論語詳解184述而篇第七(37)子は温かにして°

論語述而篇(37)要約:孔子先生の人となりについての、弟子による回想。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子*溫而厲、威而不猛、恭而安。

校訂

武内本:釋文、子一本子曰に作り、皇本君子に作る。

復元白文

子 金文論語 温 甲骨文而 金文厲 金文 論語 威 金文而 金文不 金文論語 孟 金文 兢 金文而 金文論語 安 焉 金文

※溫→(甲骨文)・猛→孟・恭→兢。

書き下し

あたたかにしはげし。おごそかにしたけからず。うやうやしくしやすらかなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生は穏やかであるが激しかった。おごそかだったが恐ろしくはなかった。うやうやしくて安らかだった。

意訳

先生は激しさ、厳しさ、を内に隠し持ったまま、温和で柔和で腰が低く、安らいでいた。

従来訳

論語 下村湖人
先師は、温かで、しかもきびしい方であった。威厳があって、しかもおそろしくない方であった。うやうやしくて、しかも安らかな方であった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子溫和而又嚴肅,威武而不凶猛,莊重而又安詳。

中国哲学書電子化計画

孔子は温和でありつつ厳粛で、威厳がありつつ凶暴でなく、荘重でありつつ落ち着いていた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

溫(温)

論語 温 金文大篆 溫 温 字解
(金文大篆)

論語の本章では、”あたたか”。『学研漢和大字典』による原義は、蓋をかぶせて、中に熱気を籠もらせること。しかし最古の甲骨文を参照すれば、水+人+皿=”温泉”の意であるとすぐわかる。詳細は論語語釈「温」を参照。

厲(レイ)

論語 厲 金文
(金文)

論語の本章では、ガリガリこするような厳しさ・激しさ。原義は”砥石”。うっかりすると手を切ってしまう、殻付きの「牡蠣かき」の感触を想起すればいいだろうか。

論語 牡蠣

Photo via http://forest17.com/

『学研漢和大字典』によると会意文字で、萬(=万)は、二つの毒刺をもったさそりを描いた象形文字。厲は「厂(いし)+萬(さそり、強い毒)」で、さそりの毒のようにきびしい摩擦を加える石、つまり、といしを示す。また、猛毒を持つ意から、毒気や毒のひどい病気の意。ひどい、きついなどの意を含む。瀬(ライ)(はげしい摩擦をおこす浅せ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「厲」を参照。

論語 威 金文 論語 威
(金文)

論語の本章では、”おごそか”。『学研漢和大字典』による原義は、武器で人を脅すさま。詳細は論語語釈「威」を参照。

論語 猛 金文大篆 論語 猛
(金文大篆)

論語の本章では”たけだけしい”。原義は”猛犬”。ワンワンとむやみに吠えつき、かみつく犬。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はmăŋで、同音で部品の孟の字に、”たけだけしい”の語義がある。また盲の字も同音で、むやみに猛々しい、を意味するのだろう。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、孟は「子+皿(ふたをしたさら)」の会意文字で、ふたをして押さえたのをはねのけて、どんどん成長することを示す。猛は「犬+(音符)孟」で、押さえをきかずにいきりたって出る犬。はげしく外へ発散しようとする勢いを意味する。萌(ボウ)(外へ出ようといきりたつ芽ばえ)と同系。類義語の厲(レイ)は、強い力で、まさつをおこすこと。烈は、ずるずると延焼して止めようもないさま、という。詳細は論語語釈「猛」を参照。

論語 恭 金文大篆 論語 恭
(金文大篆)

論語の本章では、”うやうやしい”。この文字は秦帝国期の金文大篆以降にしか見られず、孔子の在世当時には「兢」と書かれていたと考えられる。すなわち「戦戦兢兢」の「兢」であり、”恐れてブルブル震えるような気持ちでいる”という有様を指す。詳細は論語語釈「恭」を参照。

論語 安 金文 論語 安
(金文)

論語の本章では”やすらか”。『学研漢和大字典』による原義は女性を屋根の下で落ち着かせたさま。詳細は論語語釈「安」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章では、孔子が相反する二面性を持っていたことを、弟子が回顧している。出身身分が低い割には、君子と小人の区別をやかましく言い、信を説く割には謀反人に呼ばれてホイホイと応じようとする。孔子もまた人間だったと言うことだろうか。

むしろ常人を絶した事業欲があったことを想起させるのが論語の本章。しかしその事業欲も、論語雍也篇30で「おのれ達せんとして人を達せしむ」と言った言葉と矛盾しており、孔子という人物は一筋縄では理解できない。ただし同じ温和でも、孔子は弱いから温和なのではない。

それではニセモノに過ぎず、頼りにもならない。素手で人を殴り殺せる武道の達者に、世にもまれに見る温厚人がいるようなものと解していいだろう。だから孔子は「及ばざる」(論語先進篇15)子夏に、「なんじ君子の儒となれ」(論語雍也篇13)と教えたのだ。

論語 孔子 TOP
孔子の事業欲は、この世を変えようという巨大なものだった。ただし孔子は陽虎のように、自ら国盗りをして乱世の梟雄キョウユウになろうとはしなかった。陽虎もまた社会の底辺からはい上がったのだろうが、同じ道を取らなかったのは、孔子がやはり「温か」な人だったからだろう。

だからこそ、子貢や子路と言った大物が、孔子の下を生涯離れず付き従った。孔子が諸子百家の中で際立っているのは、弟子の質の多様性と、その能力の高さにある。「なぜあなたほどの人が孔子なんかに…」と言われた子貢は、その都度徹底的に相手を叩き潰している

それは執拗を感じさせるに十分なほど。子貢ほどの財産と地位があれば、ひらひらと聞き流してもよかったはず。そうさせないだけの魅力が孔子にはあり、フィギュア趣味も間違いなくその一部を為している。高々とそびえるだけの先生に、弟子が生死を共にするはずがない。

それが論語と儒教が今日まで残った、最大の理由と訳者は思う。

最後に儒者の御託を記しておく。

古注『論語集解義疏』

子溫而厲威不猛恭而安疏子溫至而安 明孔子徳也亦有云子曰者亦厲世也溫和潤也厲嚴也人溫和者好不能嚴厲孔子溫而能厲也又人作威者心事雄猛孔子威能不猛也又恭者好聳險不安孔子恭而能安也故王弼曰溫者不厲厲者不溫威者心猛猛者不威恭則不安安者不恭此對反之常名也若夫溫而能厲威而不猛恭而能安斯不可名之理全矣故至和之調五味不形大成之樂五聲不分中和備質五材無名也

本文「子溫而厲威不猛恭而安」。

付け足し。先生は温和の極致で、安らかだった。本章は孔子の仁徳を明らかにしたものである。また「子曰く」の言葉がここには無い。溫とは、和み潤すことである。厲とは、厳しいことである。温和な人は好んで厳しい言動をせぬよう努める。ところが孔子は温和でかつ厳しくもあった。また威張りん坊は心が猛々しいものだが、孔子は威厳があっても猛々しくなかった。また腰の低い者は怯えがちで不安がるものだが、孔子は腰が低いのに安らかでいられた。

だから王弼が言った。「温和な者は激しくなく、激しい者は温和でなく、威張りん坊は猛々しく、猛々しくない者には威厳が無く、腰が低い者は安らかでなく、安らかな者は腰が低くない。これが普通の人間だ。もし温和でも激しくいられ、威厳があっても猛々しくなく、腰が低くても安らかで居られるなら、これは何とも理屈に合わないことである。だから調味の極致に至ると、五つの味覚のどれとも言えなくなり、至高の音楽は。五つの音階のどれとも言えなくなり、調和しながら実質を備えると、五つの物質要素のどれとも言えなくなるのだ。」

『論語』述而篇おわり

お疲れ様でした。とりわけ本篇はつまらない話が多く、本当にお疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)