論語詳解091里仁篇第四(25)徳は孤ならず°

論語里仁篇(25)要約:せっせと修養に励んで、自分の人格力を高めていけば、黙っていても人は慕い寄って来る。まじめに学んだあかつきには、孤立する事などありませんよと、自分の人生経験をもとに孔子先生が弟子を励ましたお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「德不孤、必有鄰。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 徳 金文論語 不 金文孤 金文 論語 必 金文論語 有 金文鄰 金文

書き下し

いはく、とくならず、かならとなりり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「徳の力は孤立しない。必ず隣がいる。」

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
隠然たるパワーを身につけたなら、それに釣られて人が寄ってくる。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「徳というものは孤立するものではない。必ず隣が出来るものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「高尚的人不會孤獨,必有志同道合者相聚。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「高尚な人は孤独になれない。必ず志が同じで道を共にする者が互いに集まる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


德(徳)

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語では”人徳・道徳”と解すると、まず間違いなく読み誤る。訳者の知る限り、語釈として最も新しい『字通』では、原義はギラリと目を光らせて領内を巡察する監督官の姿で、目には見えないが、なんとなく圧倒される人格力を言う。詳細は論語における「徳」を参照。

孤 金文 論語 寡 字解
(金文)

論語の本章では”孤立すること”。『大漢和辞典』の第一義は”みなしご”。諸侯や国王が、謙遜した自称として用いることがある。

『学研漢和大字典』によると、「子+音符瓜」の会意兼形声文字。寡(すくない。それだけ)と同系のことば。瓜がまるく一つころがっているようなひとりぼっちの子どものこと。また、幼児の泣き声を呱といい、わわと泣く幼児を孤と称するに至ったとも考えられる、という。

詳細は論語語釈「孤」を参照。

鄰(リン)

論語 患 字解 団子
(金文)

論語の本章では”仲間”。『大漢和辞典』の第一義は”となり”。鄰は隣の異体字。

『学研漢和大字典』によると、粦は、連なって燃える鬼火をあらわす会意文字。隣は、「阜(土べい)+音符粦」の会意兼形声文字で、数珠つなぎにつながるの意を含む。燐(点々と連なり燃えるリン)-憐(思いがつながる)-麗(つながっていく)-儷(仲間)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「隣」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「道徳は孤独であることはない。きっと同類を周辺に持つ、という意味であるに相違ない。きわめて深い含蓄をもった言葉であると察せられる」とある。これは徳を道徳と誤解した結果の誤りで、徳は気圧されるような人格力と解すればいい。

特に武装していなくても、高い肩書きが無くても、人に何となく気圧された経験は誰にでもあると信じる。訳者の場合は武道の世界で、思い出しきれないほどそのような人に出会った。別にいかつい顔をしてはおらず、むしろニコニコと妙好人のようだったが、気圧された。

孔子の場合は明白に徳があった。論語では孔子の外見を述べていないが、『史記』の記述によると身長2mを超す大男だったとある。栄養状態が悪く、平均寿命が30そこそこだった論語時代、平均身長はかなり低かったに違いなく、孔子は雲を突くような大男に見えただろう。

ナタリア・パクロンスカヤ
スラヴ系女性の例。Наталья Владимировна Поклонская(ナタリア・パクロンスカヤ)(同氏のfacebbokより)

だからただその場にいるだけで威圧感があった。現代の東京では六本木当たりにいると、スラヴ系の女性が通りがかってその意が知られる。次いで孔子の面相はと言えば、荀子によると鬼やらい(悪魔払い)のお面にそっくりだったと言っており、恐ろしい顔をしていたらしい。
論語 孔子 肖像

こうした生まれ持つ外見だけなら、孔子は「隣」無き人物になったのだろうが、恐ろしげではあるがそんな人物が礼儀正しく、懇切丁寧にものを教えるとなっては、なるほど多くの弟子が寄って「隣有り」だろう。だからこその本章の発言であり、その言葉には裏付けがあった。

最後に、儒者の感想文を見ておこう。

古注『論語義疏』

子曰徳不孤必有鄰註方以類聚同志相求故必有鄰是以不孤也疏子曰徳不孤必有鄰 言人有徳者此人非孤然而必有善鄰里故也魯無君子者子賤斯焉取斯乎又一云鄰報也言徳行不孤矣必為人所報也故殷仲堪曰推誠相與則殊類可親以善接物物亦不皆忠以善應之是以徳不孤焉必有鄰也 註方以至孤也 於前解為便也

本文「子曰徳不孤必有鄰」。

注釈。まさに今仲間を集めて同志が互いに呼び合うので必ず隣がいるのである。だから孤立しないのである。

付け足し。先生は徳のある者には必ず同志がいて孤立しないと言った。ただし人でも徳のある者に限る。それなら孤立しないし隣近所にも善人がいる結果となる。当時の魯には君子がいて、弟子の子賤がそれを手本にしたというのは、その一例である。徳のある者は孤立しないというのは、人は必ず恩返しをするからである。

だから殷仲堪が言った。「互いに真心を尽くせばとりわけ親しむに相応しく、善意で他者に当たれる。人は誰もが忠実では無いが、善意は孤立しないし必ず同志が出来るものだ。

注釈。今丁度孤立を記した。以前の注釈は書きかけである。

新注『論語集注』

鄰,猶親也。德不孤立,必以類應。故有德者,必有其類從之,如居之有鄰也。

鄰とは親とほとんど同じだ。德は孤立しない。必ず似た者が寄ってくる。だから徳のある者派、必ず似た者が寄ってきて取り巻きになる。住まいに隣近所が出来るようなものである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)