論語048八佾篇第三(8)巧笑倩たり

論語八佾篇(8)要約:孔子一門きってのカタブツである子夏くんは、女性の美しさをたたえた詩の意味が分かりません。実は皆まで意味を語ってしまうと、随分きわどいこの詩。孔子先生は逃げるように子夏くんの誤解に乗っかるのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子夏問曰、「『巧笑倩兮、美目盼兮、素以爲絢兮。』何謂也。」子曰、「繪事後素。」曰、「禮後乎。」子曰、「起予者商也、始可與言詩已矣。」

書き下し

子夏しかうていはく、巧笑かうせうせんたり、美目びもくはんたり、もつあやすとは、なんいひぞや。いはく、くわいことおくると。いはく、れいはたおくと。いはく、おこものしやうなりはじめてともふべきのみなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子夏 論語 孔子
子夏が質問して言った。「巧みな笑顔が凛々しい、美しい眼が際だっている、おしろいが文様を作っている、この歌は何を言っているのですか」。先生が言った。「絵を描くのは下地の白を塗った後で、ということだ」。子夏が言った。「礼法も後ですか」。先生が言った。「私の名を高めるのは商くん(=子夏)だな。やっと初めて共に詩を語れるようになった。」

意訳

石頭の子夏「(棒読み)凛々シイ笑顔ニパッチリマナコ、オシロイ模様ヲ際立タス。コノ歌ノ意味ハ何デスカ。」
孔子「あーそれはだな、絵を描く前に下地を塗れと言うことだな、うん。」
「化粧ノ締メ括リモ、ヤハリ礼法、トイウコトデショウカ。」
「いやあ、よくぞ言った! その通り! 子夏くん君は偉い! 文学の才は君が一番だあ!」

従来訳

 子夏しかが先師にたずねた。――
「笑えばえくぼが愛くるしい。
 眼はぱっちりと澄んでいる。
 それにお化粧が匂ってる。
 という歌がありますが、これには何か深い意味がありましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「絵の場合でいえば、見事な絵がかけて、その最後の仕上げにごふんをかけるというようなことだろうね。」
 子夏がいった。――
「なるほど。すると礼は人生の最後の仕上げにあたるわけでございましょうか。しかし、人生の下絵が立派でなくては、その仕上げには何のねうちもありませんね。」
 先師が喜んでいわれた。
しょうよ、お前には私も教えられる。それでこそいっしょに詩の話が出来るというものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

論語 子 金文 論語 夏 金文
(金文)

孔子の弟子。文学に優れると孔子に評された、孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

倩(セン)

論語 倩 金文大篆 論語 倩
(金文)

論語の本章では、(口元が)”うるわしい”。元は美男子に対する美称という。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「人+〔音符〕隗(セイ)」で、清らかに澄んだ人のこと。▽センはセイの転音。青(澄みきったあお色)・清(澄んだ水)・晴(澄んだ空)と同系のことば、という。

盼(ハン/フン)

論語 盼 金文大篆 論語 盼
(金文)

論語の本章では、”目元が涼しい”。白目と黒目がくっきり分かれて美しいこと。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「目+〔音符〕分」で、黒と白のわかれた目。すずしい、はっきりした目つき、という。

兮(ケイ)

論語 兮 金文 論語 兮
(金文)

論語の本章では、語調を整える助字。

『字通』によると原義は打ち舌が二つ付いた鳴子で、合いの手の掛け声と解しうる。南方楚の歌によく見られるが、本章の出典は『詩経』の衛風。衛は子夏の故国でもある。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、上部の八印と下部の上ってきた息が一印で止められたさまからなる字。その息が飛散するさまを示す。のどにつかえた息が、へい!と発散して出ることを意味する、という。

論語 素 金文 論語 素
(金文)

論語の本章では、”白色”・”おしろい”。

『字通』によると、原義は染め上げた糸の、染まらない上部を指すと言う。糸を染める時、糸束の上部の結んだ部分は、締められているので染まらず、そこだけが白くなる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「垂(スイ)(たれる)の略体+糸」で、ひとすじずつ離れてたれた原糸。疏(ソ)(一つずつ離れる)・索(ひとすじずつ離れた糸)などと同系のことば、という。

絢(ケン)

論語 絢 金文大篆 論語 絢
(金文)

論語の本章では”文様”。”円い打ち紐”の意もある。「豪華絢爛ケンラン」の「絢」。「絢爛」とは、”絢=模様が、爛=明らか”のことで、輝くように華やかで美しい事を言う。「爛」は”ただれる”の意味で使う事が多いが、「絢爛」の場合は”明らか・あざやか”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「糸+旬(めぐらす)」という。

素以爲絢兮

論語の本章では、”おしろいが模様を作っている”。現伝の『詩経』衛風「碩人」では、この句が抜け落ちている。

繪(絵)事後素

論語 絵 金文大篆 論語 事 金文2
「絵事」(金文)

論語の本章では、「絵事は素を後にす」と読み、描き終えてから白色を塗るとする例があるが、「白い文様を描くのだ」と無理に解するなど、理屈に合わない。

禮(礼)後乎

論語 後 金文 論語 後
「後」(金文)

論語の本章では、”礼法はその後ですか”。「後」の原義は足が遅れること。

論語顔淵篇15などに見られるように、孔子は知識の運用や人生の行動原則を「礼」に従えと教えた。子夏は歌詞にある化粧=文(かざり)をとりまとめて表現するにも、礼が有効なのかと問うたわけ。

石頭だけにお勉強熱心だった子夏は、孔子が「諸君は幅広く知識を学んで、それをまとめるのに礼法を用いれば」(論語雍也篇27)と教えたのを覚えていたわけ。

已矣(イイ)

論語 已 金文 論語 矣 金文
(金文)

「已矣」で「やんぬるかな」と読み下し、”もうおしまいだ”の意となる場合があるが、論語の本章では分割して「已」を「のみ」と読み下し、限定の意。「矣」は「なり」と読み下し、断定・確定の意を表す。

論語:解説・付記

本章引用詩は以下の通り。

碩人其頎、衣錦褧衣。 齊侯之子、衛侯之妻、東宮之妹、邢侯之姨、譚公維私。
(見目よき人はすらりと高く、あや絹をまとい単衣を羽織る。斉侯の子、衛侯の妻、斉太子の妹、邢侯の義妹、譚公は義兄。)

手如柔荑。 膚如凝脂。 領如蝤蠐。 齒如瓠犀。 螓首蛾眉。 巧笑倩兮。 美目盼兮。
(手はなずなのごとく柔らかく、膚はかたまった脂のごとく白く、襟筋は白い長虫のごとく、歯並びは瓜の実のごとく、ひたいは蝉の羽を広げたごとく、眉は蛾のはねのごとく、巧みな笑顔は凛々しく、美しいまなこはくっきりと浮かぶ。)

碩人敖敖、說于農郊。 四牡有驕、朱幩鑣鑣、翟茀以朝。 大夫夙退、無使君勞。
(見目よき人はごうごうとたわむれる、喜ぶその場は郊外の別荘。四頭のオス馬は高ぶり、赤いくつわの飾りはヒョウヒョウと鳴る。羽根で覆われた車でお輿入れ。家老は既に御前を下がり、主君を煩わせるものはない。)

河水洋洋、北流活活。 施罛濊濊、鱣鮪發發、葭菼揭揭。 庶姜孽孽、庶士有朅。
(黄河の水はヨウヨウと盛んに流れる。北へ向かってホワホワとひたすらに。網に何かかかった音がする、竜の如き大魚がかかった。葦が乱れてざわざわと鳴る。姉妹は子宝に恵まれよう、腰元たちの凛々しい顔よ。)

詩の主人公はBC720に斉公室から輿入れし衛公の妻となった荘姜。美人だが子が生まれず、お付きの腰元に衛公が手を出して生まれた子を引き取って育てた。衛公には他にも子があって乱暴者で、それが反乱を起こし…と歴史事実はこの際どうでもいい。

どう読んでもこの詩は、男女の行為を扱っている。石頭の子夏がその意味を問うて、孔子がはぐらかしたと考えていい。また「素以爲絢兮」を孔子が取り除いて『詩経』に載せたとすると、よほど扇情的な意味が隠されているのかも知れない。

ただし詩の形から見れば、「素以爲絢兮」を省いて四言句×七句と整っており、そうなると元はどのような詩であったか、もはや誰にも分からない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)