論語詳解151述而篇第七(4)子の燕居するは*

論語述而篇(4)要約:本章は孔子先生の自分語りでこそありませんが、弟子による日常風景の回想も、やはり論語読者のやる気をくじくでしょう。しかも本章のように短いとなると、取れる情報も少ないので、妄想の楽しみすらありません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子之燕居、申申如也、夭夭如也。

校訂

定州竹簡論語

]之燕a居也b,申申如也,沃沃c如[也]。142

  1. 燕、鄭本作「宴」、『後漢書』仇覧伝注引作「宴」。
  2. 也、今本無。
  3. 沃沃、今本作「夭夭」。

→子之燕居也、申申如也、沃沃如也。

復元白文

子 金文之 金文論語 燕 甲骨文居 挙 舉 金文 申 金文申 金文如 金文也 金文 論語 夭 金文論語 夭 金文如 金文也 金文

※燕→(甲骨文)。論語の本章は也の字を断定で用いている本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

燕居えんきよは、申申如しんしんじよたり夭夭如えうえうじよたり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 微笑み
先生のくつろいだ姿はのびのびと、元気いっぱいだった。

意訳

ニセ孔子
同上

従来訳

論語 下村湖人
 先師が家にくつろいでいられる時は、いつものびのびとして、うれしそうな顔をしていられた。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子在家沒事時,衣冠整潔,悠閒自在。

中国哲学書電子化計画

孔子は家にいてすることの無いときも、衣冠は正しく綺麗に整え、ゆったりとしていた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

燕居

論語 燕 甲骨文 論語 燕
「燕」(甲骨文)

「燕」は「宴」と音が通じ、さらに「安」へと転用された。燕居は自宅などでくつろいでのんびり過ごすこと。「燕」は論語では本章のみに登場。

『学研漢和大字典』によると「燕」は象形文字で、つばめを描いたもので、その下部は二つにわかれた尾の形であり、火ではない、という。『字通』によると[象形]つばめの飛ぶ形。〔説文〕十一下に「玄鳥なり」とあり、燕燕・鳦(いつ)ともいう、という。

申申如也

論語 申 金文 論語 神
「申」(金文)

「申」は”のびる”。申申如で、のびのびとすること。論語の時代では、「神」と書き分けられていない。

『学研漢和大字典』によると「申」は会意文字で、甲骨文字と金文とは、いなずま(電光)を描いた象形文字で、電の原字。篆文(テンブン)は「臼(両手)+┃印(まっすぐ)」で、手でまっすぐのばすこと。伸(のばす)の原字。電(のびるいなずま)・引(ひきのばす)・呻(シン)(声を長くのばしてうなる)・紳(からだをまっすぐのばす帯)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「申」を参照。

夭→沃

論語では本章のみに登場。夭のカールグレン上古音はʔi̯oɡまたはʔoɡ。沃”そそぐ・みずみずしい・若く美しい”はʔok。語末のgとkは入れ替えうるのだろう。

夭夭如也(ヨウヨウジョ)

論語 夭 金文 論語 夭 字解
「夭」(金文)

論語の本章では”若やいで元気がある”こと。「夭」の『大漢和辞典』での第一義は”わかい・若死に”。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、人間のしなやかな姿を描いたもの。幼(細く小さい)・妖(ヨウ)(しなやかな女性)・優(しなやかな動作をする俳優)などと同系のことば、という。

『字通』によると象形文字で、人が頭を傾け、身をくねらせて舞う形。夭屈の姿勢をいう。〔説文〕十下に「屈するなり。大に從ふ。象形」とし、〔繫伝〕に「其の頭頸を夭嬌(えうけう)するなり」という。若い巫女が手をあげ、髪を乱して舞う形は芺(しよう)で、笑の初文。その前に祝詞の器である𠙵(さい)をおく形は若、ゆえに夭若の意がある。その祝詞を捧げて舞う形は呉、神を娯(たの)しませることをいう。若・呉には笑い娯しむ意がある。もと神を娯しませる意であった。また早折を夭といい、災いを殀(よう)という。その鬱屈の象をとるものであろう、という。

武内本には、「申申夭夭は和舒(=なごみゆるむ)の貌」とある。

論語:解説・付記

論語の本章は、上記の検証に拘わらず、ある仮定が真だとすれば、史実と言いうる。已zi̯əɡを後世の儒者が勝手に也di̯aと書き換えたなら、論語の本章は真である。

論語 孔子 TOP
身長2mを超える大男だった孔子は、自宅でもじじむさく過ごしては居なかったとされたわけ。はだ脱いで、孔子塾でも必須科目だった、武術の稽古に励んだりもしただろう。孔子塾の必須科目は六芸と呼ばれ、礼法、音楽、古典、弓術、馬車術、算術だった。「礼楽書射御数」という。

射と御が入っている理由が、戦時には出陣する君子の必須技能だったことはすでに書いたが、弓と馬車術だけを教えたのでは、必須を満たしたことにならない。おそらくは車上で当時の主兵器だった(ほこ)の使い方も教えただろうし、近接戦闘に用いる剣術も教えただろう。

ただし馬も車も武器も高価だから、交代で稽古を進めたはず。さらに馬車については、戦車ではなく孔子が乗用に使った車の傘を外し、稽古したかも知れない。孔子は財産の点で山あり谷ありの生涯を送り、どうしても、と車を乞われて与えられなかった言葉が論語にある。

論語 顔回
顔回が死去したときの話がそれで(論語先進篇7)、車を一乗しか持っていなかった時期があった。戦車と乗用車(乗車)は作りが違い、諸侯が会盟を催すときも、「兵車の会」と「乗車の会」は意義が異なった。もちろん乗車の会が、友好を深めるための会である。

論語の本章に話を戻すと、出仕せず、講義せず、稽古を付けていないとき=燕居の孔子のまわりには、弟子たちが集い、気ままにおしゃべりしている事が多かったようだ(論語先進篇12)。そういう時には、孔子は弟子たちを促して、思っていることを語るように言った。

論語 孔子 説教
後世まとめられた礼法書である『小載礼記』にも、「仲尼燕居」という一篇を設けて、弟子たちとのやりとりが記されている。このあたり論語に見られるように、孔子は黙っていることが出来ない性格で、弟子に言わせた言葉をきっかけに、長々と説教するのが好きだったようだ。

ただ弟子がそれを嫌がったなら、そもそも孔子のそばに寄ってこないはずで、「徳は孤ならず」(論語里仁篇25)は孔子のことでもあった。孔子は他の教師と比べると弟子に非常に恵まれており、それがのちの儒教の隆盛につながった。世にはいい組み合わせはあるものだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)