論語詳解017為政編第二(1)まつりごとを為す’

論語為政篇(1)要約:誰でも札束を前にしたら、みんな同じ顔になります。孔子先生は政治の要点を、利益誘導だと分かっていました。それを道徳で治めるとか、わけの分からない解釈をするから、論語はわかりにくくなってしまいました。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「爲政以德。譬如北辰居其所而、衆星共之。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「為正a以德,辟b如北辰,2……

  1. 正、今本作「政」。正・政可通、古多以政為正。以下同。
  2. 辟、阮本、皇本均作「譬」。辟借為譬。

→子曰、「爲正以德。辟如北辰。居其所而、衆星共之。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 為 金文正 金文以 金文徳 金文 辟 金文如 金文北 金文居 金文其 金文所 金文而 金文 衆 金文星 金文共 金文之 金文

※論語の本章は、「辟」「如」「辰」「其」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、まつりごとととのふるにとくもちふ。たとへば北辰ほくしんごとし。ところ衆星もろほしこれしたがふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。政治を思い通りに行うには利益誘導を用いる。例えば北斗星のようだ。中心にいて、他の全ての星がその中心に従う。
徳治

意訳

政治のかなめは利益誘導だ。かね﹅﹅のキンキラキンを見たら、誰だって同じ表情になるだろ?
徳 利
Image via http://kokando.phpapps.jp

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「徳によつて政治を行えば、民は自然に帰服する。それは恰も北極星がその不動の座に居て、もろもろの星がそれを中心に一絲みだれず運行するようなものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「管理國家要以身做則。如同北極星,安然不動而衆星繞之。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「国家を支配するには我が身を〔民の〕模範としなければならない。北極星と同様に、じっと動かずにいて、他の全ての星がそれをとりまく。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

爲(イ)

為 甲骨文 為 字解
(甲骨文)

論語の本章では”思い通りに動かす”。新字体は「為」。甲骨文の段階で、”ある”や人名を、金文の段階で”作る”・”する”・”…になる”を意味した。詳細は論語語釈「為」を参照。

政(セイ)→正(セイ)

政 甲骨文 正 甲骨文
「政」(甲骨文)/「正」(甲骨文)

論語の本章では”政治”。初出は甲骨文。ただし字形は「足」+「コン」”筋道”+「又」”手”。人の行き来する道を制限するさま。現行字体の初出は西周早期の金文で、目標を定めいきさつを記すさま。原義は”兵站の管理”。論語の時代までに、”征伐”、”政治”の語義が確認できる。詳細は論語語釈「政」を参照。

定州竹簡論語では「正」と記す。初出は甲骨文。字形は「囗」”城塞都市”+そこへ向かう「足」で、原義は”遠征”。甲骨文では「正月」をすでに年始の月とした。また地名・祭礼名にも用いた。金文では、”征伐”・”年始”のほか、”長官”、”審査”の意に用いた。”正直”の意は戦国時代の竹簡からで、同時期に「征」”徴税”の字が派生した。詳細は論語語釈「正」を参照。

前漢宣帝期の定州竹簡論語が「正」と記した理由は、恐らく前王朝・秦の始皇帝のいみ名「政」を避けたため(避諱ヒキ)。前漢帝室の公式見解では、漢帝国は秦帝国に反乱を起こして取って代わったのではなく、秦帝国の正統な後継者と位置づけていた。

だから前漢の役人である司馬遷は、高祖劉邦と天下を争った項羽を本紀に記し、あえて正式の中華皇帝として扱った。項羽の残虐伝説が『史記』に記され、劉邦の正当性を訴えたのはそれゆえだ。そう書かなければ司馬遷は、ナニだけでなくリアルに首までちょん切られた。

後漢というふざけた帝国も参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、名詞(人名)、動詞”用いる”、接続詞”そして”の語義があったが、前置詞”…で”に用いる例は確認できない。ただしほとんどの前置詞の例は、”用いる”と動詞に解せば春秋時代の不在を回避できる。詳細は論語語釈「以」を参照。

德(トク)

徳 甲骨文 孔子 TOP
(甲骨文)

論語の本章では”利権”。新字体は「徳」。初出は甲骨文。甲骨文の字形は、「行」”みち”+「コン」”進む”+「目」であり、見張りながら道を進むこと。甲骨文では”進む”として用いられており、金文になると”道徳”と解せなくもない用例が出るが、その解釈には根拠が無く、受け入れがたい。詳細は論語語釈「徳」を参照。

孔子の生前では、”道徳”を意味しない。権力や人生経験や技能教養に裏打ちされた、隠然とした人格的圧力=人間の機能。武力もその背景となる。さらに人格から進んで、政治力や現世的利益「得」をも意味する。詳細は論語における「徳」を参照。

従来訳や既存の論語本が言うような、人徳や道徳では全くない。そんなものに民は従いはしない。実際に魯国の宰相格だった孔子にも、そんなことは重々分かっている。論語に言う「徳」は多くの場合、「得」で書き換えると理解しやすい。実際、前漢宣帝期の定州竹簡論語では「徳」を「得」と書いている箇所がある。

稱其德也→稱其得也(論語憲問篇35)

譬(ヒ)→辟(ヘキ)

譬 篆書 譬 字解
(篆書)

論語の本章では”たとえる”。初出は後漢の『説文解字』。字形は「言」+「辟」”王の側仕え”で、”たとえる”の語義は戦国時代以降に音を借りた仮借。日本語音で近音かつ類似語に「比」”ならべる・くらべる・たぐい”。詳細は論語語釈「譬」を参照。

定州竹簡論語「辟」の初出は甲骨文。字形は「卩」”うずくまった奴隷”+「口」”さしず”+「辛」”針または小刀で入れる入れ墨”で、甲骨文では「口」を欠くものがある。原義は指図に従う奴隷で、王の側仕え。甲骨文では原義のほか人名に用い、金文では論語の時代までに、”君主”、”長官”、”法則”、”君主への奉仕”の用例がある。”たとえる”の語義は戦国時代以降に音を借りた仮借。詳細は論語語釈「辟」を参照。

如(ジョ)

如 甲骨文 如 字解
甲骨文

論語の本章では”~のようである”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「女」+「𠙵」”くち”で、”ゆく”の意と解されている。春秋末期までの金文には、「女」で「如」を示した例しか無く、語義も”ゆく”と解されている。詳細は論語語釈「如」を参照。

北辰(ホクシン)

北 甲骨文 辰 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”北極星”。

『学研漢和大字典』によると、白居易の詩に「北辰微暗少光色=北辰微暗にして光色少なし」〔司天台〕というのがある。転じて、天子や朝廷の不動の地位のこと。北極星の位置が変わらず天の中心とされたことから。「北極朝廷終不改=北極の朝廷終に改まらず」〔杜甫・登楼〕
南面

旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)造士館寮歌に、「北辰斜めにさすところ」とあるのは、緯度が低いため北極星が低く見えることを歌ったもの。

「北」の初出は甲骨文。字形は互いに背を向けた二人の「人」で、原義は”背中”。「背」の初出は後漢の隷書で、用例はないものの、それまで”せなか”の語義を保持したと思われる。古代中国では北を正面とし、天子が北を背にして座ることから、方角の”きた”の派生義が生まれた。金文では国名にも用いられた。それ以外の語義は漢代以降まで時代が下る。詳細は論語語釈「北」を参照。

「辰」の初出は甲骨文。”北斗星”の語義は春秋時代では確認できない。甲骨文の字形は人が死神のような大ガマを持った姿で、原義は”刈り取り”。その語義には後世「耨」を用いた。甲骨文では地名や国名に、金文では十二支の五番目や日時の表記に、また氏族名・人名に用いた。詳細は論語語釈「辰」を参照。

居(キョ)

居 金文 居 字解
(金文)

論語の本章では”位置する”。初出は春秋時代の金文。字形は横向きに座った”人”+「古」で、金文以降の「古」は”ふるい”を意味する。全体で古くからその場に座ること。詳細は論語語釈「居」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”その”という指示詞。初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。人称代名詞に用いた例は、殷代末期から、指示代名詞に用いた例は、戦国中期からになる。詳細は論語語釈「其」を参照。

所(ソ)

所 金文 所 字解
(金文)

論語の本章では”場所”。初出は春秋末期の金文。「ショ」は呉音。字形は「戸」+「斤」”おの”。「斤」は家父長権の象徴で、原義は”一家(の居所)”。論語の時代までの金文では”ところ”の意があるが、「…するところの…」の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「所」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”そして”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”…と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

眾(シュウ)

衆 甲骨文 衆 字解
(甲骨文)

論語の本章では”多くの”。「眾」「衆」は異体字。初出は甲骨文。字形は「囗」”都市国家”、または「日」+「人」三つ。都市国家や太陽神を祭る神殿に隷属した人々を意味する。論語の時代では、”人々一般”・”多くの”を意味した可能性がある。詳細は論語語釈「衆」を参照。

星(セイ)

星 甲骨文 星 字解
(甲骨文)

論語の本章では夜空に輝く”ほし”。初出は甲骨文。字形は「晶」”三つ星”+「生」で、原義は”ほし”。「生」が加わった理由は不明だが、「晶」と何らかの意味の違いがあったと思われる。甲骨文では原義のほか”晴れる”、金文では加えて人名に用いられ、戦国の竹簡で”なまぐさい”を意味した。詳細は論語語釈「星」を参照。

共(キョウ)

共 甲骨文 共 字解
(甲骨文)

論語の本章では”従う”。初出は甲骨文。字形は「又」”手”二つ=両手+「口」。原義は”両手でものを捧げ持つさま”。派生義として”敬う”。「供」の原字。つまり”ともに”の語義は派生義になる。論語の時代までに、”謹んで従う”の用例があり、「恭」を「共」と記している。詳細は論語語釈「共」を参照。

武内本に「共は向と同音仮借、めぐるとよむ」とあるが、今回は中心点を”共にする”と解した。「向」にも”顔をまともに向けて従う”の語義があるから、無理に”めぐる”と解する必要は無いだろう。論語語釈「向」を参照。

古注『論語集解義疏』では「供」”うやうやしく捧げ出す”になっている。初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「供」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”これ”という代名詞。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章、「爲政(正)以德」は先秦両漢の誰も引用していないし、再録していない。「北辰」うんぬんは、幼少期のトラウマを引きずった前漢武帝に、ヘンな教えを吹き込んでいわゆる儒教の国教化を進めた、董仲舒が言うまで誰も言っていない。

故受命而海內順之,猶眾星之共北辰。

董仲舒
だから天の命を受けた皇帝に全人類が従うのは、北極星にあまたの星が従うのと同じだ。(『春秋繁露』観徳1)

従って論語の本章は、孔子の肉声である可能性が極めて如何わしいのだが、ブツとしての漢字は論語の時代に揃っているから、とりあえず史実として扱う。

前漢年表

前漢年表 クリックで拡大

論語の本章は、漢語や漢文というものが、我が国でいかにデタラメに解されてきたかを示す好例。「徳」を何か黒魔術のように扱って、まともに解釈せず、曖昧模糊のまま済ませている。現代中国のように、「率先垂範する」と解した方がまだ合理的で意味が明瞭だ。

「徳」を”人徳”と解するメリットは儒者側にある。人徳と解することで意味が曖昧になり、その解釈や判断を儒者が独占出来る。いわゆる儒教の国教化以降、解釈の独占は政治権力の独占でもあり、事実1911年の辛亥革命まで、帝室と折半する形で儒者が政治利権を独占した。

史実の孔子は行政に携わって苦労した政治家であって、単に道徳を言い募るイジワルじいさんではない。一度は道徳を言い募ったから、貴族にも民衆にも嫌われて亡命するハメになった。「徳」を道徳だと言い出したのは、孔子没後一世紀の孟子である。

孟子
孟子が申しました。「武力で仁義のふりをする者を覇者と言い、覇者は必ず大国の主だ。道徳で仁義を行う者を王者と言い、必ずしも大国の主ではない。殷の開祖湯王はたったの七十里四方、周の開祖文王はたったの百里四方しか領地がなかった。(『孟子』公孫丑上3)

なお明末清初の儒者、王夫之は、それなりに発達した中国の伝統天文学に基づき、「北辰」についてなかなかのことを言っている。ただし論語の本章に対する語釈として、当たっているかどうかは別。テキストデータがまだ無いため、『論語集釋』から孫引きして引用。

集注云:「北辰,北極,天之樞也。」於義自明。小注紛紜,乃指爲天樞星,誤矣,辰者,次舍之名。辰非星,星非辰也。北極有其所而無其跡,可以儀測而不可以像觀,與南極對立,而爲天旋運之紐。

王夫之
朱子の新注に、「北辰とは北極のことで、天の回転軸である」とあり、この言葉には分かりにくいところがない。だが新注に付けられた注はでたらめで、北極星を指すと言うが、間違っている。辰というのは星座の名で、星ではないし、星と星座は別物だ。天の北極をどんなに見つめても何も無く、座標を示すことは出来るがものを見つけることは出来ない。南極と対になる概念であり、天の回転軸のことである。(『四書稗疏』)

科学的にはその通りだが、何の意味も無いウンチクに感じる。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする