論語語釈「ウ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

于(ウ・3画)

于 金文
趙孟庎壺・春秋末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgi̯wo(平)。

学研漢和大字典

指事。篆文(テンブン)は、「亜印(息がつかえて曲がる)+一印」で、息がのどにつかえてわあ、ああと漏れ出るさまを示す。直進せずに曲がるの意を含む。また、於・乎に当てて用いる。迂(ウ)(遠回りする)・宇(まるく曲がった屋根)・曇(オ)(=汚。くぼんで曲がった水たまり)・盂(ウ)(まるくくぼんだ皿(サラ))などと同系。于の最後のたて棒をはねないと別字「干(カン)」になる。「ウばね、カンぼう」と覚える。ウ「宇迂吁紆盂剔」カン「汗刊肝竿幹奸扞杆罕旱悍捍桿稈骭」などがある。

語義

  1. {感動詞}ああ。わあ、ああという嘆息の声をあらわすことば。《同義語》⇒吁。
  2. {助辞}ここに。→語法「③」。
  3. {前置詞}に。→語法「①」。
  4. {前置詞}より。→語法「②」。
  5. {前置詞}→語法「⑤」。
  6. {動詞}ゆく。いく。▽往(ゆく)と同じ。「之子于帰=之の子于き帰ぐ」〔詩経・周南・桃夭〕

語法

▽「于」も「於」も用法はほとんど同じ。于の方が用法はせまく、用例も少ない。

①置き字としてよまないか、または、「~に」「~において」とよみ、「~において」「~にいたって」「~から」と訳す。動作・行為の時間・空間・範囲・位置を示す。「伯夷・叔斉、餓于首陽之下、民到于今称之=伯夷・叔斉、首陽の下に餓う、民今に到るまでこれを称す」〈伯夷と叔斉とは首陽山のふもとで飢え死にしたが、人民は今日までもほめている〉〔論語・季氏〕

②「~に」とよみ、

  1. 「~を」「~に」「~に対して」と訳す。動作・行為の対象・方向を示す。「余将告于莅事者、更若役復若賦=余(わ)れ将に事に莅(のぞ)む者に告げて、若(なんぢ)の役を更(あらた)め若(なんぢ)の賦を復せんとす」〈行政を仕切る者に対して、君の仕事をかえて、君の税を元に戻すように、報告しよう〉〔柳宗元・捕蛇者説〕
  2. 「~によって」「~なので」「~をもって」と訳す。原因・理由・根拠を示す。「凡我同盟之人、既盟之後、言帰于好=凡そ我が同盟の人、すでに盟(ちか)ふの後、言に好みに帰せん」〈同盟に加われる者よ、盟約を結べるからには、友好を続けるべし〉〔春秋左氏伝・僖九〕

③「ここに」とよみ、語調を整える。▽詩のリズムを整える間拍子に用いる。「有竜于飛、周衆天下=竜ここに有り飛ばんとして、天下を周衆(しうへん)す」〈竜(晋文公)は飛翔しようとして、天下を周遊していた〉〔呂氏春秋・季冬〕

④「おいてす」とよみ、「~において行動する」と訳す。▽前出の動詞を省略して「おいて」で受けて、それを動詞化したもの。「尚桓桓、如虎如羆、如豺如離于商郊=尚(こひねが)はくは桓桓(かんかん)たること、虎の如く羆の如く、豺の如く離の如く商郊に于(おひ)てせよ」〈ねがわくば、武者ぶりは、虎のように、ひぐまのように、やまいぬのように、竜のように、殷の都の郊外に勇戦せよ〉〔史記・周〕

⑤「~より…」とよみ、「~より…である」と訳す。比較の対象の意を示す。「脅肩諂笑、病于夏畦=肩を脅し諂笑するは、夏畦よりも病る」〔孟子・滕下〕

⑥「于嗟」は、「ああ」とよみ、感嘆の意を示す。「于嗟徂兮、命之衰矣=于嗟徂かん、命の衰へたり」〈ああもうこれまでか、わが天命も衰えたものよ〉〔史記・伯夷〕

字通

[象形]〔説文〕五上に「於(ああ)なり。气の舒(おもむ)ろに亏(まが)るに象る。丂(かう)に從ひ、一に從ふ」とし、「一とは其の气の平らかなるなり」という。感動詞にはもとその字なく、仮借の用義。仮借の義を以て字形を説くのは誤りである。字形は、曲がった形を作るためのそえ木。また刃の長い曲刀の形。卜文・金文の■(干+弓)は、弓にそえ木をそえた形である。

迂(ウ・6画)

迂 金文
居簋・春秋

初出は春秋時代の金文。カールグレン上古音はgi̯wo(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声。「辵+(音符)于(ウ)(つかえてまがる)」。宇(⌒型にまがった屋根)・盂(ウ)(∪型にまがった器)・紆(ウ)(曲線をなす)と同系。

語義

  1. (ウナリ){形容詞・動詞}まわりくどい。また、物事にうとくて実際的でない。目的にまっすぐ向かわず、遠まわりする。「迂遠(ウエン)」「迂闊(ウカツ)」「有是哉、子之迂也=有るこれかな、子の迂(う)なるや」〔論語・子路〕
  2. {名詞}まわり道。

字通

[形声]声符は于(う)。于に于曲の意がある。〔説文〕二下に「避くるなり」とあり、迂曲・迂回する意。また迂遠の意がある。

羽(ウ・6画)

論語 羽 金文
『字通』所収金文

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgi̯wo(上)。

学研漢和大字典

象形。二枚のはねを並べたもので、鳥のからだにおおいかぶさるはね。宇(おおう屋根)・雨(地をおおって降りかかるあめ)などと同系。類義語の翅(シ)は、まっすぐにのびた短いはね。翼は、二つで対をなしたはね。「一羽(いちわ)・三羽(さんば)・六羽(ろっぱ)」など、前に来る音によって「わ・ば・ぱ」と読む。

語義

  1. {名詞}は。はね。鳥のはね。▽飛ぶ虫のはねも含めていう。《類義語》翅(シ)・翼。「羽翼」「白羽之白也=白羽之白きこと也」〔孟子・告上〕
  2. {名詞}やばね。矢につけたはね。《類義語》婢(レイ)。
  3. {名詞}はねのある鳥。「羽属(とり)」「羽類」。
  4. {名詞}舞のとき手に持つ、きじの尾ばねでつくった飾り。「羽舞」。
  5. {名詞}五音の一つ。古代中国の音楽で、階名をあらわす。七音のラにあたる。▽五音は、宮・商・角・徴(チ)・羽。「十二律」は、音名。
  6. {動詞}はねをのばす。▽去声に読む。
  7. 「羽林」とは、星の名。天の軍隊をつかさどるという。その名をとって漢代の近衛隊(キンエイタイ)の名とした。▽去声に読む。
  8. 《日本語での特別な意味》
    ①わ。鳥・うさぎを数えるときのことば。
    ②「出羽(デワ)」の略。「羽前」「奥羽」▽平安中期以降、「は」が「わ」に転化した。

字通

[象形]鳥の羽の形。〔説文〕四上に羽を「鳥の長毛なり」とし、𠘧(しゆ)三下を短羽の象とする。

禹(ウ・9画)

論語 禹 金文 論語 禹
叔向父禹簋・西周末期

初出は殷代末期の金文。カールグレン上古音はgi̯wo(上)。論語では夏王朝の始祖である禹王の名として記される。古書体とされる文字には大きな変遷があるものの、釋文を参照できていないので、それが現伝の禹王を指すとは断じかねる。

禹 金文

同音に于(平)、羽・雨(上)、芋(去)など多数。つまりありふれた音の言葉で、声調まで同じくするのは「羽」「雨」「宇」”軒・屋根”のみ。「羽」に滅つぶれば、イモリのたぐいを意味するだろう。また平声に「雩」”あまごい”があり、初出は甲骨文。詳細は論語語釈「雩」を参照。

書誌文献上「禹」の字の初出は論語なのだが、禹を記した論語の章は全てでっち上げで、孔子の生前に知られた人物ではない。次に現れるのは『墨子』だが、墨子は孔子と入れ替わるように春秋末戦国の世を生きた。儒家に対抗して墨家を立てるため、儒家の持ち上げる周の文王より古い聖王として禹を創作した。禹が墨家の得意とした土木技術に優れていたとされるのはそのためである。

学研漢和大字典

象形。後足をふまえて尾をたらした、頭の大きい大とかげを描いたもので、もと大とかげの姿をした黄河の水の精。からだをくねらせた竜神のこと。のち、それが儒家によって人間の聖王に転化された。迂(ウ)(大きく曲がる)・踽(ウ)(背を曲げてのそのそ歩く)などと同系。

語義

  1. {名詞}夏(カ)の開祖とされる伝説上の聖王。黄河の洪水をおさめたといわれる。夏后氏禹、または有虞(ユウグ)氏禹ともいう。帝舜(シュン)に推されて王となった。その子は啓。「巍巍乎、舜禹之有天下也=巍巍乎たり、舜禹の天下を有つや」〔論語・泰伯〕

字通

[会意]虫+九。九は竜の形。雌雄の竜を組み合わせた形で、洪水神の禹を示す。〔説文〕十四下に「蟲なり」とする。

雩(ウ・11画)

論語 雩 金文
大盂鼎・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgi̯wo(平)。

学研漢和大字典

形声。「雨+(音符)于」。大声で天に訴えてあまごいをすること。吁(ウ)(わあわあと叫ぶ)・歹(ク)(おおという叫び)と同系。

語義

  1. {名詞・動詞}あまごい(あまごひ)。夏のひでりのときに、雨が降るように、声をあげて天に祈る祭り。また、あまごいの祭りをする。
  2. {名詞}虹(ニジ)。▽去声に読む。
  1. 「脛婁(クロウ)・(クル)」とは、春秋時代の呉の地名。

字通

[形声]声符は于(う)。〔説文〕十一下に「夏(か)の祭なり。赤帝に樂して、以て甘雨を祈るなり」とあり、雨乞いの祭をいう。重文として𦏴を録するのは、羽舞の意であろう。

云(ウン・4画)

雲 金文
工大子姑發聑反劍・春秋晚期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgi̯wən(平)。

学研漢和大字典

象形。息や空気が曲折してたちあがるさまを示す。もと、口の中に息がとぐろを巻いて口ごもること。雲(もくもくとあがる水気)の原字。耘(ウン)(土をもくもくとこね返す)・魂(もやもやした亡霊)に音符として含まれる。

語義

  1. {動詞}いう(いふ)。口ごもって声を出す。転じて、ものをいう。
  2. {助辞}ここに。文中・文末にあって、語調を整えたり、上の文をおさめたりすることば。「道之云遠、曷云能来=道之云に遠き、曷か云に能く来たらん」〔詩経・癩風・雄雉〕。「則可謂云爾已矣=則ち謂ふべきのみ」〔論語・述而〕
  3. 「…云云(ウンヌン)・(ウンウン)」とは、それ以下を省略する場合に用いることば。

語法

①「いう(い/ふ)」とよみ、「いう」と訳す。動詞。「其隣人之父亦云=その隣人の父もまた云ふ」〈その隣の老人も同じことをいった〉〔韓非子・説難〕

②「いわく(いは/く)」とよみ、「~という」と訳す。人の言葉や書物を引用する場合に用いる。「子貢曰、詩云、如切如磋、如琢如磨、其斯之謂与=子貢曰く、詩に云ふ、切するが如(ごと)く磋するが如く、琢するが如く磨するが如しとは、それこれをこれ謂ふか」〈子貢が、詩経・衛風・淇奥(キオウ)に、骨を切るように、象牙をするように、玉をうつように、石を磨くようにとうたっているのは、ちょうどこのことでしょうねと言った〉〔論語・学而〕

③「~云爾」は、「~のみ」「しかいう(い/ふ)」とよみ、「~というわけである」と訳す。文末におかれ、叙述をしめくくる役割を持つ。「発憤忘食、楽以忘憂、不知老之將至云爾=憤(いきどほ)りを発して食を忘れ、楽しみてもって憂ひを忘れ、老の將に至らんとするを知らざるのみ」〈(学問に)発憤しては食事も忘れ、(道を)楽しんでは心配事をも忘れ、やがて老いがやってくることにも気付かずにいるというわけだ〉〔論語・述而〕

④「云何」は、「いかん」とよみ、「何というか」「どう思うか」「どのようにするか」と訳す。手段・方法を問う意を示す。「平固辞謝曰、諸将云何=平固(かた)く辞謝して曰く、諸将は云何(いかん)と」〈(陳)平は固く返答を辞退して、諸将は何と申しましたか、と言った〉〔史記・陳丞相〕▽「如何」「謂何」も、「いかん」とよみ、意味・用法ともに同じ。

字通

論語 雲 甲骨文

[象形]雲の形。〔説文〕十一下に雲の初文とする。卜文の字形は、竜が雲中に頭をかくし、その巻いた尾が下にあらわれている形に作る。

雲(ウン・12画)

雲 金文
工大子姑發聑反劍・春秋末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はgi̯wən(平)。

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、云(ウン)は、たちのぼる湯気が━印につかえて、もやもやとこもったさまを描いた象形文字。雲は「雨+(音符)云」で、もやもやとたちこめた水蒸気。云(もぐもぐと口ごもる)・渾(コン)(もやもや)・魂(もやもやとしてさすらうたましい)と同系のことば。

語義

  1. {名詞}くも。空気ちゅうの水分が細かい粒となり、もやもやとまとまって空に浮かんでいるもの。「雲泥」「瑞雲(ズイウン)」。
  2. {名詞・形容詞}雲のように、もやもやとしたもの。また、高くはるかなもの、もやもやとかたまったものの形容。「雲鬢(ウンビン)」「星雲」「雲樹」。
  3. 《日本語での特別な意味》「出雲(イズモ)」の略。「雲州」。

字通

[形声]声符は云(うん)。云は雲の初文。雲気の下に竜尾のみえる形。〔説文〕十一下に「山川の气なり」という。

慍(ウン・13画)

慍 金文 慍 字解
慍兒盞・春秋中期或末期

初出は春秋時代の金文。カールグレン上古音はʔi̯wən(去)。

下掲『学研漢和大字典』・『字通』ともに、最古の甲骨文が参照できなかった古い説であり、「」の字の甲骨文は、皿=平たい容器に氵=水を満たし、そのなかに人が入っている姿、つまり温泉の象形であり、釜やかまどでは無い。慍はその部首をりっしんべんに替えた字で、”心が熱くなる”意となる。
溫 温 字解

学研漢和大字典

会意兼形声文字。𥁕(オン)は、皿の上にうつぶせにふたをして物を封じこめたさま。中にこもる意を含む。慍は「心+(音符)𥁕」で、心中にいかりやうらみを含んで外に発散しないこと。溫(オン)(=温。水気がこもる)・熅(ウン)(熱気がこもる)と同系。また鬱(ウツ)(こもる)は、その語尾が入声(ニッショウ)(つまり音)となったことば。類義語に怨・怒。

意味

  1. {動詞}いかる。胸に不平がつかえ、むかついていかる。《類義語》怒。「人不知而不慍=人知らずして慍らず」〔論語・学而〕
  2. {動詞}うらむ。胸中にいかりを含んでうらむ。《類義語》怨(エン)。「慍于群小=群小に慍まる」〔詩経・邶風・柏舟〕

字通

声符は𥁕。〔説文〕十下に「怒るなり」とするが、〔段注〕に「怨む」の誤りであろうという。𥁕は器中のものが温められて、熱気が中に充溢する意。これを心情の上に移して慍という。

訳者注:段注とは『説文解字』に清代の儒者である段玉裁が付けた注のことで、例によって儒者らしい個人的感想の範疇を出ない。

訓義

(1)うらむ。(2)いかる。(3)うれえる。

大漢和辞典

慍 大漢和辞典

縕(ウン・16画)

初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯wən(平)。同音は𥁕を部品とする漢字群で、論語時代の置換候補は無い。「オン」は漢音の又声。

「𥁕」を下記辞書が「器中のものを熱する・熱が籠もる」とするのは誤り。詳細は論語語釈「温」を参照。

学研漢和大字典

会意兼形声。「糸+(音符)溫(オン)の略体」で、温気をこもらせる綿。また、熱気がむれるの意。熅(オン)(煙がこもる)・溫(=温。蒸気がこもる)と同系。

語義

ウン(去/平)
  1. {名詞}もつれた麻のくず。ふやけた絹や綿。▽去声に読む。
  2. {動詞・形容詞}むれてふやける。中にこもってむんむんするさま。
  3. 「絪縕(インウン)」とは、むんむんと気が天地の間にみなぎるさま。《同義語》⇒氤氳。「天地絪縕、万物化醇=天地嚮縕として、万物化醇す」〔易経・壓辞下〕
  4. 「紛縕(フンウン)」とは、こもったものが盛んに発散するさま。また、乱れるさま。
オン(平)
  1. {名詞}赤色と黄色の間の色。

字通

[形声]声符は𥁕(おん)。〔説文〕十三上に「縕は紼なり」とあり、紼字条に「亂れたる枲(あさ)なり」とあり、麻が乱れて絮(わた)のような状態になるものをいう。纊とか旧絮(ふるわた)といわれるものである。𥁕は器中のものを熱する形。温熱の気がみちて、みだれる意がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)