論語詳解159述而篇第七(12)子の慎む所は*

論語述而篇(12)要約:本章は孔子先生の日常についての、弟子によるごく短い回想で、面白くもなく情報も少なく、読み飛ばしても構わない一節。ただし読みようによっては、古代人らしくない孔子先生の真価が分かります。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子之所愼、齊*、戰、疾。

校訂

武内本

釋文云、齊或は齋に作る。

定州竹簡論語

之所慎:齊a,戰,疾。150

  1. 齊、何本作「齋」、『釋文』云「齊、本或作”齋”、同」。二字経典中互見。

復元白文

子 金文之 金文所 金文論語 慎 金文 斉 金文 疾 金文

※論語の本章は戰の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国末期以降の儒者による加筆である。

書き下し

つつしところは、ものいみいくさやまひなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が慎んだのは、潔斎、戦争、病気だった。

意訳

論語 潔斎 滝
先生は非常事態での身の清め、戦争、疫病にとりわけ気を遣って、縮こまるような気持でいた。

従来訳

論語 下村湖人
先師が慎んだ上にも慎まれたのは、斎戒(さいかい)と、戦争と、病気の場合であった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子慎重的事:齋戒、戰爭、疾玻

中国哲学書電子化計画

孔子が慎重に取り扱ったのは、斎戒、戦争、病気だった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


齊/斉

論語 斉 金文 論語 斉 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では「斎」と同じ。非常時に身を清め、飲食に気を付けて、おとなしく慎んだ態度で一定期間過ごすこと。世界の宗教の多くで、葬儀の前後などになまぐさ物を食べなかったり、水垢離をして身を清めたりするのに相当する。

ただし孔子の場合、「神事の前の潔斎」ではない。孔子は神霊を否定して見せた古代人で、神事の前に付き合いで潔斎はしたかもしれないが、自身は神事に関わろうとすらしなかった(→論語八佾篇12)。従って本章がもし史実を伝えるとするなら、疫病の際によく体を洗うなど、非常事態に面して生活を引き締めただけで、神霊のために潔斎したのではない。

「齊」は『学研漢和大字典』によると象形文字で、◇印が三つそろったさまを描いたもの。のち下に板または布のかたちをそえた。詳細は論語語釈「斉」を参照。

齋 金文
「齋」蔡侯盤・春秋晚期

なお「齋」(斎)は『学研漢和大字典』によると「示+(音符)齊(きちんとそろえる)の略体」の会意兼形声文字で、祭りのために心身をきちんとととのえること。詳細は論語語釈「斎」を参照。

初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȶi̯anで、同音は存在しない。部品の單(単)は甲骨文から存在し、カールグレン上古音はtɑn。同音は丹や旦、亶などのほか、単を部品とする漢字群。ただし”たたかい”の語義は無い。詳細は論語語釈「戦」を参照。

論語 疾 甲骨文 論語 疾 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”疫病”。甲骨文の形は、人に向かって真っ直ぐ矢が飛んでくるさま。病気の中でも急性で、しかも命に関わるやまいをいう。詳細は論語語釈「疾」を参照。

ペニシリンが無い時代、伝染病は恐ろしいもので、ささいなことから人は死に至った。また薬湯を用いて治療する、いわゆる漢方はまだ成立しておらず、鍼灸が医療の中心だった。

虚実、陰陽、表裏といった概念を用いて病気を系統立って分析し、適切な薬湯を与えられるようになったのは、論語時代より700年も過ぎた、三国時代の『傷寒論』からになる。

論語にも薬を用いる記述はあるが、「のどの痛みには南天の実」といった、まだ粗放な医学に過ぎなかったと思われ、漢方ほど有効に効いたとは思えない。それより鍼灸の方が効いただろう。孔子は季氏から贈られた薬の服用を断っている(論語郷党篇12)。

論語:解説・付記

上記の検証結果に拘わらず、論語の本章は史実である可能性を残している。孔子にまつわる伝承として本章があり、おそらく漢帝国の初期に儒者が論語に書き加えたもの。

本章は孔子の自然観を示す章で、いずれも人の生死に関わることであるのが注目できる。弟子の宰予と違い、孔子は怪力乱神こそ語らなかったものの、超自然的に見えた物理現象に、恐れを抱いて慎んでいた。それを支配する摂理を怒らせれば天変地異や、疫病をもたらすと考えたのである。ただ古代人として特異なのは、人格神の存在を信じていなかった。

また「我は周に従う」(論語八佾篇14)と言ったり、宰予が軽々しく人の死を取り扱った(論語八佾篇21)のに怒ってみせたのは、孔子の人間観を示すもので、論語の本章同様、人の死を痛ましく思い、恐れる人だった。殷王朝がやり続けたむやみな奴隷のいけにえを、廃して成立した周の文化を「郁郁乎として文」と讃えた孔子は、世界を人間中心に見ていたのである。

論語時代は鉄器の普及に伴い、人口拡大期だったと想像するが、それでも古代では人はそう簡単に増えるものではなく、死の喪失感は大きかった。

現代人もまた、親しい人の死には強い打撃を受けるものだ。ただし、孔子を政治家としてみた場合、人口はすなわち国力であり、経済的に﹅﹅﹅﹅人の死を出来るだけ避けたいと思っただろう。と言うのも、家庭人としての孔子に、情愛らしい心をほとんど感じないからである。

孔子は当時の貴族に珍しく、息子は一人だけ。娘はいたから子は一人ではないが(論語公冶長篇1)、子の少なさは医療未発達の論語の時代には珍しい。そして論語には、孔子の家族の話は四つしか無く、一つは息子の死、(論語顔淵篇7)もう一つは又聞き(論語季氏篇16)。

家族と直接対話した話は論語里仁篇の冒頭と、もうあと一つしかない。

子の伯魚に言った。「周南・召南の詩を学んだか? あれを学ばないと、目の前の壁をじっと見つめてるようなもので、右も左も分からないぞ。」(論語陽貨篇10)

論語 孔子 淡々
従って孔子にとって人の死は、国力としての民の死であり、冷徹な政治家を孔子に感じる。病を慎むと本章で言うのも、政治家として自分が死んでしまえば自分の政治理念もおしまいだと思っていたからだろう。論語郷党篇12で季氏の薬を断ったのも、暗殺を恐れたためだろう。

では枯れ木も山の賑わいと行こう。

古注『論語集解義疏』

子之所慎齊戰疾註孔安國曰比三者人所不能慎而夫子能慎之也疏子之所慎齊戰疾 記孔子所慎之行也齊者先祭之名也將欲祭祀則散齊七日致齊三日也齊之言齊也人心有欲散漫不齊故將接神先自寜靜變食遷坐以自齊潔也時人漫神故於齊不慎而孔子慎之也戰者兩刃相交性命俄頃身體髪膚彌宜全重時多暴虎不避毀傷唯孔子慎之故後則云子畏於匡又云善人教民七年亦可即戎又云以不教民戰是謂棄之並是慎戰也疾者宜將養制節飲食以時人不慎而孔子慎之也故云子之所慎齊戰疾也

本文「子之所慎齊戰疾」。
注釈。孔安国「この三つは、凡人には気を付けることが出来ないが、先生は出来た。」

付け足し。先生は潔斎、いくさ、疫病に気を付けた。孔子が気を付けた条目を記したのである。

齊とは、祭祀に先立つ行いの名である。祭りの前には、軽い物忌みを七日、重い物忌みを三日行った。齋とは齊である。人には欲があるから、ちゃらんぽらんできちんとしないから、神に接するには、まず自分をよく鎮めて、食事を変え座り場所を移し、それで自分を清める。当時の人は神を馬鹿にして、物忌みなのに慎まなかったが、孔子は慎んだのである。

いくさとは、両軍が刃を交え、人死にが急激に出るものだが、体は親に頂いた大事なものだから、傷付けると不孝者になる。しかし当時は子路のような乱暴者が多く(暴虎。→論語述而篇10)、怪我が避けられなかった。ただ孔子だけが気を付けていたのだが、だからこそ「匡におそる」(論語子罕篇5)結果になった。また、「有能な為政者が七年教えて、やっと民を徴兵できる」(論語子路篇29)。「それなしで徴兵する、これを民を磨りつぶすと言う」(論語子路篇30)。これらの言葉は、すべていくさに気を付けたからである。

疫病は、暴飲暴食をやめて養生することだが、当時の人は慎まず、孔子は慎んだ。だから「先生が慎んだのは、潔斎、戦争、病気だった」と言ったのだ。

「当時の連中は馬鹿者ばかりだ」とでも言いたげな、見てきたようなデタラメだが、孔子の精神が神を否定するほど高く明るかったのに対し、儒者どもは火あぶりをして回るローマ坊主の如きドス暗さであることがよく分かろう(→孔子はなぜ偉大なのか)。

新注『論語集注』

齊,側皆反。齊之為言齊也,將祭而齊其思慮之不齊者,以交於神明也。誠之至與不至,神之饗與不饗,皆決於此。戰則眾之死生、國之存亡繫焉,疾又吾身之所以死生存亡者,皆不可以不謹也。尹氏曰:「夫子無所不謹,弟子記其大者耳。」

論語 朱子 新注 尹焞
齊は、側-皆の音の組み合わせである。齊を齊と言うのは、祭祀で重いがちゃらんぽらんになっているのを整えて、神霊と交信するためである。誠意が神に通じるか、神がお供えを受け取るかは、この物忌みに掛かっている。いくさとは大勢の生死や国の興亡がかかった大事で、疫病もまた我が身の生き死にに関わる大事だから、慎まないわけには行かなかった。

尹焞「先生は慎まないことが無かったが、弟子はその中で目立つことだけ記したのだ、」

儒学に黒魔術を持ち込んだのは、新注を書いた朱子とその引き立て役だが、どうやらこの一味は、「以て神明交わる也」=”神と交信する”らしい。なんだ、やはり頭のイカレた危ない人たちではないか。何でそんなのを今なお担ぎ回るのか、訳者にはわけが分からない。

尹氏とは尹ジュン、黒魔術の開祖である程頤の弟子で、住んでいた洛陽に金軍が押し寄せた際に逃げ遅れ、家族が殺され当人も死にかけたが、息を吹き返したのを弟子一同に担がれて、四川の山奥にまで逃げ延びた。ところが南宋が成立するとノコノコと山を下りてきて官職をあさり、金との和平を進める宰相・秦檜の悪口ばかり言った。ひどい目に遭ったからには分からなくはないが、そんなこんなで辞職して、娘婿の家で隠居したという。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 子しの愼つつしむ所ところは、齊ものいみ・戰いくさ・疾やまひなり。(論語述而篇12) […]