論語詳解211A子罕篇第九(6)大宰子貢に問う*

論語子罕篇(6)要約:孔子先生は身分秩序をやかましく説きましたが、自分が底辺から這い上がった事もまた、強く自覚しています。呉国の宰相が先生の万能を持ち上げても、それを素直に喜べない葛藤に悩む先生でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

大*宰問於子貢曰、「夫子聖者與。何其多能也。」子貢曰、「固天縱之將聖、又多能也。」子聞之曰、「大*宰知我*乎。吾少也賤、故多能鄙事。君子多乎哉、不多也。」

校訂

武内本

清家本により、我の下に者の字を補う。唐石経太を大に作る。

定州竹簡論語

……於子贛a曰:「夫子聖者耶b?何其多能也?」子[貢 外字],216……天縱之將聖,[有c多能也。「217……君子多218……

  1. 贛、今本作「貢」。
  2. 耶、今本作「與」。
  3. 有、今本作「又」。古二字通。

→大宰問於子贛曰、「夫子聖者耶。何其多能也。」子貢 外字曰、「固天縱之將聖、有多能也。」子聞之曰、「大宰知我乎。吾少也賤、故多能鄙事。君子多乎哉、不多也。」

復元白文

大 金文宰 金文問 金文於 金文子 金文江 金文曰 金文 夫 金文子 金文聖 金文者 金文与 金文 何 金文其 金文多 金文能 金文也 金文 子 金文江 金文曰 金文 股 金文天 金文論語 足 金文之 金文將 甲骨文聖 金文 又 金文多 金文能 金文也 金文 子 金文聞 金文之 金文曰 金文 大 金文宰 金文智 金文我 金文乎 金文 吾 金文論語 少 金文也 金文戔 金文 故 金文多 金文能 金文鄙 金文事 金文 君 金文子 金文多 金文乎 金文哉 金文多 金文也 金文

※贛/貢 外字→江・耶→與・固→股・縱→足・將→(甲骨文)・賤→戔。論語の本章は也の字を断定で用いている本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

大宰たいさい子贛しこうふていはく、夫子ふうしひじりものなんざえおほ貢 外字しこういはく、もとよりてんこれゆるすにまさひじりならんとす、またざえおほなりと。これきていはく、大宰たいさいわれれるわれわかいやしかりき、ゆゑいやしことざえおほし。君子くんしおほ乎哉かなおほからざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢
呉国の宰相・伯嚭(ハクヒ)が子貢に問うて言った。「孔子先生は万能の人だろうか。なぜこんなに多能なのか。」子貢が言った。「もともと天が、先生にほぼ万能に近い才能をお与えになったのです。さらに多能になったのです。」先生はこれを聞いて言った。「伯嚭どのは私を知っているのか。私は若い頃身分が低かった。だから雑用に多能だった。君子は多能であるか。多能ではない。」

意訳

呉へ使いに出した子貢が帰ってきた。

ニセ子貢 ニセ孔子
子貢「それでですねえ、伯嚭どのが仰るんですよ、”孔子先生は万能だな。何でもお出来になる”と。私は嬉しくなりましてねえ、申し上げたんです。”ええ、そりゃそうですよ。もともと天が優れた才能をお授けになった上に、先生自ら学ばれて、何でもお出来になるのです”。…あれ、どうしました先生?」

孔子「…これ子貢よ。伯嚭どのは褒めたんじゃないぞ。私が若い頃身分が低かったのを皮肉っているんだ。だから私はチマチマした雑用を憶えざるを得なかったんだ。のう子貢よ、君子というのは多能なものなのか? そうじゃないだろ。」

従来訳

論語 下村湖人

大宰が子貢にたずねていった。――
「孔先生のような人をこそ聖人というのでしょう。実に多能であられる。」
 子貢がこたえた。――
「もとより天意にかなった大徳のお方で、まさに聖人の域に達しておられます。しかも、その上に多能でもあられます。」
 この問答の話をきかれて、先師はいわれた。――
「大宰はよく私のことを知っておられる。私は若いころには微賎な身分だったので、つまらぬ仕事をいろいろと覚えこんだものだ。しかし、多能だから君子だと思われたのでは赤面する。いったい君子というものの本質が多能ということにあっていいものだろうか。決してそんなことはない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

太宰問子貢:「老師是聖人嗎?為什麽如此多才多藝?」子貢說:「老天本來就要他成為聖人,又要他多才多藝。」孔子聽說後,說:「太宰瞭解我嗎?我小時候生活艱難,所以會乾一些粗活。貴族會有這麽多技藝嗎?不會有的。」

中国哲学書電子化計画

太宰が子貢に問うた。「先生は聖人か。なぜこれほど多芸多才なのか。」子貢が言った。「お天道様がもともと彼を聖人にし、多芸多才にしたのです。」孔子が話を聞いた後で言った。「太宰は私を理解しているか?私は若い頃生活が困難だった。だからただちょっとした力仕事も出来るのだ。貴族はこんなに多芸なものか?そうじゃないだろう。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

大宰

論語 大 金文 論語 宰 金文
(金文)

論語時代の諸国の中で、宋と呉は宰相をこう呼んだ。論語語釈「宰」も参照。

ここでは呉の大宰だったのこと。『史記』などで評判の悪い人物で、ワイロを好み、呉国滅亡の一因を作ったとされる。なお魯国での宰相格は、もともと官吏の長官を意味する「大司徒」。三桓筆頭の季孫家が世襲した。また叔孫家は大司馬(国防大臣)を、孟孫家は大司空(建設大臣)を世襲したとされる。

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

論語では、一門で最も外交・商売の才に優れた孔子の弟子。詳細は論語の人物:端木賜子貢を参照。

聖者

論語 聖 金文 論語 者 金文
(金文)

論語では、キリスト教の聖人のような人物ではなく、万能の人のこと。論語語釈「聖」も参照。

與→耶

論語の本章では、句末の疑問辞”…か”。與のカールグレン上古音はzi̯oで、耶のzi̯ɔときわめて近い。耶はもと同音の邪と書いた。詳細は論語語釈「与」論語語釈「耶」を参照。

論語 固 金文 論語 固
(金文)

論語の本章での意味は”もともと・もとから”。『学研漢和大字典』によると原義は”固い”ことだが、事実が固い→必然、疑問の余地がない意、あるいは、事実をもとに論を進展させる意を示す、という。論語の時代に存在しないが、置換候補として「股」がある。詳細は論語語釈「固」を参照。

論語 縦 睡虎地秦墓竹簡 論語 縱
(秦系戦国文字)

論語の本章での意味は”ゆるす”。他に”ほしいままにする”の意がある。初出は上掲の戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsi̯uŋで、同音に足。「足」に”満ち足りる”の語釈があり、また”よしとしてゆるす”の語釈もある。詳細は論語語釈「縦」を参照。

將(将)聖

論語 将 金文 論語 将
「将」(金文大篆)

「まさに聖ならんとす」と読み、”ほぼ…に近い”こと。詳細は漢文読解メモ「まさに」を参照。

論語 又 金文 論語 又 解字
(金文)

論語の本章では”それに加えて”。素質の上に孔子が努力で才能を憶えていったことを示す。詳細は論語語釈「又」を参照。

大宰知我乎(だいさいわれをしるか)

論語 知 金文 論語 知 睡虎地秦墓竹簡
「知」(金文大篆・秦系戦国文字)

「知我」は論語でしばしば出て来る言葉で、他の箇所では理解されないことを嘆くために使われるが、本章では理解されすぎて嘆いている。「乎」は疑問や詠嘆のことば。

論語における「知」の特殊な意味については、論語における「知」を参照。

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰi̯anで、同音に戔を部品とする漢字群。部品の戔に”価値が低い”の意がある。詳細は論語語釈「賤」を参照。

吾少也賤(われわかきときやいやしかりし)

孔子は両親が正式の結婚ではなかったこともあり、また父親が早くに亡くなったこともあり、母子家庭で育った。父親は一説には「陬邑(スウユウ)の大夫」=陬邑の代官と言うが、当時代官を指す場合は「宰」を使うのが普通であり、後世の神格化と思われる。

いずれにせよ孔子は決して貴族の生まれではなく、むしろ底辺の出身だった。

鄙事(いやしきこと)

論語 鄙 金文大篆 論語 事 金文
(金文)

論語の本章では、身過ぎ世過ぎのためのその日暮らしで稼ぐような仕事。「鄙」は”いなか・無教養・身分が低い”を意味する。論語語釈「鄙」も参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本で、この会話を、哀公十二年(BC483)に子貢が呉への使いに往来した後のこととし、孔子69歳、子貢38歳の時とする。その経緯について詳細は『左伝』の現代語訳を参照。武内義雄『論語之研究』では、本章について以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究

列子仲尼篇、韓非(子)説林篇にこの章に似た文がある。またこの章に「将聖」という字があるが将聖は大聖の意で、大と解せられる将の字は燕(現在の北京周辺)の北鄙、および斉楚の方言であるから、この章もまたそれらの地方に伝わった伝説で、那辺まで信用できるか疑わしい。

またこの章の終わり(本サイトでは次の章)に「牢曰、子云、我不試故芸」とあるが、これはエツ(清代の考証学者)も言った通り上の「吾少也賤、故多能鄙事」の異文をつけ加えたもので、これを見てもこの篇が種々の材料をあつめて成っていることがわかる。(p.96)

「将聖」の解釈については立場を異にするから、説の前半には賛成しがたいが、後半はまことにその通りと思う。『列子』の記述は以下の通り。

商太宰見孔子曰:「丘聖者歟?」孔子曰:「聖則丘何敢,然則丘博學多識者也。」商太宰曰:「三王聖者歟?」孔子曰:「三王善任智勇者,聖則丘不知。」曰:「五帝聖者歟?」孔子曰:「五帝善任仁義者,聖則丘弗知。」曰:「三皇聖者歟?」孔子曰:「三皇善任因時者,聖則丘弗知。」商太宰大駭,曰:「然則孰者為聖?」孔子動容有閒,曰:「西方之人,有聖者焉,不治而不亂,不言而自信,不化而自行,蕩蕩乎民无能名焉。丘疑其為聖。弗知真為聖歟?真不聖歟?」商太宰嘿然心計曰:「孔丘欺我哉!」

宋の太宰が孔子に会って言った。「孔子どのは聖人ですかな?」
孔子「聖人などとんでもない。ただのもの知りでござる。」

太宰「いにしえの三王(夏の禹王・殷の湯王・周の文王)は聖人ですかな?」
孔子「三王は賢臣を見つけ出して政治を任せましたが、聖人かどうかは。」

太宰「いにしえの五帝(誰かは諸説有り)は聖人ですかな?」
孔子「五帝も賢臣を見つけ出して政治を任せましたが、聖人かどうかは。」

太宰「いにしえの三皇(誰かは諸説有り)は聖人ですかな?」
孔子「三皇も賢臣を見つけ出して政治を任せましたが、聖人かどうかは。」

太宰は驚いて「では誰が聖人なのです?」
孔子は動揺して暫く黙ったのち「西方に聖人がいるようですな。放ったらかしにしても世が治まり、黙っていても信用され、指示もしないのに政治が回る。まことに大らかで、民も何と呼べばいいのかわからない。多分その人でしょうな。ただし本物か偽物かはわかりませぬ。」

太宰は黙ったまま、「こやつ、ワシをだましよったな!」と心で舌打ちした。

『韓非子』の方は、おそらくこの文。

子圉見孔子於商太宰,孔子出,子圉入,請問客,太宰曰:「吾已見孔子,則視子猶蚤蝨之細者也。吾今見之於君。」子圉恐孔子貴於君也,因謂太宰曰:「君已見孔子,亦將視子猶蚤蝨也。」太宰因弗復見也。

ギョが孔子を宋の太宰に紹介した。孔子が会見を終えて出てきた。

子圉「どうですかな、あの孔子という男は。」
太宰「う~むすばらしい、孔子に会った後では、そなたがノミかシラミのように見える。ぜひ殿に推挙しよう。」

子圉は、孔子が宋君に重用されはしまいかと恐れ、太宰に言った。
「なるほど。恐らく殿もそう思われ、太宰どのがノミかシラミに見える事でしょうな。」

太宰は孔子を推挙するのをやめた。

なお論語の本章文末の「君子多乎哉、不多也」について。也の字がある故に本章を偽作と断じたのだが、孔子がこのようなことを言った可能性はある。孔子は流浪の巫女の私生児として生まれ、学才を見出されて孟孫家の家庭教師になるまでは、巫女の手伝いをして暮らしたはず。

すなわち手段を問わず神がかり、ベラベラと口を回すお札売り、効く保証の無い祝詞上げ、その手の如何わしい事は何でもやっただろう。ただし当時の庶民のほとんどがそうである、農民の仕事はしなかった。だから可愛がっていた若い弟子の樊遅に、以下のように言っている。

田仕事など知らんよ。お百姓に聞きなさい。(論語子路篇4)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)