論語057八佾篇第三(17)子貢、吿朔の餼羊を

論語八佾篇(17)要約:周王だけが技術者を雇っていた暦作り。諸国はそれを有り難がり、ヒツジをお供えして受け取っていました。しかしそれは昔の話。形骸化したヒツジのお供えを、計算高い子貢は無駄だと言いますが…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢欲去吿朔之餼羊。子曰、「賜也、爾愛其羊、我愛其禮。」

書き下し

子貢しこう吿朔こくさく餼羊きやうらむとほつす。いはく、なんぢひつじをしむ、われれいをしむと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が月初めの祭りに供える羊を取りやめようとした。先生が言った。「賜(子貢の名)よ、お前は羊がもったいないと言う。私は礼法がもったいないと思う。」

意訳

論語 子貢 問い
子貢「月初めの祭りってもう意味ないですよね。生け贄の羊も止めましょう。」

論語 孔子 不愉快
孔子「相変わらず勘定高いなお前は。私は古式ゆかしい祭が絶えるのが惜しい。」

従来訳

 子貢が、告朔こくさくの礼に餼羊きようをお供えするのはむだだといって、これを廃止することを希望した。すると先師はいわれた。――
よ、お前は羊が惜しいのか。私は礼がすたれるのが惜しい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

論語では孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

吿朔(コクサク)

論語 吿 金文 論語 朔 金文
(金文)

論語の本章では、”月初めを告げる祭り”。

太陰暦の新月、周王から配布された暦を発表する祭礼。既存の論語本では吉川本に、新月を祖先に告げる祭りという。暦の作製は主権者の象徴であり、ある政治権力の配下に入るのを「正朔を奉じる」と言う。ただし当時は各諸侯国が自前で天体観測して暦を作っており、祭りの意味が無くなっていた。

『学研漢和大字典』によると「朔」は会意文字で、屰(ギャク)は、逆の原字で、さかさまにもりを打ちこんださま。また大の字(人間が立った姿)をさかさにしたものともいう。朔は「月+屰(さかさ)」で、月が一周してもとの位置に戻ったことを示す。

遡(ソ)(流れと逆に動いてもとにもどる)・泝(ソ)(流れと逆に動いて源のほうにもどる)と同系のことば、という。

餼(キ)

論語 食 金文 論語 気 金文
「食」「氣」(金文)

論語の本章では、”生きた動物、または生きのいい動物の肉”。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「食+〔音符〕氣(=気。いき、活力、栄養のもとになるもの)」。

 論語 羊 金文 論語 善 字解
(金文)

論語の本章では、”吿朔に供える生きた羊”。

論語の時代は周王朝だが、王室の祖先は中国西方で羊を飼っていたとの伝説があり、周代では羊はとりわけ好まれた。君主級の国賓を接待する料理を「牢」と言うが、それは牛・羊・豚の焼き肉セットだった。

『学研漢和大字典』によると「羊」は象形文字で、ひつじを描いたもの。おいしくて、よい姿をしたものの代表と意識され、養・善・義・美などの字に含まれる、という。詳細は論語における「美と善」を参照。

論語 告朔 餼羊

論語 愛 金文 論語 毎 愛
(金文)

論語の本章では”惜しむ”。『大漢和辞典』の第一義は”いつくしむ”であり、いい意味での上から目線の愛情。

論語:解説・付記

既存の論語本では吉川本によると、当時の暦は純粋な太陰暦ではなく、閏月を入れて一年間の長さを調整した太陰太陽暦だったとし、その暦は太古の聖王堯の頃からあったと伝説に言うとある。
論語 吉川幸次郎

加えて、「魯のくにの吿朔の行事は、もと君主親臨のもとで行われていたが、孔子のまえ百年ばかりの文公(BC六二六から六〇九まで在位)のときから、君主は臨席せず、ただ形式的に餼羊を供える儀式だけが残っていた。」とある。

また吿朔を年に一度年末に行われる、周王の使者が暦を配布する儀式という説もあり、それを清の考証学者が熱心に支持しているとも書く。

しかし論語の本章は全く技術的な話として理解すべきで、かつて周王直属の天文台のみが観測できた天体の運行と季節の推移を、すでに各諸侯国で用を済ませられるようになった事実を表す。庶民にとってはワケは分からないが、確実に季節の運行を示してくれる暦を、遠い周王の元から発布された過去では、なるほど羊の一匹も供えて有り難がる理由はあっただろう。

論語 八佾篇 渾天儀

渾天儀

しかし今や、地元の天文台で事は足りている。そんなに有り難がる必要があるかな? というのが子貢の言い分。それに対して孔子は、というお話。

論語時代、すでに諸侯国で独自に観測を行い、暦を作っていたことは、『春秋左氏伝』哀公十二年の条に見える。

冬,十二月,螽,季孫問諸仲尼,仲尼曰,丘聞之,火伏而後蟄者畢,今火猶西流,司厤過也。
冬、十二月、螽(いなご)あり。季孫諸を仲尼に問う。仲尼曰く、丘之を聞けり、火の伏し而後、蟄者畢ぬと。今火猶お西に流るるは、司厤の過ち也。

論語 孔子 肖像
冬十二月、暦では寒い季節のはずなのに、夏に出るイナゴの被害が起こった。筆頭家老の季康子が孔子にわけを問うた。孔子「火星が地平線に隠れてから、イナゴの害は収まるものです。今火星はまだ西の空に上がっています。これは天文官が暦を作り間違えたのです。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)