論語詳解174述而篇第七(27)けだし知らずして’

論語述而篇(27)要約:孔子先生は知ったかぶりをして本を書きませんでした、という、先生の自分語りを記憶していた弟子の思い出話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「蓋有不知而作之者、我無是也。多聞、擇其善者而從之、多見而識之、知之次也。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「蓋有弗智也a而作之者,我無是。多聞,擇其善172而從之;多聞而志之b,智之次也。」173

  1. 弗智也、今本作「不知」。
  2. 多聞而志之、今本作「多見而識之」。

→子曰、「蓋有、弗智也而作之者。我無是。多聞、擇其善而從之。多聞而志之、智之次也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 蓋 金文有 金文弗 金文智 金文也 金文 而 金文作 金文之 金文者 金文 我 金文無 金文是 金文 多 金文聞 金文 擇 金文其 金文善 金文而 金文従 金文之 金文 多 金文聞 金文而 金文止 志 金文之 金文 智 金文之 金文次 金文也 金文

※志→止。論語の本章は也の字を断定で用いている。本章には戦国時代以降の儒者による改変が加わっている。

書き下し

いはく、けだらん、らざるなりこれものわれこれし。おほきて、きをえらこれしたがふ。おほこれしるすは、つぎなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「考えてみれば、本当に知らないのに行う者がいるだろうが、私にはない。沢山聞いて、そこからよいものを選んでそれに従う。沢山聞いてそれを書き記すのは、知るの次だ。」

意訳

孔子 人形
ある者が書いた本を読んだ。…何だこれは。分かっとらんのに書いてるな。私は違うぞ、たくさん情報は取るが、いいものだけを書き留めておく。闇雲に聞きかじった情報を書き記しているのは、まだ知には至っていない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「無知で我流の新説を立てる者もあるらしいが、私は絶対にそんなことはしない。私はなるべく多くの人の考えを聞いて取捨選択し、なるべく多く実際を見てそれを心にとめておき、判断の材料にするようにつとめている。むろん、それではまだ真知とはいえないだろう。しかし、それが真知にいたる(みち)なのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「有一種人,不瞭解情況就冒然行事,我不會這樣。多聽,向先進人物學習;多看,把細節牢記在心。就是掌握知識的最好方法。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「ある種の人間は、事情がよく分かっていないのに行動へと突進する。私にはそのようなことが無い。多くを聞き、先達に学ぶ。多く見、細部まで把握して心に留める。これが知識を得る最も良い方法だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

蓋(ガイ)

蓋 金文 蓋
(金文)

論語の本章では、”考えてみると・おそらく”。『大漢和辞典』の第一義は「天蓋」のように”覆う・覆うもの”。句頭に来る時は「けだし」と読み、特に意味のない場合と、”思うに…”という推量を表す場合がある。詳細は論語語釈「蓋」を参照。

論語の本章では否定の助辞。『学研漢和大字典』によると漢代以前と以後で用法が異なり、以前は目的語を持たない動詞の否定に用いられたという。以後は「不」と同様に用いられた。『字通』によると否定辞に用いるのは仮借だが、孔子生誕頃の金文「叔夷鎛」に、すでに否定辞としての用例があるという。詳細は論語語釈「弗」を参照。

知(チ)

知 智 甲骨文 知 字解
(甲骨文)

論語の本章では”知る”。現行書体の初出は秦系戦国文字。孔子在世当時の金文では「智」と区別せず書かれた。甲骨文で「知」・「智」に比定されている字形には複数の種類があり、原義は明瞭でない。ただし春秋時代までには、すでに”知る”を意味した。”知者”・”管掌する”の用例は、戦国時時代から。詳細は論語語釈「知」を参照。

作(サク)

作 甲骨文 作 字解
(甲骨文)

論語の本章では、論語述而篇1と同様、”新説を立てること”。初出は甲骨文。金文まではへんを欠いた「乍」と記される。字形は死神が持っているような大ガマ。原義は草木を刈り取るさま。”開墾”を意味し、春秋時代までに”作る”・”定める”・”…を用いて”の意があったが、”する”・”…になる”・”突然”・”しばらく”の意は、戦国の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「作」を参照。

論語の時代では、直に聞くのを「聴」、伝聞するのを「聞」と使い分けた。詳細は論語語釈「聞」を参照。

擇/択

論語の本章では”選ぶ”。詳細は論語語釈「択」を参照。

識 金文
(金文)

論語の本章では、”知る”ではなく”書き記す”。詳細は論語語釈「識」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、上記の検証結果にも拘わらず、史実である可能性を残している。全ての字が素直に春秋時代の金文に復元できるためで、もし「也」が「已」とあったら、全き春秋時代の中国語と言える。文末の「也」も、詠歎と解せないことはない。

また本章がもし後世の創作だとすると、創作の意図が分からない。本章によって、儒者が得できるような何かを想定しがたいからだ。従って以下、本章を史実として検討する。

吉川幸次郎
従来の論語本では吉川本に、読みに別の説を立て、「多見而(擇其善者)識之」を補うべきだとする。つまり聞くのも見るのも孔子の行動で、従来訳のような訳になる。知に関わることばは全て孔子の発言としなければごますりが完成しない儒者の常套手段で、根拠がない。

無理な読みを立てるから、「真知」などという禅問答のような、論語読者を困らせる新語をこしらえるハメになる。孔子が論語で言う「知」は、一般動詞でなければ礼法の項目を知ることであり(論語における「知」)、礼法とはすなわち孔子の夢想する仁者のスペックだった。

そして仁者とは、孔子没後一世紀のちに現れた孟子が「仁義」を言い出すまで、理想の貴族を意味するに過ぎなかった。だから礼法が、情報をまとめ上げる原則たりえた。孔子が論語顔淵篇15で、「広く学んで知識を礼で秩序立て、まとめろ」と教えたのはそれゆえである。

つまり孔子塾で教授するのは、全て貴族に成り上がるための教養であり、その目標をずらしてはならない、と教えたわけ。ただのもの知りやオタクを養成してはいなかった。それなりに手間暇掛かる学業の目的を忘れないことは、学習意欲を維持するために必要だったからだ。

また弟子の顔回は、「自分の学んだ情報を先生は礼でまとめて下さった」と論語子罕篇11で言ったが、仕官しなかった顔回も、ただのもの知りになるために孔子に入門したのではないと自覚していたことになる。

従って孔子と仁者の理想像を同じくしない人物は、どんなに情報を多量に持っていようとも、それは知者ではあり得ない。その意味で孔子は極めて独善的であり、現代の論語読者はうっかり引き込まれないように気を付ける必要がある。それは孔子の教えにもかなっている。

子貢 遊説 孔子 居直り
子貢「ある村です。”この人ですこの人です、この人いい人です”とみなが言います。」
孔子「それだけじゃ分からんよ。」
子貢「別の村です。”こいつですこいつです、こいつ悪党です”とみなが言います。」
孔子「それだけじゃ分からんよ。ただ有能か無能かは分かる。大勢が言おうと、人の人格は決まらないよ。」(論語子路篇24)

それでは以下、儒者の感想文。

古注『論語集解義疏』

子曰蓋有不知而作之者我無是也註苞氏曰時人多有穿鑿妄作篇籍者故云然也多聞擇其善者而從之多見而識之知之次也註孔安國曰如此次於生知之者也疏子曰至次也 云葢有云云者不知而作謂妄作穿鑿為異端也時蓋多有為此者故孔子曰我無是不知而作之事也云多聞擇其善者而從之者因戒妄作之人也言豈得妄為穿鑿也人居世間若有耳多所聞則擇善者從之者也云多見而識之者若因多所見則識錄也多見不云擇善者與上互文亦從可知也云知之次也者若多聞擇善多見錄善此雖非生知亦是生知之者次也

本文「子曰蓋有不知而作之者我無是也」。
注釈。苞氏「当時の人は、重箱の隅を突いてデタラメな本を書く者が大勢居たので、こう言ったのだ。」

本文「多聞擇其善者而從之多見而識之知之次也」。
注釈。孔安国「このような連中は、生まれながらに賢い孔子様には及ばないのだ。」

付け足し。先生は自分に次ぐものを言った。「葢有うんぬん」とは、知りもしないのにデタラメを言いオタク話を書き連ねることで、これが学んでも益の無い「異端」である(論語為政篇16)。当時は多分、こういう者が多かったのだろう。だから孔子は”私は知らない事を書いてはいない”と言った。「多聞擇其善」とは、デタラメを言いふらす連中を戒めたのである。その心は、どうしてデタラメにオタク話を書きなどするか、ということである。人が世に住んで、もしよく話を聞くなら、そこからよいものを選んでそれに従うべきなのだ。「多見而識之」とは、もし多く見たことを証拠にするなら、それを記すということだ。”多く見て「その中からよいものを選び」とは書いていないが、それは上の文と重なるからで、省略なのがわかるだろう。「知之次也」というのは、もし多く聞いてよいものを選び、多く見てよいものを記すなら、生まれながらに知ったことでなくても、生まれながらに知ったことの次にはなる、ということだ。

何だろう、訳していて思ったが、「知りもしないのにデタラメを言いオタク話を書き連ねる」って、吉川はじめ、ろくでもない漢学教授そのままではないか。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ある者が書いた本を読んだ。…何だこれは。分かっとらんのに書いてるな。私は違うぞ、たくさん情報は取るが、いいものだけを書き留めておく。情報を闇雲に集めて書き記すのは、まだ知には至っていない。(『論語』述而篇27) […]