論語詳解055八佾篇第三(15)子太廟に入り’

論語八佾篇(15)要約:若き日の孔子先生。神主がもったいぶってやるあれこれに、一体何の意味があるのかと問いました。うろたえた神主は論点をずらしてまともに答えず、身分低く生まれた先生の出身をあげつらいます。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子入太*廟、每事問。或曰、「孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、每事問。」子聞之曰、「是禮也。」

校訂

武内本

太、唐石経大に作る。

定州竹簡論語

……事問。子聞之,曰:「是禮也。」51

復元白文

論語 子 金文論語 入 金文論語 大 金文論語 廟 金文 論語 每 金文論語 事 金文論語 問 金文 論語 或 惑 金文論語 曰 金文 論語 孰 金文論語 謂 金文論語 鄹 金文大篆論語 人 金文之 金文論語 子 金文智 金文論語 礼 金文論語 乎 金文 論語 入 金文論語 大 金文論語 廟 金文 論語 每 金文論語 事 金文論語 問 金文 論語 子 金文論語 聞 金文之 金文論語 曰 金文 論語 是 金文論語 礼 金文也 金文

※太→大・鄹→金文大篆。論語の本章は、也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

太廟たいべうりて事每ことごとふ、るひといはく、たれ鄹人すうひとれいると太廟たいべうりて事每ことごとふと。これいていはく、れいかなと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子聖蹟図 太廟問礼先生が魯国公の祖先祭殿に入って、事あるごとに質問した。ある人が言った。「誰だ、鄹ひとの子が礼法を知っていると言ったのは。祭殿に入って事あるごとに質問している」と。先生はこれを伝え聞いて言った。「これが礼法なのだなあ」と。

意訳

論語 孔子 ぼんやり
若い頃、国公の祭殿で祭祀の手伝いをしたことがある。バカげた偽善ごっこを神官どもがやっていたから、一体何の意味があるのかと一々問い詰めてやった。そしたらある神主が笑ったそうだ。「誰だ、あの乱暴者の小僧が礼法を知ると言ったのは」。聞いてつぶやいた。「迷信に付き合わんのが貴族のたしなみなんだがな」と。

従来訳

論語 下村湖人
 先師が大廟に入つて祭典の任に当られた時、事ごとに係の人に質問された。それをある人があざけっていった。――
「あの(すう)の田舎者のせがれが、礼に通じているなどとは、いったいだれがいい出したことなのだ。大廟に入つて事ごとに質問しているではないか。」
 先師はこれをきかれて、いわれた。――
「慎重にきくのが礼なのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子進太廟,每件事都問。有人說:「誰說孔子懂禮呢?進太廟,事事問。」孔子聽後,說:「這就是禮。」

中国哲学書電子化計画

孔子が魯国の祖先祭殿に入り、仕草のいちいちを全て質問した。ある人が言った。「誰が孔子を例に詳しいと言ったのか。祭殿に入って、事あるごとに質問している。」孔子は聞き終えたあと、言った。「これこそが礼だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 。」

太廟(タイビョウ)

論語 泰 金文大篆 論語 廟 金文
「泰」(金文大篆)・「廟」(金文)

論語の本章では”国公の霊廟”。「太」は「泰」の略字。後漢の『説文解字』が「泰」の古文として挙げたのが初出。従って「太」は、論語の時代に存在しない。「大」とあったのを、儒者がもったいをつけて書き換えたのだろう。詳細は論語語釈「泰」を参照。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 温 孰 字解
(金文)

論語の本章では疑問辞の”誰”。原義は”煮染める”。詳細は論語語釈「孰」を参照。

鄹人(スウひと)

論語 鄹 金文大篆 論語 人 金文
「鄹」(金文大篆)・「人」(金文)

論語の本章では、孔子の父、叔梁紇シュクリョウコツのこと。「鄹」は『大漢和辞典』によると、”あつまる”・”むら”だという。

この文字は後漢の『説文解字』にすら記載が無く、無論論語の時代からは発見されていない。部品の「聚」が現れるのも、楚・秦の戦国文字からになる。

しかしマイナーな地名が必ずしも青銅器に残るとは限らないので、論語の時代に文字や言葉が無かったと断定するのはためらう。だが「也」の用法から本章が後世の作文であるとするなら、やはり「鄹」そのものがでっち上げと思える。

『学研漢和大字典』では「鄹」は形声文字で、「邑+〔音符〕聚」という。また鄹に同じとあるのでそちらを引くと、形声文字で「邑+〔音符〕取」という。いずれも春秋時代の魯の邑(城壁で囲まれたむら・まち)で、孔子のうまれた所とし、今の山東省曲阜県という。

従来の論語本では、ここを”鄹の田舎者”と解するのがお作法になっているが、国都曲阜と鄹は隣町で20kmほどしか離れておらず、「鐘を叩けば聞こえる」と『左伝』に書かれたチュよりもずいぶん近い。「それほど国都の権威は高かったのだ」と解するのが一つ。
陬 地図

後漢末に書かれた王符の『潛夫論』によると、叔梁紇は「鄹大夫」(鄹の代官)だったという。『孔子家語』にもその記載がある。『潛夫論』は出世に失敗したひねくれ儒者の言い分であり、おそらく王符の想像の産物だろうが、それに従えば田舎者だのとさげすまれる程身分は低くない。

また『孔子家語』には叔梁紇を「武力絶倫の士」と記しており、下級の職業軍人だったと一般の論語本に言われる。そうなると孔子が笑われたのは、田舎者の子だったからではなく、神主から見れば野蛮な武人の子だったから、ということになる。

ひょろひょろ儒者の言いそうなことではある。だが史実の孔子は、当時の魯国の祭祀に通じてはいなかっただろう。孔子は母親が巫女だったから、それなりに祭祀の心得はあったが、民間の冠婚葬祭を職業とする巫女の祭祀と、国公の祭祀に違いがあるのは当然だからだ。

まして魯国は周王族の一人で、摂政まで務めた周公の末裔だから、その祭祀は一層格が高く、言い換えるなら知らねばならない有職故事が多かったはず。巫女の家上がりの孔子が、それに通暁していたとは考えがたい。

禮/礼

論語の本章では、二重の意味がある。魯国神官の発言では、”礼儀作法”。一方孔子の言う「礼」とは、理想的貴族=仁のスペックであり、行動指針。礼儀作法も含まれるが、既存の「礼」と孔子の言う「礼」は異なっていた。詳細は論語における「礼」を参照。

論語の時代、直に聞くのを「聴」、伝聞で聞くのを「聞」と使い分けた。詳細は論語語釈「聞」を参照。

論語:解説・付記

既存の論語本では吉川本に、「おそらくは孔子の急激な出世をそねむ人間であったであろう」とあるが全然違う。論語八佾篇10で検討した通り、孔子は古代には希な開明的精神の持ち主で、神や霊魂を正面から否定はしなかったが、迷信に振り回されることもなかった。

本章の時期は「鄹ひとの子」と神主が言ったことから、叔梁紇を直接知っている者がまだ神主の中に居た時で、つまりはまだ孔子が宰相格になる五十代よりずいぶん前になるが、孔子は神主がもったいぶってやる所作を、一体何の意味があるのかと問い詰めた。

背景に合理を背負っていない神主は、黒魔術的な作り事を言うか、相手の出身という、論点をずらした反撃しか、出来なかったに違いない。それに対して孔子は、「これが礼=貴族に相応しい教養である」と答えた。当時の貴族は戦士であり、孔子は合理的な貴族を目指した。

そこが孔子の革命児たるゆえんで、慣習を因習と斬って捨てた武装集団や官僚集団は、歴史のある段階で強大な力を持つことがある。それゆえ孔子とその一門は、門閥にも注目され、有能な人材として取り立てられることになった。それが孔子を宰相格まで上らせた。

「子は怪力乱神を語らず」(論語述而篇7)。この合理性は、孔子没後一世紀で孟子によって崩され、漢帝国による国教化で崩れが固定化し、宋学によって黒魔術化した。だが孔子のもつ合理性は、僅かではあるがその後の儒教にも残り続けた。

今うろ覚えで典拠が分からないが、ある男がいたずらで、山村の木のうろにウナギを入れておき、担ぎ回った村人によって「ウナギ教」が出来て大いに流行ったが、帰ってきた男がウナギ様を食べてしまい、とたんにウナギ教が滅んだという教訓小説が清代までにあった。

宮崎市定博士訳による『鹿州公案』にも、土着の淫祠邪教を打ち払うのが知識人たる儒者の務め、と主人公が張り切る場面がある。孔子の時代の儒学は決して黒魔術ではなく、庶民が成り上がって貴族になるための実用学問だった。神を担ぎ回る暇は、師弟共に無かったのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 現代の俗な礼儀ですら、次第書きのようなものがあるだけで、師匠の口伝や指導を受けないと、礼儀通りに行えない。これが先王の礼なら言うまでも無い。祭礼は孔子も学んで知りたもうたが、主君の祖先祭殿で祭祀の補助を務めたもうた際、所作ごとに必ず人に確認し、「これ礼なり」とのたもうた事からも、礼の重さが分かるだろう。 […]

  2. […] 神楽の舞踊の型とか、チンチンどんどんの伴奏とかである。それが何を意味しているか、「ある人」は興味を持って孔子に聞いたが、孔子は「そんなもんあるものか」と突き放したのだ。それを前提にすると、孔子が太廟で「ことごとに問う」理由も見えてくる(論語八佾篇15)。 […]