりを、酷薄な越王から付けられるか分からなかったからである。

夫越王為人,長頸鳥啄,鷹視狼步。可與共患難,而不可共處樂。
夫(そ)れ越王の人と為りや、長頚鳥啄にして、鷹のごとく視、狼のごとく歩む。与(とも)に共に難を患うる可きも、而て共に楽に処(お)る可から不。

論語 越王勾践
越王の人相を見ると、首が長く口がとんがっていて、鷹のように険しく見回し、飢えた狼のようにうろついている。苦労は共に出来るが、平和な時代に一緒にいては危ないぞ。
(『呉越春秋』勾践伐呉外伝)

ただし子貢の派閥は、子貢自身が越王と面識があっただけでなく、呉を滅ぼす策を授けたこともあって、いくら薄情者で功臣殺しの常習犯だった越王勾践も、ややはばかるところがあっただろうから、それほど積極的に消してしまおうとは思わなかっただろう。

むしろ本の虫・青びょうたんの集まりで、うすのろ曽子ぼんくら有若に率いられた魯の派閥が、せっせとこういうつまらない言葉を入れてごまかしたのだと想像する。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 敦以德(徳)讓:逐語訳すると、”ねんごろに能力を用いてそれでへりくだる”。論語泰伯篇20に言う、「天下を三分してその二を有たもち、以て殷に服したがい事つかう」と同じ事を言っているのだろう。腰の低い実力者に人望が集まるのは、古今東西変わらない。 […]