論語詳解167述而篇第七(20)子は怪力乱神を語らず*

論語述而篇(20)要約:本章は故事成句として有名ではありますが、ただそれだけの事で、内容は孔子先生についての弟子の回想でしかありません。「ほう。出典はこれなのか」と思うだけで、読み飛ばしていいでしょう。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子不語、怪*、力、亂、神。

校訂

武内本

恠、唐石経怪に作る。

定州竹簡論語

……[不語怪,力,亂],162……


→子不語、怪力、亂神。

復元白文

子 金文不 金文語 金文力 金文 亂 金文論語 神 金文

※論語の本章は怪の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

くわいりよくらんしんかたらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生は、妖怪・怪力・動乱・死霊や万物の精霊を語らなかった。

先生は、怪力と筋目のない神霊を語らなかった。

意訳

論語 孔子 黙る
先生は、オカルトを話さなかった。

従来訳

論語 下村湖人
先師は、妖怪変化(へんげ)とか、腕力沙汰とか、醜聞とか、超自然の霊とか、そういったことについては、決して話をされなかった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子不談論:怪異、暴力、變亂、鬼神。

中国哲学書電子化計画

孔子は、妖怪、暴力、変乱、鬼神について語らなかった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

恠→怪

恠の字は『説文解字』にすら記載が無い。音カイ、「怪」の俗字と『大漢和辞典』はいう。

恠、俗怪字。〔正字通〕(『大漢和辞典』恠字条)

怪の初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkwæɡ。同音は存在しない。部品の「圣」は”精出して耕す”。近音に「鬼」ki̯wərがあり、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「怪」を参照。

怪・力・亂(乱)・神

論語の本章では、”常識を越えた怪しげな力や存在”。それぞれ四つと取るか、「怪力」=常識外れの力・「乱神」=いかがわしい神々と、二組と取るかでやや解釈が変わるが、要するに孔子はオカルトを語らなかったわけ。

ただし本章が戦国時代以降の創作であると確定すると、熟語の存在を認め得るので、「怪力」「乱神」と解することに根拠が出来る。

論語 怪 金文 論語 怪
「怪」(金文大篆)

「怪」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、圣(カイ)は「又(て)+土」からなり、手でまるめた土のかたまりのこと。塊(カイ)と同じ。怪は「心+(音符)圣」で、まるい頭をして突出した異様な感じを与える物のこと。

鬼(キ)(まるい頭をした奇怪なもの)・瘣(カイ)(まるく突き出たこぶ)などと同系のことば、という。

論語 力 金文 論語 力
「力」(金文)

「力」は『学研漢和大字典』によると象形文字で、手の筋肉をすじばらせてがんばるさまを描いたもの。仂(ロク)(ちからを入れる)・勒(ロク)(ぐいと力を入れて引く手綱)と同系のことば。

また「すじめを入れる」という点では、阞(ロク)(山のすじ→稜線(リョウセン))・里(田や町のくぎり)・理(すじめ)・陵(山のすじめ)と縁が近い、という。

論語 乱 金文大篆 論語 乱 篆書
「亂(乱)」(金文・篆書)

「乱」は『学研漢和大字典』によると”乱れる”が原義で、もつれた糸のこと。それを整えるので、”おさめる”という反対の意味が派生したという。一方『字通』では字形の意義はほぼ同じとしながらも、”おさめる”方が原義だという。

正反対の語義が生まれたのは、行為の為し手と受け手の立場から「乱」である状態を言うからで、矛盾ではないと『字通』はいう。詳細は論語語釈「乱」を参照。

論語 神 金文 論語 神
「神」(金文)

「神」は『学研漢和大字典』によると雷のような不可思議な自然の威力、という。

論語:解説・付記

上記の検証に拘わらず、論語の本章は史実である可能性を残している。本章のような伝承があった可能性を、否定できないからだ、論語の本章は、もしかすると論語憲問篇6で、怪力伝説を聞いて孔子が答えなかったことの別伝(吉川はこれをヴァリアントと言う)かも知れない。

論語 南宮括 子容
南宮适ナンキュウカツが孔子に問うて言った。「羿ゲイは弓の達者で、ゴウは舟を動かすほどの力士だったが、いずれもふさわしい死に方ができなかった。ショクは自ら田仕事をして天下を保有した。」先生は黙っていた。南宮适が先生の部屋から出た。先生が言った。「貴族らしいなあ、このような人は。人格力を尊んでいるなあ、このような人は。」

孔子が暴力沙汰を語らなかったという解釈は、「大成至聖文宣先師孔子」(大きな業績を成し遂げた万能の文化伝達者で万人の教師である孔子)として神格化された後の儒者のへつらいと思われ、訳者は賛成できない。論語時代の貴族とは、まさに暴力で国に仕える者だからだ。

歴代の儒者が武人をバカにし切っていたことは、それこそ例証の枚挙にいとまがないが、だからといって孔子は儒者が望むような、ひょろひょろの本の虫では全然無かった。むしろ猛々しい武人であり、2mを超す身長でポールウェポンをブンブン振り回す危険な人だった。
論語 孔子 TOP

従って孔子が語らなかったのは、武人としての現実主義から、あり得ない怪力伝説の類で、そのような夢想にふけるようでは、戦場に出ると真っ先に殺されてしまう。ラノベやファンタジーが好きだからといって、戦場がそんなものだろうと思う者は、君子になれないのである。

これは理解して貰えないかも知れないが、暴力はそれを身につけるほど、幻想が打ち砕かれる。現伝の中国武術にはハッタリが多いが、それは素人を驚かせて追っ払うためで、一種の現実主義だと訳者は見ている。一方日本武術は一般に、できるだけ目立たぬ事を事とする。

それも一種の現実主義で、徹底的に手の内を見せないことから、戦いがもう始まっている。足の置き方にもそれが現れ、有段者なら相手の歩き方を見るだけで、ケンカの強弱は分かるものだ。孔子が怪力を言わなかったのもリアリズムからで、別に暴力を毛嫌いしたわけではない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 「子は怪力乱神を語らず」と論語述而篇に言う。「鬼神を敬して遠ざく」と論語雍也篇に言う。孔子の回復を神頼みする子路を、論語述而篇ではたしなめた。「神に仕える法など知らん」と論語先進篇では突き放した。孔子は、その目に神が見える人ではなかったのだ。 […]

  2. […] さらに言えば、孔子の立場は無神論ではなく、神の有無を論じないことだった。ゆえに「怪力乱神」を語らないのであり(論語述而篇20)、大事の前の潔斎は慎重に行った(論語述而篇12)。無神論者にも落雷はあるように、自然の猛威は孔子もまた、大いに認めた現象だった。 […]