論語詳解237郷党篇第十(2)朝にて下大夫と*

論語郷党篇(2)要約:場所によって態度を変える孔子先生は、朝廷でもそれは同じでした。ただし、言うべき事ははっきり言いました。そしてどの場でも気を付けたことは、場の雰囲気をとげとげしくしないことでした、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

朝與下大夫言、侃侃如也。與上大夫言、誾誾如也。君在、踧踖如也、與與如也。

復元白文

朝 金文与 金文下 金文大 金文夫 金文言 金文 論語 侃 金文論語 侃 金文如 金文也 金文 与 金文上 金文大 金文夫 金文言 金文 論語 誾 金文論語 誾 金文如 金文也 金文 君 金文在 金文 踧踖如 金文也 金文 与 金文与 金文如 金文也 金文

※論語の本章は踧・踖の字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

おほやけにて下大夫かたいふ”へば、侃侃如かんかんじよたり上大夫じやうたいふへば、誾誾如ぎんぎんじよたりきみいまさば、踧踖如しゆくせきじよたり與與如よよじよたり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
朝廷で下級家老と話す時は、ずけずけとはっきりものを言った。上級家老と話す時は、穏やかに喜びながらものを言った。殿様がお出での時は、うやうやしく敬うように、威儀を整えて振る舞った。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

朝廷で、下大夫とは、心置きなく率直に意見を交換され、上大夫に対しては、おだやかに、しかも正確に所信を述べられる。そして国君がお出ましの時には、恭敬の念をおのずから形にあらわされるが、それでいて、固くなられることがない。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

上朝時,同下大夫說話,輕鬆快樂;同上大夫說話,和顏悅色;在國君面前,恭恭敬敬,儀態安詳。

中国哲学書電子化計画

朝廷では、格下の家老と話すときは、気楽に楽しそうだった。格上の家老と話すときは、温和でにこやかに語った。国公の前では、うやうやしくし、物静かにしていた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 朝 金文
(金文)

論語の本章では、”朝廷”。詳細は論語語釈「朝」を参照。

下大夫

論語 下 金文 論語 大 金文 論語 夫 金文
(金文)

論語の本章では”孔子より目下の家老”。「大夫」は春秋諸国の家老階級を意味する。詳細は論語時代の身分秩序を参照。

上大夫

論語 上 金文 論語 大 金文 論語 夫 金文
(金文)

論語の本章では、”孔子より目上の家老”。さらに上の大老階級をさらに上の大老階級を「卿」と言う。詳細は論語時代の身分秩序を参照。

侃侃(カンカン)如

論語 侃 金文 論語 水の循環 侃
「侃」(金文)

論語の本章では、”強くはっきりとしたさま”。武内本は「衎衎の仮借、和楽の貌」という。”のびのびする”からその意にはなるが、漢字の原義からは離れている。

初出は甲骨文。カールグレン上古音はkʰɑn(上)。論語ではこの郷党篇と先進篇のみで見られる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、信は、のびのびするの意。侃は「信の字の異体字㐰(イ+囗)+川」で、川の流れのように堂々とのびて、ひるまぬ意味をあらわした。強悍(キョウカン)の悍・剛健の健と同系のことば、という。詳細は論語語釈「侃」を参照。

誾誾(ギンギン)如:

論語 誾 金文 論語 バランス 誾
(金文)

論語の本章では、”とげとげしくならないよう議論するさま”。武内本は「訢訢の仮借、謹敬の貌」というが、漢字学の立場から、下記藤堂説に従った。

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はŋi̯æn(平)。論語ではこの郷党篇と先進篇のみで見られる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「言+門」、という。また論語の本章を例に挙げて、「誾誾(ギンギン)」とは、一方にかたよらず正当なさま。また、おだやかに是非を論じるさま、という。詳細は論語語釈「誾」を参照。

踧踖(シュクセキ)如

論語 踧 古文 論語 踖 古文
(古文)

論語の本章では、”恭しく敬うさま”。武内本は「恭敬の貌」という。

「踧」の初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は声母のdʰ(入)のみ。藤堂上古音は蹙と同じでtsiok(入)または狄と同じでdek(入)。「蹙」(カ音tsのみ)にも”縮まる”の語義はあるが、初出は同じく説文解字。論語ではこの郷党篇のみで見られる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「足+(音符)叔(シュク)(小さくちぢまる)」、という。

「踖」の初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsi̯ăk(入)。同音は借、跡で、共に”小刻み”の語義を持たない。論語ではこの郷党篇のみで見られる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「足+(音符)昔(セキ)(しきかさねる)」、「踧踖」で、身をちぢめてつつしむさま、という。

詳細は論語語釈「踧」論語語釈「踖」を参照。

與(与)與(ヨヨ)如

論語 與 与 金文 論語 小麦
「与」(金文)

論語の本章では、”威儀を整えるさま”。一説に、落ち着いたさま。武内本はこの説で、「安舒の貌」という。

『学研漢和大字典』によると「与与」については以下の通り。

  1. 作物がいっしょに群れ茂っているさま。「我黍与与=我が黍与与たり」〔詩経・小雅・楚茨〕
  2. ゆったりと落ち着いているさま。また、威儀を整えて歩くさま。《同義語》予予。「与与如也」〔論語・郷党〕
  3. いったり来たりするさま。〔漢書・揚雄〕

詳細は論語語釈「與」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、定州竹簡論語に無いことから、あるいは後漢まで成立が下る可能性もあるが、恐らくは前章同様、前漢期に創作されたのだろう。また本章に用いられた漢字は、この郷党篇と次の先進篇のみで見られるものがあり、両者が同時期に作られたことを思わせる。

なお儒者と論語郷党篇の関係について言えば、古注の儒者はまるで砂糖菓子にたかるアリのように、大喜びで愚にも付かぬ感想を馬のしょんべんのように長々書き立てている。帝国儒者は、礼法を社会に強要することによって飯を食っていたからであり、要は金儲けだ。
郷党篇 古注

訳者としては、それを一々訳出してもかまわないのだが、例によってくだらないことしか書いていないし、論語や孔子を理解するには何の役にも立たないので、その気が起こらないでいる。それより、論語の本章と関連する『孔子家語』の現代語訳を記すことにする。

子夏三年之喪畢,見於孔子。子曰:「與之琴。」侃侃而樂,作而曰:「先王制禮,不敢不及。」子曰:「君子也!」閔子三年之喪畢,見於孔子。子曰:「與之琴,使之絃。」切切而悲,作而曰:「先王制禮,弗敢過也。」子曰:「君子也!」子貢曰:「閔子哀未盡,夫子曰:君子也。子夏哀已盡,又曰:君子也。二者殊情,而俱曰君子,賜也惑,敢問之。」孔子曰:「閔子哀未忘,能斷之以禮;子夏哀已盡,能引之及禮;雖均之君子,不亦可乎?」(『孔子家語』六本5)

弟子の子夏が三年の喪(礼法では親の喪に相当する)を終えて、孔子の前に出た。
孔子「誰か、子夏に琴を渡してやりなさい。」そう言って子夏に琴を弾かせた。その音色は侃侃として楽しげである。

弾き終えて子夏は立ち上がり、言った。「いにしえの聖王は、礼法を定めました。従わないわけにはいきません。」
孔子「貴族らしくなったな、子夏。」

閔子騫が三年の喪を終えて、孔子の前に出た。
孔子「誰か、子騫に琴を渡してやりなさい。」そう言って閔子騫に琴を弾かせた。その音色は切々として哀しげである。

弾き終えて閔子騫は立ち上がり、言った。「いにしえの聖王は、礼法を定めました。出過ぎたことがないようにしないわけにはいきません。」
孔子「貴族らしくなったな、子騫。」

それを見ていた子貢が言った。「閔子騫は哀しみを引きずっていたのに、先生は貴族らしいとほめました。子夏は哀しみを尽くしてさばさばしていたのに、先生は同じように貴族らしいとほめました。二人の態度は違いますが、同じように誉めました。私にはわけが分かりません。どういうことでしょうか。」

孔子「閔子は引きずって、断ち切るのに礼法に頼った。子夏は哀しみ尽くして、その結果礼法を体得した。二人とも一人前の貴族だと評価しても、間違いではあるまいよ。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)