論語詳解056八佾篇第三(16)射は皮を主とせず’

論語八佾篇(16)要約:当時の貴族にとって必須の技能、弓術。戦場なら話は別ですが、稽古では射手の体力に合わせた方法を、それぞれに取るべきと孔子先生は言います。無差別級で競っては、力のない者は浮かばれない、そんなお話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「射不主皮、爲力不同科、古之道也。」

校訂

定州竹簡論語

……古之道也。」52


→子曰、「射不主皮、爲力不同科、古之道也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 射 金文不 金文主 金文皮 金文 為 金文力 金文不 金文同 金文斗 金文 古 金文之 金文道 金文也 金文

※科→斗。論語の本章は、「主」「之」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、しやかはあてどとせず、ちからすはしなおなじうせず、いにしへみちなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「弓術は的を目的としない。技能のある者は同じ組に入らない。これが昔からのやり方だ。」

意訳

弓術は、まとに当てるのを目的としない。各自の技能に応じて別々に競技する。これが古式ゆかしいやり方だ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
(しゃ)の主目的は的にあてることで、的皮(まとがわ)を射ぬくことではない。人の力には強弱があって等しくないからである。これは古の道である。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「射箭比賽不以射透為主,而主要看是否射得準確,因為人的力量不同,自古如此。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「弓矢の仕合は射貫くことが目的ではない。狙いが正確かを見るのだ。なぜなら人の筋力は同じでなく、昔からこうだったのだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指すが、そうでない例外もある。「子」は生まれたばかりの赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来る事を示す会意文字。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例があるが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。おじゃる公家の昔から、日本の論語業者が世間から金をむしるためのハッタリと見るべきで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

射(シャ)

射 甲骨文 論語 八佾篇 射
(甲骨文)

論語の本章では”弓術”。初出は甲骨文。「シャ」の音で”射る”を、「ヤ」の音で官職名を、「エキ」の音で”いとう”・”あきる”の意を表す。甲骨文の字形は矢をつがえた弓のさま。金文では「又」”手”を加える。原義は”射る”。甲骨文では原義、官職名、地名に用いた。金文では”弓競技”(義盉蓋・西周)の意に用いた。詳細は論語語釈「射」を参照。

君子=当時の貴族は戦時の将校を兼ねており、武芸として弓術は必須だった。孔子塾の必須科目、六芸にも入っている。

不(フウ)

不 甲骨文 花の構造
(甲骨文)

論語の本章では”…でない”。漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。詳細は論語語釈「不」を参照。現代中国語では主に「没」(méi)が使われる。

主(シュ)

主 金文 主 字解
(金文)

論語の本章では、”めがける”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は位牌で、もとは「示」と同一だった。金文では人名や氏族の称号に使われた。またうかんむりを加えた「宔」と記し、”あるじ”を意味もしたが、初出は戦国初期の「中山王鼎」。戦国の竹簡でも「宔」の字形が多く見られ、のち「宗」が分化した。詳細は論語語釈「主」を参照。

皮(ヒ)

皮 甲骨文 皮 字解
(甲骨文)

論語では本章のみに登場。論語の本章では、”(皮で作った)まと”。初出は甲骨文。同音に疲、罷、被、鞁”馬の飾り”。なお「比」”比べる・競う”はbʰi̯ər(平/去)またはpi̯ər(上/去)で、きわめて近い。字形は頭の大きな獣の皮+「又」”手”で、獣の皮を剥ぎ取るさま。原義は”皮(を剝ぐ)”。甲骨文での語義は不明。金文では褒美に与えた”皮”、戦国の金文では「彼」に通じて指示代名詞に用いた。詳細は論語語釈「皮」を参照。

儒者がでっち上げた面倒くさい射礼(じゃらい)=弓の儀式では、布の幕を張って中央に皮を張り、「鵠」と書いておく。これを侯(まと)という。鵠とは大型で白い水鳥のことだが、ここからまん中を射貫くこと、図星を言い当てることを「正鵠を射る」という。

侯 大漢和字典 服部宇之吉
ただし服部宇之吉・國譯漢文大成『論語』のような「しや主皮しゆひせず」といった、極めてふざけた訓読は許しがたい。主皮って一体何だ。それを明らかにするのが学者の仕事だろうに。こいつは漢文が読めなかったのだ。戦前の帝大漢学教授どもが、いかに下らない連中かをよく示している。

爲(イ)

為 甲骨文 為 字解
(甲骨文)

論語の本章では”する”。新字体は「為」。初出は甲骨文。原義は象を調教するさま。甲骨文の段階で、”する”や人名を、金文の段階で”作る”を意味した。それ以外の語義は戦国時代以降の後起。詳細は論語語釈「為」を参照。

力(リョク)

力 甲骨文 力 字解
(甲骨文)

論語の本文では”能力”。初出は甲骨文。「リキ」は呉音。甲骨文の字形は農具の象形で、原義は”耕す”。論語の時代までに”能力”の意があったが、”功績”の意は、戦国時代にならないと現れない。詳細は論語語釈「力」を参照。

同(トウ)

同 甲骨文 同 字解
(甲骨文)

論語の本章では”集める”→”同じにする”。初出は甲骨文。「ドウ」は慣用音。呉音は「ズウ」。甲骨文・金文の字形には下部の「𠙵」を欠くものがある。上部は人がかついで乗るこしで、貴人が輿に乗って集まってくるさま。原義は”あつまる”。甲骨文では原義に、また「興」の略字として”おきる”の意に用いた。金文では原義のほか、戦国の金文では”そろえる”の意に用いた。詳細は論語語釈「同」を参照。

科(カ)

科 隷書 科 字解
(前漢隷書)

論語の本章では”競技の等級”。論語では本章のみに登場。初出は前漢の隷書で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰwɑ。同音は薖(草の名・寛大なさま)のみで、同じく『説文解字』が初出。字形は「禾」”イネ科の植物”+「斗」”ます”+「一」で、穀物の種類ごとに印を付けたはかり。原義は”種類”。詳細は論語語釈「科」を参照。

部品の斗は、容量・重量の単位であり、それを量る柄杓の意でもある。つまり”量・程度”の意味があり、論語時代の置換候補となる。

古(コ)

古 甲骨文 古 字解
(甲骨文)

論語の本章では”むかし”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「口」+「中」”盾”で、原義は”かたい”。甲骨文では占い師の名、地名に用い、金文では”古い”、「故」”だから”の意、また地名に用いた。詳細は論語語釈「古」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

道(トウ)

道 甲骨文 道 字解
(甲骨文)

論語の本章では”やり方”。初出は甲骨文。「ドウ」は呉音。動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”。”言う”の意味もあるが俗語。字形に「首」が含まれるようになったのは金文からで、甲骨文の字形は十字路に立った人の姿。原義は”みち”。”道徳”の語義は戦国時代にならないと現れない。詳細は論語語釈「道」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで”である”。断定の意を示す。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定や詠歎、疑問や反語に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、「射不主皮」を前漢の『儀礼』が載せるほかは(郷射礼51)、先秦両漢の誰も引用していない。もっとも、「古之道也」は、各学派が自分の意見を正当化するために、多種多様に使っている。

湯又讓瞀光曰:「知者謀之,武者遂之,仁者居之,古之道也。吾子胡不立乎?」瞀光辭曰:「廢上,非義也;殺民,非仁也;人犯其難,我享其利,非廉也。吾聞之曰:『非其義者,不受其祿;無道之世,不踐其土。』況尊我乎!吾不忍久見也。」乃負石而自沈於廬水。

論語 荘子
(殷の湯王が夏の桀王を討とうとして家臣のベン隨、ボウ光に相談した。ところが二人とも「知りません」と言ったので、伊インを参謀にして桀王を討った。戦勝後、伊尹は宰相の地位を卞隨に譲り、卞隨はさらに瞀光に譲った。だが瞀光も嫌がった。)

湯王「頭の良い者は計略を考え、腕の立つ者は悪を斬り、人の良い者はふさわしい地位に就くのがいにしえの道だ。そなたほどの出来者が、何で仕事をしようとしないのだ?」

瞀光「お上を討つなどは正義に反します。いくさで民を殺すのは人の道ではありません。兵たちに死ぬ目に遭わせながら、自分はのうのうと王位に就いたのは、図々しい者のすることです。私はこう聞いております。”後ろ暗い話なら、報酬を受け取るな。ひどい世の中なら、そんな所から出て行け”と。それなのに殿は、私に宰相になれとは。とうてい耐えられません。おさらばでござる。」そう言って石を背負って川に身投げしてしまった。(『荘子』譲王15)

楊朱曰:「豐屋美服,厚味姣色,有此四者,何求於外?有此而求外者,无猒之性。无猒之性,陰陽之蠹也。忠不足以安君,適足以危身;義不足以利物,適足以害生。安上不由於忠,而忠名滅焉;利物不由於義,而義名絕焉。君臣皆安,物我兼利,古之道也

楊朱
楊朱「造りのよい住まいに縫いのよい衣服、美味しい料理に美しい異性、この四つのほかに、何が人に必要だろうか? それ以外を欲しがる奴は、貪欲の病気にとりつかれているのだ。この病は、陰陽の巡りにひそむ毒虫だ。

忠義を尽くしても主君が不安がる。それでは首をちょん切られる。正義を貫いても全然儲からない。自分の生涯が台無しになる。主君が安心するのは家臣の忠義にではない。だから忠義を言い立てる者は滅ぶ。儲かるのは正義に依らない。だから正義を言い立てる者は滅ぶ。

(そういううそデタラメが世に絶えて、)主君も家臣も信頼し合い、まわりも自分も儲かるのが、いにしえの道だ。」(『列子』楊朱17)

古者先王盡力於親民,加事於明法。彼法明則忠臣勸,罰必則邪臣止。忠勸邪止而地廣主尊者,秦是也。群臣朋黨比周以隱正道、行私曲而地削主卑者,山東是也。亂弱者亡,人之性也。治強者王,古之道也

韓非子
むかしの王は努めて民と親しみ、行政を行うには明示した法に従った。法が明示されていれば家臣は忠義を励み、罪は必ず罰すれば悪の家臣は居なくなった。

そのようにしたために領土を広げ、君権が強くなったのが秦国だ。家臣がつるんで正しい政道を阻み、私利私欲に走った結果、領土を縮め君権が弱くなったのが斉国だ。

乱れて弱くなったものは滅ぶのが、人の本来の姿だ。よく整い強い者が王になるのが、いにしえの道だ。(『韓非子』飾邪2)

さて論語の本章に話を戻せば、「爲力不同科」は現代スポーツの常識でもあり、読者にも納得できるだろう。だが「射不主皮」とは、なんたる馬鹿げた精神主義か、当たらねば意味が無いではないか、と思われても仕方が無い。だが弓は当てようとすればするほど、当たらない。

あらゆる武術に共通する鉄則は、無駄な力をかけないことだ。力んで立っている者が「膝カックン」で転ぶ道理と同じで、人間の筋力には限界があるからには、持てる力を必要なときに必要なだけ用いるのが、どの武術でも奥義と言ってよい。弓術もその例外でない。

弓は引き絞り、その体勢をしばらく維持する必要がある。この持久の必要があるために、余計な力を使ってはすぐにくたびれてしまう。いつ放つかは誰も教えてくれず、何も基準となるものがない。当てようとすればそこに欲が加わり、焦ってその時ではないのに放ってしまう。

あるいは放つべき時を失う。足の安定した射場で放つ場合ですら、たるか中たらないかは「それ」が決める(オイゲン・ヘリゲル『弓と禅』)。訳者はこの呼吸を自分の体験として文字にしようとしているのだが、こればっかりはどうも経験の無い人には伝えがたい。

孔子生前の弓とは、貴族の必須技能で、戦場で揺れる戦車に乗りながら、矢を中てる腕前が求められた。孔子塾の塾生は、ほぼ全てが庶民の出身で、孔子塾で学ぶことで、貴族に成り上がろうとした。だから孔子が言ったのは、「中てなくてよい」ということではない。

論語 春秋戦国時代 戦車
孔子一門にとって、射術は徹頭徹尾実用の技能で、最後には中たらなければならなかった。射の精神的な何かは、中たるに伴う技能に過ぎない。なぜなら中てられなければ貴族になれない。貴族になれないなら、孔子塾に入った意味が無い。詳細は論語における「君子」を参照。

中てなくてはならないが、中たるようになるに必要なカリキュラムや等級分け、それを説いたのが論語の本章と見るべきだ。まずは中てようとする欲を除く。次に出来すぎる者がまざって、他の者がやる気をなくすのを防ぐ。ドングリの背比べが、最も良く伸びるのだ。

ゆえにこの武術的背景を理解しないで、想像や猿真似で勝手なことを書いている「訳本」は、全てデタラメと断じてよろしい。下掲はその一例である。

吉川幸次郎
古注によれば、射不主皮と爲力不同科とは二つのことである。射とは、礼の儀式としての弓試合であり、皮とは弓試合の時の的であるが、皮を主とせずとは、的の皮に命中するばかりが能でなく、競技の態度が立派でなければならぬ。…力を為すとは力仕事の奉仕をすることであるが、…体力の差異に応じて違った仕事を課せられ、同一種の仕事をしない。このふたつのことは、いずれも古の道であるとする。新注の説は…力の科を同じゅうせざるが為なりと一連なりに読み、的の皮…を尊重しないのは、各人の体力に違いがあるからであり、かく個性を尊重するのが古の道であるといったとする。(吉川いぼぢろう『論語』)

孟子以降の儒者は「力を労せず心を労す」といい、箸と筆とワイロより重い物を持とうとしなかった。そして肉体労働を極端にいやしみ、その結果儒教文化圏ではまともな産業が育たなかった。吉川もその出来損ないの例で、日本人なら似たような連中を一人は知っているだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 例えばこの男は、論語八佾篇16をこう読み下している。 […]