論語詳解153述而篇第七(6)道に志し徳に拠り’

論語述而篇(6)要約:孔子先生の説く、一門の行動要領。孔子塾は貴族に成り上がるための学び舎ですから、貴族に相応しい教養を身につけねばなりません。その要点は、認識力と、人格力と、貴族らしい挙措動作と、高尚な趣味でした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰*、「志於道、據於德、依於仁、游於藝。」

校訂

武内本

魏書崔光伝此章を引く、子曰の下に士の字あり、礼記少儀に「士依於德、游於藝」とあると同一句法。

定州竹簡論語

曰:「志於143……

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 志 金文於 金文道 金文 居 挙 舉 金文於 金文徳 金文 依 甲骨文於 金文仁 甲骨文 游 金文於 金文芸 金文

※據→居・依/仁→(甲骨文)。

書き下し

いはく、みちこころざし、とくり、じんり、げいあそべ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「貴族の行動規範を知ろうと志し、自分の人格力を頼りとし、貴族らしさを基準にし、教えた芸で暇つぶしをせよ。」

意訳

孔子
貴族らしい振る舞いとは何かを知れ。そうすれば迷いも怒りもなくなる。
自分の人格力だけに頼れ。そうすれば不安はなくなる。
常に貴族らしく振る舞え。そうすれば安らかな気持で長生きできる。
まともな芸事で暇を潰せ。そうすれば非難も体を壊すこともない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「常に志を人倫の道に向けていたい。体得した徳を堅確に守りつづけたい。行うところを仁に合致せしめたい。そして楽しみを六芸に求めたい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「樹立崇高理想、培養高尚品德、心懷仁慈友愛、陶冶高雅情操。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「崇高な理想を立て、高尚な人格を養い、心に仁慈と友愛を抱き、高雅な性格を鍛えよ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


論語の本章では”こころざす”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。同音の「識」に”かんがえ”の語釈を『大漢和辞典』が載せ、初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、志は「心+音符之」の会意兼形声文字で、心が目標を目指して進み行くこと、という。詳細は論語語釈「志」を参照。

道(トウ)

道 甲骨文 道 字解
「道」(甲骨文・金文)

論語の本章では”正しいやり方”。動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”。”言う”の意味もあるが俗語。初出は甲骨文。字形に「首」が含まれるようになったのは金文からで、甲骨文の字形は十字路に立った人の姿。「ドウ」は呉音。詳細は論語語釈「道」を参照。

德(徳)・仁・藝(芸)

徳 金文 孔子 TOP
「徳」(金文)

「徳」は決して道徳ではなく、技能や経験を背後にした人間の機能。
詳細は論語における「徳」を参照。

仁 金文大篆 貴族
「仁」(金文大篆)

「仁」は一般に論語における最高の人徳とされるが、孔子の生前では、道徳的な意味は全くない。単に弟子が目指すべき”貴族(らしさ)”。説教臭い意味が付け加わったのは、孔子没後から一世紀のちに現れた孟子からである。詳細は論語における「仁」を参照。

芸 金文 芸
「芸」(金文)

「芸」は孔子塾で必須科目として教えた六芸、すなわち「礼(礼法)・楽(音楽)・書(古典)・射(弓術)・御(馬車術)・数(算術)」。

ただし論語に言う芸が上掲の六芸だとする典拠は『周礼』であり、偽作の疑いがもたれている書でもある。しかし別の芸事とする根拠もなく、いまは伝統的解釈に従った。

『学研漢和大字典』によると「芸」の原義は「人が植物を土にうえ育てること」。詳細は論語語釈「芸」を参照。

於(オ/ヨ)

於 金文 於
(金文)

論語の本章では”~に”。初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、「はた+=印(重なって止まる)」の会意文字で、じっとつかえて止まることを示す、という。詳細は論語語釈「於」を参照。漢文では多くの場合”…で”を意味するが、他に”…を”を意味する場合もある。

據/拠

論語の本章では”その上に乗る”。論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯waɡで、同音に鐻”かねかけのあし・のこぎり・銀の耳輪”。鐻は春秋末期の金文が発掘されているが、語義が通じない。部品の豦は西周中期の金文が初出だが、語義が”おおぶた・虎が立ち上がる・組んでほぐれない”であり、語義が通じない。

『大漢和辞典』で通字として載る「据」ki̯oは初出が後漢の『説文解字』だが、同音部品の「居」ki̯oは論語の時代に存在し、置換候補となる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字。據は「手+(音符)豦(キョ)」の形声文字。拠は「手+(音符)處(しりを落ち着ける)の略体」。居(しりを落ち着ける)・据(すえる)と同系。類義語に憑。

『字通』によると形声文字。旧字は據に作り、豦(きょ)声。〔説文〕十二上に「杖もて持するなり」とあり、杖に拠る意とする。豦はおそらく鐘鐻(しょうきょ)のように安定してつながるものをいい、それに依拠する意であろう。また拠有することをいう。「法に拠る」「徳に拠る」のように、抽象的なものにも用いる、という。

依(イ・8画)

依 甲骨文
(甲骨文)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はʔi̯ər(平)。論語では本章のみに登場。『学研漢和大字典』によると会意兼形声。衣は、両わきとうしろの三方から首を隠す衿(エリ)を描いた象形文字。依は「人+(音符)衣(イ)」で、何かのかげをたよりにして、姿を隠すの意を含む。のち、もっぱらたよりにするの意に傾いた。類義語に憑、という。

『字通』によると会意。人+衣。衣は受霊に用いる霊衣。それを身につけることによって、その霊に依り、これを承継することができた。〔説文〕八上に「倚(よ)るなり」とし、字を形声とするが、金文に、衣中に人をしるす字形があり、わが国の「眞床襲衾(まとこおふふすま)」のような、受霊のための霊衣とみられる。安・保の古い字形にも「襲衾」をそえる形がある。〔詩、大雅、公劉〕は都作りの詩で、「京に于(おい)て斯(すなは)ち依る」「既に登り乃ち依る」なども、受霊に由来する用法であろう、という。

游(ユウ)

游 金文大篆 遊 金文
「游」「遊」(金文)

論語の本章では”暇つぶし”。「遊」は少人数で出かける地上の旅。大人数の場合は「旅」。「游」は少人数で出かける水上の旅、または”泳ぐ”。詳細は論語語釈「游」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は上記の検証に拘わらず、おそらく孔子の肉声ではないだろう。「據」の存在証明が苦しいのに加えて、本章でのみ登場する言葉が二つある上、話が整いすぎているからだ。

暇
どの文化圏でも生活に余裕が出て来ると、必ず問題になるのが暇のつぶし方で、その選択を誤ると麻薬のように犯罪につながったり、お笑いのように人を貶めて楽しむサディズムに陥る危険がある。孔子塾で教えた芸は就職のため→貴族に成り上がるためが第一番だが、仮に仕官できなくともまともで安上がりな暇つぶしにはなる。しかもこれらの芸は、他人を必要としない。馬車を除けば大がかりな道具も必要ない。個人で完結できるのである。

この個人完結は、「徳に據(拠)り」という言葉にも関連する。これは同時代の賢者ブッダが、自灯明=自らだけをよりどころとするのを説いたのと一致する。自灯明のためには自分に頼りがいが無くてはならないが、そのために徳=隠然たる能力・人格的迫力を養わなければならないわけ。

しかしいくら技能を身につけたとしても、他人や環境に振り回されては、いつまで経っても心の安らぎは得られない。そのためには、貴族らしい振る舞いを理解する必要があり、その軌範を知ろうとする企みが「道に志す」こと。

しかし同時に人間は社会的動物であり、また孔子一門は革命政党でもあるから、個人の安心立命だけを確立して、世間のことなど知りません、といった道家的態度は孔子には思いも寄らなかった。従って他人と接するには、貴族らしく、指導者として振る舞え、と説いた。

吉川幸次郎
なお既存の論語本では吉川本で、「道という言葉…宇宙の法則、またその一部分としての人間の法則…であり、そうした法則がなにか一つのものの上に顕現したものが徳であると私は理解している」と、吉川には珍しく言い切っている。但し何を言っているかさっぱり分からない。

吉川の時代、帝大文科の入試は事実上無試験である。頭が悪くて、徳とは何か、分かっていなかったのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする