論語詳解179述而篇第七(32)文莫はなお人の’

論語述而篇(32)要約:自分はまだ至らないという、孔子先生の自分語り。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「文莫吾猶人也。躬行君子、則吾未之有得*。」

校訂

武内本

清家本により、文末に也の字を補う。

定州竹簡論語

……曰:「文幕a,吾猶人也,躬b君子,則吾未之有得也c。」182

  1. 幕、今本作「莫」、二字通。
  2. 今本「躬」下有「行」字。
  3. 也、阮本無、皇本・高麗本「得」下有「也」字。

→子曰、「文幕吾猶人也。躬君子、則吾未之有得也。」

復元白文

子 金文曰 金文 文 金文 莫 金文吾 金文猶 金文人 金文也 金文 身 金文君 金文子 金文 則 金文吾 金文未 金文之 金文有 金文得 金文也 金文

※幕→莫・躬→身。論語の本章は、也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、文莫つとめもとむることはわれひとのごときかななりみづか君子くんしたるは、すなはわれいまこれることらざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「努力については私は人並みだなあ。この身で貴族らしく振る舞うことは、全くまだ出来るようになっていないなあ。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
人並みの努力は出来る。でもまだ貴族らしくなっていない。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「典籍の研究は、私も人なみに出来ると思う。しかし、君子の行を実践することは、まだなかなかだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「在理論知識方面,我還過得去;在品德修養方面,我卻做得不夠好。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「理論や知識については、私はよく分かっているが、人格修養では、私は今なお十分ではない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”~もまた”。詳細は論語語釈「猶」を参照。

文莫吾猶人也

論語の本章では、”努力は人並みに出来るのだ”。

伝統的には「文は吾れ人の猶(ごと)くなること莫(な)からんや」と読み、従来訳のように訳する。しかし論語の解説本の中では藤堂本によると「文莫ブンバク」=勉慕ベンボであり、”つとめ求めること”。北中国の方言だという。武内本には、「忞慔の仮借黽勉と同意」とある。

『大漢和辞典』の語釈は以下の通り。
文莫 大漢和辞典

「幕」の初出は後漢の『説文解字』。カールグレン上古音はmɑk。藤堂上古音はmak、”無い”の意では「莫」と同音。「莫」のカ音は不明。詳細は論語語釈「莫」を参照。

躬(キュウ)

論語 躬 金文大篆 論語 体操 躬
(金文)

論語の本章では、”自分で(そうなる)”。『学研漢和大字典』による原義は曲がる体。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。部品の身の字は存在した。詳細は論語語釈「躬」を参照。

君子

論語の本章では”貴族”。君子に面倒くさい語義をなすりつけたのは、孔子から一世紀後の孟子。詳細は論語における君子を参照。

躬君子、則吾未之有得也

「躬君子」が主部、「則吾未之有得也」が述部でしかあり得ない。すると「躬君子」は”自分で貴族になること”の意で、「躬」に”自分で…する”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。直訳すれば「躬君子」は”自分で君子を実行する”。つまり、君子=貴族らしく振る舞うこと。

「則吾未之有得」を「未だ之得る有らず」と訓んだのは、「否定辞+目的語代名詞+述語動詞」の古い形だから。「之」は「有得」の主語ではなく、目的語である。この点から、本章は古い中国語の形を残しており、史実である可能性は高い。

論語:解説・付記

論語 藤堂明保
藤堂博士は音から漢字学を究めた人だけあって、所説に説得力がある。この章は訳者にとって、短くつまらないご老人の愚痴に過ぎないが、孔子が普段地元の方言で授業を行っていた証拠になるから価値がある。

ご存じかも知れないが、中国語は方言の違いが甚だしく、北京から100km強離れただけの天津に行くと、もう言葉が通じない。現代日本人が中国語を聞くと、「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」が多くて時に滑稽に聞こえるが、これは清朝の時代に満州語が入った影響だという。

それでも生粋の北京人が話す北京語(北京ペイチン官話クワンホワ)は、耳で聞いた音が音楽のようでなるほど美しく、清末の政治家・康有為が、大幅な社会改革を唱えながら、中国語に関してのみ、「音の妙なるものあり」と言って(『大同書』)、北京官話ぺきんかんわにこだわったのもうなづける。
論語 中国語

孔子は自分の話す華北方言をどう思ったのだろうか。魯国は文化的には由緒正しい国だから、劣等感は持たなかっただろう。ただし古典文化をあこがれるように眺めた孔子にとっては、講義の解説は地元の言葉で言っても、古典の読みは古語だったと論語述而篇17に記されている。

するといわゆる標準語にあこがれたのだろうか。それとも、中国全土からやって来た弟子たちに教えるには、方言の違いを乗り越えた標準語が必要だったのだろうか。日本の江戸時代、まるで言葉が通じない薩摩と津軽の藩士は、謡曲の言葉で語ったと司馬遼太郎氏が書いている。

その元ネタはたぶん春台先生だが、とあれ標準語へのあこがれは、中国人も同様だった。

論語 笑府 馮夢竜
兄弟で行商をしている者がいた。出稼ぎ先ですこし標準語をかじり、家に帰って自慢しようとしたのだが、兄は急に腹具合が悪くなって、川岸にしゃがんだ。先に家に帰った弟が、父に帰りの挨拶をしていると、父は兄はどこだと聞いた。

弟「撒屎(サースー:大きいのをしにいきました)。」
父「殺死(サースー:殺されたって)! どこでじゃ。」
弟「河南(ホーナン:川の南岸です)。」
父「河南(ホーナン:河南省じゃと)!」

そんな異境の地で哀れな、と父がシクシク泣いていると、兄がさっぱりした顔で帰ってきた。父は真っ赤になって弟を怒鳴りつけて言った。

「このウソツキめが! お前の標準語など、わしを怒らせるタネにしかならぬわ!」

(『笑府』巻九・官話)

論語時代の中国にも、きっと似たようなけしきがあっただろう。

最後に、儒者の御託をしるしておく。

古注『論語集解義疏』

子曰文莫吾猶人也註莫無也文無者猶俗言文不也文不吾猶人者言凡文皆不勝於人也躬行君子則吾未之有得也註孔安國曰躬為君子行己未能得之也疏子曰至得也 云文莫吾猶人也者孔子謙也文文章也莫無也無猶不也孔子言我之文章不勝於人故曰吾猶人也云躬行君子則吾未之有得也者又謙也躬身也言我文既不勝人故身自行君子之行者則吾亦未得也 註文無者猶俗言文不也 何云俗云文不當是于時呼文不勝人為文不也

本文「子曰文莫吾猶人也」。
注釈。莫は無である。文無は、俗な言葉で言う文不と同じである。「文不吾猶人」とは、なべて文とは全て人より優れない事を言う。

本文躬行君子則吾未之有得也」。
注釈。孔安国「自分で君子になることが、まだ出来ないと言っている。」

付け足し。先生は得ることの極致を言った。「文莫吾猶人也」とは、孔子の謙遜である。文とは文章である。莫とは無である。無とは不のようなものだ。孔子は”私の文章は人より不出来だ”と言った。だから「吾猶人也」と言った。「躬行君子則吾未之有得也」とは、これも謙遜である。躬とは身である。”私の文章は人より不出来だから、君子らしく振る舞うこともまだ出来ない”と言ったのである。

注釈。文無とは俗な言葉で言う文不である。

何晏「俗に文不と言うのは、つまり当時人より文章が優れないのを”文不”と言ったのである。」

新注『論語集注』

莫,疑辭。猶人,言不能過人,而尚可以及人。未之有得,則全未有得,皆自謙之辭。而足以見言行之難易緩急,欲人之勉其實也。謝氏曰「文雖聖人無不*與人同,故不遜;能躬行君子,斯可以入聖,故不居;猶言君子道者三我無能焉。」

莫とは疑問詞である。「猶人」とは、人より優れることが出来ないが、人並みではある、の意である。「未之有得」とは、つまり全く出来ないの意だが、これらは全部謙遜である。このことから、言行の難しさと緩やかに言うことの容易さを見て取れる。このように言って、人に言行の裏付けに努めるよう願ったのである。

謝良佐「文章について聖人は人と同程度ではなかったから、あえて譲らなかった。だが君子を実践できるなら、それはもう聖人の境地だ。だからその境地に居ないと思い、”君子の三つの道が出来ていない”(論語憲問篇30)と言ったのである。」


※無不:不の誤りとして読まないと文意が通じない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)