論語詳解255先進篇第十一(2)我に陳蔡に従いし’

論語先進篇(2)要約:私と放浪の苦労を共にした弟子は、みんなもういなくなってしまった。そうつぶやく孔子先生のため息。そこに付けられた注が、いつの間にか本文と取り違えられ、動かしがたい聖人の「お言葉」になってしまいました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「從我於陳蔡者、皆不及門*也。」德行、顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語、宰我、子貢。政事、冉有、季路。文學、子游、子夏。

校訂

武内本

清家本により門の下に者の字を補う。

定州竹簡論語

……淵、閔子騫、冉伯261……、子a路。文學:子[游、子夏]。262

  1. 子、今本作”季”。

→子曰、「從我於陳蔡者、皆不及門也。」德行、顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語、宰我、子貢。政事、冉有、子路。文學、子游、子夏。

復元白文

子 金文曰 金文 従 金文我 金文於 金文陳 金文蔡 金文者 金文 皆 金文不 金文及 金文門 金文也 金文 徳 金文行 金文 顔 金文淵 金文 閔 金文大篆子 金文騫 金文大篆 冉 金文伯 金文牛 金文 仲 金文弓 金文 言 金文語 金文 宰 金文我 金文 子 金文江 金文 政 金文事 金文 冉 金文有 金文 子 金文路 金文 文 金文学 學 金文 子 金文游 金文 子 金文夏 金文

※閔→(金文大篆)・騫→(金文大篆)・貢→江。論語の本章の前半は、也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造である。あざ名で呼んでいることから、後半は明確に後世の注釈。

書き下し

いはく、われ陳蔡ちんさいしたがひしものは、みなかどともにせざるかななり德行とくかうには顏淵がんえん閔子騫びんしけん冉伯牛ぜんはくぎう仲弓ちうきう言語げんごには宰我さいが子貢しこう政事せいじには冉有ぜんいう子路しろ文學ぶんがくには子游しいう子夏しか

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「私と共に陳・蔡へと旅した者は、いまはもう門下にいなくなってしまったよ。」

(注釈)人格力の養成と実践(徳行)では顔淵(顔回)ビン子騫シケン(閔損)ゼン伯牛(冉耕)仲弓チュウキュウ(冉雍ゼンヨウ)が優れ、弁舌の才(言語)では宰我(宰予)子貢(端木賜)が優れ、政治では冉有(冉求)子路が優れ、古典研究(文学)ではユウ(言エン)子夏(ボク商)

意訳

論語 孔子 ぼんやり
私と革命を共に戦った同志諸君は、もうこの世にいないか仕官したか、あるいは外国に行ってしまった。

(後世の儒者)それはすなわち徳行では顔回、閔子騫、冉伯牛、冉雍が優れ、弁舌の才では宰我と子貢が優れ、政治では冉有と子路が優れ、古典研究では子游と子夏が優れていた。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「私について陳(ちん)・蔡(さい)を旅した門人たちは、今はもう一人も門下にはいない。」
 先師に従って陳・蔡におもむいた門人の中で、徳行にすぐれたのが顔渕・閔子騫(びんしけん)・冉伯牛・仲弓、言論に秀でたのが宰我・子夏、政治的才能できこえたのが冉有・季路、文学に長じたのが子游・子夏であった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「跟我在陳、蔡受苦的人,都不在身邊了。」

孔子的學生中,品德高尚的有:顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓;善於言談的有:宰我、子貢;善於政事的有:冉有、季路;精通文學的有:子游、子夏。

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私と一緒に陳や蔡で苦難に遭った旅に出た弟子は、全て私の周りからいなくなってしまった。」

孔子の弟子の中で、品性高潔だった者には、顔淵と閔子騫、冉伯牛、仲弓がいた。談論の達者には、際我と子貢がいた。政治の達者には、冉有と季路がいた。文学に精通した者には、子游と子夏がいた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

陳蔡

論語 陳 金文 論語 蔡 金文大篆
(金文)

論語の本章では、論語の時代に中国南方にあった二つの小国。地図を参照。

論語 春秋時代地図

クリックで拡大。出典:http://shibakyumei.web.fc2.com/

ただし論語の本章で注意すべきは、挙げられている弟子の全てが孔子の放浪に従ったのではないこと。放浪の始まりはBC497で孔子55歳、帰国はBC484で68歳。生没年未詳の冉雍は不明として、子夏は11歳から24歳に当たり、付き従ったにしても後半だけだろう。
論語 子夏 論語 子游

同じく子游は20歳から33歳に当たり、付き従ったかどうか微妙なところ。詳細は論語語釈「陳」論語語釈「蔡」を参照。

皆不及門也

論語 皆 金文 論語 及 金文
「皆」「及」(金文)

論語の本章では、”みな我が家を出入りしなくなった”。

「及」は超多義語で、”およぶ”と読んで分かった気になっていると、いつまでたっても論語を読んだことにならない。論語の本章では孔子の屋敷の門を、同じ泉に口を付けて飲むように”ともにする”ことであり、通いにせよ住み込みにせよ、孔子塾に日頃から出入りすることを指す。詳細は論語語釈「及」を参照。

德(徳)行

論語 徳 金文 論語 行 金文
(金文)

論語では、孔子の主張する礼法を習得しそれに従って生きること。

論語に言う「徳」とは、道徳とか人徳ではない。体力・気力・暴力・学力・智力・能力を背景にした、潜在的な人格的迫力を言う。詳細は論語における「徳」を参照。その人格力で、他人を圧倒したのが顔回ほか三人だったのである。

ここで暴力という言葉にビックリしてはいけない。顔回ですら孔子塾の必須科目である六芸に通じていたのだから、戦車の乗りこなしや弓術は人並み以上に達者だったはず。おそらくは当時の主兵器である戈の扱いにも長けていただろう。訳者は長柄武器の有段者だが、顔回相手に立ち回る気にはなれない。

顏淵・閔子騫・冉伯牛・仲弓・宰我・子貢・冉有・季路・子游、子夏(顔渕・閔子騫・冉伯牛・仲弓・宰我・子貢・冉有・季路・子游・子夏)

本名で呼び捨てにされている弟子はいない。姓・名とあざな(かっこ内)を並べてみると、

顔渕=顔・回(子淵)
閔子騫=閔・損(子騫)
冉伯牛=冉・耕(伯牛)
仲弓=冉・雍(仲弓)
宰我=宰・予(子我)
子貢=端木・賜(子貢)
冉有=冉・求(子有)
子(季)路=仲・由(子路)
子游=言・偃(子游)
子夏=卜・商(子夏)

となる。

論語 子路
子路が季路と呼ばれているのは、季=末っ子の路くん、という親しみからと思ったが、定州竹簡論語では子路になっており、後世季路になった理由が思いつかない。一番初めに入門した弟子で、時に孔子を叱責した、弟子と言うより年下の同志といった関係。

論語 顔回
しかし最も才能を評価された顔回が、姓とあざなの省略形で呼ばれているのに、仲弓・子貢・子游・子夏はあざなそのもので呼ばれている。何か意味があるのか、それとも詮索するほどのことはないのか、よく分からない。

ただし孔子にとって顔氏一族は、母の一族であり、孔子塾の成立にも孔子の放浪の旅にも多大な貢献をした氏族だから、わざわざ呼び上げる価値はあると言っていい。『孔子家語』などでも顔回を、わざわざ「顔氏の子」と呼ぶことがある

孔子の母親は顔徴在といい、子路の義兄は顔濁鄒(ガンダクスウ)という。顔濁鄒は魯の隣国衛の人で、孔子は放浪中に顔濁鄒を頼っている。しかも一説には、顔濁鄒は当時有力な任侠道の親分だった(『呂氏春秋』)。詳細は孔子の生涯(1)を参照。

論語 子貢
このうち子貢については、孔子一門を財政から支えた金庫番兼やりくり担当だから、なにがしか孔子の遠慮が伝わったのかも知れない。子游と子夏は、他の弟子と違って孔子とは年齢が懸け離れていて、その分孔子とは心理的な距離があったのが伝わったかも。

論語 冉雍
ワケが分からないのは冉雍(仲弓)で、年齢不詳だから一層わからない。「君主に据えてもいいほどだ」と孔子は論語の雍也篇で褒めちぎったが、一説には冉伯牛・冉有と同族で、そうなると一族の結束が固い中国社会で、冉氏は顔氏と共に孔子を支える一グループだったと見える。

ただし冉雍については同じく論語雍也篇で、「家格が低い」と言われているから、冉一族は決して君子=貴族の家柄ではなかっただろう。しかし中国では、家格が低いからと言って無力だったというわけではなく、現に孔子は底辺の出身。

年齢不詳ながら、おそらく冉雍は年が若かっただろう。そうでなければ、家格の低さを気にするなと、孔子に慰められはしなかっただろう。将来のある年齢だからこそ、そういう励ましをしたのだろうから。

論語:解説・付記

上掲の検証通り、論語の本章は後半の注釈が本文に紛れ込んだもので、現伝の論語がかなり粗雑に編まれていることを物語る。原因は後漢帝国の救いがた偽善性と、それに伴う儒者の幼稚化で、少し考えれば子供でもやらかさないような手抜きを、大儒が平然と行った。

その模様は後漢というふざけた帝国@論語郷党篇は「愚かしい」のか、にまとめたので参照して頂きたい。古注によると、後漢から南北朝にかけての儒者は本章の前半と後半を分けているので、本文と注釈だとは思っていたようだが、後半について後漢儒者は何も言っていない。

だから三国から南北朝の儒者が、尻拭いで一生懸命理屈を付けている。

古注『論語集解義疏』

此章初無子曰者是記者所書竝從孔子印可而録在論中也云徳行云云者孔子門徒三千而唯有此以下十人名為四科四科者徳行也言語也政事也文學也徳行為人生之本故為第一以冠初也而顔閔及二冉合其名矣王弼曰此四科者各舉其才長也顔淵徳行之俊尤兼之矣范甯曰徳行謂百行之美也四子俱雖在徳行之目而顔子為其冠云言語宰我子貢者第二科也宰我及端木二人合其目也范甯曰言語謂賓主相對之辭也云政事冉有季路者第三科也冉仲二人合其目也范甯曰政事謂治國之政也云文學子游子夏者第四科也言偃及卜商二人合其目也范甯曰文學謂善先王典文王弼曰弟子才不徒十蓋舉其美者以表業分名其餘則各以所長從四科之品也侃案四科次第立徳行為首乃為可解而言語為次者言語君子樞機為徳行之急故次徳行也而政事是人事之别比言語為緩故次言語也文學指博學古文故比三事為泰故最後也

この部分は始めは「子曰く」とセットでは無かった。原本を書き記した者が(注釈として)書いたのである。それによって孔子から免許皆伝を受けた者を論語の中に記したのである。

孔子の弟子は三千人だった。だがここに名が見える十人が、四つの分野の達者とされた。四つとは、徳の行い、弁舌、政治、文学である。

徳の行いは人間の基本である。だから最初に記したのである。顔と閔と二人の冉氏がその名を記された。王粛は言う。「この四分野は、それぞれの弟子の得意分野を挙げたのである。顔淵は徳の行いに優れ、一番その積み重ねが高かった。」范寧は言う。「徳の行いは、全ての行いの精華である。四人のお弟子は、誰もが徳に優れていたけれども、やはり顔先生が一番だった。」

「言語は宰我と子貢」とあり、二つ目の分野である。宰我と端木(=子貢)は二人とも弁舌に優れていた。范寧は言う。「言語は、客あしらいの口車を指す。」

「政事は冉有と季路」とあり、三つ目の分野である。冉(=冉求)と仲(=子路)がこの分野に優れた。范寧は言う。「政事とは、国を治めることをいう。」

「文学は子游と子夏」とあり、四番目の分野である。言(=子游)卜章(=子夏)がこの分野に優れた。范寧は言う。「文学とは、昔の聖王の書き残した文章をよく読めることをいう。」

王弼は言った。「ただ者ではない弟子は十人、たぶんその得意分野を挙げてその名を讃えた。それ以外の弟子が優れていた点も、かならずこの四つの内のどれかだろう。」

わたくし皇侃は思う。四分野の順序で、徳の行いを先頭に立てたわけはよく理解できる。弁舌を次に置いたのは、君子にとって徳の習得がまず必須だから、徳の次に置いたのだ。そして政治とは結局人の扱いだから、弁舌よりは後回しになる。文学は古典の研究だから、三分野よりは必要性が薄く、だから最後に置いたのだ。

相変わらず愚にも付かないことしか書いていないが、同情の余地はある。

なお新注はこのページと同じ章分けをしている。

新注『論語集注』

弟子因孔子之言,記此十人,而并目其所長,分為四科。孔子教人各因其材,於此可見。程子曰:「四科乃從夫子於陳、蔡者爾,門人之賢者固不止此。曾子傳道而不與焉,故知十哲世俗論也。」

弟子は孔子の発言によって、この十人が記された。同時にその得意分野を分類して、四つの分野に分けた。孔子は弟子の素質に合わせて教えたことが、ここに見て取れる。

程頤「四分野の弟子とは、まことに先生の陳・蔡での苦難を共にした者のみで、弟子のうちの賢者が、たったこれだけではなかった。例えば曽子は、孝行の道を伝えたのに記されていない。だからいわゆる孔門十哲とは、アホウどもの物言いである。」

新注を書いた宋儒は、知能指数こそ古注の儒者より、少しはましだったかもしれないが、揃って理気学というオカルトに走った気○いであり、読むに値することを言っていない。曽子は孔子の弟子ですからなかったし、本章の後半が注釈とも気付いていない。「アホウどもの物言いである。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] さて九去堂など奇怪千万な奴の訳など信用できない、どうしても新旧の儒者の言う通りに論語の本章を解釈したいと言うならば、一つだけそれが通る法がある。先に論語先進篇2で見たように、先進篇には、孔子の肉声とそれに対する注釈が、一緒に本文化してしまった例がある。 […]

  2. […] 子張は孔門十哲から漏れているが、それは後世の儒者の勝手な物言いで、論語に子張篇まである孔子の若い弟子。何事にも出しゃばりだ、と孔子に評されたが、まじめで気のいい若者であり、陰険で無能で根暗な曽子からは、煙たい男だと嫌われている。 […]