論語詳解019為政篇第二(3)之をみちびくに*

論語為政篇(3)要約:意外にも孔子先生は、政治家としては厳罰主義で死刑もためらいませんでした。しかしその結果どうなったか? 本当なら犯罪のない社会を作るべきだった。そういう反省を込めた、孔子先生、いや儒者官僚の司法論。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「道*之以政、齊之以刑、民免而無恥。道*之以德、齊之以禮、有恥且格。」

校訂

武内本

導、唐石経道に作る。

定州竹簡論語

……[之]以禮,有佴a且格。3……

  1. 佴、今本作「恥」。「佴」即「恥」、簡帛多見、『説文』之「佴」則與「恥」音義不同。

→子曰、「導之以政、齊之以刑、民免而無佴。導之以德、齊之以禮、有佴且格。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 道 金文之 金文以 金文政 金文 斉 金文之 金文以 金文刑 金文 民 金文免 金文而 金文無 金文 道 金文之 金文以 金文徳 金文 斉 金文之 金文以 金文礼 金文 有 金文且 金文格 金文

※論語の本章は、「恥」「佴」が論語の時代に存在しない。「之」「齊」「免」「且」の用法に疑問がある。本章は後世の儒者による創作である。

書き下し

いはく、これみちびくにまつりごともちゐ、これととのふるにつみもちゐば、たみまぬかはぢし。これみちびくにとくもちゐ、これととのふるにれいもちゐば、ついでりてただし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子別像
先生が言った。民を導くのに政令を用い、民を躾けるのに刑罰を用いれば、民は法の網をつついて逃れ、秩序が無くなる。民を導くのに道徳を用い、民を躾けるのに礼法を用いれば、秩序を知って行儀よくなる。

意訳

孔子 人形
命令と刑罰で脅せば人は逃げ散る。世間体と格好良さでおびき寄せれば釣り込まれて従う。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「法律制度だけで民を導き、刑罰だけで秩序を維持しようとすると、民はただそれらの法網をくぐることだけに心を用い、幸にして免れさえすれば、それで少しも恥じるところがない。これに反して、徳を以て民を導き、礼によって秩序を保つようにすれば、民は恥を知り、自ら進んで善を行うようになるものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「以政令來管理,以刑法來約束,百姓雖不敢犯罪,但不以犯罪為恥;以道德來引導,以禮法來約束,百姓不僅遵紀守法,而且引以為榮。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「政令を用いることで統治し、刑法を用いることで規制すると、人民はわざわざ罪を犯すようなことはしないが、代わりに犯罪を恥とは思わない。〔対して〕道徳を用いることで誘導し、礼法を用いることで規制すると、人民は紀律や法律に従うだけでなく、さらに繁栄まですることになる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

道(トウ)→導(トウ)

道 甲骨文 導 金文
「道」(甲骨文)/「導」(金文)

論語の本章では”みちびく”。

「道」は、動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”の意が戦国時代からある。この語義は春秋時代では確認できない。動詞としての用例は戦国時代の竹簡から。”言う”の意味もあるが俗語。初出は甲骨文。字形に「首」が含まれるようになったのは金文からで、甲骨文の字形は十字路に立った人の姿。「ドウ」は呉音。詳細は論語語釈「道」を参照。

定州竹簡論語「導」の初出は春秋早期の金文。原義は「道」+「寸」”手”で、「道」の動詞形、”みちびく”。「ドウ」は呉音。詳細は論語語釈「導」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”これ”。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。字形は人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、名詞(人名)、動詞”用いる”、接続詞”そして”の語義があったが、前置詞”…で”に用いる例は確認できない。ただしほとんどの前置詞の例は、”用いる”と動詞に解せば春秋時代の不在を回避できる。詳細は論語語釈「以」を参照。

政(セイ)

政 甲骨文 論語 始皇帝
「政」(甲骨文)

論語の本章では”政治”。初出は甲骨文。ただし字形は「足」+「コン」”筋道”+「又」”手”。人の行き来する道を制限するさま。現行字体の初出は西周早期の金文で、目標を定めいきさつを記すさま。原義は”兵站の管理”。論語の時代までに、”征伐”、”政治”の語義が確認できる。詳細は論語語釈「政」を参照。

定州竹簡論語ではおおむね「正」と記す。理由は、恐らく前王朝・秦の始皇帝のいみ名「政」を避けたため(避諱ヒキ)。前漢帝室の公式見解では、漢帝国は秦帝国に反乱を起こして取って代わったのではなく、秦帝国の正統な後継者と位置づけていた。

だから前漢の役人である司馬遷は、高祖劉邦と天下を争った項羽を本紀に記し、あえて正式の中華皇帝として扱った。項羽の残虐伝説が『史記』に記され、劉邦の正当性を訴えたのはそれゆえだ。そう書かなければ司馬遷は、ナニだけでなくリアルに首までちょん切られた。

後漢というふざけた帝国も参照。

齊(セイ)

斉 金文 斉 字解
(甲骨文)

論語の本章では”整える”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。新字体は「斉」。「サイ」は慣用音。甲骨文の字形には、◇が横一線にならぶものがある。字形の由来は不明だが、一説に穀粒の姿とする。甲骨文では地名に用いられ、金文では加えて人名・国名に用いられた。詳細は論語語釈「斉」を参照。

刑(ケイ)

刑 金文 牢屋 刑
(金文)

論語の本章では”刑罰”。初出は西周中期の金文。字形は「井」”牢屋”+「刂」”かたな”で、原義は刑罰。ただし初出の「史牆盤」は「荊」”いばら”と解釈されており、「荊」=楚国のことだとされる。詳細は論語語釈「刑」を参照。

民(ビン)

民 甲骨文 論語 唐太宗李世民
(甲骨文)

論語の本章では”たみ”。初出は甲骨文。「ミン」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。字形は「目」+「十」”針”で、視力を奪うさま。甲骨文では”奴隷”を意味し、金文以降になって”たみ”の意となった。唐の太宗李世民のいみ名であることから、避諱ヒキして「人」などに書き換えられることがある。詳細は論語語釈「民」を参照。

免(ベン)

免 甲骨文 免 字解
(甲骨文)

論語の本章では”逃げ回る”。この語義は戦国時代以降に音を借りた転用した仮借。初出は甲骨文。新字体は「免」。「メン」は呉音。大陸と台湾では「免」が正字として扱われている。字形は「卩」”ひざまずいた人”+「ワ」かぶせ物で、中共の御用学者・郭沫若は「冕」=かんむりの原形だと言ったが根拠の無いでたらめ。

「卩」は隷属する者を表し、かんむりではあり得ない。字形は頭にかせをはめられた奴隷。甲骨文では人名を意味し、金文では姓氏の名を意味した。戦国の竹簡では「勉」”努力する”、”免れる”、”もとどりを垂らして哀悼の意を示す”を意味した。詳細は論語語釈「免」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”そして”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”…と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

無(ブ)

無 甲骨文 無 字解
(甲骨文)

論語の本章では”無い”。初出は甲骨文。「ム」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。甲骨文の字形は、ほうきのような飾りを両手に持って舞う姿で、「舞」の原字。その飾を「某」と呼び、「某」の語義が”…でない”だったので、「無」は”ない”を意味するようになった。論語の時代までに、”雨乞い”・”ない”の語義が確認されている。戦国時代以降は、”ない”は多く”毋”と書かれた。詳細は論語語釈「無」を参照。

恥(チ)→佴(ジ)

恥 楚系戦国文字 恥 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”はじる”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補も無い。字形は「耳」+「心」だが、「耳」に”はじる”の語義は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

”はじ”おそらく春秋時代は「羞」と書かれた。音が通じないから置換字にはならないが、甲骨文から確認できる。『定州竹簡論語』の置換字「佴」は、「恥」とは音も語義も違うが、初出は戦国文字で、こちらも論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「佴」を参照。

德(トク)

徳 甲骨文 論語 徳
(甲骨文)

論語の本章では”道徳”。新字体は「徳」。初出は甲骨文。甲骨文の字形は、「行」”みち”+「コン」”進む”+「目」であり、見張りながら道を進むこと。甲骨文では”進む”として用いられており、金文になると”道徳”と解せなくもない用例が出るが、その解釈には根拠が無く、受け入れがたい。詳細は論語語釈「徳」を参照。

孔子の生前では、”道徳”を意味しない。権力や人生経験や技能教養に裏打ちされた、隠然とした人格的圧力=人間の機能。武力もその背景となる。さらに人格から進んで、政治力や現世的利益「得」をも意味する。詳細は論語における「徳」を参照。

禮(レイ)

礼 甲骨文 礼 字解
(甲骨文)

論語の本章では”礼儀作法”。新字体は「礼」。しめすへんのある現行字体の初出は秦系戦国文字。無い「豊」の字の初出は甲骨文。両者は同音。現行字形は「示」+「豊」で、「示」は先祖の霊を示す位牌。「豊」はたかつきに豊かに供え物を盛ったさま。具体的には「豆」”たかつき”+「牛」+「丰」”穀物”二つで、つまり牛丼大盛りである。詳細は論語語釈「礼」を参照。

孔子が発明した大げさでみょうちきりんな礼儀作法は、孔子一党以外からは笑いものにされた。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”有る”。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。金文以降、「月」”にく”を手に取った形に描かれた。原義は”手にする”。原義は腕で”抱える”さま。甲骨文から”ある”・”手に入れる”の語義を、春秋末期までの金文に”存在する”・”所有する”の語義を確認できる。詳細は論語語釈「有」を参照。

且(シャ)

且 甲骨文 主 字解
(甲骨文)

論語の本章では”その上”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は文字を刻んだ位牌。甲骨文・金文では”祖先”、戦国の竹簡で「俎」”まな板”、戦国末期の石刻文になってやっと”かつ”を意味した。詳細は論語語釈「且」を参照。

格 金文 格 字解
(金文)

論語の本章では”かたにはまる”。初出は西周中期の金文。字形は「木」+「各」”落とし穴にはまる”で、人が木で作ったかせにはまること。原義は”矯正する”。金文で国名や姓氏名に用い、戦国の竹簡で”おきて”、漢代以降に”客”を意味した。詳細は論語語釈「格」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章の前段は、前漢の『礼記』まで誰も引用せず、全体を前漢中期成立の『史記』の酷吏伝が孔子の言葉として再録している。つまり前漢初期には出来ていたが、春秋戦国時代を通じて存在の証明が出来ず、おそらく漢初に『礼記』と共に創作された可能性が高い。

揖 拝礼
論語の本章は、礼法と法律の違いがよく分かる章。法律の規定は原則として、美醜や善悪の観念を持ち込まないが、礼法は常に「格好良さ」が伴う。情報の流通を国家が独占出来る場合では、何をかっこうよいとするかも為政者の意のままにしやすかった。

孔子は初めて行政官になった時、厳罰主義で民を縛り上げ、たったの三ヶ月でおとなしくさせた記録が『史記』にある。もの売りが値段をごまかさないまではまだしも、男女が道を分けて歩いたというのは、思想統制と変わらない。当然、民衆からは忌み嫌われたはずである。

ついでに魯国の政権中枢にあった時、政敵とも商売敵とも言われる少正卯という人物を、自分の権力をいい事に、処刑してしまったと『史記』孔子世家は言う。孔子がどれほどこの人物を嫌っていたか、後漢の『論衡』が確かなら、孔子は感情的に怒鳴り散らしている。

子貢曰:「夫少正卯、魯之聞人也,子為政,何以先之?」孔子曰:「賜退!非爾所及!」

子貢 遊説 孔子 説教
子貢「あの少正卯という人は名高いですが、先生が政権を握ったら、どうなさいます?」
孔子「うるせえ。お前の知ったことか。」(『論衡』講瑞5)

之を道びくに
後世、儒家と法家は対立したが、亡命までの孔子は、家職として魯国の司法を司ってきた孟孫家の下僚として、むしろ法律の専門家だった。孔子が就いた大司冦という職は、国の司法長官を意味する。だから孔子は無邪気にも、法で縛り上げれば世直しが出来ると考えた。

ところが民ばかりでなく門閥からも嫌われた。根城の規模が法に違反しているという理由で、破壊したことがきっかけだった。その結果江戸の松平定信や水野忠邦そっくりの、上下こぞっての排斥運動が起こったわけで、孔子もこの失敗には、ほとほと後悔したと思われる。
孔子 哀

対して隣国・斉の家老晏嬰アンエイが、さほどの後ろ盾もないのに、民衆の支持で失脚もせず、暗殺も免れたことがやはり『史記』にあるが、個別の民は無力でも、数が多いからその支持があれば、政権内で悪だくみに励むより、よほど地位が安定する。孔子もそれに気付いただろう。

話を論語の本章に戻せば、本章は儒家と法家が対峙した、秦漢帝国の風味を帯びている。秦が法治主義だったことはよく知られているが、漢もまた儒家が優勢になるのは、武帝の時代まで下るし、そのさらに後の宣帝も、「儒家は役立たずだ」と公言している。

従って儒家は、役立たずでない事を主張せねばならなかった。本章はその一環と見なせる話で、法律よりも作法や道徳で世を治めた方がうまく行く、との主張。実効性は定かでないが、本章の内容を、『史記』を編んだ司馬遷はうまい言葉で言い表している。

夫禮禁未然之前,法施已然之後;法之所為用者易見,而禮之所為禁者難知。

夫れ禮は未然之前に禁じ、法は已然之後におよぶ。法之為す所は用い見易く、し而禮之為す所禁ずるも知り難し。

司馬遷
礼は事が起こる前に行動を規制し、法は事が起こった後で行動を規制する。法の効き目は執行したら誰にでも分かるが、礼の効き目は流布してもそれと分からない。(『史記』太史公自序)



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする