論語詳解037為政篇第二(21)子なんぞ政を°

論語為政篇(21)要約:最晩年の孔子先生。政治の第一線からはすでに引退。しかし先生を焚き付ける者が出ます。花も嵐も、政治の荒波はとっくに何度も乗り越えた。そんな先生は古典を引いて、焚き付け者をはぐらかしたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或謂孔子曰、「子奚不爲政。」子曰、「書云『孝乎*惟孝、友於兄弟、施於*有政』。是亦爲政、奚其爲爲政。」

校訂

武内本

釋文孝于一本孝乎に作る、唐石経孝乎一本に同じ、漢石経孝于此本(清家本)と合す。於、後漢郅惲シツウン伝引之に作る、於之同義、これとよむ。

定州竹簡論語

……謂孔子曰:「子何不為正也a?」子曰:「《書》云:『孝乎b維c孝,29……[弟],施於有正。是亦為正d,奚其為為正也e?」30

  1. 子何不為正也、阮本、皇本作「子奚不爲政」。
  2. 乎、漢石経、皇本、『釋文』均作「于」。
  3. 維、阮本、皇本皆作「惟」。維・惟通。
  4. 是亦爲正、皇本作「是亦爲政也」。
  5. 奚其為為正也、鄭本、阮本、皇本作「奚其爲爲政」。

→或謂孔子曰、「子何不為正也?」子曰、「書云『孝乎惟孝、友於兄弟、施於有正』。是亦爲正、奚其爲爲正也?」

復元白文(論語時代での表記)

論語 或 惑 金文論語 謂 金文論語 孔 金文論語 子 金文論語 曰 金文 論語 子 金文論語 奚 金文論語 不 金文論語 為 金文論語 正 金文也 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 書 金文論語 云 古文 論語 孝 金文論語 乎 金文惟 金文論語 孝 金文 友 金文 史墻盤於 金文論語 兄 金文論語 弟 金文 𢼊 甲骨文於 金文論語 有 金文論語 正 金文 論語 是 金文論語 亦 金文論語 為 金文論語 正 金文 論語 奚 金文論語 其 金文論語 為 金文論語 為 金文論語 正 金文也 金文

※施→(甲骨文)。

書き下し

るひと孔子こうしひていはく、なんまつりごとさざると。いはく、しよふ、かうなるかなかう兄弟けいていともにして、有正ともがらほどこすと。れもまたまつりごとすなり、なんまつりごとすをさん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
ある人が孔子に言った。「先生はなぜ政治を執らないのですか」。先生が答えた。「書経にあります、”今そなたを任命する、まことに孝行者よ、まことに兄弟と対等のよしみを結び、それを同僚にも施す者よ”と。これもまた政治です。なぜ改めて政治を執らねばなりませんか?」

意訳

論語 ある人1 孔子
ある人「先生はもう政治をお執りにならないのですか?」

孔子「よろしいかな、オホン。あー、かの『書経』に曰く、”コーなるかなこのコー、ケーテーにユーにして、ユーセーに施す”と。おわかりかな?」

ある人「いやもう全ッ然わかりませんが、有り難いお言葉でした。」

従来訳

論語 下村湖人
ある人が先師にたずねていった。――
「先生はなぜ政治にお携りになりませんか。」
先師はこたえられた。――
「書経に、孝についてかようにいってある。『親に孝行であり、兄弟に親密であり、それがおのずから政治に及んでいる』と。これで見ると、家庭生活を美しくするのもまた政治だ。しいて国政の衝にあたる必要もあるまい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有人問孔子:「先生為何不從政?」孔子說:「孝啊,就是孝順父母、兄弟友愛,以這種品德影響政治,這就是參政,難道衹有做官才算從政?」

中国哲学書電子化計画

ある人が孔子に問うた。「あなたはなぜ政治に携わらないのですか。」孔子が言った。「孝という言葉がある。父母の言うことを良く聞いて仕え、兄弟には友情と愛情で付き合うことだ。こうした道徳は、政治にも影響する。だから孝行することが、つまりは政治に参加することだ。役人になって政治をいじることだけが、政治に携わることだと、まさか君も思うまい?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 ()。」 、「《、『  ()。』 ()、 ()。」

論語 書 金文 論語 書 字解
(金文)

論語の本章では『書経』、別名『尚書』のこと。歴史書の一種で、孔子時代までの為政者の宣言を集めた書。現在では二系統を残し他は失われており、とりわけ戦国時代以前の古文で書かれた系統は、後世の偽作のみ伝わる(『偽古文尚書』)。『字通』によると次の通り。

虞夏殷周の政道に関する書。漢のとき今文二十九、欧陽氏、大・小夏侯の三家が学官として立てられた。他に孔氏壁中の古文十六がある。〔周書〕の部分には古い資料を含み、〔顧命〕は体受霊の古儀を伝えるものであるが、他の諸には譌乱多く、かつ金文の文体と著しく異なる。〔尭典〕〔呂刑〕は神話を経典化したもの、〔文侯之命〕は晋の文公(前六三五―前六二在位)に対する策命で、当時の金文の様式と一致する。

論語の本章に引用された文言は、現存する『書経』(尚書)には載っていない。その代わりよく似た箇所を、儒者は次のように指摘する。もし孔子が記憶を元に言ったなら、原典通りでなくても不思議は無いし、そもそも原典がどうだったかは、今となっては誰にも分からない。

引書以荅或人也然此語亦與尚書微異而義可一也

論語 古注 何晏 論語 古注 皇侃
『尚書』を引用して人に答えている。ただしこの引用は、『尚書』とは異なっているが、それでも意味は同じだ。(『論語集解義疏』)

書周書君陳篇。

論語 朱子 新注
『尚書』の周書・君陳篇の引用である。(『論語集注』)

古注ははっきりとその箇所を指摘しないが、朱子は明記して以下だと言う。

王若曰:「君陳,惟爾令德孝恭。惟孝友于兄弟,克施有政。命汝尹茲東郊,敬哉!」

書経図説 乱臣十人図
王(周の成王)はこのように言った。「君陳よ、そなたは自分の性格を孝行で慎ましく躾け、兄を敬い弟に力を貸した。さらには同僚にもそのように尽くした。だからお前を、新しい東の都城の代官に任ずる。まじめに任務を果たせ。」(『書経』周書・君陳)

『書経』は『詩経』と同じく孔子の編纂とも言われるが、論語に『詩経』のような論評(論語為政篇2)が一切無く、他人事のように取り扱っているので、極めて怪しい。

『学研漢和大字典』によると「書」は形声文字で、「聿(ふで)+(音符)者」で、ひと所に定着させる意を含む。筆で字をかきつけて、紙や木簡に定着させること。類義語の写は、Aの場所にかかれたものをBの場所にうつすこと。つまりかきうつす意、という。

詳細は論語語釈「書」を参照。

論語 施 金文大篆 論語 施 字解
(金文大篆)

論語の本章では”及ぶ”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɕia(平声/去声)/dia(去声)。藤堂上古音は”ほどこす”の場合は平声又は去声に読んでthiar。”のびる・のばす・およぶ”の場合は去声に読んでḍiar。このため現在でも前者の場合は、セ/イ、後者の場合はイと読むのが正確。

論語時代の置換候補は、”ほどこす”の場合近音の「矢」か、同音の「𢻫」。「𢻫」は小学堂では「施」の異体字とされる。だが”およぼす”の場合、カ音の同音で論語の時代に存在したのは、匜”水差し”、蛇だけ。従って論語の時代の置換候補は無い。

『学研漢和大字典』によると「施」は会意兼形声文字で、也は長いへびを描いた象形文字で、長くのびる意を含む。施は「はた+〔音符〕也」で、吹き流しが長くのびること。挓(タ)(長くひっぱりのばす)・迆(イ)(のびる)・移(イ)(横にのびていく)などと同系のことば、という。

詳細は論語語釈「施」を参照。
施 字解

有政→有正

前漢宣帝期の定州論語では、政と正は書き分けられていない。ただし論語の時代にも、政の字があったことは確実。

『大漢和辞典』によると、この「有」は助辞で意味は無く、「有政」で”政治”を意味するという。語調を整えるための、無意味な助辞としての「有」は、『大漢和辞典』に引かれた用例を見ると圧倒的に『書経』と『詩経』が多い。

行政文書に、ポエムのような珍妙な表現を用いたのだろうか。古代中国の君主や役人は、脳みそがお花畑だったのだろうか。当時の政界は、そんなポカポカ陽気だったのだろうか。

一方で『字通』によると、『周初の金文〔大盂鼎(だいうてい)〕に「殷の正百辟」という語がみえ、官長たる諸侯の意。官の同僚を「友正」という』とある(正字条)。友gi̯ŭɡ(上)有gi̯ŭɡ(上)と同音同調で、語源も近い。何のことはない、「有政」とは”同僚”である。

同様の例は、論語学而篇1「有朋」→「友朋」にも見られる。

論語:解説・付記

論語 孔子 熱
仮に論語の本章が史実とする。政界から引退した孔子に、「もう政治には関わらないのですか」と聞かれて、孔子は古典を引用して返答にしたのだが、その古典の要点は次の通り。

  1. 孝乎惟孝(珍しいほどの孝行者である)
  2. 友於兄弟(兄弟をよく助けた)
  3. 施於有正(同僚にも親切だった)

孔子の父は実は誰だか分からず、おそらく母の客だった(→孔子の生涯1)。そして孔子が物心つく頃にはすでに世を去っていた。母も孔子がまだ十代の頃世を去ったが、ねんごろに弔った「だろう」と『史記』が書いている(→『史記』孔子世家1)

だから1.はその通り「だろう」事が現代では言えるだけで、孔子自身がどう思っていたかは分からない。また論語学而篇11で世の親に説教したように、孔子は親不孝は説かなかったが、一方的な奴隷孝行を言い回る人物では決して無かった。だから普通に孝行者だったのだろう。

2.については孔皮という名の母違いの兄がいたという伝説があり(『孔子家語』本姓解1)、兄は足が悪かったという。だから孔子が何かしたという話も無いが、孔子が家族関係についてまともでなかったという伝説も無いから、おそらくは俸給を分けて兄やその家族を養っただろう。

3.については全くそのような伝説は無い。ただし、殺し合いの春秋政界にあって、政争に負けた孔子は捕らえられも殺されもせず、自主的に亡命するだけで済んだ。『春秋左氏伝』を読む限り、それはものすごい温情と言っていい。その遠因となる陰徳を施していたのだろうか。

以上、1.~3.は全て「だろう」でしかない。

さて三ヶ条を孔子が満たしていたとして、それがなぜ「政治を執ること」になるのだろうか。政治とは孔子が論語為政篇1で述べたように、人界の資源を分配する仕事を言うから、兄弟や同僚に利益分配をすることは、すなわち政治だ、と孔子は主張したのだろうか。

だがそれは引退前の孔子には当てはまっても、隠居の身には当てはまらない。つまり孔子は答えるのが面倒だから、古典を引いて相手をけむに巻いたと考えられる。話は仕官前の若い頃だったとしても変わらないが、この場合はウンチクを垂れる若造のニオイがプンプンする。

論語 孔子 TOP
若い頃の孔子は、のし上がろうとしてものすごい熱意をたぎらせていたはずで、そうでなければ身分制度の厳しい春秋時代に、宰相代理までのし上がれるわけがない。だから論語の本章は、もうすっかり政治に嫌気が差して隠居した、晩年の話とする方がふさわしい。

次に引用された『書経』に関してだが、上掲通り現伝の『書経』にはでっち上げの疑いが濃厚にある。だが全部が全部捏造ではないことは、おそらく論語と事情を同じくしているだろう。孔子が引用したとされる部分も、同じ周王朝時代のことだから恐らく史実だろう。

だがそれ以前の殷や夏、さらにその前の虞について語った部分は、ものすごく怪しい。論語に次いで『書経』に言及したのは、孔子と入れ替わるように春秋末戦国時代を生きた墨子で、その言行録『墨子』は儒者に無視されたおかげで、かえって後世の改竄を免れたと言われる。

だがそれは、墨子やその弟子がでっち上げを書かなかったという証拠にはならない。

故雖上世之聖王,豈能使五穀常收而旱水不至哉?然而無凍餓之民者,何也?其力時急而自養儉也。故《夏書》曰:「禹七年水。」《殷書》曰:「湯五年旱。」此其離凶餓甚矣。

論語 墨子
だから太古の聖王だろうと、穀物の不作や洪水などの天災を免れることは出来なかったはずだ。それでも餓えたり凍えたりする民が出なかったのは、聖王が緊急事態に全力で当たり、自分の食い扶持を後回しにしたからに他ならない。だから『書経』にも、夏書部で「禹の時代、七年間の洪水があった」とあり、殷書部で「湯王の時、五年間の日照りがあった」とあるわけだ。だからこうした聖王の施策を、「激甚災害救済事業」と言うのである。(『墨子』七患)

現伝の『書経』には「禹七年水」も「湯五年旱」も無い。もう一つ例を掲げる。

且夫食者,聖人之所寶也。故《周書》曰:「國無三年之食者,國非其國也;家無三年之食者,子非其子也。」此之謂國備。

論語 墨子 現代語訳
そもそも食糧とは、聖人が天下に不可欠の宝として重んじるものだ。だから『書経』周書部に言う。「国に三年分穀物の蓄えが無ければ、それは国ではない。家に三年分穀物の蓄えが無ければ、貴族はその家を保てない」と。国がまず何を備えるべきか、よく分かるだろう。(『墨子』七患)

「國無三年…」も現伝の『書経』に無い。つまり現在『書経』の類とされる本は、学派によって全然違うのが創作されたり、伝承されたりしていたことになる。現伝『書経』は漢代の儒家による編集だから、墨家系統の『書経』を全く無視したとしても不思議は無い。

それも編集された漢代に伝わっていれば、という仮定の話だ。そもそも孔子やその同時代人は、当の周王朝と前王朝である殷は知っていたが、それもせいぜい文字が発明された殷中期までで、それ以前の湯王や、夏王朝のたぐいは知らなかった。創作される前だったからである。

孔子は周王朝を興した文王・武王や、その後の王朝を支えた周公旦を、太古の聖人だとして持ち上げた。これに対抗した墨子が創作したのが、夏王朝やその始祖の禹である。禹が墨家の得意とした土木技術に長けていたとされるのはこのためだ。だがもちろん儒家も反撃した。

孟子 舜
孔子より一世紀後の孟子は、顧客である田氏の斉王がまだ国を乗っ盗って日が浅かったため、その家格に箔を付けるために、田氏の祖先として聖王の舜を創造した。舜は禹を見込んで後継者に据えたとされるが、それゆえに墨家が持ち上げる禹より偉いというわけである。

そして何より当人が、『書経』は怪しいと言い出した。

孟子曰:「盡信《書》,則不如無《書》。吾於《武成》,取二三策而已矣。仁人無敵於天下。以至仁伐至不仁,而何其血之流杵也?」

孟子曰く、「盡く書を信ぜば、則ち書を無みするに如か不。吾武成、二三策を取り而已む矣。仁なる人は天下於敵無し。仁に至れるを以いて仁なら不るに至るを伐ち、し而何ぞ其の血之たてあらわん也」と。

孟子
孟子が申しました。「書経を全て鵜呑みにするなら、全部でっち上げだと断じた方がましだ。たとえば武成篇で言えば、私は二三行を史実だと思うに過ぎない。仁の情けに溢れた人は、天下に無敵だという。それが本当なら、仁者が不仁な者を討伐したあと、血に濡れた大盾を洗ったとあるのは変ではないか。(仁者がなぜそんなむごいことをしたのだろう。)」(『孟子』尽心下篇)

一々もっともではあるが、戦国時代の『書経』は、世間師の詐欺の元ネタにされたり怪しいと言われたり、少なくとも真に受ける本であるとは思われていなかった。孔子の時代はそうでもあるまいが、お経のように唱えて人をだまくらかすような本であったとは言えるだろう。

最後に武内本に言う『後漢書』郅惲シツウン伝の引用部分を記しておく。

(鄭)敬曰「…盡學問道,雖不從政,施之有政,是亦為政也。吾年耄矣,安得從子?」

鄭敬曰く、…學を盡くし道を問わば、政に從わ不と雖も、之れ有政に施ぶ、是れ亦た政を為す也。吾れ年耄い矣るも、安ぞ子に從うを得んや。

後漢書 丁鴻伝
鄭敬が言った。「学問を学び尽くして人の歩むべき道を問うなら、政治に関与しなくても、政治に関わったようなもので、これもまた政治だ。私はもう年寄りだが、どうしてあなたに従いましょうか。」(『後漢書』郅惲伝31)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)