論語詳解246B郷党篇第十(12)康子薬をおくる°

論語郷党篇(12)要約:晩年の孔子先生が病気になり、門閥家老家の若い当主が薬を贈ってきました。両者の関係は微妙で、家老は弟子の一人でもあり、潜在的な政敵でもあります。万一の毒殺を思った先生は、丁重に断るのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

康子饋藥、拜而受之曰、「丘未達、不敢嘗*。」

校訂

武内本

清家本により、文末に之の字を補う。

復元白文

康 金文子 金文饋 金文論語 薬 金文  拝 金文而 金文論語 受 金文之 金文 曰 金文 丘 金文未 金文達 金文 不 金文敢 金文嘗 金文

書き下し

康子かうしくすりおくる。をがこれけていはく、きういまたつせず、あへてはめずと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
若家老の季康子が薬を贈ってきた。先生はこれを伏し拝んでから使者に言った。「私はこの薬をよく知りませんので、頂戴しないことにしますとお伝え下さい。」

意訳

論語 季康子 論語 孔子 不愉快
若家老の季康子が薬を贈ってきた。
むむむむ、悪意はないと思うが…ワシも知らんような薬、果たして飲んだものか…。
「お使者どの、かたじけないが用法が分からぬので頂戴しませぬとお伝え下され。」

従来訳

論語 下村湖人

ある時魯の大夫季康子が先生に薬をおくられたことがあったが、先生は病中拝礼してこれをうけられた。そしていわれた。――
「おいただきしたお薬が私の病気に適するかどうか、まだわかりませんので、今すぐには服用いたしません。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

季康子送藥,孔子拜受了。說:「我對藥性不瞭解,不敢嘗。」

中国哲学書電子化計画

季康子が薬を送った。孔子は拝んで受け取った。言った。「私は薬の性質に明らかでないので、進んで飲もうとは思わない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


康子

論語 康 金文 論語 子 金文
(金文)

季康子。魯国門閥家老家筆頭、季氏の当主。

饋(キ)

饋 金文
(金文)

論語の本章では”贈る”ことだが、食+貴だから、貴重な食品類を贈ること。論語ではこの郷党篇のみに登場。初出は春秋末期の金文。カールグレン上古音はgʰi̯wæd(去)。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「食+(音符)貴(うずたかくつむ)」という。詳細は論語語釈「饋」を参照。

藥(薬)

論語 薬 金文
(金文)

論語の本章では”くすり”。論語では本章のみに登場。

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はgi̯ok(入)。『学研漢和大字典』によると「薬」は会意兼形声文字で、「艸+(音符)樂(つぶ状にする)」で、植物の実や根をすりつぶしたくすり。また、病根をつぶす薬草のこと。小さくつぶすの意をもつ。轢(レキ)(車でひきつぶす)・鑠(シャク)(金を摩滅させる)・療(リョウ)(病根をすりつぶす)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「薬」を参照。

論語の当時、いわゆる漢方薬はまだない。薬学や医学は、「この症状にはあの薬草」といった程度の段階で、むしろ鍼灸の方が体系化が進んでいた。病人の脈や症状を見て、系統だった筋道で薬品を選び、複数を調合して服用するようになったのは、三国時代を過ぎた次の晋王朝からで、論語時代から約800年過ぎたはるか先。ただし名医と呼ばれる人はすでに存在した。

なお論語の時代から200年ほど前まで、「薬」と「楽」はきわめて近く書かれた。つまり言葉として区別されていなかった可能性があるが、上古音は別と推定されている。「薬」の字が遺物として初めて現れるのは、西周時代(BC1046頃ーBC771)の末期になってからで、それまでの医療には医薬という概念がなかった可能性を物語る。
論語 楽 金文
「楽」(金文)

論語の本章では、孔子の本名。論語の時代、本名は目上だけが呼びうるものであり、例外は自称の場合。本章はそれに当たるが、本名を自称するのは目上に対してへり下るためであり、現代中国の解釈が、必ずしも使者への返事として言っていないのには賛成しかねる。

論語述而篇23で孔子は、弟子に対して自称して「丘」と言っているが、当該の章は「也」の用法に疑問があり、全面的に史実とするには心細い。なおこの本名の由来については、孔子の生涯(1)を参照。

論語 達 甲骨文 論語 達 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”知り尽くす”こと。詳細は論語語釈「達」を参照。

嘗(ショウ)

論語 嘗 金文 論語 味見 嘗
(金文)

論語の時代でも現代中国語でも、”ちょっと味見してみる”の意がある。言葉の原義は”なめる”。詳細は論語語釈「嘗」を参照。

不敢嘗

論語の本章では「あえてはなめず」と読んで”進んでは飲まない”。好き好んで飲みはしない、ということ。「敢不嘗」は「あえてなめず」と読んで、”飲まないことを進んでする”。大いに嫌って飲まない、ということ。

服部宇之吉
戦前の代表的な漢文業界の大馬鹿者、服部宇之吉は、國譯漢文大成『論語』で「あへてなめず」とふざけた読み下しをしている。戦前の漢文レベルがいかに低いか、これでよく分かるというものだ。

國譯漢文大成『論語』

論語:解説・付記

上掲の検証の通り、論語の本章はこの郷党篇には珍しく、孔子の肉声を疑う根拠が無い。話の筋としても、もの凄くあり得る話だし、後世の儒者が捏造して利益のある話とも思えない。たぶん季康子の方は好意で送ったのだろうが、革命家孔子は油断なく断ったのだ。

送り主の若家老・季康子は、孔子をいびり出した父親に「悪かったと言って孔子先生を呼び戻してくれ」と遺言されているから、関係は悪くなかったはず。たびたび教えも受けている。だがしかし。孔子の後ろ盾となった呉国が没落すると、すぐさま孔子を閑職に追いやった。

そのため孔子は息子の葬儀費用にも事欠いたことが、論語先進篇7に見える。

権力の前には親兄弟も無いのが戦乱の世の定めで、孔子は季康子の薬を見て、毒殺を恐れても不思議ではない。また原文には「病気になっていた」とは書いていないから、老人向けの保健薬のようなものだったろう。論語時代の漢文では、「老」と「病」は区別して記さない。

論語の本章は、薬を飲まないことをわざわざ季康子に伝えたとするなら、「こういう姑息な手段では私は殺せないよ」ということ。季氏は後に魯から独立して諸侯になるが、独立したがっていることは論語時代の魯国政界では周知の事実だったことが、『左伝』に見える。

論語 冉求 冉有
冉求ゼンキュウ「季氏どの、ここで踏ん張れば殿様に昇格ですぞ? 逃げ回る奴は非国民です。」
季氏「あ、そーか。じゃ兵隊出すかな。」
(『春秋左氏伝』哀公十一年=BC484。全文訳は論語の人物:樊須子遅に掲載)

また『史記』では、季氏が中心になって孔子を呼び戻しておきながら、結局国政に参加させなかったことを、弟子の子貢は孔子の没後に強い口調で非難している(下記)。名指しされたのは殿様の哀公だが、国政から排除したのは実権者の季康子で、孔子が煙たかったのだろう。

論語 子貢 怒り
殿様はこの魯では死ねないな。先生が言っていた、礼法が無ければ行動の原則が分からない。筋違いの名を付ければ何をしてもやり損なう。感情が礼法にかなっていないから原則が分からないのであり、感情から出任せを言うからやり損なうのだ、と。

先生の生前には仕事を与えないでおいて、亡くなってからあのような泣き言を言うのは、礼法にかなっていない。私一人が取り残され、だって? その言い方は周王だけの特権だ。ろくな死に方をしないぞ。(『史記』孔子世家)

季康子が心から孔子を心配して薬を贈ったのかも知れないが、弟子の記憶としては「薬が来たが先生はわざわざ断った」ということで、従来の論語本によく見られるような、孔子政治的マヌケ説に乗っかるのでないなら、孔子のごく普通の政治的判断を伝える章と見ていい。

平均寿命が三十ほどだった当時、庶民出身の孔子が七十を超す長寿を生きたのは驚異的であり、その秘訣は孔子の持って生まれた頑健な肉体にもあろうが、下記のような健康に対する用心深さだった。それは病気だけでなく、暗殺に対しても同じに違いない。

論語 孔子 黙る
先生は祭祀の前の身の清め、戦争、病気にとりわけ気を遣って、縮こまるような気持でいた。(論語述而篇12)

なお「拜而受之曰、丘未達、不敢嘗。」の「曰」の管到=どこまでかかるか、は特に記号が無く、読者に委ねられており、孔子のセリフは「丘未達」=”私はこの薬をよく知りません”までと考えてもかまわない。その場合「不敢嘗」は、”そして飲もうとはしなかった”と解せる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)