論語語釈「ケ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

兮(ケイ・4画)

論語 兮 金文
兮甲盤・西周晚期

初出は甲骨文。カールグレン上古音は不明(平)。藤堂上古音はɦeg。

『字通』による原義は打ち舌が二つ付いた鳴子だから、合いの手の掛け声と解しうる。南方楚の歌によく見られるが、論語八佾篇8での出典は『詩経』の衛風。衛は子夏の故国でもある。

学研漢和大字典

会意文字で、上部の八印と下部の上ってきた息が一印で止められたさまからなる字。その息が飛散するさまを示す。のどにつかえた息が、へい!と発散して出ることを意味する。

意味

  1. {助辞}主語や文のあとにつけて、感嘆や強調の語気をあらわす助辞。▽訓読では普通は読まない。「福兮禍之所伏=福は禍の伏する所」〔老子・五八〕。「巧笑倩兮=巧笑倩たり兮」〔論語・八佾〕
  2. {助辞}「へい、ほい」という間拍子(マビョウシ)の声をあらわす助辞。おもに「楚辞」や楚(ソ)の調子をまねた歌に用いられた。▽訓読しない。「大風起兮雲飛揚=大風は起こりて兮雲は飛揚す」〔漢高祖・大風歌〕
  3. {助辞}形容詞につく接尾辞。「乎」と同じ。「淵兮似万物之宗=淵として万物の宗に似たり」〔老子・四〕

字通

[象形]鳴子板の形。〔説文〕五上に「語の稽(とど)まる所なり」とあり、兮・稽の畳韻を以て訓する。また字形について「丂(かう)に從ひ、八は气の越亏(ゑつう)するに象る」とあって、气の余声を写したものとするようである。兮の卜文・金文の字形は、板の上に遊舌を結んで、振って鳴らす鳴子板形式のもので、音曲の終始の合図などにも用いたものであろう。〔老子、四〕の「淵兮として萬物の宗に似たり」を〔河上公本〕に「淵乎」に作る。乎は板上に遊舌が三つある形、兮は遊舌が二枚で、兮・乎はまた声義の近い字である。

兄(ケイ・5画)

論語 兄 金文
尹舟作兄癸卣・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はxi̯wăŋ(平)。

学研漢和大字典

象形。兄は頭の大きい子を描いたもので、大きいの意を含む。況(比較してより大きい事がらを加える接続詞)・永(ながい)・王(大きい巨人)と同系。付表では、「兄さん」を「にいさん」と読む。

語義

  1. {名詞}あに。同じ親からうまれた男の子どものうち、年の上の者。《対語》⇒弟。「兄弟」「以其兄之子妻之=其の兄の子を以てこれに妻す」〔論語・公冶長〕
  2. {名詞}友人を敬愛して呼ぶことば。《類義語》君。「大兄」「貴兄」「仁兄」。
  3. {形容詞}兄として。「兄事(兄貴分として仕える)」。

字通

[会意]口+人。〔説文〕八下に「長なり」と長兄の意とし、〔段注〕に「口の言は盡くること無し。故に儿口を以て滋長の意と爲す」と滋益・滋長の意を以て解する。口は𠙵(さい)、祝詞を収める器。そのことを掌る人を兄という。字の構造は、見や望の初形が目に従い、聞の初形が耳に従い、光の初形が火に従い、それぞれの下に人を加えるのと同じ造字法である。長兄は家の神事を掌るもの、すなわち祝となるべきものであった。卜文・金文の字形に、袖に飾りをつけて舞い祈る意を示すもの、また跪く形のものがあって、兄は神事に従うものであったことが知られる

刑(ケイ・6画)

刑 金文 論語 牢屋 刑
刑公孫錞・春秋

初出は春秋時代の金文。カールグレン上古音はɡʰieŋ(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声。开(=井(ケイ))は、四角いわくを示す。刑は「刀+(音符)井」。わくの中へ閉じこめる意を含み、刀で体刑を加えてこらしめる意を示すため、刀印を加えた。形・型(わく)と同系。

意味

  1. {名詞}しおき。刑罰。転じて、とりしまり。▽もと罪人をわくの中にとじこめて、こらしめる意。「斉之以刑=これを斉ふるに刑を以てす」〔論語・為政〕
  2. (ケイス){動詞}刑罰を加える。「然後、従而刑之=然る後、従つてこれを刑す」〔孟子・梁上〕
  3. {名詞}のり。模範となるわく。▽典型(テンケイ)の型と同じ。「君子懐刑、小人懐恵=君子は刑を懐ひ、小人は恵を懐ふ」〔論語・里仁〕
  4. (ケイス){動詞}わくの外に出ないようによくとりしまる。型にはめる。「刑于寡妻=寡妻に刑す」〔詩経・大雅・思斉〕

字通

[形声]正字は㓝に作り、井(けい)声。井は刑の初文。〔説文〕に刑と㓝とを別の字とし、刑字条四下に「剄なり」、また㓝字条五下に「辠(つみ)を罰するなり。刀丼に從ふ。易に曰く、丼なる者は法なり」とするが、丼・㓝は刑罰の刑、幵(井)(けい)は簪笄(しんけい)の象であるから、もと刑罰に関する字ではない。井に両義があり、刑罰の意に用いるときは首枷(くびかせ)の象。〔説文〕のいう「剄なり」「辠を罰するなり」は、首枷を加え、刀を加えて罰する意である。他の一義は型の初文。丼は鋳型の外枠を堅く締める形。鋳込みが終わったのち、刀を加えてそれを外すので刑となり、その土笵を型という。土笵は剛くて外しがたいことがあり、これを剛という。金文に明刑を「明丼」、帥型を「帥丼」としるし、井を刑・型の両義に用いる。丼・㓝が本来の形象であり、刑・型はのちの形声字である。

圭(ケイ・6画)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkiweɡ(平)。

論語 三才図会 圭

学研漢和大字典

会意。圭は「土+土」で、土を盛ることを示す。土地を授けるとき、その土地の土を三角の形に盛り、その上にたって神に領有を告げた。その形をかたどったのが圭という玉器で、土地領有のしるしとなり、転じて、諸侯や貴族の手に持つ礼器となった。その形はまた、日影をはかる土圭(ドケイ)(日時計の柱)の形ともなった。

語義

  1. {名詞}天子が領土を与えたしるしとして、諸侯に与える玉器。▽正式の場では手に持って貴族のしるしとする。《同義語》⇒珪(ケイ)。「玉圭(ギョクケイ)」「執圭=圭を執る」〔論語・郷党〕
  2. {形容詞}かど。きちんとかど目がたっているさま。転じて、すっきりしたさま。《類義語》佳(カ)。「圭角(ケイカク)」。
  3. {単位詞}ますの容量の単位。一圭は、一升の十万分の一。

字通

[象形]圭玉の形。〔説文〕十三下に「瑞玉なり」とし、その形制について「上圜(ゑん)下方。公は桓圭を執り九寸、侯は信圭を執り、伯は躬圭を執り、皆七寸~以て諸侯を封ず」とみえ、諸侯を封ずるときの瑞玉をいう。金文に「■(示+枼)圭(かんけい)」を賜うことが多くみえ、酒器の卣(ゆう)とともに賜与されているから、■(示+枼)圭は鬯酒(ちようしゆ)(くろきびの香り酒)を用いるときの玉器であろう。〔毛公鼎〕に「秬鬯(きよちやう)一卣・■(示+枼)圭瓚寶(さんぱう)を賜ふ」、〔師詢𣪘(しじゆんき)〕に「秬鬯一卣・圭瓚を賜ふ」とあり、鬯酒を用いるときの礼器である。

徑/径(ケイ・8画)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkieŋ(去)。同音に巠”地下水・縦糸”とそれを部品とする漢字群。巠の字は金文に存在し、論語時代の置換候補となりうる。

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、巠(ケイ)は、台の上にまっすぐ縦糸を張った姿で、經(=経。縦糸)の原字。徑は「彳(いく)+(音符)巠」で、両地点をまっすぐつないだ近みちのこと。頸(ケイ)(まっすぐな首)・莖(=茎。まっすぐなくき)などと同系のことば。

語義

  1. {名詞}こみち。みち。回りみちをしないようまっすぐに通じた近みち。「山径」「行不由径=行くに径に由らず」〔論語・雍也〕
  2. {名詞}さしわたし。「直径」「有逆鱗径尺=逆鱗の径尺なるもの有り」〔韓非子・説難〕
  3. {副詞}ただちに。回りみちをせずまっすぐ。近みちを通って。ほかのことをしないですぐに。「不過一斗径酔矣=一斗に過ぎずして径ちに酔へり」〔史記・滑稽〕。「径至宛市中=径ちに宛市の中に至る」〔捜神記〕

字通

[形声]旧字は徑に作り、巠(けい)声。巠は織機にたて糸をかけた形で、經(経)の初文。たて糸をいう。そのように直線的に上下の関係にあるものを巠といい、また道路の近道を徑(径)という。字はまた逕を用いることもある。

荊(ケイ・9画)

荊 金文
史墻盤・西周中期

初出は西周早期の金文。カールグレン上古音はki̯ĕŋ(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声。「艸+(音符)刑(刑罰)」。刑罰のむちをつくる木のこと。「いばら」は「茨」「棘」とも書く。

語義

  1. {名詞}いばら。木の名。刑罰で、むちうつときに用いる杖(ツエ)をつくるのに用いた。▽正しくは、にんじんぼく。
  2. {名詞}木の名。すおう。「紫荊(シケイ)」。
  3. {名詞}自分の妻の謙称。「拙荊(セッケイ)」「荊室(ケイシツ)」。
  4. {名詞}古代、中国の九州の一つ。今の湖南・湖北・広西・貴州省のあたりで、昔は、いばらが多い荒地であったことから。のち、おもに楚(ソ)の国(湖北・湖南)をいう。「荊楚(ケイソ)」。

字通

[形声]声符は刑(けい)。〔説文〕一下に「楚木なり」、林部六上の楚字条に「叢木、一名、荊なり」とあって、楚・荊を互訓する。荊棘をいう。金文に「楚荊」を連称するが、その荊の字形は、人の手足に械(かせ)を加えた形にしるされており、それに井(けい)声を加える。荊棘の荊との同異は確かめがたい。楚の地の古称であった。

奚(ケイ・10画)

論語 奚 金文
𤰇亞作父癸角・商代晚期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はɡʰieg(平)。疑問を示すことば。『大漢和辞典』の第一義は”ふくれた腹”。「なんぞ・なんずれぞ」と読み、疑問や反語の意味で用いる。

学研漢和大字典

会意文字で、「爪(て)+糸(ひも)+大(ひと)」で、なわをつけて使役するどれいのこと。転じて、召使のこと。またその音を借りて、何・胡・害などとともに「なに、なぜ」を意味する疑問詞に当てる。

意味

{名詞}しもべ。どれいや召使。「奚奴(ケイド)」「俄而小奚来報曰=俄にして而小奚来たり報じて曰はく」〔斎藤拙堂・月瀬遊記〕
ま{疑問詞}なに。→語法「①②-(1)③④⑤⑥⑦」。
み{副詞}なんぞ。→語法「②-(2)⑧⑨⑩⑪」

語法

①「なにをか」とよみ、「なにを~するのか」と訳す。人・物・事を問う疑問・反語の意を示す。目的語となる。「衛君待子而為政、子将奚先=衛君子を待ちて政(まつりごと)を為さば、子将に奚(なに)をか先にせんと」〈衛の君主が先生をお迎えして政治をなさることになれば、先生は何から先になさいますか〉〔論語・子路〕
②「奚以」は、(1)「なにをもってか」とよみ、「なぜ」「どうして」と訳す。原因・理由を問う疑問の意を示す。「奚以知其然也=奚(なに)をもってその然るを知るか」〈何によってそうであるとわかるのか〉〔荘子・逍遙遊〕
(2)「なんぞもって~」とよみ、「どうして~しようか(いやしない)」と訳す。反語の意を示す。「夫為天下者、亦奚以異乎牧馬者哉=それ天下を為(おさ)むる者も、また奚(なん)ぞもって馬を牧する者と異ならん」〈天下を治めることも、馬を飼うのと何も違わないではないか〉〔荘子・徐無鬼〕
③「奚為」は、「なんすれぞ」とよみ、「どうして」「何のために」と訳す。行動する目的や理由を問う疑問の意を示す。「許子奚為不自織=許子は奚為(なんす)れぞ自ら織らざる」〈許子はどうして自分で織らないのか〉〔孟子・滕上〕
④「なんの」とよみ、「どのような」と訳す。名詞を修飾して疑問の意を示す。「有痺之人、奚罪焉=有痺の人、奚(なん)の罪かある」〈有痺の国の人は、いかなる罪があったのか〉〔孟子・万上〕
⑤「奚~…」は、「なんの~(ありて)か…せん」とよみ、「どんな~があって…しようか(いやしない)」と訳す。反語の意を示す。「夫奚説書其不義以遺後世哉=それ奚(なん)の説ありてかその不義を書してもって後世に遺(のこ)さん」〈どんな見解があってわざわざ不義の戦争について書物に書きつけ、後世の人々に残したりしようか〉〔墨子・非攻〕
⑥「有奚~」は、「なんの~かあらん」とよみ、「どんな~があろうか(いやない)」と訳す。反語の意を示す。「夫子有奚対焉=夫子奚(なん)の対(こた)ふることか有らん」〈先生がどんなお答えがあろうか〉〔荀子・子道〕
⑦「いずこ」「いずく」「いずれ」とよみ、「どこ」と訳す。場所を問う疑問の意を示す。「曰、奚之=曰く、奚(いづ)くに之(ゆ)くかと」〈どこに行くのかと(孔子が)尋ねた〉〔荘子・人間世〕▽「奚自~」は、「いずれより~」とよみ、「どこから~するのか(いやどこからもしない)」と訳す。起点を示す「自」の目的語となり、疑問・反語の意を示す。「晨門曰、奚自=晨門曰く、奚(いづ)れ自(よ)りすと」〈門番が、どちらからですかと言った〉〔論語・憲問〕
⑧「なんぞ」とよみ、「どうして~か」と訳す。理由や原因を問う疑問の意を示す。「子奚不為政=子奚(なん)ぞ政(まつりごと)を為さざる」〈先生はどうして政治をなさらないのですか〉〔論語・為政〕
⑨「なんぞ~(ならんや)」「いずくんぞ~(ならんや)」とよみ、「どうして~であろうか(いや~ではない)」「どうして~しようか(いや~しない)」と訳す。反語の意を示す。「奚暇治礼義哉=なんぞ礼義を治むるに暇あらん」〈どうして礼儀を修める余裕などありましょうか〉〔孟子・梁上〕
⑩「奚遽」「奚距」は、「なんぞ~(ならんや)」「いずくんぞ~(ならんや)」とよみ、「どうして~であろうか(いや~ではない)」「どうして~しようか(いや~しない)」と訳す。反語の意を示す。「已得管仲之後、奚遽易哉=すでに管仲を得たるの後、奚遽(いづくん)ぞ易(やす)からんや」〈すでに管仲を臣に得たといっても、どうして楽をしていられようか〉〔韓非子・難二〕
⑪「奚啻」「奚翅」は、「なんぞただに~(のみならんや)」とよみ、「どうしてただ~だけであろうか」と訳す。限定の反語の意を示す。「臣以死奮筆、奚啻其聞之也=臣死をもって筆を奮ふ、なんぞ啻(ただ)にそれこれを聞くのみならん」〈わたくしは死ぬ覚悟で筆をふるって書き改めました、どうして聞いているどころ(のさわぎ)ではございません〉〔国語・魯〕
⑫「奚如」「奚若」は、「いかん」とよみ、「どのようであろうか」「いかがであろうか」と訳す。様子や状態を問う疑問の意を示す。「吾子以為奚若=吾子はもって奚若(いかん)と為す」〈あなたはどのようにお考えになりますか〉〔荘子・斉物論〕

字通

[象形]卜文の字形は、頭上に髪を結いあげた女子の形。金文にもその図象化した字がある。結髪の形は羌族のそれに近く、辮髪(べんぱつ)を示すものと思われる。羌族(きようぞく)は卜辞に捕獲の対象としてみえ、また大量に犠牲とされた。殷墓にみえる数千の断首葬も羌族と考えられ、家内奴隷としても多く使役されたのであろう。〔周礼、天官序官、酒人〕に「奚三百人」、また同じく〔漿人〕に「奚百有五十人」など、多数の奚が用いられており、奚の名が残されている。〔説文〕十下に「大腹なり。大に從ひ、𦃟(けい)の省聲なり。𦃟は籀文(ちうぶん)、系の字なり」とするが、奚を大腹の義に用いた例はない。卜辞や〔周礼〕によって、羌系女奴の名が残されていることを知りうるのである。

惠/恵(ケイ・10画)

恵 惠 金文
𦅫鎛・春秋中期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgʰiwəd(去)。

学研漢和大字典

会意。叀(ヤン)は、つり下げたまるい紡錘を描いた象形文字。惠は「閑(まるい糸巻き)+心」で、まるく相手を抱きこむ心をあらわす。懐(いだく、なつく)と同系。また、衛(まるく取り巻いて守る)とも近い。類義語の恩は、相手にありがたいと印象づけること。施は、こちらの物を他人のほうへ押しやって与えること。旧字「惠」は人名漢字として使える。▽「慧」の代用字としても使う。「知恵」▽草書体をひらがな「ゑ」として使うこともある。▽草書体からひらがなの「ゑ」ができた。また、草書体の終画からカタカナの「ヱ」ができた。

語義

  1. (ケイス)・(ケイナリ){動詞・名詞・形容詞}めぐむ。めぐみ。温かくいつくしむ。相手を温かく抱きこむ思いやり。思いやりがあるさま。《対語》⇒虐。《類義語》恩。「恩恵」「小人懐恵=小人は恵を懐ふ」〔論語・里仁〕
  2. (ケイス){動詞・名詞}めぐむ。めぐみ。思いやりの気持ちで物を与える。また、その与えられた物。▽「孟子」滕文公篇上に「分人以財謂之恵=人に分かつに財を以てするをの恵と謂ふ」とある。「見恵=恵まる」「恵函(ケイカン)(いただいた手紙)」。
  3. {形容詞}穏やかなさま。温かい。「恵和」「恵風」。
  4. {名詞・形容詞}さとい。賢さ。深くはっきり理解できる心の働き。▽慧(ケイ)・(エ)に当てた用法。「知恵(=智慧)」。

字通

[形声]旧字は惠に作り、叀(けい)声。〔説文〕四下に「仁なり」と訓し、字を会意とする。金文に叀を恵の意に用い、のち心を加えて惠となった。叀は上部を括った槖(ふくろ)の形で、これを恵の意に用いるのは仮借。恵は金文に「明徳を惠(つつし)む」「明祀を惠(つつし)む」のように用い、それより仁恵の意に転じた。

卿(ケイ・10画)

論語 卿 金文
邾公□鐘・春秋末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkʰi̯ăŋ(平)。「キョウ」は呉音。卿(U+2F832)・「卿」(U+2F833)は異体字。春秋時代の身分秩序~卿大夫士も参照。

学研漢和大字典

会意。まんなかにごちそうを置き、両がわから人が向かい合って、供宴することをあらわし、饗(キョウ)(向かい合って食事する)や嚮(キョウ)(向かい合う)の原字。もと、同族の間で、神前の供宴にあずかる人、つまり同族ちゅうの長老の名称に専用されたが、やがて貴族の称となった。のち「きみ」にあたる敬意を含んだ親しい呼び方となる。

語義

  1. {名詞}政治の要職にある大臣。長官。▽「くぎょう」は、「公卿(コウケイ)」を呉音で読んだもの。「六卿(リクケイ)(六官の長官)」。
  2. {名詞・代名詞}春秋時代には、卿‐大夫(タイフ)‐士‐民の身分の区別があり、卿は貴族のこと。秦(シン)・漢以後は、天子が重臣を尊んで呼ぶことばとなり、やがて官吏仲間の敬称となる。六朝時代には同僚どうしの親称となり、また、夫が妻を、妻が夫を呼ぶことばとなる。「燕人謂之荊卿=燕人これを荊卿と謂ふ」〔史記・荊軻〕
  3. 《日本語での特別な意味》
    ①かみ。四等官で、省の第一位。
    ②イギリスでの称号LordやSirの訳語。「ラッセル卿」。

字通

[会意]𣪘(き)の省形+卯。𣪘は祭祀や饗宴に用いる盛食の器。卯は二人対坐する形。𣪘をはさんで二人対坐し、饗食する形であるから饗宴の意となり、またその礼にあずかる身分のものを卿という。金文は卿の一字を饗宴・北嚮の嚮・公卿の三義に用いる。饗・嚮は卿より分化した字。故郷の郷ももと卿と同形の字。おそらく郷党の代表が政治に参加し、饗宴にも与ったのであろう。のち卿・郷の二字に分化するのは、慣用によるものであろう。

大漢和辞典

リンク先を参照

啟/啓(ケイ・11画)

論語 啓 金文
攸簋・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkʰiər(上)。

学研漢和大字典

会意。「戸+攵(て)+口」。閉じた戸を手でひらくこと。また、戸をひらくように、閉じた口をひらいて陳述する意をあらわす。類義語の開は、がらりとあける。放は、両方にあけはなつ意。撥は、ぱっとひらく。離は、くっついたものをはなす。披は、垂れたものを片よせてひらく。闢(ヘキ)は、とびらを横に押しひらく。排は、左右に押しひらく。拓は、きりひらく。

語義

  1. {動詞}ひらく。開放する。「啓行」「啓門=門を啓く」「啓予足、啓予手=予が足を啓け、予が手を啓け」〔論語・泰伯〕
  2. (ケイス){動詞}ひらく。人の目をひらいて物事を理解させる。《対語》⇒閉。「啓発」「不憤不啓=憤せずんば啓せず」〔論語・述而〕
  3. {動詞}やみが明るくなって夜が明ける。「啓明(夜明け。明けの明星)」。
  4. {名詞}陽の気がひらいてくる季節。立春・立夏のころ。「啓閉」。
  5. (ケイス){動詞}もうす(まをす)。口をひらいて意向を述べる。「拝啓」「啓上」「啓白」「堂上啓阿母=堂上にて阿母に啓す」〔古楽府・焦仲卿妻〕
  6. {名詞}公文書。上申書。また、手紙。

字通

[会意]启(けい)+攴(ぼく)。启は神戸棚の中に祝詞の器(𠙵(さい))を収めている形。金文の字形は又(ゆう)に従い、手でその扉を啓(ひら)く形で、神意の啓示するところを見る意である。〔説文〕三下に攴に従う字とし、「教ふるなり」とし、〔論語、述而〕「噴せずんば啓せず」の句を引くが、本来は神の啓示をいう語であり、〔書、金滕〕に「籥(やく)を啓きて書を見る」というのが原義である。ゆえに神に申すことをも啓という。のちすべて啓開の意となり、啓発・啓蒙のように用いる。金文の字形は又・攴に更えて戈に従う形があり、聖器を以てこれを守る意。肇(ちよう)を金文に肈に作る。

敬(ケイ・12画)

論語 敬 金文
秦公簋・春秋中期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はki̯ĕŋ(去)。”敬う”こと。他の語義は”つつしむ・いましめる”。

学研漢和大字典

会意文字で、苟(キョク)は、苟(コウ)ではなく、「羊の角+人+口」からなる会意文字。角に触れて、人がはっと驚いてからだを引き締めることを示す。敬は「苟(引き締める)+攴(動詞の記号)」で、はっとかしこまってからだを引き締めること。

警(緊張させる)・驚(はっとしてからだを引き締める)と同系のことば。

意味

  1. (ケイス){動詞}うやまう(うやまふ)。つつしむ。からだを引き締めてかしこまる。身心を引き締めてていねいにする。《対語》⇒慢。《類義語》恭(キョウ)(うやうやしい)・慎(つつしむ)。「尊敬」「敬愛」「敬事而信=事を敬んで信あり」〔論語・学而〕
  2. {名詞}尊敬の気持ち。また、つつしみ。「致敬=敬を致す」「君臣主敬=君臣は敬を主とす」〔孟子・公下〕
  3. {動詞}つつしんで。かしこまって。うやうやしくする。▽相手に敬意を表する場合に用いるていねい語。「敬諾=敬んで諾す」「敬上(さしあげる)」「敬奉教=敬んで教へを奉ぜん」〔史記・荊軻〕
  4. 「敬具」とは、手紙の末尾にそえるあいさつのことば。

字通

[会意]苟(けい)+攴(ぼく)。卜文の苟の字形は、羊頭の人の前に祝禱の器(𠙵(さい))をおく形。羌人を犠牲として祈る意であろう。敬はそれに攴を加えて、これを責め儆(いまし)める意を示す。敬は儆の初文。警もその意に従う。〔説文〕九上に「肅(つつし)むなり」、また肅(粛)字条三下に「事を持すること振敬なるなり」とするが、敬はもと神事祝禱に関する字である。それで神につかえるときの心意を敬といい、金文に「夙夜を敬(つつし)む」とは先祖を祀る意、また〔詩、大雅、雲漢〕「明神を敬恭す」、〔詩、大雅、板〕「天の怒りを敬む」のように、神明に対して用いる。

輕/軽(ケイ・12画)

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯ĕŋ(平/去)。同音に傾など。語義を共有する文字は無い。

学研漢和大字典

会意兼形声。持(ケイ)は、工作台の上に縦糸を張ったさまで、まっすぐの意を含む。輕は「車+(音符)持」で、まっすぐにすいすいと走る戦車。転じて、身がるなこと。▽剽軽(ヒョウキン)(うわついてかるい)のキンは唐宋(トウソウ)音。

語義

  1. {形容詞・名詞}かるい(かるし)。すいすいと身がるに動くさま。また、かろやかさ。《対語》⇒重。「軽重(ケイチョウ)(おもさ)」「軽車鋭騎(身がるに動く戦車と強い騎兵)」「軽煖不足於体与=軽煖体に足らざる」〔孟子・梁上〕
  2. {形容詞・動詞}かるい(かるし)。かるくする(かるくす)。重さや程度が少ない。また、手間や負担が少ない。かるくする。へらす。「軽罪」「軽便」「軽減」「国権軽於鴻毛=国権は鴻毛より軽し」〔戦国策・楚〕
  3. {形容詞}かるい(かるし)。かるがるしい(かるがるし)。行いや、そぶりが、かるがるしい。「軽薄」。
  4. {動詞}かろんずる(かろんず)。かるく考える。かるく扱う。ねうちがないと考える。《対語》⇒重(おもんずる)。「軽視」「軽死=死を軽んず」。
  5. 「軽気」とは、水素。

字通

[形声]旧字は輕に作り、巠(けい)声。〔説文〕十四上に「輕車なり」とあり、〔後漢書、輿服志上〕に「古の戰車なり」とあって、軽鋭の車をいう。軍需品の輸送に用いるものは輜重(しちよう)。のち軽重・軽快・軽浅の意となった。

景(ケイ・12画)

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はlki̯ăŋ(上)。同音は京(平)のみ。”大きい・さかん・めでたい”の語義の時のみ、「京」が論語時代の置換候補となる。

学研漢和大字典

形声。京とは、高い丘にたてた家を描いた象形文字。高く大きい意を含む。景は「日+(音符)京」で、大きい意に用いた場合は、京と同系。日かげの意に用いるのは、境(けじめ)と同系で、明暗の境界を生じること。影・映(明暗のけじめが浮き出る)と同系。類義語の蔭(イン)は、おおわれて暗い木かげ。付表では、「景色」を「けしき」と読む。

語義

ケイ(上)
  1. {名詞}ひかげ。ひかり。日光によって生じた明暗のけじめ。明暗によってくっきりと浮きあがる形。また、転じて、日光。《類義語》境(ケイ)・(キョウ)(さかいめ)。「春和景明=春和し景明らかなり」〔范仲淹・岳陽楼記〕
  2. {名詞}けしき。ようす。境遇や環境。「光景」「景物」「四時之景(シジノケイ)(四季のけしき)」。
  3. {形容詞}大きい。また、めでたい。《類義語》京。「景福(大きい幸い)」「景雲」。
  4. {動詞}高く大きいと認める。偉大だと思って慕い仰ぐ。「景仰」。
エイ(上)
  1. {名詞}かげ。光によって生じたかげ。《同義語》影。「響景(ひびきや、かげ)」「飛鳥之景、未嘗動也=飛鳥の景は、いまだ嘗て動かざるなり」〔公孫竜子〕
  2. 《日本語での特別な意味》風情を添える意から転じて、商品に添えて客に贈る品。「景品」。

字通

[形声]声符は京(けい)。〔説文〕七上に「光なり」とし、京声とする。〔周礼、地官、大司徒〕に「日景を正して、以て地の中を求む」と日景測量のことをいい、地上千里にして日景に一寸の差があるという。京がもし京門を意味するとすれば、それを日景観測に用いることも考えられる。卜辞に磬京(けいけい)・義京の名があり、京はアーチ状の軍門、その配置のしかたによって観測の方法も可能であろうが、詳しいことは知られない。卜辞に「五百四旬七日」という日数の表示があり、それは一年半の日数五四七・八七五日に相当する。当時日景による日数測定の法があったのであろう。〔周礼〕にみえる日圭の法は、方位や距離の測定に用いたものであろう。

※日景:日陰。日圭:日時計。

繼/継(ケイ・13画)

継 金文
拍敦・春秋

初出は甲骨文。カールグレン上古音は不明(去)。藤堂上古音はker。

学研漢和大字典

会意。斷(=断)の字の左側の部分は、糸をばらばらに切ることを示す。繼は「糸+斷の字の左側の部分」で、切れた糸をつなぐこと。壓(ケイ)(つなぐ)・系(つながる)・綮(ケイ)(つながったひも)などと同系。類義語の続は、断絶しないように糸でつないで、後から後からつづくこと。接は、一点でくっついてつながること。異字同訓につぐ⇒次。

意味

  1. {動詞・形容詞}つぐ。切れた糸をつなぐ。糸でつなぐように、前人の位・仕事・物などを受けて行う。あとをつぐ。あとをついだ。《対語》⇒絶。《類義語》続。「継続」「後継」「継室」「継絶世=絶世を継ぐ」〔論語・尭曰〕
  2. {動詞}つぐ。あとに続ける。つぎ足す。「以夜継日=夜以て日に継ぐ」「君子周急、不継富=君子は急なるを周けて、富みたるを継がず」〔論語・雍也〕
  3. {接続詞}ついで。そのあとに続いて。▽「継而…」という形で用いることが多い。「継而有師命=継いで師命有り」〔孟子・公下〕

字通

[形声]旧字は繼に作り、㡭(けい)声。〔説文〕十三上に𢇍(ぜつ)を絕(絶)の古文とし、繼に「續ぐなり。糸・𢇍に從ふ」と会意とする。また「一に曰く、反𢇍を繼と爲す」という。漢碑に𢇍を絶の字に用いている例があり、㡭はその反文、繼はその形声字である。㡭に斤(きん)(斧の形)を加えると斷(断)となり、断絶の意である。

醯(ケイ・19画)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音はher(平)。

学研漢和大字典

会意。右上は、かゆをあらわす字の略体。醯は、それと酒の略体と皿(さら)を合わせたもの。

語義

  1. {名詞}すっぱい酒。酢。▽かゆに酒をまぜ、発酵させてつくる。「或乞醯焉=或ひと醯を乞ふ」〔論語・公冶長〕
  2. {名詞}ひしお(ひしほ)。肉のしおから。ししびしお。《類義語》醢(カイ)・硅(トン)。

字通

(条目無し)

中日大字典


(1) 〈文〉酢.
(2) 〈文〉酸っぱい.
(3) 〔酰xiān醯〕【化】(アシル基)の旧称.

藝/芸(ゲイ・7画)

論語 芸 金文
『字通』所収金文

初出は甲骨文。カールグレン上古音はŋi̯ad(去)。

学研漢和大字典

会意。原字は「木+土+人が両手を差しのべたさま」。人が植物を土にうえ育てることを示す。不要な部分や枝葉を刈り捨ててよい形に育てること。刈と同系のことば。のち、艸をつけて、さらに藝の字となった。類義語に技。異体字「藝」は人名漢字として使える。

語義

  1. {動詞}うえる(うう)。手を加えて栽培する。《同義語》⇒蓺。「園芸」「樹芸五穀=五穀を樹芸す」〔孟子・滕上〕
  2. {名詞}わざ。自然の素材に手を加えて、形よく仕あげること。人工を加える仕事。転じて、技術や学問。「六芸」「芸術」。
  3. {動詞・名詞}きりとる。きれめ。区切り。また、はて。▽刈(ガイ)に当てた用法。
  4. 《日本語での特別な意味》「安芸(アキ)」の略。「芸州」。

字通

[会意]旧字は藝に作り、埶(げい)声。芸は藝の常用字体であるが、別に耕耘除草をいう芸(うん)という字がある。正字は埶(げい)に作り、〔説文〕三下に「種(う)うるなり」と訓し、坴(りく)と𩰊(けき)とに従うとする。土塊をもち、種芸する形と解するものであろう。卜文の字形は苗木を奉ずる形であり、金文にはこれを土に植える形に作る。土は社(社)の初文ともみられ、特定の目的で植樹を行う意であろう。すなわち神事的、政治的な意味をもつ行為である。〔毛公鼎〕には「小大の楚賦(そふ)(賦貢)を外字 おさめる(をさ)む」という。〔経典釋文〕に、唐人は種蓺の字に蓺、六芸(りくげい)の字には藝を用いるというが、二字とも〔説文〕にみえず、〔説文〕の埶も金文に外字 おさめるに作る字であろう。金文では外字 おさめるを遠邇(えんじ)の邇の字として用いる。

輗(ゲイ・15画)

輗 古文
(古文)

初出は楚系戦国文字。カールグレン上古音はŋieɡ(平)。同音無し。部品の兒”みどりご”はȵi̯ĕɡで、同音は唲”へつらうさま”。

学研漢和大字典

会意兼形声。「車+(音符)兒(ゲイ)(小さい)」。

語義

  1. {名詞}くさび。大車の轅(ナガエ)の先端に衡(コウ)(横木)をとりつけるための小さなくさび。「大車無瑕=大車に瑕無し」〔論語・為政〕

字通

[形声]声符は兒(げい)。兒は虹の形。工形にかけわたすものをいう。〔説文〕十四上に「大車の轅耑に衡を持する者なり」とあり、小車には軏(げつ)という。字はまた棿に作る。

麑(ゲイ・19画)

麑 甲骨文
(甲骨文)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はŋieɡ(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声。「鹿+(音符)兒(ゲイ)(子ども、小形の)」。霓(ゲイ)(小形のにじ)・鯢(ゲイ)(小形のめすくじら)などと同系。

語義

  1. {名詞}かのこ。鹿(シカ)の子。「麑裘(ゲイキユウ)」。
    ま「狻麑(サンゲイ)」とは、すばしこい小形の獅子(シシ)。《同義語》⇒狻猊。

字通

[形声]声符は兒(げい)。〔説文〕十上に「狻麑(しゆんげい)、獸なり」とあり、狻麑とは獅子をいう。〔爾雅、釈獣〕に、虎豹を食う猛獣とする。麑裘(げいきゅう)は鹿の子の裘の意で、その字はまた麛に作り、声義ともに異なる。

綌(ケキ・13画)

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯ăk(入)。同音に隙、郤”邑の名・ひま”。「ゲキ」は慣用音。

学研漢和大字典

会意兼形声。谷は、もと「たに」とは別字で、口の上のくぼみをあらわした字。囮は「糸+(音符)谷(ケキ)(くぼみ、すきま)」で、すきまの多いあらい布。虚(うつろ、すきま)・却(くぼむ、後へひく)・隙(ゲキ)(すきま)と同系。

語義

  1. {名詞}葛(クズ)の繊維で織った目のあらい布。▽すきまがあって涼しいので夏に着る。▽目のこまかいものを絺(チ)という。

字通

[形声]声符は𠔌(きやく)。𠔌に郤(げき)の声がある。篆文・或体の字は𠔌に従うが、通用の字形は谷の形に従う。〔説文〕十三上に「粗葛なり」とあり、粗い葛の布をいう。〔詩、周南、葛覃〕「葛の覃(の)びて 中谷に施(いた)る 維(こ)れ葉莫莫たり 于(ここ)に刈り于に濩(に)て 絺(ち)と爲し綌と爲し 之れを服して斁(いと)ふ無し」とは、祭事に用いる服を自ら作ることをいう。祭事には絺綌を用いる。綌は〔説文〕十三上に「細葛なり」とみえる。喪事には主人より麻などを賜う例であった。

絜(ケツ・12画)

初出は戦国文字。カールグレン上古音はkiat(入)またはɡʰiat(入)。藤堂上古音はɦātのみ。下記『学研漢和大字典』と『字通』で著しく語釈が異なる。

学研漢和大字典

会意兼形声。丯(カイ)は、┃型の棒に彡型の刻みを入れたさまを描いた象形文字。㓞(ケイ)は、それに刀印を加えた会意兼形声文字。絜は「糸+(音符)㓞」で、ひもに目じるしのむすびめをつけること。

語義

ケツxié
  1. {動詞}きざむ。切れめ・きざみめを入れる。《類義語》契。
  2. {動詞}つなぐ。むすぶ。ひもをむすんでゆわえつける。ひもでゆわえてぶらさげる。《類義語》結・係。「累世嚠駕=累世駕を嚠ぐ」〔韓非子・五蠹〕
  3. {動詞}はかる。ひもにむすびめの目じるしをつけて長さをはかる。「嚠矩(ケック)(ひもやものさしではかる→おしはかる)」「嚠之百囲=これを嚠すれば百囲なり」〔荘子・人間世〕
ケツjié
  1. {形容詞}きよい(きよし)。よごれが除かれていてきれいである。▽潔に当てた用法。「粢盛不嚠=粢盛嚠からず」〔孟子・滕下〕

字通

[形声]声符は㓞(かつ)。㓞に挈(けつ)・契(けい)の声がある。〔説文〕十三上に「麻一耑(たん)(束)なり」とあり、その麻はおそらく修禊(しゆうけい)(お祓い)に用いるものであろう。わが国の白香(しらか)の類にあたる。〔左伝、桓六年〕に「絜粢豐盛なり」とあり、神饌として供える意。絜は潔、禊に用いるものの意であろう。〔大学〕の「絜矩(けつく)の道」は「挈(はか)り思いやる」意で、挈字の義である。

訓義

1.一たばのあさ、あさたば。
2.くくる。
3.潔と通じ、きよめる、しろい、きよい、いさぎよい、あきらか。
4.挈と通じ、はかる、さげる、ひとり。
5.㝣と通じ、しずか。

竭(ケツ・14画)

論語 竭 金文 論語 竭 篆書
(金文・篆書)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɡʰi̯at(入・韻目「薛」)。入声・韻目「月」の音は不明。論語時代の置換候補は、曷の部品の「匃」(カツ、カ音ɡʰɑt)。

カールグレン上古音はɡʰi̯at。同音に渇など曷を旁にする文字、桀など。部品の「カツ」(そこなう、とめる、およぶ)の甲骨文・金文は見られないが、これはまだ未発掘の可能性が高い。同音同訓の「𢼤」(敌)は『説文解字』にすら記載が無い。

藤堂上古音はgɪat。同訓近音に「渴」(渇)k’atがあり、論語の当時はこちらで記された可能性があるが、初出は戦国末期の金文

匃 金文
「匃」(金文)

曷の部品の「匃」(カツ、カ音ɡʰɑt)は、下記『大漢和辞典』では亡”無い”+人の組み合わせとし、欠乏に伴い人が”求める”、またそれに”あたえる”の意とする。それの上に「日」が加わって曷となった理由を、『字通』は「骸骨に祈禱文を入れた祭器を添えた姿」と呪術的に言う。
匃 大漢和辞典

しかし「日に当てられて人が何かに欠乏する」と解した方が素直だろう。だからこそ「曷」は”そこなう”の語義を保っているのであり、「匃」がかつては「曷」「竭」「渇」の持つ”そこなう・つきる・かわく”の意を表したとして不思議は無い(→漢字の音通)。ゆえに論語時代の置換候補は、「匃」。

『大漢和辞典』の第一義は”背負い上げる”。

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、「立+〔音符〕曷(カツ)(かすれる)」。喝(カツ)(声がかすれる)・渴(=渇。水がつきてかすれる)と同系のことば。

意味

  1. {動詞}つくす。つきる(つく)。力や水を出しつくす。力や水がつきはてる。からからになる。「竭力(ケツリョク)」「竭誠=誠を竭す」「事父母能竭其力=父母に事へて能く其の力を竭す」〔論語・学而〕
  2. {動詞}高くかかげる。にないあげる。

字通

[形声]声符は曷(かつ)。〔説文〕十下に「負擧なり」とするがその意が明らかでなく、背負う意、竭尽の意とする説がある。立は位で儀礼の場所、曷は遏(あつ)・朅(けつ)・歇(けつ)の意を含む字であるから、一定の場所で十分に禁遏の呪儀を行う意であろう。ゆえに竭尽の意となる。〔礼記、礼運〕に「五行の動くや、迭(たが)ひして相ひ竭(つく)すなり」とは、その場所を侵して滅ぼすことをいう。多く竭尽の意に用いる。

潔(ケツ・15画)

初出は戦国文字で、カールグレン上古音はkiat(入)。同音は絜のみだが、”麻の束”のほかに”きよい・いさぎよい”の語義がある。しかしこちらも初出は戦国文字。日本語で音通する漢字には洯・などがあるが、いずれも春秋時代に存在しない。

ただし部品の㓞(カツ・ケイ)に”巧みに切り刻む・結ぶ”の語釈を『大漢和辞典』が載せ、”過去を切り捨てる”と解しうる。

学研漢和大字典

会意兼形声。「水+(音符)絜(ケツ)(ぐっと引き締める)」。類義語に清。

語義

  1. {形容詞・名詞}いさぎよい(いさぎよし)。きよい(きよし)。さっぱりとしたさま。けじめただしいこと。「潔浄」「清潔」。
  2. {形容詞}きよい(きよし)。さっぱりしていて、欲がないさま。「清廉潔白」。
  3. {動詞}いさぎよくする(いさぎよくす)。きよめる(きよむ)。さっぱりときよらかにする。きっぱりと、けじめをつける。引き締める。《同義語》⇒絜。「欲潔其身而乱大倫=其の身を潔くせんと欲して乱る大倫を」〔論語・微子〕

字通

[形声]声符は絜(けつ)。絜は麻たばを結んで神事に用いるもので、絜清の意があり、潔の初文とみてよい。水によって修禊することを潔という。〔説文新附〕十一上に「瀞(きよ)らかなり」、〔広雅、釈器〕に「白なり」とあって、潔白の意。神事にはすべて清潔であることが要求された。

闕(ケツ・18画)

論語 闕 金文大篆
(金文大篆)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯wăt(入)。語義は欠ける(こと)”。ただし「欠」の正字体は「缺」で、「闕」は『大漢和辞典』によると第一義は”宮門の両側に立つ台”。音が「欠」と通じるので転用されたという。上掲の文字は戦国時代以降の大篆。

論語 欠 甲骨文 論語 欠 金文
「欠」(甲骨文・金文)

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、中の部分の字(音ケツ)は「人間が逆さになった姿+欠(人間が腹をくぼませてかがみこんだ姿)」の会意文字で、ものをコ型にえぐりとる、コ型にへこむという基本義をもつ。

闕はそれを音符とし、門を加えた字で、城壁や土壁の一部が∪型にくぼんだ門のこと。缺(ケツ)(=欠。かく)・決壊の決(かけて穴があく)と同系のことば。

意味〔一〕ケツ/コチ

  1. {名詞}宮殿の門。門の両わきに台を築いてその上部に楼観を設け、その中央部をくりぬいて道にした。「城闕(ジョウケツ)」。
  2. {名詞}宮城。天子のいる所。「禁闕(キンケツ)」。
  3. {動詞}かける(かく)。かく。完全に備わっているべきものが足りない。また、除く。▽qu.と読む。《同義語》⇒欠(ケツ)。「闕文(ケツブン)」。
  4. {名詞}あやまち。おちど。過失。「闕失(ケツシツ)」。

意味〔二〕ケツ/ゴチ

  1. {動詞}かいてとる。うがつ。《同義語》⇒抉・確。

字通

[形声]声符は欮(けつ)。〔説文〕十二上に「門觀なり」とあり、宮門脇にアーチ状の上に望楼を設け、古くは象魏といった。法令の発布のときには、ここに掲示した。缺(欠)と通用する。

譎(ケツ・19画)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkiwət(入)。

学研漢和大字典

「言+ケツ(ややこしくいりくんだ)」の会意兼形声文字で、意味はいつわる。妙な具合に変化する、正体を隠す。あやしい。真意をごまかして遠まわしにいう。

意味

  1. {動詞・形容詞}いつわる(いつはる)。わなにかけてだます。あざむく。ずるがしこい。「譎而不正=譎りて正しからず」〔論語・憲問〕
  2. {動詞}妙なぐあいに変化する。正体をかくす。
  3. {形容詞}あやしい(あやし)。奇異であやしい。「奇譎(キケツ)」。
  4. {動詞}真意をぼかして遠まわしにいう。「譎言(ケツゲン)」。

字通

声符は矞(いつ・きつ)。〔説文〕三上に「權詐なり。益、梁には、天下を謬欺するを曰ひて譎と曰ふ」とみえる。〔方言、三〕に「涼州西南之間には膠と曰ひ、關より東西には或いは譎と曰ひ、或いは膠と曰ふ。詐は通語なり」とする。矞は矛を台座の上に樹てる形。これを立てて巡察を試みることをいつ・遹正という。仰々しく飾って威を示すので、権詐・謬欺の意を生じたのであろう。
遹 大漢和辞典

訓義

いつわる、あざむく。かわる、ことなる。そむく、たがう。遠まわしにさとす。決と通じ、わかつ、きめる。

月(ゲツ・4画)

論語 月 金文
宰椃角・商代晚期或西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はŋi̯wăt(入)。

学研漢和大字典

象形。三日月を描いたもので、まるくえぐったように、中が欠けていく月。涯(ゲツ)(まるく中をえぐる)・外(まるくえぐって残ったそとがわ)と同系。付表では、「五月雨」を「さみだれ」「五月晴れ」を「さつきばれ」と読む。

語義

  1. {名詞}つき。まるくえぐったように欠けるつき。太陰(タイイン)。▽中国ではつきの中に、稿娥(コウガ)という美人がいる、がまがいて雨を降らす、うさぎが薬草をついているなどの古い伝説がある。《対語》⇒日。「日月」「満月」「如日月之食=日月の食のごとし」〔孟子・公下〕
  2. {名詞・単位詞}つき。一か月。つきは二十九日あまりで満ち欠けするので、陰暦では二十九日か三十日を一か月とし、十二か月約三百五十四日で一年とし、十九年間に七回の閏月(ジュンゲツ)(うるうづき)を置いた。太陽暦では、三百六十五日を十二か月に分け、三十日(小のつき)または三十一日(大のつき)で一か月とする。「歳月(としつき、時間)」「其心三月不違仁=其の心三月仁に違はず」〔論語・雍也〕
  3. {副詞}つきごとに。毎つき。「月攘一鶏=月ごとに一鶏を攘む」〔孟子・滕下〕
  4. {名詞}毎月ある、女性の月経。つきのもの。
    《日本語での特別な意味》げつ。七曜の一つ。月曜日の略。

字通

[象形]月の形に象る。〔説文〕七上に「闕(か)くるなり。太陰の精なり。象形」という。〔釈名、釈天〕に「日は實なり」「月は闕なり」とあり、当時行われた音義説である。卜文の字形は時期によって異なり、月と夕とが互易することがあるが、要するに三日月の形である。

軏(ゲツ・10画)

軏 古文
(古文)

初出は後漢の『説文解字』にも見えない。カールグレン上古音はŋi̯wătまたはŋwət(共に入)。前者の同音は月、刖”足切り”、跀”足切り”、抈”折る”。後者は兀”高い”、扤”動く”、杌”枝の無い木”、𠨜”危うい”。

学研漢和大字典

会意兼形声。「車+(音符)兀(ゴツ)(とび出た所、つき出たくさび)」。

語義

  1. {名詞}小車の轅(ナガエ)の先端部に衡(コウ)(横木)をとりつけるためのくさび。「小車無獸=小車に獸無し」〔論語・為政〕

字通

項目なし。

犬(ケン・4画)

論語 犬 金文論語 犬 解字
員方鼎・西周早期或中期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkʰイwən(上)。

学研漢和大字典

象形文字で、いぬを描いたもの。▽ケンという音は、クエンクエンという鳴き声をまねた擬声語。類義語の狗(ク)はもと子犬を意味し、会意兼形声文字で、「犬+(音符)句(小さくかがむ)」。

意味

  1. {名詞}いぬ。獣の名。家畜。猟犬・番犬・愛玩用、さらに食用として古くから飼われた。
  2. {名詞}いぬ。牛・馬・ぶたなどとともに、つまらぬもののたとえ。▽自分を卑下し、他人に使役されるものという意を含めていう。「犬馬之労」。
  3. 《日本語での特別な意味》
    ①いぬ。敵のまわし者。スパイ。
    ②いぬ。益のないこと。むだなこと。また、つまらない、いやしいの意味をあらわすことば。「犬死に」「犬侍」。

字通

[象形]犬の形。〔説文〕十上に「狗の縣蹏(けんてい)有る者なり。象形」とし、「孔子曰く、犬の字を視るに、畫狗の如きなり」という孔子説を引く。〔説文〕に引く「孔子説」には、俗説が多い。県蹏とは肉中に隠れる爪。卜文の犬の字形は、犠牲として殺された形にみえるものがあり、犬牲を示すものとみられる。金文の〔員鼎(えんてい)〕に「犬を執らしむ」とは猟犬を扱う意。中山王墓には、金銀製の首輪をはめた二犬が埋められていた。

玄(ケン・5画)

論語 玄 金文
郘弋黑鐘・春秋末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgʰiwen(平)。「ゲン」は呉音。

学研漢和大字典

会意。「幺+━印」。幺(ほそい糸)の先端がわずかに━線の上にのぞいて、よく見えないさまを示す。幻(あいまい、よくみえない)と同系。付表では、「玄人」を「くろうと」と読む。

語義

  1. {形容詞}くらい(くらし)。ほのぐらくてよく見えないさま。また、奥深くてくらいさま。《類義語》暗。「幽玄」「玄之又玄、衆妙之門」〔老子・一〕
  2. {名詞・形容詞}くろ。くろい(くろし)。光や、つやのないくろい色。また、くろい色をしているさま。「玄色」「玄鳥(つばめ)」。
  3. {名詞}天の色。また、天のこと。▽空の色は奥深くくらいことから。地の色は黄とする。「天地玄黄」。
  4. {名詞}うすぐらい北方。
  5. {名詞}奥深くてよくわからない微妙な道理。「玄学(道教の学問)」「玄教(道教)」。
  6. {形容詞}かぼそいさま。「玄孫(かぼそいすえの孫→曾孫の子)」。

字通

[象形]糸たばを拗(ね)じた形。黒く染めた糸をいう。〔説文〕四下に「幽遠なり」とし、「黒にして赤色有る者を玄と爲す。幽に象り、入は之れを覆ふなり」と■(幺+幺)(ゆう)と入に従う字とするが、入とする部分は糸たばの上部を結んだ形。上を結んだ糸たばを染汁にひたして黒く染める。その結んだ部分は色に染まずに残るので、素という。〔周礼、考工記、鍾氏〕に染色の法をしるし、三入を纁(くん)、五入を緅(しゆう)、七入を緇(し)という。玄は緇に近く、その色相は幽深であるので、幽玄といい、幽遠の意に用いる。

見(ケン・7画)

論語 見 金文 論語 見
見尊・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkianまたはɡʰian(共に去)。

学研漢和大字典

会意。「目+人」で、目だつものを人が目にとめること。また、目だってみえるの意から、あらわれるの意ともなる。類義語に視。同字同訓にみる 見る「遠くの景色を見る。エンジンの調子を見る。面倒を見る」 診る「患者を診る。脈を診る」。草書体をひらがな「み」として使うこともある。

意味〔一〕ケン

  1. {動詞}みる。みえる(みゆ)。物の存在・形・ようすなど、みえるものを目にとめる。わかる。《類義語》視・看。「百聞不如一見=百聞は一見に如(し)かず」「悠然見南山=悠然として南山を見る」〔陶潜・飲酒〕
  2. {動詞}まみえる(まみゆ)。人にあう。おめにかかる。「参見」「覲見(キンケン)(おめみえする)」。
  3. {助動詞}れる(る)。られる(らる)。→語法。
  4. {名詞}みかた。また、考え。「見解」「意見」。

意味〔二〕ケン/ゲン

  1. {動詞}あらわれる(あらはる)。外に見えてくる。おもてに出る。《同義語》現。「天下有道則見=天下に道有れば則ち見る」〔論語・泰伯〕
  2. {形容詞・副詞}まのあたり。目の前にあるさま。《同義語》現。「見在(=現在)」「見糧(=現糧)」。

語法

「る」「らる」とよみ、「~される」と訳す。受身の意を示す。《類義語》被チ「見…於(于・乎)~」は、「~に…らる」とよみ、「~に…される」と訳す。「吾嘗三仕三見逐於君=吾嘗(かつ)て三たび仕へ三たび君に逐(お)はる」〈以前、私は三たび仕官して、そのつど主君から暇を出された〉〔史記・管晏〕ヂ「見…」は、「…らる」とよみ、「…される」と訳す。「信而見疑、忠而被謗=信にして疑はる、忠にして謗(そし)らる」〈信じていたのに疑われ、真心を尽くしたのに悪く言われる〉〔史記・屈原〕

字通

[象形]目を主とした人の形。卜文に耳を主とした人の形があり、それは聞の初文。見・聞は視聴の器官を主とする字であるが、見・聞の対象は、霊的なものに向けられていた。見は〔説文〕八下に「視るなり」とあり、視(視)るとは神(示)を見ることである。新しい父母の位牌を拝することを親という。〔詩〕には、「瞻(み)る」(見めぐらす)、〔万葉〕には「見る」「見れど飽かぬ」という定型的な表現があって、その対象と霊的な関係をもつことを意味する。

卷/巻(ケン・9画)

巻 金文
卷且乙爵・殷代末期

初出は殷代末期の金文。カールグレン上古音はgʰi̯wan(平)。「カン」は慣用音。

学研漢和大字典

会意。卷の上部は「釆(ばらまく)+両手」で、分散しかける物をまるくまいた両手で受けるさま。下は人間がからだをまるくかがめた姿。まるくまく意を含み、拳(ケン)(まるくまいたこぶし)や倦(ケン)(からだをまるくまいてかがめる)の原字。常用漢字字体では、㔾を己に書きかえた。旧字「卷」は人名漢字として使える。

語義

  1. {動詞}まく。軸をしんにしてくるくるとまく。▽上声に読む。《同義語》⇒捲(ケン)。「漫巻詩書喜欲狂=漫ろに詩書を巻いて喜んで狂はんと欲す」〔杜甫・聞官軍収河南河北〕
  2. {名詞}まき。昔、竹札や木札に字を書き、それをつづりあわせて、まいて保存したもの。また、書画を紙に書くようになってからのちも、そのやり方を継いで巻物にする。▽去声に読む。「巻子(カンス)」「書巻」「不釈巻=巻を釈かず」。
  3. {単位詞}まき。書物を数えるときのことば。また、篇章に順序をつけて呼ぶときのことば。▽去声に読む。「一巻」「巻二」。

字通

[会意]釆(べん)+廾(きよう)+㔾(はん)。篆文の字形は、釆(獣爪を含む獣皮)を廾(両手)で㔾の形に捲きこむ意。獣皮を捲く形で、一捲きの獣皮を卷という。〔説文〕九上に「厀(ひざ)曲るなり」とするがこの字の本義でなく、𢍏(はん)字条三上に「飯を摶(まろ)むるなり」とし、「讀みて書卷の若くす」とするが、卷が書巻の字である。古くは重要な文書は皮に記した。のち簡札・紙を用いるが、なお巻を以て数える。

倹/儉(ケン・10画)

論語 倹 金文大篆 論語 倹 篆書
(金文大篆・篆書)

『大漢和辞典』の第一義は”つづまやか”。カールグレン上古音はɡʰli̯am(上)で、同音は存在しない。

つつしむ事。旁を同じくする「険」の字は楚系・秦系戦国文字から見られるが、初出は秦の戦国文字であり、孔子在世当時には「険」(戦国文字が初出)「」(論語と同時代が初出)とともに「」と書かれていたと考えられる。僉の初見は戦国初期だが、すでに「剣」が論語と同時代に存在する。

僉 金文剣 金文
「僉」(金文)・「剣」(金文・白川オリジナル)

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、僉(セン)の篆文(テンブン)は「亼(あつめる)+口(くち)二つ+人ふたり」の会意文字で、多くの物を放置せずにひと所に集約することを示す。その金文は、多くの物をひとまとめにしたさま。儉は「人+〔音符〕僉」で、散漫にせず、きちんと引き締めた生活ぶりをあらわす。集約して引き締めるの意を含む。檢(=検。札をまとめてきちんとそろえる)・嶮(ケン)(稜線がしまってそそりたつ山)などと同系のことば。

意味

  1. (ケンニス)・(ケンナリ){動詞・形容詞}つつましい(つつまし)。おおげさにせず引き締める。また、そのさま。「倹約」「礼与其奢也寧倹=礼はその奢(おご)らんよりは寧ろ倹なれ」〔論語・八佾〕
  2. (ケンニス){動詞}引き締める。きりつめる。「節倹」「量入倹用=入るを量りて用を倹にす」〔白居易・与微之書〕

字通

[形声]旧字は儉に作り、僉(せん)声。僉に檢(検)・劍(剣)(けん)の声がある。春秋期の呉越の剣には「僉」と銘する。〔説文〕八上に「約なり」とあり、倹約をいう。僉は二人並んで舞い祈る形で、恭倹の意がある。〔礼記、楽記〕に「恭儉にして禮を好む」とみえる。

剣/劔(ケン・10画)

剣 金文 越王勾践剣

初出は論語と同時代の上掲「越王勾践剣」。カールグレン上古音は不明(去)、藤堂上古音はkliǎm。

学研漢和大字典

会意兼形声。「刀+(音符)僉(ケン)・(セン)(そろう)」で、両刃のまっすぐそろったかたな。險(ケン)(=険。両側がそろって切りたっている)・嶮(ケン)(山の尾根が切りたっている)と同系。類義語として、両刃のまっすぐなかたなを剣といい、曲がった片刃のものを刀という。旧字「劍」は人名漢字として使える。

語義

{名詞}つるぎ。まっすぐで、両側に刃があるかたな。また、それを使ってする武術。▽突くのにも切るのにも用いる。「剣術」「負剣=剣を負ふ」「剣一人敵不足学=剣は一人の敵学ぶに足らず」〔史記・項羽〕

字通

[形声]旧字は劍に作り、僉(せん)声。僉に檢(検)・驗(験)(けん)の声がある。春秋期の呉越の剣銘に「僉」とあって、劍の字に用いる。〔説文〕四下に「人の帶ぶる所の兵なり」とあり、腰に帯びたものである。六朝のころ、剣履上殿を許されることは殊遇とされた。

狷(ケン・10画)

論語 狷 金文大篆
(金文大篆)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯wan(去・韻目「線」)、去声で韻目「霰」の音は不明。論語では多く”これを絶対にしない、というかたくな者”。

学研漢和大字典

犬+音符ケン(まるく縮む)の会意兼形声文字。小回りして、せかせかと走る犬。また、小さくわくをかまえて、その外に出ないこと。意味は気が短いさま。片意地なさま。きびきびして、感受性が鋭すぎるさま。

意味

  1. {形容詞}気が短いさま。「狷急(ケンキュウ)」。
  2. {形容詞・名詞}片意地なさま。不本意な事をこばんで行わないさま。へそまがり。「狷介(ケンカイ)」。
  3. {形容詞}きびきびして、感受性が鋭すぎるさま。

字通

声符はえん。肙に涓*・けんの声がある。〔説文新附〕十上に「褊急なり」とあり、気が短いことを言う。〔国語、晋語二〕に「小心狷介」、〔論語、子路〕に「狂狷」の語がある。

訓義

きみじか。かたくな。疑いためらう。澴**と通じ、すばやい。


*ケン。しずく、わずか。/**カン。うずまく、めぐる。

倦(ケン・11画)

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はghi̯wan(去)で、同音に権・巻など多数。巻に”あきる”の語釈があり、論語時代以前の金文に存在する。

学研漢和大字典

会意兼形声。卷(=巻)の字の下部は、人がまるくからだをかがめた姿、上部は、両手で物を持った姿を示す。まるく曲げたり巻いたりするの意を含む。捲(ケン)の原字。倦は「人+(音符)卷」で、しゃんとからだを伸ばさず、ぐったりと曲がること。疲れてものうい姿を意味する。類義語に疲。

語義

  1. {動詞}つかれる(つかる)。ぐったりする。《同義語》⇒渇(ケン)。《類義語》疲。「疲倦(ヒケン)」「立倦而不敢息=立ち倦れて敢へて息はず」〔呂氏春秋・下賢〕
  2. {動詞}うむ。ぐったりしてだれる。ものうくなる。《同義語》惓。《類義語》怠。「誨人不倦=人を誨へて倦まず」〔論語・述而〕

字通

[形声]声符は卷(巻)(かん)。卷は獣皮などを巻きこむ形。人が疲労して、身を屈して休息する形に似ている。〔説文〕八上に「罷(つか)るるなり」とあり、疲れてものに倦むことをいう。

絢(ケン・12画)

論語 絢 金文大篆
(金文大篆)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はxiwen(去)。

学研漢和大字典

会意文字で、「糸+旬(めぐらす)」。

意味

{名詞・形容詞}あや。色糸をめぐらしてとりまいた模様。模様があって美しいさま。「素以為絢兮=素以て絢と為す」〔論語・八佾〕

字通

[形声]声符は旬(じゅん)。旬に眴(けん)の声がある。〔説文〕十三上に字の解義を加えず、「詩に云ふ、素以て絢と爲す」という逸詩の句を引く。〔儀礼、聘礼〕「絢組」の注に「采、文を成すを絢と曰ふ」とあり、目をおどろかすような文彩の美をいう。

堅(ケン・12画)

初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkien(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声。已(ケン)は、臣下のように、からだを緊張させてこわばる動作を示す。堅は「土+(音符)已」。かたく締まって、こわしたり、形をかえたりできないこと。緊(引き締める)と同系。類義語の
剛は、直線状にぴんとしてかたい。固は、枯れて一定の形にかたまっていること。牢(ロウ)は、こわばって動きがとれないこと。強は、こわばってかたいこと。硬は、石のようにしんがかたいこと。異字同訓に固い「団結が固い。固練り。頭が固い。固く信じる」 硬い「硬い石。硬い表現」。

語義

  1. {形容詞}かたい(かたし)。しまってかたい。《対語》⇒軟・弱。「堅固」「吾楯之堅莫能陥也=吾が楯の堅きこと能く陥むるもの莫きなり」〔韓非子・難一〕
  2. {形容詞}かたい(かたし)。こちこちに充実するさま。「以盛水漿、其堅不能自挙也=以て水漿を盛れば、其の堅きこと自ら挙ぐる能はざるなり」〔荘子・逍遥遊〕
  3. {名詞}「堅甲(ケンコウ)」の略。かたいよろい。「被堅執鋭=堅を被り鋭を執る」〔漢書・高帝〕

字通

[形声]声符は臤(けん)。〔説文〕三下に「土剛(かた)きなり」とあり、堅い土をいう。剛は鋳型の笵を割く意。岡は鋳型に火を加えた形。高熱を加えるので、その型を割くのに刃器を用いた。堅もそのような堅い土で、堅固の意。それより堅強・堅甲・堅城・堅忍のように用いる。

獻/献(ケン・13画)

論語 献 金文
子邦父甗・西周中期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はxi̯ăn(去)。平声の音は不明。

『新字源』は形声。「犬と、音符鬳ケンとから成る。羹あつものにして神にすすめるのに用いる犬の意を表す。転じて「たてまつる」意に用いる」、という。

「新漢語林」は「形声。篆文は、鬳+犬。鬳は、頭部が虎の形をした、こしきの象形。犬は、その器に血を塗るためのいけにえの犬の意味。神聖化されたこしきのさまから、神に物をささげるの意味を表す」という。

学研漢和大字典

会意兼形声。鬳(ケン)は「虎+鬲(三本の袋足のついた煮たきする器)」の会意文字で、虎(トラ)などの飾りのついたりっぱな食器。獻は「犬+(音符)鬳」で、犬の肉を食器に盛ってさしあげることを示す。高くささげる、下から上へあげるの意を含む。軒(高くあがる)・建(高くたてる)・乾(高い)などと同系。類義語の薦は、下敷きの上にのせてていねいにさし出すこと。上は、上の人にたてまつること。

語義

  1. (ケンズ){動詞}たてまつる。神前や目上の人に、ていねいに物をささげる。さしあげる。《類義語》薦・上。「献上」「献策=策を献ず」「献禽以祭社=禽を献じて以て社を祭る」〔周礼・大司馬〕
  2. (ケンズ){動詞}客に酒をすすめる。《対語》酢(客が主人に返杯する)。《類義語》酬。「献酬(ケンシュウ)(酒杯をやりとりする)」「或献或酢=或いは献じ或いは酢す」〔詩経・大雅・行葦〕
  3. {動詞・形容詞}前に進み出る。先頭におし出したさま。「献春」「献歳」。
  4. {名詞}もの知りで賢い人。《類義語》賢。「文献(文書と記憶のよいもの知り。転じて記録をとどめた文書)」「文献不足故也=文献足らざるが故なり」〔論語・八佾〕
  5. 《日本語での特別な意味》
    ①酒のやりとりをかぞえることば。
    ②「献立(コンダテ)」とは、食事に出す料理の種類・順序のとりあわせ。

字通

[会意]旧字は獻に作り、鬳(けん)+犬。〔説文〕十上に「宗廟には、犬は羹獻(かうけん)と名づく。犬の肥えたる者は、以て獻ず」という。〔礼記、曲礼下〕に、神饌とするときの薦献の名を定めて、「犬には羹獻と曰ふ」とあり、犬を供薦することもあった。しかし獻は甗(げん)の形に従っており、甗はこしきであるから、犬牲を供する器とはしがたい。器・猷・就・軷(ふつ)などに従う犬はみな修祓のために用いるもので、その血を以て釁礼(きんれい)を行うものであるから、供薦するためのものではない。獻も甗に犬牲をもって釁(きん)する意。彝器(いき)の彝が、鶏血をもって釁する意であるのと同じ。およそ祭器として用いるものは、みな獻という。

大漢和辞典

リンク先を参照

賢(ケン・15画)

論語 賢 金文
賢簋・西周中期

初出は西周中期の金文。カールグレン上古音はɡʰien(平)。藤堂説による原義は”宝箱をじっと見つめてよく管理する人”。ただし貨幣経済より前の論語の時代、貝=貨幣を意味する言葉があったとは考えがたく、『字通』の言うように論語の時代は臤と書かれていたと考えるべき。従って語義は、神の声を聞きうるような賢者を言う。

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、臤(ケン)は、「臣(うつぶせた目)+又(手。動詞の記号)」の会意文字で、目をふせてからだを緊張させること。賢は「貝(財貨)+〔音符〕已」で、かっちりと財貨の出入をしめること。緊張して抜けめのない、かしこさをあらわす。

緊(キン)(がっちりしまる)・堅(ケン)(かっちり)・虔(ケン)(かしこまる)などと同系のことば。

類義語の聡(ソウ)は、つつぬけるように、わかりがはやいの意。怜(レイ)は、悟りがよいこと。智は、ずばりといいあてて、さといこと。叡(エイ)は、奥深くまで目がきくこと。慧(エ)は、細かく心がはたらくこと。敏は、神経がこまごまとよくはたらくこと。

意味

  1. (ケンナリ){形容詞・動詞}かしこい(かしこし)。まさる。かっちりとしまって、抜けめがない。りこうである。知恵や才能がすぐれている。《対語》⇒愚。「賢愚」「賢哉回也=賢なる哉回也」〔論語・雍也〕
  2. {名詞}才知や徳のすぐれた人。かしこい人。▽儒家では聖人・賢者・知者の三段階に分けることが多い。「聖賢之学(セイケンノガク)(儒家の学問)」。
  3. (ケントス){動詞}かしこいと認めて敬う。「賢賢易色=賢を賢として色を易しとす」〔論語・学而〕
  4. {形容詞}相手を敬って、それをあらわすことばにつけるていねい語。《対語》⇒愚。「賢兄」「賢弟」。
  5. 《日本語での特別な意味》かしこい(かしこし)。おそれおおい。かしこまるべき。「賢所(カシコドコロ)」。

字通

声符はけん。臤は賢の初文。〔説文〕六下に「多才なり」とみえる。〔書、金滕〕に「予が仁はちち(文王)の若く、能く多材多芸にして、能く鬼神に事う」とあり、多才多芸は神に事える者の条件であった。臤は手(又)で眼睛を破る意。そのような瞽者が神に事えるもの()とされ、その多才なるものは神瞽とよばれ、賢者とされた。臤は〔説文〕三下に「古文以て賢の字と為す」とあり、漢碑〔魏石経〕にもなお臤の字を用いている。もと聖職者をいい、のち聖賢をいう。もまた、神の声を聞きうるものをいう。

訓義

1)かしこい、神につかえるもの。2)まさる、よい、すぐれる、たっとぶ。3)ゆたか、とむ、おおい、多財。4)つかれる。5)堅と通じ、かたい、大きい。6)酒の隠語。魏の武帝が禁酒令を出したので、人は白酒を賢といった(清酒をといった)。

權/権(ケン・15画)

初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はgʰi̯wan(平)。同音は卷とそれを部品とする漢字群など。論語時代の置換候補は無い。「ゴン」は呉音。

学研漢和大字典

形声。「木+(音符)雚(カン)」で、もと、木の名。しかし、一般には棒ばかりの重りの意に用い、バランスに影響する重さ、重さをになう力の意となる。バランスをとってそろえる意を含む。觀(=観。左右の高さのそろった見晴らし台)・歡(=歓。声をそろえる)などと同系。

語義

  1. {名詞}はかり。棒の両端に荷と重りとをぶらさげ、バランスがとれるのを見て重さをはかる道具。また、はかりの重り。「権衡」「権輿(ケンヨ)(はかりの重りと台のかご→物事の基本)」。
  2. {動詞・名詞}はかる。はかりごと。重さをはかる。また、転じて、物事の成否をはかり考える。その場に応じた、はかりごと。《類義語》度。「権謀」「権然後知軽重=権して然る後に軽重を知る」〔孟子・梁上〕
  3. {名詞}力や、重み。人や団体が持つ、社会のバランスに作用する勢力や資格。「権力」。
  4. (ケンナリ){形容詞・名詞}臨時に力だけをもったさま。また、正道によらず力に頼るさま。かりの。転じて、臨時の便法。《対語》正・経。「権道」「権官(臨時の代理の官)」「嫂溺、援之以手者権也=嫂の溺れたるとき、これを援くるに手を以てするは権なり」〔孟子・離上〕
  5. {名詞}左と右のバランスがとれたほお骨。▽顴(カン)に当てた用法。「権骨(カンコツ)(=顴骨)」。
  6. 《日本語での特別な意味》(ゴン)律令制において、定員以外に臨時に任ずる官。後には、副官のように用いられた。「権大納言(ゴンダイナゴン)」「権宮司」。

字通

[形声]旧字は權に作り、雚(かん)声。〔説文〕六上に「黃華木なり」と木の名とする。字は権量、また権要の意に用いる。おもりを権といい、物の軽重によって権をとりかえるので、権変の意となる。権によって軽重を定めるので標準・準的の意となり、それより権威・権貴・権勢の意となる。みな権衡の意の引伸義である。

騫(ケン・20画)

論語 閔子騫

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯an(平)。

論語では孔子の弟子・閔損子騫の称として登場。

学研漢和大字典

形声。「馬+(音符)寒の略体」。蹇(ケン)(片足をかかげてひきずる)・樞(ケン)(衣のすそをかいつまむ)と同系。

語義

  1. {名詞}足を引いて歩く馬。あしなえうま。
  2. {動詞}かける(かく)。かいつまむ。つまんで略する。かけて足りなくなる。そこなう。「不騫不崩=騫け不崩れず」〔詩経・小雅・天保〕
  3. {動詞}かかげる(かかぐ)。かいつまむ。つまんで引きあげる。その部分だけ高くあがる。《同義語》⇒樞。「騫衣=衣を騫ぐ」。
  4. {名詞}馬の腹を引きあげる腹帯。

字通

[形声]声符は搴(けん)の省文。搴に搴曲の意があり、馬の疾走する状態を騫という。また騫損の意があり、孔門の閔損、字(あざな)は子騫。損・騫は名字対待の義である。〔詩、小雅、天保〕に「騫(か)けず崩れず」の句がある。〔説文〕十上に「馬の腹、縶(ちふ)するなり」とあり、〔段注〕に「肚腹低陷」の病であるとするが、本義は鶱が飛ぶ意であるように、馬の疾走する意であろう。騫騰して誤つことが多くて、騫損の意を生ずるのであろう。


鶱≠騫に注意。

言(ゲン・7画)

論語 言 金文
伯矩鼎・西周早期

初出は甲骨文。上カールグレン上古音はŋi̯ăn(平)。

学研漢和大字典

会意文字で、「辛(きれめをつける刃物)+口」で、口をふさいでもぐもぐいうことを音(オン)・諳(アン)といい、はっきりかどめをつけて発音することを言という。

唁(ゲン)(ていねいにいう)・彦(ゲン)(かどめのついた顔)・岸(ガン)(かどだったきし)などと同系のことば。類義語の謂(イ)は、だれかに向かって、または何かを評して、一般的にものをいうこと。曰(エツ)は、発言の内容を紹介して「…という」の意。

意味〔一〕ゲン/ゴン

  1. {動詞}いう(いふ)。ことばをはっきりと発音していう。ものをいう。《対語》⇒黙(だまる)。《類義語》語・曰(エツ)(いう)・謂(イ)(いう)。「言必有中=言へば必ず中たる有り」〔論語・先進〕。「曰難言也=曰はく言ひ難し」〔孟子・公上〕
  2. {動詞・名詞}いふこころは。中国古典の補注によく用いられる表現で、本文中の字句について説明する。
  3. {名詞}こと。ことば。口に出していうことば。また、口に出していうこと。「遺言」「言行一致」「言不顧行=言行ひを顧みず」〔孟子・尽下〕
  4. {単位詞}ことばや文字の数を数えるときのことば。「五言(ゴゴン)絶句」「一言以蔽之=一言を以てこれを蔽ふ」〔論語・為政〕
  5. {代名詞・助辞}われ。ここに。「詩経」で用いられる自称のことば。▽我(ガ)(われ)に当てた用法。また、語調をととのえることば。「言刈其楚=言に其の楚を刈る」〔詩経・周南・漢広〕
  6. 「言言(ゲンゲン)」とは、かどばっていかめしいさま。▽一説にかどがたちすぎて、今にもこわれようとするさま。「崇舷言言=崇舷言言たり」〔詩経・大雅・皇矣〕
  7. {動詞}漢代、下吏から上官に対して報告・伝達すること。《対語》謂。

意味〔二〕ギン/ゴン

  1. 「言言(ギンギン)」とはつつしむさま。
  2. 《日本語での特別な意味》げん。ソシュールの言語学で、言語(ラング)に対して、話し手が個人的な感情・思想を表現する実際の発話をいう。パロールに対する訳語。

字通

入れ墨の針「辛」+祝詞を収めた「𠙵さい」で、誓約のときもし違約するときは入れ墨を受けるという自己詛盟の意をもって、その盟誓の器の上に辛を添え、その誓いの言葉を言という。言語はもと「ことだま」的行為で、言を神に供えてその応答のあることを音という。神の「音なひ」を待つ行為が言であった。

原(ゲン・10画)

論語 原 金文
散氏盤・西周晚期?

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はŋi̯wăn(平)。”たずねる・根本を推求する”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。

学研漢和大字典

会意。「厂(がけ)+泉(いずみ)」で、岩石の間のまるい穴から水がわく泉のこと。源の原字。水源であるから「もと」の意を派生する。広い野原を意味するのは、原隰(ゲンシュウ)(泉の出る地)の意から。また、きまじめを意味するのは、元(まるい頭)・頑(ガン)(まるい頭→融通のきかない頭)などに当てた仮借字である。類義語に始。付表では、「河原・川原」を「かわら」「海原」を「うなばら」と読む。

語義

  1. {名詞}はら。まるい平原。広い野原。「平原」「青血化為原上草=青血化して原上の草と為る」〔曾鞏・虞美人草〕
  2. {名詞}みなもと。もと、岩の穴から水のわき出る泉。のち転じて、物事のもと・起源の意。《同義語》⇒源。「原泉」「原因」「窺仁義之原=仁義の原を窺ふ」〔司馬光・独楽園記〕
  3. {名詞・形容詞}もと。はじめ。もとの。「原初」「道之大原出於天=道の大原は天より出づ」〔漢書・董仲舒〕
  4. {副詞}もとより。最初から。「原来」「険夷原不滞胸中=険夷原より胸中に滞らず」〔王陽明・泛海〕
  5. {動詞}たずねる(たづぬ)。もとにさかのぼって考える。「原始要終=始めを原ね終はりを要む」〔易経・繫辞下〕
  6. {形容詞・名詞}きまじめなさま。また、きまじめなだけで融通がきかないこと。《同義語》⇒愿。「郷原(郷土で、まじめな常識人と定評ある人)」「一郷皆称原人焉=一郷皆原人と称す」〔孟子・尽下〕
  7. {動詞}ゆるす。罪をゆるす。▽もとをたずねて情状を酌量することから。「原諒(ゲンリョウ)(しかたないとゆるす)」「詔書特原不理罪=詔書して特に原して罪を理さず」〔後漢書・范冉〕
  8. 《日本語での特別な意味》「原子力」の略。「原爆」「原発」。

字通

[象形]古文の字形は𠫐に作り、厂(がん)(巌)下に三泉の流れ出る形。〔説文〕十一下に「𠫐は水泉、本なり」とあり、水のわき出る水源をいう。それより原始・原委の意となる。平原の原はもと邍に作り、狩猟を行うときの予祝儀礼を示し、水源の原とは別の字である。原を原野の意に用いるに及んで、のち源の字を用いる。

愿(ゲン・14画)

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はŋi̯wăn(去)で、同音に元、原、源、芫(”フジモドキ”。「莞」とは別字)、願など。論語語釈「願」も参照。

学研漢和大字典

形声文字で、「心+(音符)原」で、円満だが、きまじめでかたくなな心構えのこと。頑(ガン)(融通がきかない)と同系のことば。

語義

  1. (ゲンナリ){動詞}つつしむ。まじめくさる。「謹愿(キンゲン)」。
  2. (ゲンナリ){形容詞}実直である。「迂而不愿=迂にして愿ならず」〔論語・泰伯〕
  3. {名詞}まじめくさった人。「郷愿(キョウゲン)(郷村の中のかたくなな男)」。

字通

[形声]声符は原(げん)。〔説文〕十下に「謹むなり」とあり、〔左伝、襄三十一年〕「愿なり。吾(われ)之れを愛す」とあって、謹直の意。洗練されない田舎者の頑固さを郷愿といい、〔論語、陽貨〕に「郷愿は徳の賊なり」と、孔子もこれを甚だしく悪(にく)んだ。〔国語、楚語上〕「吾(われ)に妾有りて、愿なり」とみえる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)