論語詳解178述而篇第七(31)子、人と歌うて°

論語述而篇(31)要約:孔子先生は歌を歌うのが好きでした、という、弟子による思い出話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子與人歌而善、必使反之、而後和之。

校訂

定州竹簡論語

……[之,而後和]之。181

復元白文

子 金文与 金文人 金文歌 金文而 金文善 金文 必 金文使 金文反 金文之 金文 而 金文後 金文論語 和 金文之 金文

※歌→訶。

書き下し

ひとうたからば、かならこれくりかへ使め、しかうしてのちこれせり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生は人と歌っていいと思ったら、必ずもう一度歌って貰って、それに合わせて歌った。

意訳

上に同じ

従来訳

論語 下村湖人
先師は、誰かといっしょに歌をうたわれる場合、相手がすぐれた歌い手だと、必ずその相手にくりかえし歌わせてから、合唱された。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子和別人一起唱歌,如果別人唱得好,就必定要他再唱,然後自己跟著唱。

中国哲学書電子化計画

孔子は人と共に歌うとき、もし人が歌って上手ければ、すぐに必ず再度歌わせて、その後で自分も共に歌った。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

歌 金文 論語 歌
(金文)

論語の本章では”歌う”。詳細は論語語釈「歌」を参照。

なお現代中国語で兄を「哥哥クーク」といい、コワモテの街のおニイさんを「大哥ターク」という。

論語 善 金文 論語 善 字解
(金文)

論語の本章では”よいと思う”。『字通』による原義は”神に愛でられること”。詳細な語釈は論語語釈「美」・「善」を参照。

使

論語 使 金文 論語 使
(金文)

論語の本章では、使役を表す。詳細は論語語釈「使」を参照。

論語 反 金文 論語 反
(金文)

論語の本章では”繰り返す”。詳細は論語語釈「反」を参照。

論語:解説・付記

論語 徒然草
ただそれだけの話。『徒然草』六十五段に、「このごろのかぶりは、昔よりは遙かに高くなりたるなりとぞ、ある人おほせられし。古代の冠桶を持ちたる人は、端をつぎて今は用ふるなり。 」とあって、冠が高くなり、入れる桶を継ぎ足したことしか分からないのと同じ。

多芸な孔子が諸芸の中で音楽を最も得意とし、孔子塾の必須科目に音楽を含め、一般教育の基本に礼楽として礼とセットにしたのは、孔子の母が巫女だったことと無関係とは思われない。冠婚葬祭に音楽はつきものであり、論語時代では葬儀であっても、盛んに鳴り物を鳴らした。

母もまたよく歌っただろうし、孔子はそれを聞いて育ち、母の属する呪術者集団の楽師から、音楽の手ほどきを受けただろう。一般的な論語の解説では、孔子は魯の師ジョウ子に音楽を学び、周の都城・洛由に留学した際、チョウ弘という大臣からも音楽を教わったことになっている。

前者はともかく後者は怪しいが、孔子にとって音楽は、普段関わりのない人と自分とを結ぶきっかけでもあった。石の打楽器を孔子が打った際、その音を聞いて賢者とおぼしき人が評論して門の外を通り過ぎる話が論語憲問篇にあり、本章のように見知らぬ人とも歌ったのだろう。

かように孔子塾で重視された音楽でありながら、中国人は物持ちが悪く、孔子が歌ったり奏でたりした曲は何一つ残っていないのは残念である。現存する最古の論語は日本に残った本であり、『史記』に至っては一旦中国で全滅し、日本から逆輸入している。

以下、場所塞ぎのために儒者の御託を記しておく。

古注『論語義疏』

子與人歌而善必使反之而後和之註樂其善故使重歌而後自和之也疏子與至和也 此明孔子重於正音也反猶重也孔子與人共歌若彼人歌善合於雅頌者則孔子欲重聞其音曲故必使重歌也重歌既竟欣之無己故孔子又自歌以荅和之也衛瓘曰禮無不荅歌以和相荅也其善乃當和音不相反故今更為歌然後和也

本文「子與人歌而善必使反之而後和之」。
注釈。善い音楽はそれを理由に繰り返し歌わせてその後で自分も合わせて歌ったのである。

付け足し。先生は一緒に合わせるに至ったのである。これは孔子が正しい音楽を重んじたことを明らかにしたのである。反とは重ねるようなことだ。孔子は人と歌って、もしその人が歌うのが上手く、みやびな歌によく叶っていれば、すぐさま孔子はその曲を重ねて聞きたがった。だから必ず重ねて歌わせたのである。重ねての歌が終わってその余韻を楽しんで忘我の境地にあった。だから孔子はもう一度自分で歌って、歌って貰った事へのお返しにした。

衛瓘「礼法の定めではお返しに歌わないということはなく、歌い返すことで互いの応答とする。善い歌声とは必ず音が調和し争わない。だからもう一度繰り返してその後で合わせて歌ったのである。」

新注『論語集注』

和,去聲。反,復也。必使復歌者,欲得其詳而取其善也。而後和之者,喜得其詳而與其善也。此見聖人氣象從容,誠意懇至,而其謙遜審密,不掩人善又如此。蓋一事之微,而眾善之集,有不可勝既者焉,讀者宜詳味之。

和は尻下がりに読む。反とは繰り返すことである。必ず繰り返して歌わせたのは、歌の詳細を知りその善き所を会得するためである。その後で合わせて歌ったのは、詳細が分かったことを喜びその善き所を共有しようとしたためである。ここから聖人の気性が穏やかで、真心があり懇ろであり、そして謙遜して詳細を知りたがることがわかる。人の善き所を覆い隠したりしないのもその一つである。思うにたった一つの善いことでも、それが集まれば、数え上げることが出来ないほどになる。論語を読む者は、このあたりをよく味わわねばならん。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)