論語詳解155述而篇第七(8)憤らざらば啓かず*

論語述而篇(8)要約:孔子先生は、望めば誰でも入門を許しましたが、教育方針は厳しかったように本章は読めます。その気もない生徒は教えようがないという事実に、先生もほとほと苦労させられたのでしょうか。それとも…。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不憤不啟。不悱不發。舉一隅*不以三隅反、則*不復也。」

校訂

武内本

清家本により、隅の下に而示之の三字を補う。則の下に吾の字を補う。唐石経「而示之」の三字なし。文選西京賦注此章を引くこの三字あり、此本(=清家本)と同じ。


→子曰、「不憤不啟。不悱不發。舉一隅而示之、不以三隅反、則不復也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 不 金文不 金文啟 金文 不 金文不 金文発 金文 一 金文而 金文示 金文之 金文 不 金文㠯 以 金文三 金文反 金文 則 金文不 金文復 金文也 金文

※舉→居。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。「則」「也」の用法に疑問がある。本章は漢帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、いきどほらざらばひらかず。もだへざらばあかさず。一ぐうこれしめすも、三ぐうもちいずしてかへさば、すなはふたたびせざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子別像
先生が言った。「疑問で吹き上がらなければ開かない。言いもだえなければ飛び出さない。物事の一角を示して残り三つの角を返さなければ、二度と示さない。」

意訳

孔子 人形
疑問で膨れあがって、やっと解決の糸口が見える。思いを言いよどんで、やっと適切な言葉が飛び出てくる。だから基礎を示して応用に気付かない者には、二度と基礎を繰り返して言わない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「私は、教えを乞う者が、先ず自分で道理を考え、その理解に苦しんで歯がみをするほどにならなければ、解決の糸口をつけてやらない。また、説明に苦しんで口をゆがめるほどにならなければ、表現の手引を与えてやらない。むろん私は、道理の一隅ぐらいは示してやることもある。しかし、その一隅から、あとの三隅を自分で研究するようでなくては、二度とくりかえして教えようとは思わない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「不到苦思冥想時,不去提醒;不到欲說無語時,不去引導。不能舉一例能理解三個類似的問題,就不要再教他了。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「思い悩むようでないと、ヒントを与えない。語るに語れないようでないと、導かない。一例を挙げて三個の類似を理解できないと、つまり二度と教えない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

憤 金文大篆 憤
(金文大篆)

論語の本章では、”いきどおる”こと。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はbʰi̯wənで、同音に分・焚、賁とそれを部品とする漢字群。賁に”いきどおる”の語釈があるが、初出は後漢の『説文解字』。

『学研漢和大字典』によると「憤」は会意兼形声文字で、奔(ホン)は「人+止(あし)三つ」の会意文字で、人がぱっと足で走り出すさま。賁(フン)は「貝(かい)+〔音符〕奔(ひらく、ふくれる)の略体」の会意兼形声文字で、中身の詰まった太い貝のこと。

憤は「心+〔音符〕賁」で、胸いっぱいに詰まった感情が、ぱっとはけ口を開いてふき出すこと。奔(ぱっと駆け出す)・噴(ぱっとふき出す)と同系。忿(フン)(かっとする)・奮(フン)(かっといきりたつ)とも近い、という。詳細は論語語釈「噴」を参照。

啟(啓)

啓 金文 戸
(金文)

論語の本章では、”行き所の無かった思いが吹き出て発散すること”。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「戸+攵(て)+口」。閉じた戸を手でひらくこと。また、戸をひらくように、閉じた口をひらいて陳述する意をあらわす。

類義語の開は、がらりとあける。放は、両方にあけはなつ意。撥は、ぱっとひらく。離は、くっついたものをはなす。披は、垂れたものを片よせてひらく。闢(ヘキ)は、とびらを横に押しひらく。排は、左右に押しひらく。拓は、きりひらく、という。詳細は論語語釈「啓」を参照。

現代語では「啓発」という。しかし論語の時代の中国語には、熟語はほとんど存在しない。「啓」は”ひらく”。「發」は”射る”が原義だが、ここでは”あきらかにする・あばく”の意。共に”光の当たる方向への道を開く”と考えていい。

悱(ヒ)

悱 金文大篆 悱
(金文大篆)

論語の本章では”言いもだえる”こと。論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpʰi̯wərで、同音に霏”雪が降る”・妃・騑”そえうま”・斐”うるわしい”・菲”野菜の名”。部品の非の字は、語義が共通しない。

『学研漢和大字典』によると「悱」は会意兼形声文字で、非は、二つに割れる意を含む。傷は「心+〔音符〕非」で、心がはりさけるようでむかむかすること、という。『字通』によると形声文字で、声符は非(ひ)。非に不安定の意がある。〔説文新附〕十下に「口、悱悱たるなり」とあり、また誹(ひ)・悲に通じて用いる、という。

なお勇士のことを「虎賁コホン(の士)」という。「賁」は、奔(はしる)。とらが走るように勇猛である意。周代では周王の護衛にあたった。漢以後には、虎賁郎将など、宮中の宿衛にあたる官がある。

發(発)

発 金文 発
(金文)

論語の本章では”適切な答えに気づくこと”。『学研漢和大字典』による原義は弓を射ること。ぱっと離れてひらく意を含む。詳細は論語語釈「発」を参照。

隅 秦系戦国文字 隅
(秦系戦国文字)

論語の本章では”かど・すみ”。論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』で、カールグレン上古音はŋi̯u。同音に禺”おながざる”とそれを部品とする漢字群。うち嵎に”すみ”の意があるが、初出は後漢の『説文解字』。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、禺(グウ)は、頭の大きい人まねざるを描いた象形文字で、似たものが他にもう一つある、の意を含む。隅は「阜(土盛り)+(音符)禺」で、土盛りをして□型や冂型にかこんだとき、一つ以上同じようなかどのできるかたすみ。偶(グウ)(人に似た人形)・寓(グウ)(本宅のほかにもう一つある仮住まい)などと同系。類義語に隩、という。

『字通』によると形声文字で、声符は禺(ぐ)。〔説文〕十四下に「陬(すう)なり」、前条の陬に「阪隅なり」とあり、山隅の意とする。およそ僻隅のところは神霊の住むところで、字もまた神梯を示す阜(ふ)に従う。禺は顒然(ぎょうぜん)たる木偶の意があり、神異のものを示すとみられる、という。

舉(挙)一隅

挙 金文 挙
「挙」(金文)

論語の本章では、”四角形の一角を示すこと=基礎を覚えて応用に進むこと”。

「挙」の原義は『学研漢和大字典』によると、手をそろえて同時に持ちあげること。詳細は論語語釈「挙」を参照。

則(ソク)

則 甲骨文 則 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”…のばあいは”。初出は甲骨文。字形は「テイ」”三本脚の青銅器”と「人」の組み合わせで、大きな青銅器の銘文に人が恐れ入るさま。原義は”法律”。従って論語の時代=金文の時代では、”法”・”のっとる”・”刻む”の意しかなく、そう解釈出来ない接続詞の用法は、戦国時代の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「則」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞や助詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

不以三隅反

伝統的な論語の解説では、「三隅を以てかえさざれば」と読む。未然形/已然形+「ば」の仮定条件・確定条件の区別が厳格でない事に目をつぶるにしても、この読み下しには賛成しがたい。「不」と、その否定する動詞「反」の間が、離れているからだ。

「不」が動詞の否定辞とするならば、否定の対象である動詞は直後に来るべきで、この場合は直後の「以」がふさわしい。すると「以」は”~を”という格助詞の如き記号ではなく、”用いる”という動詞であることになる。「以三隅」と三字置いた「反」を否定するとは考えにくい。

ただし論語には、「不我知」のように、「我が知られる」という状態を、「不」が否定する用例が複数ある。これが本章にも当てはまるなら、「三隅を以て反す」という状態を、「不」が否定していると考える事が出来よう。しかしそれでは、文法が複雑になりすぎる。

「不我知」の場合には、甲骨文以来の特殊構文という、由緒正しい?例外としての事例が多数ある。しかし本章の「不」にはそれがない。従って、「三つの隅を用いないで」・「返す」という、動詞が二つある文として解釈した方が単純になる。上掲の読み下しは、その反映。

論語:解説・付記

論語の本章はでっち上げであり、帝政期に入って教師稼業をほぼ独占した儒者にとってのみ都合の良い、図々しいサディズムであり、孔子にとって縁の無い考えだった。このような仕打ちを弟子に施して、逃げられたら困るのは孔子だからだ。

武内本の指摘から、本章が創作されたのは漢帝国の時代だろうが、こういう頭のおかしい教師として、儒者では朱子を挙げることが出来る。朱子はおやじがサドだったから立派なサドに育ち、毎日弟子を罵倒する教師生活を送った。加えて気の狂った軍国主義者でもある。

吉川幸次郎
伝統的な論語の解釈では、従来訳のように上から目線の訳を行うが、疑問を持たないのだろうか。吉川本に「これは教育の方法として大へんすぐれた方法である」と言うが、一度でも弟子を取ったことがある人には、こんなのうまくいくわけないだろ、と言いたくなるだろう。

指導要領の範囲を大幅に超える漢文の難問を、京大の入試に出題しておきながら、その正解率が低いと嘆く振りをした、サディストの吉川らしい物言いで、弟子が逃げたら大学教授といえどもメシの食い上げである。日本の漢学者には、朱子とそっくりの人間のクズが少なくない

孔子はこの点恵まれていて、成り上がりに燃える弟子たちは、一日も早く実入りのいい仕官が出来るよう、かなり熱心に勉強した。だからこうしたイジワルにも思える教育にも耐えられるかもしれないが、好んでサドを行う者は必ずひ弱であり、怪物孔子にその必要は無かった。

勉学とはどこまで行っても学ぶ者の主体的行為で、教師はその補助者に過ぎない。それは革命運動にせよ個人の成り上がりでも同じ事で、人はしたいことだけをするように出来ており、致し方なくすることに発展はない。その意味でなら本章は史実の孔子塾にも当てはまる。

ただそれでも、愚かな教師が、弟子を脅しつけるためのスローガンであるには違いない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 不憤﹅﹅不啟○○、不悱﹅﹅不發○○。(『論語』述而) 〔憤いきどおら不らば啟ひらか不、悱もだえ不らば發あかさ不。〕 […]