論語詳解034為政篇第二(18)子張、禄をもとめるを

論語為政篇(18)要約:公務員予備校でもあった孔子塾。若い子張は就職マニュアルに首っ引き。しかし孔子先生の見るところ、子張くんは役人には向いていません。真っ直ぐそれを言わないで、とりあえずは内定のコツを教えたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張學干祿。子曰、「多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤。多見闕殆、愼行其餘、則寡悔。言寡尤、行寡悔、祿在其中矣。」

復元白文

論語 子 金文論語 張 金文大篆論語 学 學 金文論語 干 金文論語 禄 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 多 金文論語 聞 金文論語 欠 金文論語 疑 金文 論語 言 金文論語 其 金文論語 余 金文 論語 則 金文論語 寡 金文論語 尤 金文 論語 多 金文論語 見 金文論語 欠 金文 論語 行 金文論語 其 金文論語 余 金文 論語 則 金文論語 寡 金文悔 金文 論語 言 金文論語 寡 金文論語 尤 金文 論語 行 金文論語 寡 金文悔 金文 論語 禄 金文論語 在 金文論語 其 金文論語 中 金文已 金文

※張→金文大篆/闕→欠/矣→已

本章は上掲の文字が論語の時代に遡れず、置換も可能性を示すに過ぎない。論語の本章は、戦国時代以降の儒者、おそらく曽子派による捏造である。

書き下し

子張しちやう祿ろくもとむるをまなぶ。いはく、おほきてうたがはしきをき、つつしみてあまりへば、すなはとがめすくなし。おほあやふきをき、つつしみてあまりおこなへば、すなはくいすくなし。こととがめすくなく、おこなひくいすくなければ、祿ろくうちり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
子張が仕官の手口を学んでいた。先生が言った。「たくさん聞いて疑わしい話を取り除き、慎重に残った事柄を言うから、めったに非難されることがない。たくさん見て危うい事柄を取り除き、慎重に残った事柄を行うから、めったに後悔することがない。発言への非難も行動への後悔も少いから、仕官の口はその中にある。」

意訳

論語 孔子 楽
就職のコツ。
多く情報を集めて、確かなことだけ言ったりやったりすれば、自然に就職口が見つかる。

論語 子張 人形 ニセ孔子
子張「ボクは運が悪くて…。」
孔子「何を言うておる。お前の”やりすぎ”が運を悪くしているんだ。よく見聞きし、慎重に言ったりやったりすれば、幸運は向こうから転がり込んでくるものだ。」

従来訳

論語 下村湖人

 子張(しちょう)は求職の方法を知りたがっていた。先師はこれをさとしていわれた。――
「なるだけ多く聞くがいい。そして、疑わしいことをさけて、用心深くたしかなことだけを言つておれば、非難されることが少い。なるだけ多く見るがいい。そして、あぶないと思うことをさけて、自信のあることだけを用心深く実行しておれば、後悔することが少い。非難されることが少く、後悔することが少ければ、自然に就職の道はひらけて来るものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子張學做官,孔子說:「多聽,不要說沒把握的話,即使有把握,說話也要謹慎,就能減少錯誤;多看,不要做沒把握的事,即使有把握,行動也要謹慎,則能減少後悔。說話錯少,行動悔少,就能當好官了。」

中国哲学書電子化計画

子張が官職のありつき方を調べていた。孔子は言った。「よく人の話を聞き、理解していない話はするな。そうすればものごとが分かる。話すにも慎重にしろ。そうすれば間違いを減らせる。よく観察し、理解できないことはするな。そうすればものごとが分かる。行動も慎重にしろ。そうすれば後悔を減らせる。口に出したことに間違いが少なく、行動に悔いが無ければ、すぐさま旨味の多い官職にありつける。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子張

論語 子 金文 論語 張 金文
「子」(金文)・「張」(金文大篆)

孔子の弟子。BC503-?。子張は字、姓は顓孫(せんそん)、名は師。陳国出身。孔子より48年少。

孔門十哲に含められていないが、『論語』では子路子貢に次いで出現回数が多い。有名な「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で「過」(やり過ぎ)と評価された(論語先進篇15)。詳細は論語の人物・子張参照。

姓の顓孫とは、顓なる人物の末裔を意味する。中国史では、超古代にセンギョクという聖王がいたことになっているが、もちろん儒者のラノベである。名の「師」は、もともと出陣を前にして、軍隊が祈りを込めて神に捧げた肉の意があると『字通』はいう。ゆえに軍隊がその原義。

それもまとまった数の軍隊で、「師団」というのはここから来ている。しずかなること林の如くとはいかず、ゆえに「師」には”にぎやか”の意がある。だから人の多い首都を京師という。
論語 あをによし

あざ名の子「張」には、言うまでも無く”盛大”の意味がある。本名とあざ名の呼応をかこつければ、こんなところになるだろうか。その名の通り、”やり過ぎ”子張は弟子仲間から、ちょっとイタい人扱いを受けていた形跡がある。そして仕官や学問業績の記録も無い。

だが孔子はそんな子張を可愛がった。孫ほど年が離れていた上に、何か教えればすぐさま、帯の垂れなど手近な物にメモ書きしたからである。教師としては嬉しい人物で、だから孔門十哲ではないにも関わらず、多くの言葉が論語に残り、あまつさえ子張篇まで出来上がった。

なおその子張をイタい者扱いしたのは、教えてもメモも取らなかった曽子である。

さらに子張はそのあざ名「張」が論語の当時にさかのぼれない事で、子貢と共通する(論語語釈「張」)。だが有若澹台滅明タンダイメツメイと違って「実在しなかった」では論語が崩壊する。荀子の証言にも戦国時代に子張派があったというから、おそらく戦国時代になってから付けられた、「あざ名」ではなく「あだ名」”出しゃばりな奴”だろう。付けたのはもちろん曽子派である。

秦漢帝国の官僚儒者は、もれなく曽子派の系統だから、論語編集の過程で呼び名が子張に統一されたと考えるのが、最も単純と考える。

學/学

論語 学 學 金文
(金文)

武内本に、「史記仲尼弟子列伝此章を引く、学を問に作る、学の字古問と同義」とある。しかし『学研漢和大字典』や『字通』を参照する限り、それには無理があるようだ。詳細は論語語釈「学」を参照。

論語 干 金文 論語 干 字解
(金文)

論語の本章では、”求める”。『字通』によると原義は武器のさすまたで、武力を背景に強制することへと意味が転じた。

一方『学研漢和大字典』によると象形文字で、ふたまたの棒を描いたもの。これで人を突く武器にも、身を守る武具にも用いる。また、突き進むのはおかすことであり、身を守るのはたてである。干は、幹(太い棒、みき)・竿(カン)(竹の棒)・杆(カン)・桿(カン)(木の棒)の原字。乾(ほす、かわく)に当てるのは、仮借である、という。詳細は論語語釈「干」を参照。

祿/禄

論語 禄 金文 論語 禄 字解
(金文)

論語の本章では”給与・就職口”とひとまず解した。『大漢和辞典』の第一義は”幸運”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、彔(ロク)は、刀でぽろぽろと竹や木を削るさまを描いた象形文字。小片が続いてこぼれおちるの意を含む。剥(ハク)の原字。祿は「示(祭壇)+〔音符〕彔」で、神からのおこぼれ、おかみの手からこぼれおちた扶持米(フチマイ)などの意。

淥(ロク)(こぼれおちる水たま)・錄(=録。竹や木を削って字を書く)・碌(ロク)(ころがる石ころ)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「禄」を参照。

従って本章の解釈は、上掲の訳の「仕官」を「幸運」と書き換えても、何ら差し支えは無い。

論語 多 金文
(金文)

論語の本章では”多く”。

『学研漢和大字典』によると会意。夕、または肉を重ねて、たっぷりと存在することを示す。亶(タン)(おおい)・侈(シ)(たっぷり→ぜいたく)と同系。類義語の衆は、人数がおおい。草書体をひらがな「た」として使うこともある。▽「多」の上の部分からカタカナの「タ」ができた、という。

詳細は論語語釈「多」を参照。

論語 聞 金文 論語 孔子 授業
(金文)

論語の本章では”分からないことを聞いて理解すること”。論語の時代、直接聞いた場合は「聴」を用い、間接的に聞いた、あるいは不明なことを、聞いたことで明らかにした場合は「聞」を用いた。詳細は論語語釈「聞」を参照。

闕(ケツ)

論語 闕 金文大篆 論語 闕 字解
(金文大篆)

論語の本章では、”欠ける(こと)”。ただし「欠」の正字体は「缺」で、「闕」は『大漢和辞典』によると第一義は”宮門の両側に立つ台”。音が「欠」と通じるので転用されたという。上掲の文字は戦国時代以降の大篆で、「闕」は論語の時代に通用した金文に遡る事が出来ない。

論語 欠 甲骨文 論語 欠 金文
「欠」(甲骨文・金文)

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、中の部分の字(音ケツ)は「人間が逆さになった姿+欠(人間が腹をくぼませてかがみこんだ姿)」の会意文字で、ものをコ型にえぐりとる、コ型にへこむという基本義をもつ。闕はそれを音符とし、門を加えた字で、城壁や土壁の一部が∪型にくぼんだ門のこと。缺(ケツ)(=欠。かく)・決壊の決(かけて穴があく)と同系のことば。という。

詳細は論語語釈「闕」を参照。

論語 疑 金文
(金文)

論語の本章では”疑わしい”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。矣(アイ)・(イ)は、人が後ろをふり返ってたちどまるさま。疑は「子+止(足をとめる)+(音符)矣」で、愛児に心引かれてたちどまり、進みかねるさまをあらわす。思案にくれて進まないこと。騃(ガイ)(馬がとまりがちで進まない)・礙(ガイ)(とまって進まない)・凝(ギョウ)(とまって進まない)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「疑」を参照。

愼/慎

論語 慎 金文 論語 満員電車 慎
(金文)

論語の本章では”つつしむ”。

『学研漢和大字典』によると「心+(音符)眞」で、心が欠けめなくすみずみまでゆきとどくこと、という。詳細は論語語釈「慎」を参照。

論語 言 金文 論語 宣誓 言
(金文)

論語の本章では”ことば”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「辛(きれめをつける刃物)+口」で、はっきりかどめをつけて発音することを言という。詳細は論語語釈「言」を参照。

其(キ)

論語 其 金文 論語 其 解字
(金文)

論語の本章では、”その”。『学研漢和大字典』によると穀物を載せる四角い(み)の形を描いたもの。詳細は論語語釈「其」を参照。

餘/余

論語 余 甲骨文 論語 余 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”あまり”。詳細は論語語釈「余」を参照。

寡(カ)

論語 寡 金文 論語 寡 字解
(金文)

論語の本章では”少ない”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、宀(やね)の下に頭だけ大きいひとりの子が残された姿を示すもので、ひとりぼっちのさまを示す。たよるべき人や力のないこと。孤(ひとりぼっちの子どものこと)と同系のことば。

類義語の少は、削られて減ること。鮮(セン)は、めったにないこと。稀は、わずかで目につかないこと。孤も、寡と同系で、ひとりぼっちの子どものこと。独は、一定の場所にくっついて、それだけ動かないこと、という。

詳細は論語語釈「寡」を参照。

尤(ユウ)

論語 尤 金文 論語 尤 字解
(金文)

論語の本章では”とがめ(る)”。『大漢和辞典』の第一義は”異なる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「手のひじ+━印」で、手のある部分に、いぼやおできなど、思わぬ事故の生じたことを示す。災いや失敗がおこること。肬(ユウ)(こぶ)・疣(ユウ)(こぶ)の原字。特異の意から転じて、とりわけ目だつ意となる、という。

詳細は論語語釈「尤」を参照。

論語 見 金文 論語 見
(金文)

論語の本章では”見る”こと。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「目+人」で、目だつものを人が目にとめること。また、目だってみえるの意から、あらわれるの意ともなる、という。詳細は論語語釈「見」を参照。

殆(タイ)

論語 殆 古文 台 金文
「殆」(古文)・「台」(金文)

武内本に「殆は疑と同義」とあるが、『学研漢和大字典』『字通』による原義は共に”あやうい”であり、無理がある。なおこの文字は年代不明の古文よりは前に遡れず、漢代以降になって現れた漢字である可能性が高い。論語の時代は、おそらく「台」と書き分けられていなかったと思われる。

詳細は論語語釈「殆」を参照。

悔 金文
(金文)

論語の本章では”悔やむ”こと。上掲の金文は戦国期のものだが、ひとまず論語時代も存在したと仮定する。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、每(マイ)(=毎)の音muəiは、海(=海)・悔(悔)・晦(カイ)においては子音がmからhに変わり、カイ(クヮイ)という音をあらわす。悔は「心+(音符)每」で、心が暗い気持ちになること。海(=海。暗い色をしたうみ)・晦(月のない暗いみそか)・灰(黒い燃えかす)などと同系のことば。旧字「悔」は人名漢字として使える、という。

詳細は論語語釈「悔」を参照。

論語:解説・付記

遺憾ながら論語の本章は、子張を貶めたい曽子派による捏造である。だが解説のため、とりあえず最大限そうでは無い前提で解釈してみる。

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本で、「俸給を得るための特別の勉強というものはない」とし、目や耳から入ってくる情報のうち、自分には不確かな事柄は将来に取っておき、理解したことだけを言ったりやったりせよとの、手堅い勉強を説いた話とする。

また「祿」の原義である、天から授かる幸福と解せないこともないとし、俸禄が目的の子張に対し、「わざと、ある意味ではそらとぼけて、純粋に倫理的な答えをしたと読む方が、やはり力強いであろう」と記す。今回はこの意見に賛成する。

何事もやり過ぎと論語先進篇で言われた子張に、孔子は政治の才を見なかったことが『大載礼記』にあるが、論語時代の諸国の政界とは、暗殺・謀殺・刑殺の横行する無法地帯で、我を張りがちな子張がノコノコ入っていけば、殺されてしまうと孔子は思っただろう。

そんな政界で生き残るすべを、孔子は論語憲問篇4で説いたが、それはアクロバットに近い腹芸で、根が単純な子張にできる技ではなかった。従って恐らく学者への道を勧めたと想像でき、論語にも同時代史料にも、子張が仕官した話はない。それは実のなる提案だった。

論語 荀子
孔子の後継者たちを片っ端から非難したジュン子は、「これ見よがしな行儀作法を見せつける、子張氏の賤儒」と言っており、言い換えるなら子張は学者として一人前となり、荀子の生きた戦国末期(秦の統一はBC221)まで派閥が生き残り、目障りな程度には栄えていたことになる。

孔子先生の温かい配慮は実ったのだ。

だが本章は上述の通り捏造である。「子張は真面目に勉強しないで、職ばかり欲しがる卑しい奴だったんだ。だから孔子先生に叱られたんだ」と話をでっち上げたのである。

そもそも「禄をもとむるを学ぶ」との言い方がおかしい。儒学を勉強しないで就職マニュアルばかり読んでいたと言うのだ。当時そんなマニュアルがあるわけが無い。そもそも庶民から最底辺とは言え貴族へのパイプを繋いだのは、事実上孔子が中国史上初だったからだ。儒学の根本である礼すらマニュアル化する余裕の無かった孔子が、就職マニュアルなど書くわけが無い。

せっせと孔子の話をメモに取り(論語衛霊公篇6)、何事も積極的だった子張は、曽子のような根暗で無能で陰険な人格にとっては耐えられず、「あんな奴とは仁が実践しがたい」と悪口を言っている(論語子張篇16)。人文系の大学院によくいるタイプの、ブサイク極まる人間である。
大学院生

ウソだと思うなら入ってみるといい。自分がとても清潔な美男美女になった気になれる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)