論語詳解158述而篇第七(11)富にして求むべきや°

論語述而篇(11)要約:孔子先生を世間に疎い学者バカと見るのは間違いで、革命家ですから過激ではあっても、人の持つ欲望には人並みに敏感でした。本章は長い間誤読され、先生をまるで金仏のように思わせてしまった罪な一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「富而可求也、雖執鞭之士、吾亦爲之。如不可求*、從吾所好。」

校訂

武内本

清家本により求の下に者の字を補う。

定州竹簡論語

曰:「富而可求也,雖執鞭之]士,吾a為之。如不可求也b,148吾所好。」149

  1. 今本我下有「亦」字。
  2. 也、阮本無、皇本・高麗本作「者」字。

→子曰、「富而可求也、雖執鞭之士、吾爲之。如不可求也、從吾所好。」

復元白文

子 金文曰 金文 畐 金文而 金文可 金文求 金文也 金文 雖 金文執 金文論語 鞭 金文之 金文士 金文 吾 金文為 金文之 金文 如 金文不 金文可 金文求 金文也 金文 従 金文吾 金文所 金文好 金文

※富→畐。

書き下し

いはく、とみもとしもといへども、われこれさむ、もとからこのところしたがはむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「富の中でも得ることが出来るものは、御者だろうと私はやろう。もし全然得られないものなら、私は好きなようにする。」

意訳

論語 孔子 楽
もし儲けるという事そのものが可能なら、雇われ御者だってやるよ。でも全然儲からないとなれば、ワシの好き勝手にするさ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「もし富というものが、人間として進んで求むべきものであるなら、それを得るためには、私は喜んで行列のお先払いでもやろう。だが、それが求むべきものでないなら、私は私の好む道に従って人生をわたりたい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「如能緻富,哪怕是趕車,我也乾;如不能,則隨我所好。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「もし富を実現できるなら、御者だってかまわずに、私だってやる。もしできないなら、つまりは私の好きなようにする。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

富而可求也

論語 求 金文
「求」(金文)

「而」はA而Bで”AかつB”。詳細は論語語釈「而」を参照。「也」はA也でAの強調。従って”まさに儲けられる富なら”。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語 求 皮
「求」の原義は離れたり散ったりしないように、ぐいと引き締めること。詳細は論語語釈「求」を参照。

執鞭之士

論語 鞭 金文 論語 鞭
(金文)

論語の本章では、”馬車を操る最下級の士族”。

「鞭」はムチの中でも、革のムチ。従って打つ範囲が広いから、車上からでも家畜をムチ打てる。またここでは「士」とあり、ただの馬子や車引きではなく貴族身分。乗車は貴族の特権だが、御者は士分ではあっても、一番階級が低い者が通常務めた。詳細は論語=春秋時代の身分制度を参照。

「執」の原義は『学研漢和大字典』によるとすわった人の両手に手かせをはめ、しっかりとつかまえたさま。詳細は論語語釈「執」を参照。

「鞭」は論語では本章のみに登場。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「革(かわ)+(音符)便(平らで軽い、ひらひらと波うつ)」。翩(ヘン)(ひらひら)と同系のことば、という。

『字通』によると形声文字で、声符は便(べん)。便の初形は、金文のギョ 外字(ぎよ)の字形に含まれている旁の部分の形で更に近く、それが鞭の象形であろう。金文の便もその形に従い、便はそれを人に加えている形である。〔説文〕三下に「毆(う)つなり」(段注本)とあり、〔段注〕に「經典の鞭は皆人に施して、馬に施すを謂はず」という。馬に施すときはギョ 外字といい、その鞭を策といった。人に施すのは刑罰のためで、〔書、舜典〕に「鞭は官刑を作(な)し、扑(ぼく)は敎刑を作す」、また〔国語、魯語上〕「簿刑には鞭扑を用ふ」という。のち杖刑・笞(ち)刑という。鞭撻(べんたつ)はもと牛馬に施し、人を刑するに用いたが、のち人を激励することをいう、という。

論語:解説・付記

語義・語法から、本章を孔子の無欲恬淡を示すものと読んではならない。

論語 毛沢東
「革命とは暴力である」と毛沢東は喝破し、それはその通りなのだが、同時に革命とは政治の一種だから結局ゼニきんであり、政治工作には多大の出費が必要になる。孔子は儲け話に無縁だったのではなく、儲かるなら飛びつく人物でもあった。それを示すのが本章である。

孔子の生涯を財産の点から見ると、破綻寸前国家のFXチャートのように、急激な山あり谷ありだった。弟子の原憲を執事に雇った際、巨額の俸禄を弾んだこともあれば(論語雍也篇5)、自分の子の葬儀に十分な経費が出せなかったこともある(論語先進篇7)。

論語 衛霊公
また放浪時代は最初の亡命国衛で、殿様の霊公に巨額の捨て扶持(現代換算で111億円)を貰えたが、それ以外の国では領地まで指定された上にお預けを喰らい、どうやって食べていたのか分からない。ここで登場するのが、『史記』の貨殖列伝にも名が載った弟子の子貢である。

子貢がやり手のアキンドだったことは、論語先進篇18にも記されており、大バクチに出てはしばしば当てて、巨額の金を稼いだ。ただし子貢が孔子一門の財政を支えていたという記録は一切無い。だから四角四面に考えると、子貢が一門の資金源だったとは断定できない。

論語 お金
だが人は沈黙によって雄弁に語ることもある。孔子一門が革命政党だったのは事実で、政治や革命には巨額の金が要ること、古今東西変わらない。息子の葬儀にも事欠くような孔子が、生涯政治活動を続けたからには、どこかで巨額の金を稼いでいなければ理屈に合わない。

分からないことは分からないとしておくのもいいが、ここまで状況証拠が揃っていると、やはり子貢が資金源だったと見るしかない。発掘などで新史料が出ない限り、古代史の研究、もとい論語のような古代の古典を楽しむには、十分確からしい話を想像で補うしかないのである。

最後に、枯れ木も山の賑わいで、儒者の感想文を記しておく。

古注『論語集解義疏』

子曰富而可求也雖執鞭之士吾亦為之註鄭𤣥曰富貴不可求而得者也當修徳以得之若於道可求者雖執鞭賤職我亦為之矣如不可求者從吾所好註孔安國曰所好者古人之道也疏子曰至所好 云子曰云云者孔子意云夫富貴貧賤皆稟天之命不可苟且求若可求而得者雖假今執鞭賤職而吾亦為之則不辭矣繆協稱袁氏曰執鞭君之御士亦有祿位於朝也云如不可求者從吾所好者既不可求則當隨我性所好我性所好者古人之道也註鄭𤣥曰至之矣 云富貴不可求而得者言不可以非理求也云當修徳以得之者若值明世修徳必得也若逢亂世雖修徳不得而是得之道也猶如言寡尤行寡悔祿在其中矣云若於云云者道猶世道也若於世道可求則吾不辭賤職也周禮有條狼氏職掌執鞭以趨避王出入則八人夾道公則六人侯伯四人子男二人鄭言趨而避行人若今卒避車之為也

本文。「子曰富而可求也雖執鞭之士吾亦為之」。
注釈。鄭玄「富貴は求めたら得られるものではない。他でもない、徳を治めることで得るものだ。もし儒学の教えに従って富貴が得られるなら、雇われ御者のような卑しい仕事をしてでも、私はやって見せよう、ということだ。」

本文「如不可求者從吾所好」。
注釈。孔安国「好きなようにと言ったのは、昔の人が従った原則を言う。」

付け足し。先生は好むことの極致を言った。「子曰」とは発言者が孔子だと示す。その心は、富貴や貧賤は全て天命だから、軽々しく考え、また求めてはならない。もし思うままになるのなら、一時的になら雇われ御者でもやるということだ。そして「吾亦為之」と言うのは、つまり嫌がりはしない、ということだ。

繆協が袁氏を讃えて言った。「執鞭とは主君の御者であり、朝廷に籍のある立派な貴族だ。」

「求めても得られないなら好きなようにするさ」とは、求めてもダメと分かれば、自分の好き勝手にするということだ。好き勝手とは、昔の人が従った原則だ。

注釈。鄭玄「これは行き尽くした言葉だ。富貴は求めても得られないものである。」
付け足し。理屈では得られないことを言う。

鄭玄「他でもない、徳を修めることで得られる。」
付け足し。もしまともな世の中なら、徳を修めれば必ず得られる。しかし乱れた世では、徳を修めても得られない。これが富貴を得る得ないの原則である。丁度、「言葉に間違いが少なく、行動に後悔がないなら、職はそこから見つかる」と論語為政篇18にあるのと同じ。

鄭玄「もし道=儒学の教えに従ったまま富貴が求められるなら、雇われ御者のような卑しい仕事をしてでも、私はやって見せよう、ということだ。」
付け足し。道とは、世の中で従うべき道を言う。もしその道に従って富貴が得られるなら、卑しい職でも嫌がりはしない、ということだ。『周礼』にある「條狼氏」は、馬車の先走りをして人を除ける仕事だった。王が出御する際は八人で、公爵は六人で、侯爵伯爵は四人で、子爵男爵は二人で人払いをした。

鄭玄「人払い役は、今で言う車の付添人の内人よけをする者である。」

繆協も袁氏も誰だか分からない。東京外大の紀要論文に取り扱ったのがあることまでは分かったが、ネット上に公開されていない。

新注『論語集注』

好,去聲。執鞭,賤者之事。設言富若可求,則雖身為賤役以求之,亦所不辭。然有命焉,非求之可得也,則安於義理而已矣,何必徒取辱哉?蘇氏曰:「聖人未嘗有意於求富也,豈問其可不可哉?為此語者,特以明其決不可求爾。」楊氏曰:「君子非惡富貴而不求,以其在天,無可求之道也。」

好の字は尻下がりに読む。執鞭とは卑しい者の仕事だ。「富がもし得られるなら」と言ったのは、卑しい仕事をしてでも富を求める、それを嫌がりはしないということだ。しかし天命により、求めても無駄なら、他でもない義理の世界に安住ればよく、何で卑しい仕事などする必要があろう。

蘇氏(=蘇軾。蘇東坡)「聖人は富を求めたことなど無いのに、どうして出来る出来ないを論じたのか。それはこの話を言うことで、求められはしないとはっきりさせるためだ。」

楊氏「君子は富貴を嫌わないが、求めもしない。それを決めるのは天だから、求める法などないからだ。」

蘇東坡は誰でも知って居るから注釈の必要は無いが、楊氏は論語里仁篇16でも書いたように、人間のクズ中のクズで、「富貴を嫌わ」ず求めてばかりいた役人である。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 戦車の乗員には階級差があった。武芸に励む余裕のあった卿大夫は、揺れる車上で射撃と打撃を担った。御者は士族が担当した。「執鞭の士」が、偉くない職業として論語に載るのはそれゆえだ。商人は普段荷馬車を扱っただろうし、職人も馬車の扱いに慣れていて不思議は無い。 […]

  2. […] 話を論語に戻し、「儲かるなら露払いだってやる」(論語述而篇11)と言ってのけた孔子の視点に立てば、君子だろうと小人だろうと、大いに利益を争ってよいのである。ただし、無能なうちはつまらない争いをすることになる、だから精出して学び、稽古せよと弟子に言った。 […]