論語詳解340憲問篇第十四(8)これ愛して*

論語憲問篇(8)要約:弟子のブーイングを受けて、孔子先生は珍しくあせっています。教わるのも大変なら、教えるのも大変。時にはキツい稽古や勉強を、弟子に強制せざるを得ないからです。なんとかなだめようとする先生、そんな実況。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「愛之能勿勞乎。忠焉能勿誨乎。」

校訂

定州竹簡論語

……勿勞乎?367……

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 哀 金文之 金文 能 金文勿 金文労 金文乎 金文 安 焉 金文 能 金文勿 金文誨 金文乎 金文

※愛→哀・焉→安。論語の本章は、「忠」が論語の時代に存在しない。「之」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

いはく、これあいしていたはなからむちうならばいづくんぞをしふることなからむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「誰かを心から大切に思ったら、いたわってやれないだろうか。忠実なら、どうして教えてやれないだろうか。」

意訳

論語 孔子 人形
諸君。私はこれでも君たちを愛しており、いたわっているよ? 偽りなく君たちを想い、だからこうして教えているよ?

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「人を愛するからには、その人を鍛えないでいられようか。人に忠実であるからには、その人を善導しないでいられようか。」

下村湖人先生『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「愛護他,能不為他操勞嗎?忠於他,能不對他勸告嗎?」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「彼を愛して守るなら、骨を折らせないわけにはいかないだろう? 彼に忠実なら、かれに説教しないわけに行かないだろう?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


愛(アイ)

愛 金文 哀 金文
「愛」(金文)/「哀」(金文)

論語の本章では”愛する”。初出は戦国末期の金文。一説には戦国初期と言うが、それでも論語の時代に存在しない。同音字は、全て愛を部品としており、戦国時代までしか遡れない。

「愛」は爪”つめ”+冖”帽子”+心”こころ”+夂”遅れる”に分解できるが、いずれの部品も”おしむ・あいする”を意味しない。孔子と入れ替わるように春秋時代末期を生きた墨子は、「兼愛非行」を説いたとされるが、「愛」の字はものすごく新奇で珍妙な言葉だったはず。

ただし同訓近音に「哀」があり、西周初期の金文から存在し、回り道ながら、上古音で音通する。論語の時代までに、「哀」には”かなしい”・”愛する”の意があった。詳細は論語語釈「愛」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”心から”。直前の動詞を強調し、意味内容を持たない。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

勞(労)

労 金文
(金文)

論語の本章では、”いたわる”。従来訳のように従来の論語解釈では受け身と読むが、それを示す記号が原文にないし、受け身でなければ理解できない話でもない。詳細は論語語釈「労」を参照。

愛之能勿勞乎

武内本に「能而古通用」”昔は能は而と書くこともあった”とある。而に置き換えて「愛之而勿勞乎」とすると、「これ愛し労る勿からん乎」と読み下すが、訳は”愛したらいたわらないことがあろうか”となり、あまり変わらない。

忠(チュウ)

忠 金文 中 甲骨文
「忠」(金文)/「中」(甲骨文)

論語の本章では”忠実”。初出は戦国末期の金文。ほかに戦国時代の竹簡が見られる。字形は「中」+「心」で、「中」に”旗印”の語義があり、一説に原義は上級者の命令に従うこと=”忠実”。ただし『墨子』・『孟子』など、戦国時代以降の文献で、”自分を偽らない”と解すべき例が複数あり、それらが後世の改竄なのか、当時の語義なのかは判然としない。「忠」が戦国時代になって現れた理由は、諸侯国の戦争が激烈になり、領民に「忠義」をすり込まないと生き残れなくなったため。詳細は論語語釈「忠」を参照。

誨(カイ)

誨 金文
(金文)

論語の本章では、”教える”。『学研漢和大字典』によると、「毎」は”暗い”を意味し、ものごとに暗い者を言葉でおしえること。詳細は論語語釈「誨」を参照。

忠焉能勿誨乎。

この下の句には、別の句読の切り方がある。

りて、おしうることからん
”真心を確かに持つなら、教える事が出来ない事など有ろうか。”

つまり「焉」を句読の疑問辞ではなく、句末の断定・完了に解する解釈。どちらが正しいとも言いかねるし、間違っているとも言いかねる。

論語:付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

一般的に師匠というものは弟子に関してネチこいもので、逃げたら追い掛ける習性がある。それはサラリーマン教師には及びも付かないことだったが、こんにち教師稼業に向ける社会の目が厳しくなって、サラリーマン教師も無頓着ではいられなくなった。

それが一派の開祖となればなおさらで、孔子もまた、弟子が逃げるのを恐れた。しかし師匠の意図がすっかり弟子に伝わるなら、そもそも塾や学校は無用。自分の思想信条を書き上げて、どこかに貼り出せばいいのだ。電脳がプログラム通りに動くのはその理屈。

しかし人間はそうはいかない。書く方は自分がよく分かっておらず、読む方は儲け話しか頭に入らないから。要は人間とはバカと助平と欲タカリの集まりなのだ。だから孔子もずいぶん、弟子のブーイングを受けたと見られる。それをなだめようとして言ったのが論語の本章。
孔子 悩み

さて従来訳のように、「労」を受け身とし”愛する者に苦労を掛ける”と言い出したのは誰だと思って、北宋までの論語の注釈を集めた『論語注疏』と、その後軍国主義者の朱子がまとめた『論語集注』を読み比べてみたら、案の定宋儒による嗜虐的な論語解釈のねじ曲げだった。

『論語注疏』
子曰:「愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」孔曰:「言人有所愛,必欲勞來之;有所忠,必欲教誨之。」 【疏】「子曰:愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」○正義曰:此章論忠愛之心也。言人有所愛,必欲勞來之;有所忠,必欲教誨之也。
(注)孔(安国)曰く、言うは人の愛する所有らば、必ず労いて之を来たらさんと欲す。忠なる所有らば、必ず之を教え誨えんと欲す。/(論語)正義曰く、此の章忠愛之心を論じる也。言うは人の愛する所有らば、必ず労いて之を来たらさんと欲す。忠なる所有らば、必ず之を教え誨えんと欲する也。

孔安国
孔安国「人を愛したなら、可愛がってそばに寄せたいと想うものだ。真心を向けるなら、必ず教えてあげようと思うものだ。」

『論語集注』
子曰:「愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」蘇氏曰:「愛而勿勞,禽犢之愛也;忠而勿誨,婦寺之忠也。愛而知勞之,則其為愛也深矣;忠而知誨之,則其為忠也大矣。」
蘇氏曰く、愛してわずらからんは、とりこうし之愛也。忠にして誨うる勿からんは、おんなかんがん之忠也。愛して知りて之を勞わす、則ち其れ愛也深まると為すなり。忠にして知りて之を誨うるは、則ち其れ忠也大いる矣。

蘇軾 蘇東坡朱子
蘇軾(蘇東坡)「愛して苦労を掛けないようにするのは、鳥や子牛を可愛がるのと同じだ。真心があるのに教えないのは、女やタマ無しのすることだ。愛すればこそ苦しめる。そうすれば愛は深まる。真心があるからこそ無知を教えてやる。そうすれば真心は一層偉大になるのだ。」

訳者は詩人としての蘇東坡しか知らなかったゆえ、左遷されても配所の月を眺めつつ、豚の角煮で一杯やったり、河豚に舌鼓を打つ季節を楽しみにして、のんきに暮らしたおじさんだと思っていたのだが、論語にこんな沙汰を、堂々と書き込んでいたとは。

愛するから苦しめるのは、SMでなくて何だろう。しかもそれで一層愛が深まると、まじめな顔をして議論している。変態の集まりでなくて何だろう。その解釈を有り難がって江戸の儒者は受け入れた。事大主義でなくて何だろう。そして今なおこの解釈は疑われていない。

論語の本章に関して、『論語集釋』に引く『四書蒙引』には、こんなことが書いてある。

愛不但是父之愛子兄之愛弟士之愛友君之愛臣民師之愛子弟亦有如此者忠不但是臣之忠君子亦有盡忠於末處士亦有盡忠於反處凡為人謀亦有盡其忠處但不必貫忠愛而惆之也

蔡清
愛とは父親の愛だけではない。兄が弟を愛し、士族が友を愛し、主君が臣下を愛し、師匠が弟子を愛するのも、また愛のうちだ。忠は臣下の忠だけではない。子が父に尽くし、士族が友に尽くす、およそ人の為を思って忠を尽くすことがある。だから忠や愛を貫くやりかたは、一つだけではないのだ。(『四書蒙引』巻七8)

だがこれは、朱子学に頭がイカれた明儒・蔡清の思い込みというもので、孔子はこのような、何らかの反応を期待する「愛」を説かない。それは「愛」の字が、春秋時代に無いことにも起因するが、孔子の言う愛は、取り返しが付かない者への、惜しみない「哀」である。

孔子適齊,中路聞哭者之聲,其音甚哀。孔子謂其僕曰:「此哭哀則哀矣,然非喪者之哀也。驅而前!」少進,見有異人焉,擁鐮帶索,哭音不哀。孔子下車,追而問曰:「子何人也?」對曰:「吾、丘吾子也。」曰:「子今非喪之所,奚哭之悲也?」丘吾子曰:「吾有三失,晚而自覺,悔之何及!」曰:「三失可得聞乎?願子告吾,無隱也。」丘吾子曰:「吾少時好學,周徧天下,後還喪吾親,是一失也;長事齊君,君驕奢失士,臣節不遂,是二失也;吾平生厚交,而今皆離絕,是三失也。夫樹欲靜而風不停,子欲養而親不待。往而不來者、年也;不可再見者、親也。請從此辭。」遂投水而死。孔子曰:「小子識之!斯足為戒矣。」自是弟子辭歸養親者十有三。

孔子
孔子が斉に出掛けた途上、泣き叫ぶ声が聞こえてきたが、いかにも悲しそうである。孔子は従者に言った。「まことに哀しい声だ。だが親しい者を亡くした哀しみとは思えない。何かおかしい、車を急がせよ!」

しばらく進むと、変わった風体の男がいて、鎌を抱き、縄で腰を締め、泣き声を上げつつも、表情はむしろからりとしている。孔子は車を降りて男に近寄った。「どなたでござる。」

男は答えた。「丘吾子と申す。」「貴殿を拝すると、お身内を失われたようには思われぬ。なぜ哀しげにお泣きになる。」「拙者は三つの大事なものを失い申した。しかれど気付くのが遅すぎた。ゆえに泣いたのでござる。」「率爾ながらお尋ね申す。その三つとは何でござる。隠さずご教示賜りたい。」

丘吾子「拙者は若き日に学問を好み、師を探して天下を巡り申した。その間に親を亡くしてござる。これが一つ。斉国公に仕えたが暗君におわして、最後まで仕え通せず、臣道を全うできずにしまい申した。これが二つ。友を手厚く迎えたが、今はいずれも手切れとなり申した。これが三つ。

樹木は静かにたたずみたくとも、風はそれを許さず、子は親を養いたくとも、親の寿命は待たず。取り返しが付かぬものは実に時でござる。親でござる。どうかご念の端に留め置き下さればかたじけない。」

そう言い終えると、川に身を投げてしまった。孔子は振り返って弟子に言った。「諸君、よく覚えておきたまえ!」貰い泣きした弟子の中から、帰郷して親を養いたいと願い出た者が、十と三人出た。(『孔子家語』致思10)



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする