論語詳解240郷党篇第十(5)圭を執るには*

論語郷党篇(5)要約:郷党篇にふさわしい愚劣な捏造。前章同様、孔子先生は宮廷でこのように振る舞った、という弟子の回想録の体をとったでっち上げ。定州漢墓竹簡にも含まれていませんから、成立は後漢まで下る可能性も、

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

執圭、鞠躬如也、如不勝。上如揖、下如授、勃如戰色、足蹜蹜如有循*。享禮、有容色。私覿、愉愉如也。

校訂

武内本

清家本により循の下に也の字を補う。

復元白文

執 金文論語 圭 金文 <img src=如 金文也 金文 如 金文不 金文 上 金文如 金文 下 金文如 金文論語 受 金文 孛 金文如 金文色 金文 足 金文如 金文有 金文 享 金文礼 金文 有 金文色 金文 㠯 以 金文覿 論語 愉 金文論語 愉 金文如 金文也 金文

※躬→身・勃→孛・私→厶。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

けいるには鞠躬如きくきうじよたりへざるがごとし。ぐるにはいうするがごとく、ぐるにはさづくるがごとく、勃如ぼつじよとして戰色せんしよくあり。足蹜蹜あししゆくしゆくとしてしたがふあるがごとし。享禮きやうれいには容色ようしよくり、わたくし覿まみゆるには愉愉如ゆゆじよたり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が玉(ギョク)の笏(しゃく)を手に取る時は、背中をかがめて重そうに見えた。
笏を上げる時は、両手を胸の前で組むようなしぐさをし、下げる時は誰かに授けるようなしぐさをした。その時の顔色は生き生きとしているが、体は震えおののくような、足は縮まるような気配があり、歩く時は前足に後ろ足が寄り添うようなしぐさをした。
殿様より預かった土産物を渡す儀式では表情を整えたが、それを終えた会談では、楽しげだった。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

他国に使し、圭(けい)を捧げてその君主にまみえられる時には、小腰をかがめて進まれ、圭の重さにたえられないかのような物腰になられる。圭を捧げられた手をいくらか上下されるが、上っても人にあいさつする程度、下っても人に物を授ける程度で、極めて適度である。その顔色は引きしまり、恰も戦陣にのぞむかのようであり、足は小股に歩んで地に引きつけられているかのようである。贈物を捧げる礼にはなごやかな表情になられ、式が終って私的の礼となると、全く打ちとけた態度になられる。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

拿著圭時,象鞠躬,如同拿不動。向上舉好像作揖,放下來好像交給別人。臉色凝重,戰戰兢兢,腳步細碎,象沿著一條線走路。獻禮時,和顏悅色。便訪時,輕鬆愉快。

中国哲学書電子化計画

玉の笏を手に取るときは、身をかがめるようにし、手に取ったまま動かぬようだった。上に上げるときにはお辞儀のようにし、下に下げるときは人に渡すようだった。顔をこわばらせ、恐れるようにし、小刻みに歩み、一本の線上を歩くようにした。献上を行うとき、和やかに微笑み、略式の訪問では、軽やかに緊張を解いて愉快そうだった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

圭(ケイ)

論語 圭 金文
(金文)

論語の本章では、”玉で作った笏(しゃく)”。論語ではこの郷党篇と、次章の先進篇のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はkiweɡ(平)。

論語 三才図会 圭
『三才圖會』所収「圭」。東京大学東洋文化研究所蔵

『学研漢和大字典』によると会意文字で、圭は「土+土」。土を盛ることを示す。土地を授けるとき、その土地の土を三角の形に盛り、その上にたって神に領有を告げた。その形をかたどったのが圭という玉器で、土地領有のしるしとなり、転じて、諸侯や貴族の手に持つ礼器となった。その形はまた、日影をはかる土圭(ドケイ)(日時計の柱)の形ともなった、という。 

詳細は論語語釈「圭」を参照。

この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。部品の身の字は存在した。詳細は論語語釈「躬」を参照。

鞠躬(キクキュウ)如

論語 鞠 金文大篆 論語 躬 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”身を円くかがめて、恐れたように慎むさま”。詳細は論語語釈「鞠」を参照。

論語 勝 睡虎地秦墓竹簡 論語 責任 勝
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”耐える”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɕi̯əŋで、同音は存在しない。詳細は論語語釈「勝」を参照。

勃如

論語 勃 金文大篆 論語 起きる 勃
「勃」(金文大篆)

論語の本章では、”顔色がそそり立つように生き生きすること”。詳細は論語語釈「勃」を参照。

戰(戦)色

論語 戦 金文 論語 震え 戦
「戦」(金文)

論語の本章では、”いくさに臨んだような気配”。「戦」の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「戦」を参照。

足蹜蹜

論語の本章では”足がすくむこと”。

「蹜」は論語では本章のみに登場。初出は後漢の説文解字でも確認できない。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は「縮」と同じで声母のʂ(入)のみ。同音は縮、漱、瘦、𣸈”そそぐ・こねる”、醙”しろざけ”、獀”狩り”、蒐”狩り・集める”、廋”隠す”、搜。縮の初出は後漢の説文解字

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、宿(シュク)の甲骨文字は、一枚の敷物(□)の中に、人がちぢまって寝るさまをあらわす。宀(やね)を添えた宿は、宀(やね)の下で人が足をちぢめてとまることで、細くちぢむという基本義をふくむ。縮の原字。
論語 宿 甲骨文
「宿」(甲骨文字)

蹜は「足+(音符)宿」で、歩幅をひきしめて小またで歩くこと、という。詳細は論語語釈「蹜」を参照。

如有循

論語 循 睡虎地秦墓竹簡
「循」(秦系戦国文字)

論語の本章では”後ろ足が前足に従って付き添うこと”。礼儀の場だから、大股でドカドカとは歩かないのである。「循」の確実な初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzi̯wən(平)。「ジュン」は呉音。詳細は論語語釈「循」を参照。

享禮(礼)

論語 礼 金文
(金文)

論語の本章では”受け取りの儀式”。

「享」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はxi̯aŋ(上)。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、亨(コウ)と同じく、南北に通じる城郭の姿を描いたもので、さわりなくとおる、すらりと通じるの意を含む。また、祈りや接待の気持ちを相手に通じさせる、また、その気持ちをすなおにうけ入れるの両方の意を派生した。のち、亨(コウ)はおもに、とおる(亨通(コウツウ))の意に、享(キョウ)はおもに、うける(享受)の意に分用された、という。詳細は論語語釈「享」を参照。

有容色

論語 容 金文 論語 容色
「容」(金文)

論語の本章では”礼儀の場にふさわしい表情を作る”。直訳すれば「顔色があった」。「容」の字は論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「容」を参照。

私覿(シテキ)

論語 覿 古文 論語 面会 覿
「覿」(古文)

論語の本章では”私的な会談”。論語では本章のみに登場。

「覿」の初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は声母のdʰ(入)のみ。同音は蟲、沖、盅、彤、赨、條、蜩、調、鰷、陶、綯、檮、翿、匋、儔、躊、幬、裯、疇、稠、籌、道、稻、仲、導、纛、蹈、燾、胄、冑、酎、宙、繇、逐、軸、蓫、柚、毒、纛、迪、滌、蓧、踧。藤堂上古音はdök(入)。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「見+(音符)稽(イク)」、語義は人と面会する。まみえる、という。詳細は論語語釈「覿」を参照。

愉愉如

論語 愉 金文 論語 利 字解
「愉」(金文)

論語の本章では”愉快なさま”。

「愉」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、兪(ユ)は、左に舟を、右にくりぬく刃物の形をそえたもの。ぬきとる意を含む。愉は「心+(音符)兪」で、心中のしこりを抜きとること。癒(ユ)(病根を抜きとって病がいえる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「愉」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章には「殿様より預かった土産物」とあるが、孔子が使者として他国に出かけた記録は、論語にも史書にもない。記録がないだけで実際には出た時があったのだろう。また使者としてでなければ、斉の景公、衛の霊公、楚の昭王など、君主格に会見したことは何度もある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント