論語語釈「レ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

令(レイ・5画)

論語 令 金文
作周公簋・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はli̯ĕŋ(平・韻目「清」/去「勁」)、平声の「仙」、去声「徑」は不明。

学研漢和大字典

論語 令 解字

会意文字で、「△印(おおいの下に集めることを示す)+人のひざまずく姿」で、人々を集めて、神や君主の宣告を伝えるさまをあらわす。清く美しいの意を含む。もと、こうごうしい神のお告げのこと。転じて長上のいいつけのこと。

冷(レイ)(清らかな水玉や氷)・玲(レイ)(清らかな玉)・伶(レイ)(清らかな人)・靈(=霊。清らかな巫女(ミコ)、祭礼、魂)と同系のことば、という。

語義

  1. {名詞}神のお告げや、君主・役所・上位者のいいつけ。▽清らかなお告げの意を含む。「勅令」「軍令」。
  2. {名詞}おきて。お達し。「法令」「律令(リツリョウ)」。
  3. {形容詞}よい(よし)。清らかで美しい。▽相手の人の妻・兄弟姉妹を尊んでいうことばとしても用いられる。「令聞(レイブン)(清らかなことばや、よい評判)」「令室」「令妹」。
  4. {名詞}おさ(長)。「令尹(レイイン)(楚(ソ)の宰相)」「県令」。
  5. {名詞}遊びごとのきまり。「酒令(作詩・なぞあてで、はずれた者に罰杯を命ずるきまり)」。
  6. (レイス){動詞}命令する。「不令而行=令せざれども行はる」〔論語・子路〕
  7. {助動詞}しむ。せしむ。→語法「①」▽平声(ヒョウショウ)に読む。
  8. {助動詞}もし。→語法「②」▽平声に読む。
  9. 「小令(ショウレイ)」とは、南宋(ナンソウ)から明(ミン)代にかけて流行した詞曲のうち、詞の短いもの。

語法

①1)「令~…」は、「~(をして)…せしむ」とよみ、「~に…させる」と訳す。使役の意を示す。「今者有小人之言、令将軍与臣有郤=今者(いま)小人の言有り、将軍をして臣と郤(げき)有ら令む」〈今、卑劣な奴が口を出し、将軍と私(劉邦)の間を割こうといたしました〉〔史記・項羽〕▽本来の意味は「命令する」で、転じて使役となった。
2)「令…」は、「…せしむ」とよみ、「…させる」と訳す。使役の対象が省略される場合もある。

②「令~…」は、
1)「~(をして)…せしめば」とよみ、「もし~すれば」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。▽「もし~、…すれば」とよんでもよい。「但令心似金鈿堅、天上人間会相見=ただ心をして金鈿の堅きに似しむれば、天上人間(じんかん)会(かなら)ずあひ見ん」〈もし(二人の)心を黄金や青貝の堅さのように保っていれば、天上と地上に(別れて)いてもかならずお会いできます〉〔白居易・長恨歌〕▽「仮令」「縦令」「借令」「如令」「設令」「向令」も「もし」とよみ、意味・用法ともに同じ。
2)「~(をして)…せしむとも」とよみ、「もし~しても」「かりに~でも」と訳す。逆接の仮定条件の意を示す。▽「たとい~、…すれども」とよんでもよい。▽「仮令」「縦令」「借令」「如令」「設令」「向令」も、「たとい」とよみ、意味・用法ともに同じ。「縦令然諾暫相許、終是悠悠行路心=縦令(たとひ)然諾して暫(しばら)くあひ許すとも、終にこれ悠悠たる行路の心」〈たとえ(友人になると)承諾してしばらく心を許しても、結局は無関心な行きずりの人の気持ちになってしまう〉〔張謂・題長安主人壁〕

論語 令 甲骨文
(甲骨文)

字通

[象形]礼冠を付けて、跪いて神意を聞く人の姿。古くは令・命の二義に用いた。〔説文〕九上に「号を発するなり。しゅうせつに従ふ」と会意に解する。人をあつめて玉瑞の節(卩)を頒ち、政令を発する意とするが、卜文・金文の字形は、神官が目深に礼帽を著けて跪く形で、神意を承ける象とみられる。金文に「大令(命)」「天令(命)」のように命の字としても用い、西周後期に至って、祝禱の器の形をそえて命の字となる。鈴もはじめは令に従って鈴に作り、のち鈴 外字に作る。鈴は神を降し、また神を送るときに用いる。令・命は神意に関して用いる語である。神意に従うことから令善の意となり、また命令の意から官長の名、また使役の意となる。

訓義

1)おつげ、神のおつげ。2)みことのり、ふれ。3)いましめ、おしえ、いう。4)よい、ただしい、めでたい。5)させる、せしめる、いいつける。6)もし、たとえ。7)伶と通じ、めしつかい。

大漢和辞典

リンク先を参照

禮/礼(レイ・5画)

論語 礼 篆書
(篆書)

初出は甲骨文。へんのない豊の字で記された。カールグレン上古音はliər(上)。

論語 礼 甲骨文 論語 礼 金文
(甲骨文・金文)

「豊」とは、お供え用のたかつきに、お供えのめしをたっぷり盛った姿。「豊」なら甲骨文の頃から出土する。だがその語義はあくまでも、”神様や先祖の霊に、ご飯をたっぷり差し上げる”ことであり、転じて”ゆたか”でしかなかった。礼儀作法の意に転用したのは孔子である。

もちろん当時も、礼儀作法に相当する言葉はあった。例えば礼「儀」の原字である「義」である。これは”格好良く切り分けたヒツジ肉”であり、転じて”きちんとしていること・義務・正義”の意となった。だが孔子はそこに、”格好だけではいかんよ”と「豊」を持ち出した。

論語 孔子 ぼんやり
礼じゃ礼じゃと言いふらし、高価な玉や絹を贈っても、形だけなら何の意味もない。音楽だ音楽だと言いふらし、鐘や太鼓を叩いても、形だけなら何の意味もない。心を伴っていなければ、全てはムダだ。(論語陽貨篇11)

心を込めるにはまずお供えであり、愛する人にたっぷり美味しいご飯を食べて貰う事だ。だから礼儀の意味で孔子は「豊」と言ったのだ。藤堂説による「豊」の上古音はp’ɪoŋで、「礼」はler。全く違う。孔子は「豊」をあえて「レルゥ」と読んで、発明した「礼」を主張した。

だから孔子一門以外には、ものすごくうさんくさく、珍妙に思えた。

学研漢和大字典

会意兼形声。豊(レイ)(豐(ホウ)ではない)は、たかつき(豆)に形よくお供え物を盛ったさま。禮は「示(祭壇)+(音符)豊」で、形よく整えた祭礼を示す。「説文解字」や「礼記」祭義篇では、礼は履(ふみ行う)と同系のことばと説く。▽礼はもと、古文の字体で、今日の略字に採用された。「禮」の異体字「礼」の草書体からひらがなの「れ」ができた。また、終画からカタカナの「レ」ができた。

意味

  1. {名詞}あや。いや(ゐや)。形よくととのえた作法・儀式。昔は六芸(リクゲイ)(礼・楽・射・御・書・数)の一つ。教養の筆頭と考えられた。また、五常(仁・義・礼・智・信)の一つ。人の守るべきかどめが正しい行い。《類義語》儀。「礼儀」「六礼(リクレイ)(冠・婚・喪・祭・郷飲酒・相見)」「礼之用、和為貴=礼の用は、和を貴しと為す」〔論語・学而〕
  2. {名詞}社会生活上の慣習。▽荀子(ジュンシ)は、社会の秩序を保つため、経験によってつくられた慣習を礼と考えた。《類義語》法。
  3. {名詞}作法や制度を記した書物。「三礼(「周礼(シュライ)」「儀礼(ギライ)」「礼記(ライキ)」の三書)」。
  4. (レイス){動詞}ていねいに応待する。「礼遇」「礼人不答=人を礼すれども答へられず」〔孟子・離上〕
  5. {名詞}贈り物。「節礼(節季の贈り物)」。
  6. {名詞}あいさつやおじぎ。「敬礼」。
  7. 《日本語での特別な意味》れい。謝意をあらわすあいさつ。「礼をいう」。

字通

[形声]旧字は禮に作り、豊(れい)声。豊は醴(れい)。その醴酒を用いて行う饗醴などの儀礼をいう。〔説文〕一上に「履(り)なり」と畳韻の字を以て訓し、「神に事(つか)へて福を致す所以なり」とし、豊の亦声とする。卜文・金文の字形には、豊の上部を玨(かく)の形、また二丰(ほう)の形に従うものがあり、玉や禾穀の類を豆に加えて薦めた。古文として礼の字をあげており、漢碑にもその字がみえている。〔中庸、二十七〕に「禮儀三百、威儀三千」とあり、中国の古代文化は礼教的文化であった。

犁(レイ/リ・12画)

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はli̯ərまたはliər(共に平)。同音は存在しない。部品の利の字には、”スキ”の語釈が『大漢和辞典』には無い。「字は黎と通用する」と『字通』と『大漢和辞典』が言うが、「黎」の初出は戦国文字

学研漢和大字典

会意兼形声。「牛+(音符)利(リ)(よくきれる)」。牛に引かせ、土をきり開くすき。

語義

レイ
  1. {名詞}からすき。すき。土をおこす農具。▽牛に引かせたり、人が押したりして使う。
  2. {動詞}すく。すきで耕す。「古墓犂為田=古墓犂かれて田と為る」〔古詩十九首〕
  1. {名詞}まだらうし。耕作に使うまだらうし。「犂牛(リギュウ)」。
  2. {形容詞}黒いさま。薄暗いさま。▽黎(レイ)に当てた用法。
  3. {動詞}へだてる。間隔があく。《類義語》離。「犂二十五年吾冢上柏大矣=二十五年を犂て吾が冢上の柏大ならん」〔史記・晋〕

字通

[形声]声符は𥝢(り)。〔説文〕二上に正字を𤛿に作り、「耕すなり」と訓し、黎(れい)声とするが、𥝢はからすきの形に従う字で、それに牛を加えた形とみてよい。耕字条四下に「犂(すき)なり」とあって互訓。孔門の冉耕(ぜんこう)、字は伯牛、また司馬耕は一名犂、みな牛耕によってその名字をえている。〔戦国策、趙一〕に「秦は牛を以て田し、水もて糧を通ず」とあり、それがその富強を致す道であった。字は黎と通用する。

厲(レイ・14画)

厲 金文
魯大𤔲徒子仲伯匜・春秋早期

初出は西周中期の金文。カールグレン上古音はli̯ad(去)。

学研漢和大字典

会意。萬(=万)は、二つの毒刺をもったさそりを描いた象形文字。厲は「厂(いし)+萬(さそり、強い毒)」で、さそりの毒のようにきびしい摩擦を加える石、つまり、といしを示す。また、猛毒を持つ意から、毒気や毒のひどい病気の意。ひどい、きついなどの意を含む。瀬(ライ)(はげしい摩擦をおこす浅せ)と同系。類義語に猛。

語義

レイ(去)
  1. {名詞}といし。はげしくこすって、刃や器をみがくといし。《同義語》⇒礪。「莞石(レイセキ)」。
  2. {形容詞}はげしい(はげし)。きついさま。きびしいさま。「厳莞(ゲンレイ)」「温而莞=温にして而莞し」〔論語・述而〕
  3. {形容詞}ひどいさま。「莞王(レイオウ)(暴虐な王につける諡(オクリナ))」。
  4. {動詞}はげむ。《同義語》⇒励。「精莞(セイレイ)」「兵弱而士不莞=兵弱くして士莞まず」。
  5. {動詞}とぐ。はげしくこすってみがく。するどくする。「莞兵=兵を莞ぐ」。
  6. {動詞}はげます。はげしくする(はげしくす)。ふるいたたせる。「莞声=声を莞しくす」。
  7. {動詞・形容詞}悪いたたりをする。ひどい毒があるさま。ひどく苦しめる。「莞鬼(レイキ)」「莞気(レイキ)」。
  8. (レイス){動詞}むりやりに水を切って浅瀬を押し渡る。「深則莞、浅則掲=深ければ則ち莞し、浅ければ則ち掲ぐ」〔論語・憲問〕
ライ(去)
  1. {名詞}らい病。えやみ。《同義語》⇒癩。

字通

[会意]厂(かん)+萬(万)。〔説文〕九下に「旱石なり」とあり、柔石に対して剛石、すなわち砥石の意とするが、その字は礪(れい)。また「蠆(たい)の省聲」とするが、声も合わない。萬はさそりのような虫の形、厂は岩下など秘密のところ。そのような窟室で、この虫を蠱霊(これい)とし呪儀を行うことを原義とするものであろう。そこで厳厲・厲悪の義を生じ、その呪詛によって生ずるものを癘(れい)という。厲にまた厲禁・遮列(しやれつ)の意があり、厲に列の声義がある。列は断首を列して遮列とすることをいう。〔周礼、地官、山虞〕「物、之れが厲(れつ)を爲す」、〔秋官、司隷〕「王宮と野舍との厲禁(れつきん)を守る」はみな遮列の意。〔詩、大雅、公劉〕「厲を取り鍛(たん)を取る」は旱石を求める意で、その厲は礪である。

靈/霊(レイ・15画)

論語 霊 金文
庚壺・春秋晚期

初出は春秋早期の金文。カールグレン上古音はlieŋ(平)。

論語では衛霊公の諡号として登場。『逸周書』諡法解には次の通り言う。

死而志成曰靈。亂而不損曰靈。極知鬼神曰靈。不勤成名曰靈。死見神能曰靈。好祭鬼神曰靈。

死後に志が達成された者を霊という。暴君だったが国が滅びなかった者を霊という。鬼神を知り尽くした者を霊という。努力もせずに名を挙げた者を霊という。死んで奇跡が起こった者を霊という。鬼神の祭祀を好んだ者を霊という。

学研漢和大字典

会意兼形声。胼(レイ)は「雨+〇印三つ(水たま)」をあわせた会意文字で、連なった清らかな水たま。零と同じ。靈は「巫(みこ)+(音符)胼」で、神やたましいに接する清らかなみこ。転じて、水たまのように冷たく清らかな神の力やたましいをいう。冷(レイ)とも縁が近い。霊はその略字。▽鋲は中国で霊の簡体字。類義語に鬼。「たましい」「たま」は「魂」とも書く。

語義

  1. {名詞}たま。形や質量をもたない、清らかな精気。▽人間を万物の霊長といい、麒麟(キリン)・鳳凰(ホウオウ)・亀(カメ)・竜を動物の四霊という。《類義語》神。「神霊」「山霊(山の神のみたま)」「惟人万物之霊=惟れ人は万物之霊なり」〔書経・泰誓上〕
  2. {名詞}たましい(たましひ)。形ある肉体とは別の、冷たく目に見えない精神。また、死者のからだからぬけ出たたましい。また、死者に関することにつけることば。《類義語》魂。「霊魂」「怨霊(オンリョウ)」。
  3. {名詞・形容詞}災いや福をもたらす不思議な力。また、人知でははかりがたい不思議な。神のようにあらたかな。めでたい。「霊験」「霊妙」「謂言霊無上=謂言ふならく霊にして無上なりと」〔寒山・昨到雲霞観〕
  4. {形容詞}さとい。かしこい。「霊巧」「霊敏」。
  5. {名詞}みこ。神や死者のたましいと接するみこ。《類義語》巫(フ)。「霊巫(レイフ)」「霊偃蹇兮甲服=霊は偃蹇として兮甲服す」〔楚辞・東皇太一〕
  6. {名詞}水たま。つゆ。《同義語》胼(レイ)・零(レイ)。「霊雨既零=霊雨既に零つ」〔詩経・眇風・定之方中〕
  7. {名詞}君主の諡(オクリナ)の一つ。▽死後に災いをもたらしそうな人につける。「霊王」「霊公」。

字通

[会意]旧字は靈に作り、霝(れい)+巫(ふ)。霝は祝禱の器である𠙵(さい)を列して、雨乞いを祈る意。巫はその巫祝をいう。その雨をまた霝雨という。〔説文〕一上に字を𩆜に作り、「𩆜巫なり。玉を以て神に事(つか)ふ」とし、重文として靈をあげている。金文には字を霝に作り、また示を加え、心を加え、玉を加えるなどの字形がある。霝が初文、他はその繁文とみるべき字である。

烈(レツ・10画)

初出は新の隷書。カールグレン上古音はli̯at(入)。部品で同音の列を「烈に通ず」と『大漢和辞典』は言う。また「厲」(初出は西周中期)ときわめて近く通用すると、下掲『学研漢和大字典』『字通』は言う。

学研漢和大字典

会意兼形声。列は「歹(ほね)+刀」の会意文字。骨や肉がいくつにも分裂するさま。ずるずると裂けて並ぶ意を含む。烈は「火+(音符)列」で、ほのおがいくつにも裂けてもえ広がること。列(いくつにも裂けて並んだれつ)と同系。爛(ラン)(もえさかる)は、その語尾tがnに転じたことば。厲(ライ)(はげしい)はlɪad-lɪεiということばで、烈ときわめて近い。類義語に激・猛。「はげしい」は「激しい」とも書く。

語義

  1. {形容詞}はげしい(はげし)。火が勢いよく燃えさかるさま。また、燃えさかる火のようにはげしいさま。《類義語》猛。「烈火」「風烈(風がひどい、ひどい風)」「於今為烈=今において烈しと為す」〔孟子・万下〕
  2. {形容詞}行いや精神が強くきびしいさま。「忠烈」「烈士」。
  3. {名詞}目を見はるようなりっぱな業績。めざましいてがら。「功烈」「文謨武烈(ブンボブレツ)(周の文王の周到な政略や、武王のめざましい武功)」。

字通

[会意]列+火。〔説文〕十上に「火猛きなり」とし、列声とするが、字は列屍を焚(や)く意であり、ゆえに酷烈の意となる。字を功烈のように用いるのは、剌(れつ)の仮借。金文に烈祖を剌祖、烈考(父)を剌考、光剌(光烈)・剌刺(烈烈)のように、その意に剌を用いる。のち経籍には烈の字を用いる。字はまた厲(れい)と通用する。

璉(レン・15画)

初出は後漢の『説文解字』にも見えない。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はli̯an(上)。同音は蓮、連、聮(=連)、漣”さざなみ・つらなる”、輦”てぐるま”。

学研漢和大字典

形声。「玉+(音符)連」。

語義

  1. {名詞}祭りなどに用いる器。きびと、あわを盛って宗廟(ソウビョウ)に供える。木でつくるのが例だが、玉へんをそえるのは、貴重なものである意をあらわすため。「瑚茂(コレン)」。

字通

(条目無し)

中日大字典

【古】宗廟で用いられた穀物を盛る器.
〔瑚hú琏〕同前.

斂(レン・17画)

初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はgli̯am(上/去)。同音は僉を部品とする漢字群。蘞”草の名”、獫”口の長い犬”。部品の「僉」kʰsi̯am(平)が下掲『学研漢和大字典』の説により置換候補となりうるが、初出が戦国早期で、しかも「金+僉」で”つるぎ”の字形。会意・形声文字としての文字があるなら、部品の僉は更に古いだろう、という仮定の下に、論語時代の置換候補たり得る。

学研漢和大字典

会意兼形声。僉(セン)・(ケン)は、多くの物をつぼに寄せあつめたさまを描いた象形文字。のち「集めるしるし+二つの口+二人の人」の会意文字で示し、寄せあつめることを示す。のち、「みな」の意の副詞に転用された。斂は「攴(動詞の記号)+(音符)僉」で、引き絞ってあつめること。簾(レン)(引き寄せて片方にあつめるすだれ)・檢(=検。あつめて調べる)などと同系。類義語の収は、一か所にまとめること。聚は、引き縮めてあつめること。集は、多くの物を寄せあつめること。

語義

  1. {動詞}あつめる(あつむ)。絞るようにしてあつめる。多くの物をひと所に寄せあつめる。《類義語》聚(シュウ)・収。「収斂(絞ってあつめる、引きしめる)」「秋、省斂而助不給=秋には、省斂して不給を助く」〔孟子・梁下〕
  2. {動詞}おさめる(をさむ)。おさまる(をさまる)。たるんだものを引きしめる。また、散在したものがまとまる。「斂容=容を斂む」「斂眉=眉を斂む」「閉門自斂=門を閉ぢて自ら斂む」〔漢書・陳咸〕
  3. (レンス){動詞}死体を棺の中におさめる。▽闘(レン)に当てた用法。「斂不憑其棺=斂するに其の棺に憑らず」〔韓愈・祭十二郎文〕
  4. {動詞}しまる。発散せずに引きしまる。また、縮んで小さくなる。「収斂作用」「酸斂(サンレン)(酸性で、引きしめる薬のこと)」。

字通

[会意]僉(せん)+攴(ぼく)。僉は二人並んで祝禱する形。おそらく斂葬するときの儀礼であろう。死者に葬衣を被(き)せることを殮といい、棺に収めることを斂という。〔説文〕三下に「收むるなり」、〔釈名、釈喪制〕に「尸(し)に衣(き)せて棺するを斂と曰ふ」とみえる。そのとき遺愛のものを収斂し、副葬とする。すべて整えて収める意で、手を斂む、袂(たもと)を斂むなどは、その拡大用法である。賦斂誅求のように用いるのは、字の初義ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)