論語詳解017為政編第二(1)まつりごとを為す°

論語為政篇(1)要約:誰でも札束を前にしたら、みんな同じ顔になります。孔子先生は政治の要点を、利益誘導だと分かっていました。それを道徳で治めるとか、わけの分からない解釈をするから、論語はわかりにくくなってしまいました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「爲政以德。譬如北辰居其所而、衆星共之。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「為正a以德,辟b如北辰,2……

  1. 正、今本作「政」。正・政可通、古多以政為正。以下同。
  2. 辟、阮本、皇本均作「譬」。辟借為譬。

→子曰、「爲正以德。辟如北辰。居其所而、衆星共之。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 為 金文論語 正 金文論語 以 金文論語 徳 金文 論語 辟 金文如 金文論語 北 金文論語 居 金文論語 其 金文論語 所 金文論語 而 金文 論語 衆 金文星 金文論語 共 金文之 金文

書き下し

いはく、まつりごとすにとくもちふ。たとへば北辰ほくしんごとし。ところ衆星もろほしこれむかふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。政治を行うには利益誘導を用いる。例えば北斗星のようだ。中心にいて、他の全ての星がその中心を共有する。
論語 徳治

意訳

政治のかなめは利益誘導だ。かね﹅﹅のキンキラキンを見たら、誰だって同じ表情になるだろ?
論語 徳 利
Image via http://kokando.phpapps.jp

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「徳によつて政治を行えば、民は自然に帰服する。それは恰も北極星がその不動の座に居て、もろもろの星がそれを中心に一絲みだれず運行するようなものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「管理國家要以身做則。如同北極星,安然不動而衆星繞之。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「国家を支配するには我が身を〔民の〕模範としなければならない。北極星と同様に、じっと動かずにいて、他の全ての星がそれをとりまく。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 為 甲骨文 論語 為 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”する”。新字体は「為」。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、爲の甲骨文字は「手+象」の会意文字で、象に手を加えて手なずけ、調教するさま。人手を加えて、うまくしあげるの意。転じて、作為を加える→するの意となる。また原形をかえて何かになるとの意を生じた。詳細は論語語釈「為」を参照。

政→正

論語 政 金文 論語 正 解字
(金文)

論語の本章では”政治”。『学研漢和大字典』によると、正とは、止(あし)が目標線の━印に向けてまっすぐ進むさまを示す会意文字。征(セイ)(まっすぐ進む)の原字。政は「攴(動詞の記号)+(音符)正」の会意兼形声文字でで、もと、まっすぐに整えること。のち、社会を整えるすべての仕事のこと。正・整(セイ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「政」を参照。

『定州竹簡論語』で「正」と書くが、すでにあった「政」の字を避けた理由は、おそらく秦帝国時代に、始皇帝のいみ名「政」を避けた名残。加えて”政治は正しくあるべきだ”という儒者の偽善も加わっているだろう。詳細は論語語釈「正」を参照。

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「手または人+(音符)耜(シ)(すき)の略体」の会意兼形声文字で、手で道具を用いて仕事をするの意を示す。何かを用いて工作をやるの意を含む、…を、…で、…でもってなどの意を示す前置詞となった、という。詳細は論語語釈「以」を参照。

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語の本章では、教養や技能や経験に裏打ちされた人格的迫力=人間の持つ機能。およびそれを用いて行使される政治力や具体的利益。初出は甲骨文。新字体は「徳」。『学研漢和大字典』によると、原字は悳(トク)と書き「心+(音符)直」の会意兼形声文字で、もと、本性のままのすなおな心の意。徳はのち、それに彳印を加えて、すなおな本性(良心)に基づく行いを示したもの、という。しかし『字通』によれば目に濃い化粧をして見る者を怖がらせ、各地を威圧しつつ巡回すること。ここから日本語で「威に打たれる」と言うように、「徳」とは人格的迫力のことだ。詳細は論語における「徳」を参照。

従来訳や既存の論語本が言うような、人徳や道徳では全くない。そんなものに民は従いはしない。実際に魯国の宰相格だった孔子にも、そんなことは重々分かっている。論語に言う「徳」は多くの場合、「得」で書き換えると理解しやすい。実際、前漢宣帝期の定州竹簡論語では「得」と書いている。

また論語憲問篇35に「(名馬)はその力をたたえず、徳をたたえるなり」というが、所構わず糞や小便を垂れる馬に、道徳などあったものではない。つまり徳とは、人間や馬など、生物が持つ機能のことに他ならない。

譬(ヒ)→辟

論語 譬 金文大篆 論語 螺旋階段 譬
(金文大篆)

論語の本章では”たとえる”。初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。部品の辟は甲骨文からあり、『大漢和辞典』に”たとえる”の語釈を載せる。『学研漢和大字典』によると、辟(ヘキ)は「人+辛(刃物)」からなる会意文字。人の肛門(コウモン)に刃物をさして横に二つに裂く刑罰。劈(ヘキ)(よこに裂く)の原字。譬は「言+〔音符〕辟」の会意兼形声文字で、本すじを進まず、横にさけて別の事がらで話すこと、という。詳細は論語語釈「譬」論語語釈「辟」を参照。

論語の本章では”…のようだ”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「口+〔音符〕女」の会意兼形声文字で、もと、しなやかにいう、柔和に従うの意。ただし、一般には、若とともに、近くもなく遠くもない物をさす指示詞に当てる、という。詳細は論語語釈「如」を参照。

北辰(ホクシン)

論語 北 金文 論語 辰 金文
(金文)

論語の本章では”北極星”。

『学研漢和大字典』によると、白居易の詩に「北辰微暗少光色=北辰微暗にして光色少なし」〔司天台〕というのがある。転じて、天子や朝廷の不動の地位のこと。北極星の位置が変わらず天の中心とされたことから。「北極朝廷終不改=北極の朝廷終に改まらず」〔杜甫・登楼〕
論語 南面

旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)造士館寮歌に、「北辰斜めにさすところ」とあるのは、緯度が低いため北極星が低く見えることを歌ったもの。

「北」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、左と右の両人が、背を向けてそむいたさまを示す会意文字で、背を向けてそむくの意。また、背を向けてにげる、背を向ける寒い方角(北)などの意を含む、という。商才は論語語釈「北」を参照。

「辰」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、蜃(シン)(かい)の原字で、二枚貝が開いて、ぴらぴらと弾力性のある肉がのぞいたさまを描いた象形文字、という。詳細は論語語釈「辰」を参照。

論語の本章では”もろもろの”。「眾」「衆」は異体字。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「日(太陽)+人が三人(おおくの人)」の会意文字で、太陽のもとでおおくの人が集団労働をしているさま。上部は、のち誤って血と書かれた、という。詳細は論語語釈「衆」を参照。

論語の本章では夜空に輝く”ほし”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「きらめく三つのほし+(音符)生」の会意兼形声文字で、澄んで清らかに光るほし、という。詳細は論語語釈「星」を参照。

論語 共 金文
(金文)

武内本に「共は向と同音仮借、めぐるとよむ」とあるが、今回は中心点を”共にする”と解した。「向」にも”顔をまともに向けて従う”の語義があるから、無理に”めぐる”と解する必要は無いだろう。

「共」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、上部はある物の形、下部に左右両手でそれをささげ持つ姿を添えた会意文字で、拱(両手を胸の前にそろえる)・供(両手でささげる)の原字。両手をそろえる意から、「ともに」の意を派生する、という。詳細は論語語釈「共」を参照。論語語釈「向」も参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、漢語や漢文というものが、我が国でいかにデタラメに解されてきたかを示す好例。「徳」を何か黒魔術のように扱って、まともに解釈せず、曖昧模糊のまま済ませている。現代中国のように、「率先垂範する」と解した方がまだ合理的で意味が明瞭だ。

「徳」を”人徳”と解するメリットは儒者側にある。人徳と解することで意味が曖昧になり、その解釈や判断を儒者が独占出来る。いわゆる儒教の国教化以降、解釈の独占は政治権力の独占でもあり、事実1911年の辛亥革命まで、皇帝と折半する形で儒者が政治利権を独占した。

なお既存の論語本では吉川本もまた、「道徳による政治がいかにすぐれているかを、比喩によって説いたものである」とする。

論語 吉川幸次郎
ただ私に、よくわからないのは、北極星が、徳による政治の比喩になるのは、他の星は全て移動していくに反し、北極星だけは、じっととどまって動かない、あだ(ママ)かも、道徳による政治が、無為ゝゝであるが如くであり、さればこそ、周囲からの尊崇を得るのだと、古注にも新注にも、述べていることである。道徳による政治が、無為を属性とするということは、私にはよく分からない。中国の書物を、さわがしい日本人の心で理解することは、やはりむつかしいことなのであろうか(吉川幸次郎『論語』筑摩書房)

これは「徳」を道徳と解したゆえの誤解で、要するに論語の権威として知られた吉川も、徳の意味を知らなかったのだ。徳は中華思想の中心概念の一つと言って良いのだが、奈良平安朝の昔からつい最近まで、日本の儒者や漢学教授は、知ったかぶりで誤魔化してきたわけ。

油断のならない連中と言うべきで、だから日本人は中国にあらぬ期待をし、その都度裏切られた。破滅的な敗戦の始まりは日中関係だから、漢文業界人の罪は軽くない。応召した『学研漢和大字典』の藤堂博士と違い、徴兵を逃げ回った吉川は、もちろんその一人である。

史実の孔子は行政に携わって苦労した政治家であって、単に道徳を言い募るイジワルじいさんではない。一度は道徳を言い募ったから、貴族にも民衆にも嫌われて亡命するハメになった。「徳」を道徳だと言い出したのは、孔子没後一世紀の孟子である。

孟子
孟子が申しました。「武力で仁義のふりをする者を覇者と言い、覇者は必ず大国の主だ。道徳で仁義を行う者を王者と言い、必ずしも大国の主ではない。殷の開祖湯王はたったの七十里四方、周の開祖文王はたったの百里四方しか領地がなかった。(『孟子』公孫丑上3)

なお論語の本章の後半、「北辰…」部分は、戦国時代の儒者は誰一人引用しておらず、再出は前漢の董仲舒の語録である『春秋繁露』。この悪い男が武帝にヘンな教えを吹き込んでいわゆる儒教を国教化するにあたり、元はありもしなかった演出を加えた可能性がある。

故受命而海內順之,猶眾星之共北辰,流水之宗滄海也。

董仲舒
だから天の命令を受けた皇帝が君臨すると、国内はみなおりこうさんになるのは、全ての星が北極星に従い、全ての川が最後には海に注ぐのと同じだ。(『春秋繁露』観徳1)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 「政治とは利益分配」(論語為政篇1)と喝破した孔子は、社会の資源をある集団に振り向ければ、他の集団からすさまじい恨みを買うことを重々分かっていた。だがその決断こそが政治であり、誰かが恨まれねば政治は回らない。時に負けると分かって孔子はバクチを張り続けた。 […]

  2. […] ”政治とは利益分配に他ならない”と孔子は論語為政篇1で言った。つまり誰かの利益を諦めさせ、誰かに利益を振りまく行為が政治なのだが、誰もが損を死に物狂いで拒絶するから、それゆえに国家には暴力が要る。実のところ国防や治安維持は二の次だ。 […]

関連記事(一部広告含む)