論語詳解253郷党篇第十(19)色見てこれ挙がり*

論語郷党篇(19)要約:孔子先生は弟子を連れて、たびたび散歩や山遊びに出かけました。山で出会った雉たちに、感興を覚えた先生は、歌で雉たちに呼びかけました。ところが付き添った子路が勘違いし、ヤキトリを先生の食膳に…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

色斯舉矣、翔而後集。曰、「山梁雌雉、時哉時哉。」子路共*之、三嗅*而作

校訂

武内本:唐石経供を共に作る。嗅、説問齅に作る。五経文字云、説文齅の字経伝相承て嗅に作る。論語借りて臭に作る。臭は蓋し狊の誤、狊とは両翅を張る也。

※下記の通り「狊」に改めるのはデタラメ。


→色斯舉矣、翔而後集。曰、「山梁雌雉、時哉時哉。」子路供之、三嗅而作。

復元白文

色 金文斯 金文喬 金文已 矣金文 而 金文後 金文集 金文 曰 金文 山 金文論語 梁 金文匕 金文雉 甲骨文 時 石鼓文哉 金文哉 金文路 金文 共 金文之 金文 三 金文臭 金文而 金文作 金文

※舉→喬・矣→已・雌→匕・雉→(甲骨文)・供→共・嗅→臭。論語の本章は翔の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

いろみてあがかけのちあつまる。いはく、山梁さんりやう雌雉しちときなるかなときなるかな子路しろこれのぼさば、たびつ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

キジは気配に飛び立って、空を舞ってまた集まる。言った。「山の架け橋のメスキジよ、時だぞ、時だぞ。」子路がそのキジを孔子の食膳に上せた所、三度匂いを嗅いで席を立った。

意訳

子路と孔子が山遊びをした。山に住むメス雉は、人の気配に飛び立ったが、しばらく天を舞ってまた降りてきた。孔子は雉に歌で呼びかけた。

孔子「これ山の架け橋なるメス雉よ、時だぞ、時だぞ。」

子路は「時だぞ」を「年貢の納め時だぞ」と勘違いした。そこでその雉を捕らえてヤキトリにし、孔子の食膳に上せた。孔子はむごいと思い、三度匂いを嗅いだだけで席を立った。

従来訳

論語 宮崎市定

古語に、(雉の用心深さを歌い)気配に感じて舞い上がったが、空をひとまわりして後、おり立った、とある。孔子がこれを説明して、山間の懸け橋にとまりたる雌雉に、時期が大切だぞよ、時期を誤るな、と教えようとした詩であるぞ、と言った。この孔子の言は子路が雌雉の肉を供した時に発せられたもので、孔子はこのように言った後、子路の好意を無にせぬため、三度嗅いだ後に席を立った。

(宮崎市定『論語の新研究』)

論語 下村湖人

人のさま あやしと見てか、
鳥のむれ 空にとび立ち
舞い舞いて 輪を描きしが、
やがてまた 地にひそまりぬ。

師はいえり「み山の橋の
雌雉(めきじ)らは 時のよろしも、
雌雉らは 時のよろしも。」

子路ききて 腕(かいな)なでつつ、
雌雉らを とらんと寄れば、
雌雉らは 三たび鳴き交かい
舞い立ちぬ いずくともなく

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子郊游,看見野雞飛翔一陣後停在樹上,孔子神情一變,說:「山脊上的野雞啊,時運好啊!時運好!」子路向它們拱拱手,野雞長叫幾聲飛走了。

中国哲学書電子化計画

孔子が野遊びに出掛け、野生のキジが空を回って飛び、木の枝に止まったのを見た。孔子は感興を覚え、言った。「尾根の上を飛ぶキジや、今こそ良い時だぞ!良い時だぞ!」。子路はキジたちに向かって手をこまねいて挨拶したが、キジは何度か長く鳴いて飛び去った。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

色 金文
(金文)

論語の本章では、”気配”。『学研漢和大字典』によると原義は”男女の行為”。それに伴う顔つきや姿、化粧などを含む、という。詳細は論語語釈「色」を参照。

武内本の注には、「色斯は色然と同じ、驚飛のすがた」とある。

論語 斯 金文
(金文)

論語の本章では、語順を倒置して直前の語を強める記号。詳細は論語語釈「斯」を参照。

舉色矣(色に挙がりぬ) → 色斯舉矣(色にこれ挙がりぬ)

論語の本章では”飛び上がる”。カールグレン上古音はki̯o(上)。この文字の初出は戦国末期の金文で、語義によって論語時代の置換候補が異なる。本章の場合は「喬」ki̯oɡ(平)”高い”。詳細は論語語釈「挙」を参照。

論語 翔 金文大篆 論語 とんび 翼
(金文)

論語の本章では”羽ばたく”。論語では本章のみに登場。

初出は前漢の篆書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzi̯aŋ(平)。同音は詳、庠”学び舎”、祥、痒”病む”、象、像、橡”トチノキ”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「隕+(音符)羊」。様(かっこいい姿)・像(大きい姿)と同系のことば。「かける」と読み、羽を大きく広げて飛びまうこと、という。詳細は論語語釈「翔」を参照。

集 金文
毛公鼎・西周末期

論語の本章では”集まる”。論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はdzhi̯əp(入)。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、篆文(テンブン)は「三つの隹(とり)+木」の会意文字で、たくさんの鳥が木の上にあつまることをあらわす。現在の字体は隹を二つ省略した略字体。▽語尾のpがtに転じたばあいは、シッと発音する。雑(いろいろな色をあつめた衣)・緝(繊維をあつめあわせて糸にする)・輯(シュウ)(まとめる)と同系。類義語に斂、という。詳細は論語語釈「集」を参照。

山梁

論語 山 金文 論語 梁 金文
(金文)

論語の本章では、”山の谷間に架けられた橋”。

『学研漢和大字典』によると「山」は象形文字で、△型のやまを描いたもので、△型をなした分水嶺のこと。傘(サン)(△型のかさ)・散(△型の両側にちり落ちる)と同系のことば。類義語の峰は、△型に先のとがったやま。嶺(レイ)は、高く切りたったやま。岳は、ごつごつしたやま。丘は、盆地をかこむ外輪のやま。岡は、やまの背のかたく平らな台地。陵は、筋ばったやまの背の線。巓(テン)は、やまの頂上、という。詳細は論語語釈「山」を参照。

「梁」は会意文字で、金文は「水+害(両がわに刃のついた刀)」からなる会意文字。篆文(テンブン)はさらに木を加えた会意文字。左右の両岸に支柱を立て、その上にかけた木のはしである。両岸にわたるから梁liaŋといい、両と同系のことば。類義語の橋は、曲線をなす太鼓橋、という。詳細は論語語釈「梁」を参照。

雌雉(シチ・めすきじ)

論語 雌 金文大篆 論語 雌
「雌」(金文)

論語の本章では、”めすキジ”。「雉」はそれだけでめすキジを意味し、漢の高祖劉邦の正夫人リョ后は、本名を呂雉と言った。

匕 金文
「匕」仲枏父匕・西周中期

「雌」は論語では本章のみに登場。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsʰi̯ăr(平)。同音に此、跐”踏む”、佌”小さいさま”、玼”鮮やか・傷”、泚”きよい”、庛”鋤の部品”。部品の此に”メス”の意は無い。隹は”鳥”。

『字通』は「此はもと牝牡の牝を示す記号的な匕(ひ)に、止(し)声を加えた」というが、『大漢和辞典』匕条にその語釈は無い。『学研漢和大字典』此条は「会意。「止(あし)+比(ならぶ)の略体」で、足を並べてもうまくそろわず、ちぐはぐになること」という。ただし匕条は「象形。匕は、妣(女)の原字」といい、匕が論語時代の置換候補になる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、此(シ)は、足がちぐはぐに並んださまをあらわす会意文字。雌は「隹(とり)+(音符)此」で、左右の羽をちぐはぐに交差させて、尻(シリ)をかくすめすの鳥。眥(シ)(上下のまぶたの交わるめじり)・柴(サイ)(ふぞろいに束ねたたきぎ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「雌」を参照。

論語 雉 古文
「雉」(古文)

「雉」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はdʰi̯ər(上)。金文は未発掘。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「隹+(音符)矢(シ)・(チ)」。真っすぐ矢のように飛ぶ鳥の意。転じて、真っすぐな直線をはかる単位に用いる、という。詳細は論語語釈「雉」を参照。

時哉時哉

武内本は「時とは善なり」というが、根拠が不明。論語語釈「時」論語語釈「哉」も参照。

共→供

供 篆書 論語 然
「供」(篆書)

論語の本章では”食膳に上せた”。

「供」の初出は後漢の『説文解字』。カールグレン上古音はki̯uŋ(平/去)。この文字は、早くとも秦漢帝国以降に「共」と書き分けられるようになった文字と思われる。詳細は論語語釈「供」を参照。「共」については論語語釈「共」を参照。

本章の意味については古来議論がある。平明に読めば子路がキジを捕まえて、焼き鳥にして孔子に出し、孔子はあまりのこととて手を付けず、三度嗅いだだけで立ち上がった、となる。三国志の張飛同様、儒者は子路を「足りない奴」として描きたがった結果だ。

ただし武内本の注によると「供唐石経共に作る、向かう也」とある。だが唐石経は恣意的な改竄をあまた行っており、賛同しがたい。

嗅・狊

論語 嗅 古文 論語 狊 篆書
「嗅」(古文)・「狊」(篆書)

論語の本章では”匂いを嗅ぐ”。

現行の論語版本ではほとんどが「嗅」となっており、論語の本章では”臭いを嗅ぐ”の意。論語では本章のみに登場。

初出は不明。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明(去)。藤堂上古音はhɪog。部品の「臭」(藤音kjogまたはkɪog)に”においをかぐ”の語釈がある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、臭は、上古にはキュウといい「自(はな)+犬」の会意文字で、犬が鼻の細い穴を通してかぐこと。のち臭が名詞「におい」をあらわすのに専用されたため、嗅の字で動詞をあらわすようになった。嗅は「口+(音符)臭シュウ)」、という。詳細は論語語釈「嗅」を参照。

ただし武内本には「嗅」を「ケキ」(鳥が羽根を広げる)と書いており、これに従うと書き下しから全てやりなおしとなる。「狊」は甲骨文・金文・古文には見られず、始皇帝が制定した篆書以降になってやっと現れる。となると本章はおそらくは漢代以降に作られた作文だろう。

武内本の注には、「嗅、説文キュウに作る、五経文字云、説文齅の字経伝相承て嗅に作る論語借て臭に作る、臭は蓋し狊の誤、狊は両翅を張る也」とある。

『五ケイ文字モンジ』とは、唐代の張参が著した、儒教経典の校訂(さまざまある版本により違っている文字の唯一解を定めること)本で、それによるともと「齅」の字だったのを経典では「嗅」と書き、論語ではさらに「臭」となっていると言うが、「狊」の間違いとは言っていない。

そして例によって、根拠を一切言っていない。以下は『五経文字』四庫全書本の該当部分。
嗅 五経文字

劓鼽音求見禮記齅嗅上說文下經典相承隷省論語借臭字為之(巻上80)

齅と嗅は、古くは『説文解字』に載り、時代が下って儒教経典に代々引き継がれ、隷書に始まった字体が簡略化された。論語は臭の字を使って嗅の代用にしている。

つまり武内本の言う「臭は蓋し狊の誤」は文字通り武内博士の個人的感想であり、『五経文字』は何ら博士の説を補強しない。要は古本を出したハッタリである。その無関係な『五経文字』もご覧の通りで、唐代には嗅を口偏のない臭と書く版本が有ったことが分かるだけ。

なお「狊」kiwek(入)の文字は相当に珍しく、訳者の持ち字書では『大漢和辞典』にしか載っていない。初出は後漢の説文解字で、論語の時代に存在しない。仮に武内博士の感想が当たっていても、論語の本章に真っ赤なニセモノの証拠が、また一つ積み上がることになる。
論語 狊 大漢和

論語 作 甲骨文 論語 作 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”立つ”。論語時代の漢文では、”立ち上がる・駆け上がる”の意に用いることが多い。

『学研漢和大字典』によると、原義は刃物で素材にざくりと切れ目を入れること。それは人為であることから、人が行う仕草の意に転じた、という。詳細は論語語釈「作」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章の解釈について、前回までの検討ですでに以下のような結論を得た。

  1. 論語郷党篇は、孔子の言動から原則を引き出し、孔子没後の弟子の軌範集を作ろうとした編集意図があること
  2. 作成時期は、定州竹簡論語での有無により、前漢宣帝期以前と、それよりあとの竄入(後人による挿入)が混在していること
  3. 竄入は明らかに主語が孔子であると明記するか、孔子の発言らしきセリフが含まれているが、それでも竄入意図は郷党篇の編集意図と同じ、弟子の軌範となるべき孔子の言動であること
  4. そして何より、論語郷党篇のほとんどが、後世の偽作であること

だった。例外的に史実性が認められる12「康子薬をおくる」13「うまや焼けたり」は竄入であり、かつ独立した話であり、15「太廟に入らば」も独立した話で、かつ八佾篇との重複が見られた。対して9「席正からざらば」は、一連の軌範集の断片であり、たまたまこの部分だけ、論語の時代に存在した漢字だけで述べられた可能性が高い。

郷党篇 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
主語 路/孔
定州
真偽 × × × × × × × × × × × × × × ×
竄入

しかるに本章は、

  1. 定州竹簡論語に無く、2.の特徴から後世の竄入であり
  2. 明らかに孔子と子路が主語であり
  3. そして後世の偽作

である。だが竄入意図は、郷党篇の編集意図に沿っていると見なさねばならない。そして本章の前半までは、歌詞の曖昧を除けば難解でなく、孔子が山峡の雌雉に感じて歌で評したと解せる。歌詞には何ら非難めいた所が無いから、雉に感じ入った、よきものと評したのである。

そして後半、子路が「供之」し、何物かが「三嗅而作」した。儒者はその子路を没後、論語に偽作までして乱暴者であると言う宣伝を行った。歯の浮くようなお世辞を捏造して顔回を神格化したり、がめついアキンド軽薄才子であるという子貢の作り話をしたのと同じである。

子路「でも出征するなら私を連れて行くでしょう?」
孔子「いやだね。お前は暴虎馮河=虎を見れば殴りかかり、川を見ればザブザブと飛び込む。死んでもかまわないと思っている。そうじゃなくて、連れて行くなら事態を前によく考え、計画を立ててからやり遂げる、顔回の方がいいに決まっている。」(論語述而篇10)

※懼の字が論語の時代に存在せず、後世の捏造。

同様の宣伝は『孔子家語』にも見える。論語の本章に話を戻せば、子路は乱暴者であるからには、孔子が讃えた雉をヤキトリにし、食膳に上せたと解さねばいけない﹅﹅﹅﹅﹅﹅のである。それが論語に何が書かれたかを正しく読み取る事であり、自分の願望を古典になすりつけない事なのだ。

そして弟子が従うべき教訓の偶像として、孔子は子路を叱りはしないが、黙って三度匂いを嗅ぎ、席を立たねばならない﹅﹅﹅﹅﹅﹅のである。無言の抗議である。それが本章を創作し竄入させた、おそらくは後漢の儒者の意図だった。宮崎本を従来訳として取りあげたのはそのためだ。

対して一々名指しはしないが、子路非ヤキトリ説を一生懸命書き立てるのは、論語にこうあれかしという自分の願望をなすりつけることになる。訳者も一時その説を取った。だが上掲武内説の論拠本まで自分で参照した結果、非ヤキトリ説を成立させるのは無理と判明した。

すでにした話の繰り返しで恐縮だが、後漢の創始者光武帝は並外れた偽善者でオカルトマニアだった。史上屈指の名君と書き残されたのは、それが書き手を独占した儒者に受けたからである。その後漢儒者は下これに習うで、信じがたい偽善とバカげたもったい付けに終始した。

少なからぬ論語の章を偽作した後漢とはそういう時代で、その作業を行った儒者とはそういう連中なのである。それすら知らないで論語の一字一句を、まるで金科玉条のようにもったいを付けて、現代人に講釈する馬鹿どもが、いかに巫山戯ふざけているか、おわかり頂けるだろうか。

本章はそうした頭のおかしい儒者が、論語にでっち上げた捏造の一つである。

『論語』郷党篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)