論語詳解300顔淵篇第十二(22)樊遅仁を問う*

論語顔淵篇(22)要約:孔子塾の塾生にはさまざまな弟子がいて、孔子先生は弟子の資質に応じて教え方を変えました。若くて入門したての樊遅ハンチには、難しい仁についてもただ一言、「人を愛しなさい」と教えたという作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲問仁。子曰、「愛人。」問「知*」。子曰、「知人。」樊遲未達、子曰、「舉直錯*諸枉、能使枉者直。」樊遲退、見子夏曰、「鄕*也吾見於夫子而問知、子曰、舉直錯諸枉、能使枉者直、何謂也。」子夏曰、「富哉*言乎。舜有天下、選於衆舉皋陶、不仁者遠矣。湯有天下、選於衆舉伊尹、不仁者遠矣。」

校訂

武内本

清家本により、哉の下に是の字を補う。智、唐石経知。釋文云、錯或は措に作る、為政第十九章参照。嚮、釋文鄕に作る。是字唐石経なし、恐らくは衍。

復元白文

樊 金文遅 金文問 金文仁 甲骨文 子 金文曰 金文 哀 金文人 金文 問 金文智 金文 子 金文曰 金文 智 金文人 金文 樊 金文遅 金文未 金文達 金文 子 金文曰 金文 居 挙 舉 金文直 金文 昔 金文者 金文黄 金文 能 金文使 金文黄 金文者 金文直 金文 樊 金文遅 金文退 金文 見 金文子 金文夏 金文曰 金文 郷 金文也 金文吾 金文見 金文於 金文夫 金文子 金文而 金文問 金文 智 金文 子 金文曰 金文 居 挙 舉 金文直 金文昔 金文者 金文黄 金文 能 金文使 金文黄 金文者 金文直 金文 何 金文謂 金文也 金文 子 金文夏 金文曰 金文 畐 金文哉 金文乎 金文 有 金文天 金文下 金文 選 金文於 金文衆 金文 居 挙 舉 金文皋 古文陶 金文 不 金文仁 甲骨文者 金文遠 金文已 矣金文 湯 金文有 金文天 金文下 金文 選 金文於 金文衆 金文 居 挙 舉 金文伊 金文尹 金文 不 金文仁 甲骨文者 金文遠 金文已 矣金文

※仁→(甲骨文)・愛→哀・舉→居・錯→昔・枉→黃・富→畐・皋→(古文)・矣→已。論語の本章は皋の字が固有名詞ではあるが、論語の時代に存在しない。論語の時代、舜の字が無く、がまだ提唱されていない。本章は秦帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

樊遲はんちじんふ。いはく、ひとあいせよ。ふ。いはく、ひとれ。樊遲はんちいまさとらず。いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるもの使なおからしむと。樊遲はんち退しりぞき、子夏しかいはく、さきわれ夫子ふうしまみふ、いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんいひ子夏しかいはく、めるかなことのはしゆん天下てんかたもち、ともがらえらんで皋陶かうえうげて、不仁者ふじんしやとほざかれたう天下てんかたもち、ともがらえらんで伊尹いいんげて、不仁者ふじんしやとほざかれ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 樊遅 樊遅 孔子
樊遅ハンチが常時無差別の愛(仁)を質問した。先生が言った。「人を愛しなさい。」知を問うた。先生が言った。「人を知りなさい。」樊遅には分からなかった。先生が言った。「正直者を悪党の上に据えれば、悪党も真人間になる。」樊遅は先生の前を下がって、子夏に出会ったので言った。「今、先生に知を質問したら、先生は、正直者を悪党の上に据えれば、悪党も真人間になると仰った。何を言っているのだろうね。」子夏が言った。「含みに富んだお言葉ですね。シュンが天下を取ってから、みんなの意見を聞いて皋陶コウトウを高い地位に就けたら、人でなしが遠ざかりました。イントウ王が天下を取ってから、みんなの意見を聞いて伊尹イインを高い地位に就けたら、人でなしが遠ざかりました。」

意訳

樊遅 ニセ孔子
樊遅「仁とは何ですか。」
孔子「人を愛する事だよ。」
樊遅「知とは何ですか。」
孔子「他人を理解してあげる事だよ。」
樊遅「??」

孔子「正直者を、悪党のかしらに据えると、悪党も真人間になる。」
樊遅「はぁ。そうですか。」

樊遅が首をかしげながら孔子の部屋を出ると、年下だが弟子としては先輩の子夏に出会った。
樊遅「子夏くん、いい所へ来てくれたね。どうか教えて貰えまいか。いま先生に知を尋ねたんだが、かくかくしかじかとお答えになった。どういうことだろうね。」

子夏
子夏「そうでしたか兄者。さすがに含みのある先生のお言葉ですね。私が思うにこういうことです。太古、聖王の舜が天下を取って、正直者の皋陶をお目付役にしました。殷の湯王も、正直者の伊尹をお目付役にしました。すると人でなしどもが、お館から逃げ出したそうです。昔の偉い王様は、人を見る目、悪党の追い出し方、これらを知っていたんですね。」

従来訳

論語 下村湖人

樊遅が仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。
「人間を愛することだ。」
樊遅がさらに知の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
「人間を知ることだ。」
樊遅はまだよくのみこめないでいた。すると先師がいわれた。――
「まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった人も自然に正しくなるものだ。」
樊遅は室を出たが、子夏を見るとすぐたずねた。――
「さきほど、私は先生にお会いして、知についておたずねしました。すると先生は、まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった者も自然に正しくなる、といわれましたが、これはどういう意味でございましょうか。」
子夏がこたえた。――
「含蓄の深いお言葉だ。昔、舜帝が天下を治めた時、衆人の中から賢人皐陶を挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。また殷の湯王が天下を治めた時、衆人の中から賢人伊尹を挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

」。 、「 。」」。 、「 。」 、「 使 。」 退 、「 』、 、『 使 』、 。」 、「 。」


樊遅・子夏

論語 樊 金文大篆 論語 夏 金文
「樊」「夏」(金文)

詳細はリンク先を参照して頂くとして、樊遅は子夏より8年ほど年長だったが、塾生としては後輩だったので、子夏に訪ねた。子夏は頭が固かったが、古典に良く通じ、孔子の言う長幼の序もわきまえていただろうから、従来訳のような偉そうな物言いはしなかったに違いない。

詳細は論語の人物、樊須子遅卜商子夏を参照。

論語では、二つの意味をもっている。孔子の生前では、”貴族らしさ”。孔子没後百年の孟子が「仁義」を唱えてからは、”常時無差別の愛”。本章の場合、舜王を取りあげるなど後世の創作の可能性が高いため後者。詳細は論語における仁を参照。

この文字=言葉は戦国末期まで現れず、論語の当時に存在しない。詳細は論語語釈「愛」を参照。

樊遲未達

論語の本章での「達」は論語顔淵篇20と同じ。”ある境地に通じる”こと。孔子に説明して貰ったが、意味が樊遅には通じなかったわけ。「樊遅未だとどかず」と読むのも良い。論語為政篇にも同じ言葉が出て来るから、孔子塾では繰り返し語られた句だったのだろう。

舉直錯諸枉、能使枉者直。
直きを挙げてこれをまがれるにまじわば、く枉れる者をしてたださん。

論語 孔子 キメ
真っ直ぐな者を曲がった者の群れに交えると、民は服従します。(論語為政篇19)

論語語釈「達」も参照。

枉(オウ)

枉 楚系戦国文字
(楚系戦国文字)

論語の本章では”悪党”。この文字は論語以前の甲骨文・金文には見られず、楚系戦国文字から確認できる。詳細は論語語釈「枉」を参照。

鄕(郷)

論語 郷 金文
(金文)

論語の本章では副詞として”さきに”。本来の意味は”さと・くに・ふるさと”だが、「キョウ」という音に、”むかう・すすめる・先頭”の意味があり、鄕から派生してそれらの意味を表す「嚮」という字が出来た。「嚮導艦」などと使うのはその用例。詳細は論語語釈「郷」を参照。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

舜(シュン)・皋陶(コウヨウ)

論語 舜 論語 皋陶

夏王朝より前の神話時代に、舜という聖王がいて、皋陶を推薦させて重く用いた事が『史記』五帝本紀に見える。ただしそれを言い出したのは孔子より一世紀のちの孟子で、売り込み先の田氏斉王に、箔を付けるためにこしらえたでっち上げ。舜の末裔を名乗っていたからである。

孟子
と言うより、田氏の祖先が舜だということ自体、孟子がこしらえたニセ系図だろう(→論語はどのように作られたか)。田氏王権は斉を乗っ取って出来た如何わしい王朝であり、それを誤魔化すタネを、田氏は必死に求めていたはずだ。孟子はそれに応えたのである。

「皋」は論語では本章のみに登場。初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はk(平)。同音多数。詳細は論語語釈「皋」を参照。

「陶」は論語では本章のみに登場。初出は西周早期の金文。カールグレン上古音はdʰ(平)。詳細は論語語釈「陶」を参照。

舜 皐陶
皐陶よ、蛮族(蛮夷)が中華(夏)の地を乱し、盗賊や謀反人がいる。そなたは司法長官(士)になれ。入れ墨・鼻削ぎ・足切り・去勢・死刑の五刑には基準がある。五刑の処刑場には三つの定まった場所がある。五刑をゆるめた五流には、決まった流し場所がある。五つの流し場所には遠・中・近の三つの区別がある。それらに明らかに従い、偽りのない司法を行え。(『史記』五帝本紀)

湯・伊尹(イイン)

論語 殷湯王 論語 伊尹

同じく『史記』に、殷王朝を開いた湯という聖王がいて、伊尹を重く用いた記述がある。もちろんこの君臣コンビも、後世のでっち上げ。

「伊」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はʔi̯ær(平)。詳細は論語語釈「湯」論語語釈「伊」を参照。

湯王 伊尹
當是時,夏桀為虐政淫荒,而諸侯昆吾氏為亂。湯乃興師率諸侯,伊尹從湯。

この時、夏の桀王は暴政を敷きすさんだ生活を送っていた。だから諸侯の一人、昆吾氏が反乱を起こした。湯王は軍隊を編成して諸侯を率い、伊尹は湯王に付き従った。(『史記』殷本紀7)

論語:解説・付記

論語の傾向として、その章でしか用いられない漢字があれば、だいたい偽作を疑っていいのだが、本章もその例。「舉直錯諸枉」との言い廻しは、論語為政篇19から切り取ってきたのは明らかで、「富哉言」も前章の「善哉問」のパクリだろう。儒者の創作力の貧困を示している。

儒者は『詩経』が孔子の撰述であるという権威性から、作るに規則の多いポエム書きには熱を上げたが、物語の創作はからきしダメで、似たようなことしか書く能がない。その上「物語など下らん人間が読み書きするものだ」といって馬鹿にした。以下は『封神演義』の例。

封神演義
この本は結局の所、『西遊記』や『水滸伝』と共に、妖怪退治物語を伝える歴史小話で、矛盾に満ちている。読んだ所で中華の盛衰が分かる本ではなく、眠気を払う役にしか立たない。孔子様の広大な教えが、論じることが出来ないほどの規模であることを思えば、こんな下らない本の真偽を論じても、仕方が無いのである。(『封神演義』序文)

これが儒者=中国の行政但当者から、想像力を奪う一因となったから、それが亡国をもたらしたことを思うと、ラノベを馬鹿にした罪は存外軽くない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] ともあれモンゴル人は、政権が危なくなるまで徹底的に、中国文明を無視し続けた。それまで儒者が馬鹿にしていた物語や小説の類(論語顔淵篇22付記参照)が「元曲」として花開くのはこの時代で、理由は食い詰めた儒者が仕方なく、戯曲の台本を書き始めたからだ。 […]