論語詳解173述而篇第七(26)子、釣りして°

論語述而篇(26)要約:孔子先生は動物にも情けをかけました、という弟子による思い出話。しかし語った者たちは極めて怪しい人たち。実話でしょうか?

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子釣而不綱、弋而不射宿。

校訂

→子釣而不網、弋而不射宿。

※「綱」”つな”の初出は後漢の『説文解字』で、「網」”あみ”の誤記と思われる。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文釣 金文而 金文不 金文罔 網 金文 弋 金文而 金文不 金文論語 射 金文論語 宿 金文

書き下し

つりあみ(はえなは)せず、いぐるみ宿やすめるをず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生は一本釣りはしたが、延縄で一度に釣りはしなかった。射ぐるみはしたが休む鳥は射なかった。

意訳

先生は生き物もむやみにいじめなかった。魚を釣るのは一本釣りだけ、鳥を射るのは矢に糸を付けた射ぐるみだけ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師は釣りはされたが、(はえなわ)はつかわれなかった。また矢ぐるみで鳥をとられることはあったが、ねぐらの鳥を射たれることはなかった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子衹釣魚而不撒網、衹射飛鳥而不射睡鳥。

中国哲学書電子化計画

孔子は魚を釣るだけで、投網はしなかった。飛んでいる鳥は射たが、眠っている鳥は射なかった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

釣(チョウ)

釣 金文 論語 釣
(金文)

論語の本章では、”釣りをする”。論語では本章のみに登場。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「金+(音符)勺(シャク)(液体の中の一部を高くとりあげる)」で、水中の魚を金ばりでつって、高く水面上に抜き出すこと。杓(シャク)(ものをすくって抜きあげる道具)・酌(シャク)(酒を抜きあげるようにしてくみ出す)・的(テキ)(高くかかげたまと)と同系のことば、という。

『字通』によると形声文字で、勺(ちよう)声。勺は刁(ちよう)より転じた形であろう。刁は釣針の形。〔説文〕十四上に「魚を鉤するなり」という。鉤は釣針、句曲の義をとる字である、という。

綱(コウ)

論語 綱 金文大篆 論語 綱
(金文大篆)

論語の本章では、”はえ縄ででごっそり魚を捕る”。論語では本章のみに登場。

「網」の誤記だろうということで、「釣りして網(あみ)せず」と読む場合もある。意味はほぼ同じで、やはり”網でごっそり捕る”。食べたり祭祀に必要な分だけ取ればいいとし、ごっそり取らなかった、ということ。

綱は川に杭を打って綱を渡し、そこからたくさんの針を下げて大量に取ること。サビキ釣りのように、一本の釣り糸に枝分かれした沢山の釣り針がついた仕掛けではないと思われる。

「綱」の初出は後漢の『説文解字』だから、やはり誤記と思われる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、岡(コウ)の原字は、太づなを描いた象形文字。それに山印を加えたのが岡(崗)の字で、丈夫でかたい山。綱は「糸+(音符)岡」で、丈夫でかたい太づなのこと。剛(ゴウ)・(コウ)(丈夫でかたい)と同系のことば、という。

『字通』によると[形声]声符は岡(こう)。岡は鋳造のときの鋳型。高熱によって堅強となるものであるから、その声義をとる。〔説文〕十三上に「网(あみ)の紘(おほづな)なり」(段注本)という。〔書、盤庚上〕に「網の、綱に在りて、條有りて紊(みだ)れざるが若(ごと)し」、〔詩、大雅、巻阿〕「四方、綱と爲す」のように、秩序の基本の意に用いる、という。

論語 罔 網 甲骨文 論語 網 金文
「網」(甲骨文・金文)

「網」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、罔はもと、あみを描いた象形文字。網は「糸+(音符)罔(モウ)」で、かぶせて見えなくするあみ。または、目に見えにくくてかぶさるあみ。罔と同じ。亡(見えない)・茫(ボウ)(見えない)などと同系のことば、という。

『字通』によると[象形]網の形で、罔・網(もう)の初文。〔説文〕七下に「庖犧(はうぎ)氏、繩を結びて以て田(かり)し、以て漁する所なり。冂(けい)に從ふ。下は网の交文に象る」(段注本)とし、重文四を列する。庖犠が網を作ったとする説は、〔易、繫辞伝下〕にみえる。字は綱から網糸を垂れる形で、境界を示す冂に従うものではない。のち声符の亡(ぼう)を加える、という。詳細は論語語釈「網」を参照。

弋(ヨク)

論語 弋 金文 論語 弋
(金文)

論語の本章では”いぐるみする”。遊弋の「弋」。論語では本章のみに登場。『大漢和辞典』の第一義は”杭”、第二義が”いぐるみ”。矢に糸を付けて鳥を射ること。糸が鳥に絡んで落としやすい。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、上端にまたのついた棒ぐいを描いたもので、棒ぐいの形をした矢にひもをつけて放つので弋射(ヨクシャ)のこととなり獲物をからめとる意ともなった。杙(くい)の原字、という。

『字通』によると[象形]いぐるみの矢の形。その矢に紐をつけた形は弔で、繳(しやく)の初文。〔説文〕十二下に「橛(けつ)なり。折木の衺(なな)めに鋭く著く形に象る。𠂆(えい)に從ふ。物の之れに挂(かか)るに象るなり」とあり、鋭くうちこんだ杙(くい)の形であるとするが、字は弋射の象。叔(しゆく)の音でよみ、金文に伯叔。また淑善の意に用いる、という。

宿

論語 宿 甲骨文 論語 宿 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”休む”。『大漢和辞典』の第一義は”やどる”。枝に鳥が止まり、眠ること。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、宿の原字は四角い物が縮んで、しわのよったさま。また、囗印であらわされるふとんに、二人の人が縮んで寝るさまと考えてもよい。宿は、それに人と宀(やね)を加えたもので、狭い所に縮んで泊まる意味を含む。

また、伸(のびる)や信(のびる)の反対で、進行や発散をやめてとまるの意に転じて用いる。縮(ちぢむ)・蹙(シュク)(ちぢむ)・粛(ひきしめる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「宿」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子の仁慈は動物にも及ぶ、と言いたい弟子による挿話。思い出話だから、事実かは分からないし、孟子のような世間師にとってはウソでもよかった。孟子は孔子を神格化することでのみ、食べる道があったからだ。現代の論語読者が真に受けるべき話ではない。

孔子の教説の中心には礼法があり、それは身分秩序をうるさく説くものだった。従って民はいじくり徴税する対象であって、共に生きる人間ではなかった。君子と小人の区別を、論語で幾度も繰り返すのはその現れ。まして動物にまで仁慈を及ぼすなどとは思ってもいない。

無論、理由無く動物をいじめるようなことはしなかっただろう。孔子は肉体的にも智力的にも強者であり、弱い者いじめの趣味を持たずに済んだからだ。しかし曽子派→孟子はそうではなく、智力的には孔子どころか子貢一派にも遠く及ばず、肉体のひ弱は言うもお粗末だった。

論語 孔子 TOP
もし孔子が論語の本章のようなことを実際に行ったとするなら、それは強者としての当たり前の振る舞いに過ぎず、そこに意義があるとするなら、政治家として資源保護を思ってのことだろう。食べ物を無駄にすればそれだけ飢える民が増え、税収も徴兵もままならないからだ。

孔子は祭祀に必要なら、躊躇無く牛を殺す人物だったし(論語雍也篇6)、もはや意味の無くなった祭祀でさえ、ヒツジを殺せと言っている(論語八佾篇17)。人命を尊びはしたが、動物の命は人間とはっきり区別して考えている。単に無駄といじめをしなかったに過ぎない。

但しその過ぎないことが、訳者のような凡夫には難しい。なお孔子と魚については、次のような伝説が後世に語られた。後世と言っても、現伝の論語は成立が後漢末まで下がるから、ほとんど成立年代は変わらない。

論語 孔子家語 孔子聖蹟図  受魚致祭孔子が楚に行き、漁師が魚を差し出したことがあった。孔子は受け取らなかった。

漁師「暑い日和で、売るにも市場は遠く、調理するにも場所がありません。考えた末、肥溜めに捨てるよりは、君子の方に差し上げた方がいいかと思って。だからこうしたのです。」

それを聞いた孔子は漁師を二度拝んで魚を受け取り、弟子に地面を掃除させて、魚を祭ろう(魚の葬儀をする)とした。

門人「漁師は捨てようとしたんですよ? 何でわざわざ祭るのです?」

孔子「こういう話がある。まじめに働いた結果がダメになるのを惜しんで人に与えるのは、仁者と同じだと。どうして仁者から受け取ったご馳走を、祭らないでいられようか。」(『孔子家語』致思第八(2)

なお孔子が「君子」と「小人」の区別をうるさく説いたことと、自らが身分秩序の破壊者であったこととは、何ら矛盾しない。平民以下から成り上がるからには、貴族よりも貴族らしくなれ、というのがその教説だからだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)