論語詳解166述而篇第七(19)我は生まれて*

論語述而篇(19)要約:本章も孔子先生の自分語りです。先生に感情移入できないと、老人のつまらないつぶやきでしかありません。「はあそうですか」と読み飛ばして構わないでしょう。ニセモノですし。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「我非生而知之者、好古、敏以*求之者也。」

→子曰、「我非生而知之者、好古、敏而求之者也。」

校訂

武内本:而、唐石経以に作る。

復元白文

子 金文曰 金文 我 金文非 金文生 金文而 金文智 金文之 金文者 金文 好 金文古 金文 敏 金文而 金文求 金文之 金文者 金文也 金文

※論語の本章は、也の字を断定に用いている。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、われうまこれものあらず、いにしへこのみて、くしこれもとむるものなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「私は生まれつきものを知っていたわけではない。昔を好んで、休みなくそれを求めた人間である。」

意訳

ニセ孔子
私だって生まれつき物知りではない。昔を尊んできたからこそ、偉い学者になれたのじゃぞよ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「私は生れながらにして人倫の道を知っている者ではない。古聖の道を好み、汲々としてその探求をつづけているまでのことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「我不是天生就有學問的,衹是個喜歡讀書、勤奮敏捷地追求知識的人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私には生まれつき学識があったわけではない。ただ読書を喜ぶ性格で、努めて素早く知識を追求する人間だっただけだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 知 金文 論語 知 訟
(金文)

論語の本章では”知る”と解してもいいが、”ものを知る”ではなく”礼を知る”だった可能性がある。詳細は論語における「知」を参照。「知」の原義は『学研漢和大字典』によると、真っ直ぐに事実を言い当てること。詳細は論語語釈「知」を参照。

論語 好 金文 論語 好
(金文)

論語の本章では”好む”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「女+子(こども)」で、女性が子どもをたいせつにかばってかわいがるさまを示す。詳細は論語語釈「好」を参照。

論語 古 金文 論語 故 字解
(金文)

論語の本章では”過去の文物”。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、口印は頭、その上は冠か髪飾りで、まつってある祖先の頭蓋骨(ズガイコツ)を描いたもの。克(重い頭をささえる)の字の上部と同じ。ひからびてかたい昔のものを意味する。固(こちこちにかたい)・枯(ひからびた)と同系のことば、という。

論語 敏 金文 論語 敏
(金文)

論語の本章では”休むことなく”。詳細は論語語釈「敏」を参照。「敏」の『学研漢和大字典』による原義は、草が絶え間なく伸びるように、休まず動くこと。

論語:解説・付記

孟子 お笑い芸人 孟子 梁恵王
論語の本章を恐らくは孟子がでっち上げたわけは、孟子の個人的フトコロ都合による。孟子は世間師として売り出すに当たり、たまたま郷里にその痕跡があった儒家を商材として選んだが、富国強兵を最優先する戦国諸国に売り出すには、そのままでは都合が悪かった。

つまりもう忘れ去られた古い儒学を売るためには、「古いことは良いことだ」と顧客に勘違いを植え付けないと、売れないのである。要するに孟子は金儲けのために、戦国の世にアホの粉をまき散らしたのであって、論語の本章に深い歴史的・哲学的意義は全くない。

儒家は孔子の生前も、「昔のことばかり言い立てて現在を見誤る」と批判されたとされるが、元ネタは『晏子春秋』で、その成立が晏嬰の生前やその直後であったかは極めて怪しい。ただ後世、儒者がむやみに昔を言い立てることが、批判の対象になったのは確かである。

儒教が持つ愚かしいほどの復古主義は、ニュートンが微積分を実用化するまでは、その病原性が表沙汰にならずに済んだ。地大物博を誇る中国は、天候の激変やよほどの政治的ヘマの連続がない限り、異民族に対して偉そうな態度を取り続けられたからだ。だから宿痾となった。

その発端は上記したように、孟子の個人的な欲望にあり、つまり孟子は二千年にわたって中国人に迷惑を掛けたと言って良い。もちろん孟子の先棒をかついだ代々の儒者どもが、共犯であることは言うまでも無い。儒教が世間をクルクルパーにする邪教であるゆえんである。

さて論語の時代には紙がなく、筆記には木や竹の札を用いた。書籍はかさばって重く、印刷技術もないから書写しかない。無論庶民には文字が読めす、孔子は珍しい例外だった。それは母親が巫女だったからで、わずかながら書籍も生家にあっただろう。
論語 竹簡

しかし孔子の群を抜いた好奇心や向学心は、それに飽き足らなかった。母の属する呪術者集団の書籍を頼んで読ませて貰っただろうし、貴族の家を訪ね回って、書籍の閲覧を乞うたに違いない。また若年期の孔子の記録はほとんど無いが、諸国を巡って書籍を探したのではないか。

論語八佾篇9で、杞と宋について「文献がない」と断言しているのは、自ら旅して調べたのだろう。また貴族の家を巡ったことは、論語時代には本屋も図書館もないからで、書庫と言えば朝廷か、貴族の家にしかなかっただろう。同じ頼むにしても貴族の方が、気安かったのでは?

論語時代の魯国は、国公の権威が衰えると同時に、庶民の保護もまた貴族の仕事になりつつあったことが、『春秋左氏伝』の記録から分かる。おそらく青年孔子が属していたのが、門閥家老家の一家孟孫氏で、孔子は孟孫氏の書庫の閲覧を許され、ガツガツ取り込んだと思われる。

三家のうち筆頭の季孫氏は、孔子が宴会に出かけて門前払いを喰らったことから(『史記』孔子世家)、気安い関係になかったと思われ、叔孫氏は孔子との関係を示す史料がほぼ無く、これも気安かったとは思えない。しかし孟孫氏の当主孟釐子モウリシは孔子を見込み、息子に遺言した。

「私が死んだら、孔子を招き師事せよ」。おそらく読書に励む孔子の姿を見て、孟釐子は庶民ながら孔子を引き立てようとした。このことが孔子の飛躍につながったのだが、もし孔子が感心するほどの読書熱心でなかったら、その後の儒教はもちろん、論語もなかったことになる。

その後朝廷に出入りするようになってからは、魯国の保管する書籍を片端から読んだだろうが、魯は周公の末裔という由緒正しい文化国だったから書籍も多かったと思われ、この点孔子は恵まれていただろう。易もあっただろうが稀覯キコウ本だったことは、論語述而篇16から知れる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント